2018/03/16

2018年8月から対応予定のSOR注文で株式取引にどんなメリットがあるのか解説【カブドットコム証券】


2018年3月15日、カブドットコム証券が世界的金融サービス企業モルガン・スタンレーとグローバル電子取引システムの利用契約を締結しました。

この結果、現在モルガン・スタンレーが機関投資家に提供しているSOR(スマート・オーダー・ルーティング)を搭載した株式執行システムを、これからはカブドットコム証券でも使えるようになります

はたして「SOR注文」とはどのような注文機能なのでしょうか?その魅力をご紹介しましょう。

SOR注文について

SOR(Smart-Order Routing、スマート・オーダー・ルーティング)は、株式取引における発注システムの一種です。

東京証券取引所やPTSなど複数の取引市場から最良気配・株数を検索し、自動的に最適な組み合わせの売買注文を執行してくれる便利な機能です。

PTSとは?

ちなみに、PTSはProprietary Trading Systemの略で、日本語では「私設取引システム」と呼ばれます。

東証は平日の9時~15時の間しか開いておらず、仕事を抱えている社会人は思うように日中の株式取引に参加できていないのが実情です。

そんなときに重宝するのが、このPTSです。各証券会社が独自に取引の場を提供しており、夜間や朝方など立会時間外でも株式を売買することができます。

SOR注文のメリット1:PTSを利用して株式取引のコストを軽減できる!

SORを利用して発注すると、東証の最良気配と同値かそれよりも有利な気配がPTS市場にあった場合、そのPTS市場での発注が優先されます。

10,000株の買注文を101円で出した場合……

  1. PTS①に100.2円・4,000株の買注文
  2. PTS②に100.6円・1,000株の買注文
  3. 東証に101円・ 5,000株の買注文

という順番で発注が行われます。

つまり、SOR注文を活用すれば、取得コストの最小化・約定率の最大化という重要な目標を簡単に達成することができるのです。

SOR注文のメリット2:最良気配をリアルタイムに検知できる!

SORが活躍してくれるのは、東証の取引時間中だけではありません。

注文が待機状態となっている時でもSORが常に各市場の最良気配をチェックしており、東証より有利な気配が発生したら自動的に注文を切り替えます。

101円・10,000株の買注文が待機の場合……

  1. PTS①で100.3円・2,000株の売注文が発生!
  2. 東証の待機注文のうち2,000株をキャンセル
  3. PTS①に100.3円・2,000株の買注文

という順番で発注が行われます。

取引一回あたりの節約効果は微々たるものですが、何十回~何百回と繰り返すうちに多大なトレードコスト低減効果をもたらしてくれます。

各市場の板情報を自分でリアルタイムにチェックしながら株式取引を行うのは、非常に難儀な作業です。SORがあれば、肉体的・精神的疲労も軽減されることでしょう。

ただし、必ず有利な価格で約定することを保証するものではありません。東京証券取引所が何らかの理由で注文を受け付けない場合、SOR注文も作動しません。

カブドットコム証券ならではの強み

なお、SORのサービス自体は、SBI証券や楽天証券など他の証券会社でもすでに提供されています。

しかし、待機注文時に他の市場の板状況を検知・注文の切り替えまで行うことができるSORを導入しているのは、国内ネット証券ではカブドットコム証券だけです!


銘柄によって呼び値幅が大きく異なる東証とPTSの板情報をまとめた「カブボードフラッシュ」も提供。わかりにくかった呼び値が大幅に見比べやすくなります。

今後の予定

サービスリリース(SOR注文およびPTS市場への取り次ぎ)は、2018年8月を予定しています。

取り次ぎ予定の2PTS市場

2018年秋以降にダークプール(証券会社のシステム内で投資家同士の売買注文を付け合わせて行う取引サービス)を経由した取引所立会外取引も予定していますが、詳細は未定です。


また、カブドットコム証券では他にも様々なサービス拡充を予定しています。

  • SOR機能の発展
  • 海外商品等の取り扱い
  • PTS市場における信用取引も検討

本来は機関投資家向けだった高性能注文執行システムを自由に使えるようになるのは、個人投資家にとって大変ありがたい話です。特に、取引回数の多いデイトレード・スイングトレード派の投資家には見逃せないサービスと言えるでしょう。

株式取引のトレードコストを少しでも抑えたい方、これから株式取引を始めようと思っている方は、カブドットコム証券をチェックしてみてはいかがでしょうか。

カブドットコム証券の公式サイトへ

金熊おすすめのネット証券ランキング

・少額投資の手数料が最安!!初心者に最適なマネックス証券
マネックス証券の特徴は初心者に優しい売買手数料体系を打ち出していること。約定代金が10万円以下であればたったの100円(税抜)!それに加えて取引情報ツールも充実しているのが人気の秘訣だ!
→ マネックス証券の公式サイトへ
株式売買手数料(税抜)
~10万円 ~30万円 ~50万円 ~100万円
100円 250円 450円 1000円
投資情報提供 取扱商品 取引ツール
名称 使いやすさ
新マネックストレーダー
総合評価
公式サイトはこちら

・取引ツールの使いやすさはピカ一の楽天証券
楽天証券の魅力はなんといっても取引ツールが凄いところ。MarketSpeedは初心者はもちろん操作しやすく、専業トレーダーでもカスタマイズをすることでプロ並みの取引ツールに変身させることが可能!手数料はリーズナブルで、オールラウンドに活用できる証券口座です。
→ 楽天証券の公式サイトへ
株式売買手数料(税抜・超割コース現物)
~10万円 ~30万円 ~50万円 ~100万円
90円 250円 250円 487円
投資情報提供 取扱商品の豊富さ 取引ツール
名称 使いやすさ
マーケットスピード
総合評価
公式サイトはこちら

・口座開設数は業界トップの「SBI証券」
第一位はSBI証券だ!SBI証券は手数料の安さ、取扱商品の豊富さ、使いやすさで多くの投資家から人気を集めているネット証券。
→ SBI証券の公式サイトへ
株式売買手数料(税抜)
~10万円 ~30万円 ~50万円 ~100万円
139円 272円 272円 487円
投資情報提供 取扱商品の豊富さ 取引ツール
名称 使いやすさ
HYPER SBI
総合評価
公式サイトはこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 9
    follow us in feedly

  関連記事

FOMCや欧州選挙!3月のイベントはマーケットにどのような影響を与えるのか?今後の株式投資戦略を無料で学べるオンラインセミナー!【楽天証券】

2017年3月17日(金)に、楽天証券の米国株式投資戦略セミナーが開催されます。 …

米大統領選投開票日の翌日に緊急開催決定!今後の米国株の投資戦略について学べる無料オンラインセミナー!【楽天証券】

2016年11月9日(水)に、楽天証券のリアルタイムネット勉強会が開催されます。 …

トライオートETFでETFのシステムトレードが可能に!新サービス「ETF自動売買セレクト」の魅力を探る!【インヴァスト証券】

2016年1月29日の金融政策決定会合にて、日銀は日本初となる「マイナス金利」の …

画像認識AI(人工知能)技術を活用した画期的な個人投資家向けチャートツール「AlpacaSearch for kabu.com」が今日から利用可能に!【カブドットコム証券】

本日2017年5月11日(木)、カブドットコム証券が非常にユニークな株式取引用チ …

最大50,200円をプレゼント!ロボ・アドバイザーを活用した資産運用サービス「マネラップ(MSV LIFE)」開始記念キャンペーン実施中!【マネックス証券】

2016年12月17日(土)から、マネックス証券で豪華なキャンペーンが実施されて …

DMM株PROを使ってみた!アラートやバスケット発注など上級者向けの株式取引機能が充実!【DMM.com証券】

2018年3月5日、DMM FXやDMMバヌーシー等の金融サービスを展開するDM …

日本株の投資戦略を学べる大阪セミナー!【楽天証券】

2015年11月28日、大阪にて楽天証券の株式取引勉強会が開催されます。 今年も …

初心者必見!基礎から学べる株式取引無料セミナー!【ライブスター証券】

2016年3月15日、ライブスター証券主催の東京セミナーが開催されます。ライブス …

今日から2月!トランプ政権のイベントはマーケットにどのような影響を与えるのか?今後の株式投資戦略を無料で学べるオンラインセミナー!【楽天証券】

2017年2月10日(金)に、楽天証券の米国株式投資戦略セミナーが開催されます。 …

森高千里さん出演の新TVCM「窓辺」篇が全国放映開始!特製クリアファイルプレゼントキャンペーン実施中!【カブドットコム証券】

2017年6月24日(土)から、カブドットコム証券のイメージキャラクターを務める …