2017/10/02

長期投資向け少額投資非課税制度「つみたてNISA」の受付がスタート!通常のNISAとの違いを比較!

出典:金融庁

株式投資で稼ぐうえで、売却した際に得られる利益や分配金にかかる20.315%もの税金が非常にネックになります。苦労して獲得した儲けのおよそ5分の1を嫌でも納税しなければならないのですから、内心「やってられないよ」と嘆く方も少なくありませんでした。

そこで政府は投資活動をより国民に普及させるために、NISA(Nippon Individual Savings Account:少額投資非課税制度)と呼ばれる税制優遇制度を導入しました。2014年1月にスタートしたNISA口座を活用すれば、それまで株式や投資信託などの配当・譲渡益等にかけられていた約20%の税金を非課税にすることが可能に。2016年からはそれまで年間100万円だった非課税枠が120万円に増額。さらには、未成年者(0~19歳)を対象に年間80万円分が非課税になるジュニアNISAも始まり、投資の利便性が年々向上しています。

そして2018年1月からは、「つみたてNISA」制度がスタートします。

つみたてNISAは、長期投資に適した積立式少額投資非課税制度です。年間の非課税投資枠は40万円しかありませんが、非課税対象期間は投資した年から最長20年間。つまり最大で800万円分もの資産運用メリットを享受することができます。

対象金融商品は、「長期・積立・分散投資」に適した投資信託のみ。積立による買付が対象で、値動きが大きすぎる株式やETFは原則対象外です。年間40万円ということは毎月の積立額が3万円少々という計算になり、個人投資家でも無理のないペースで積み立てることができます。短期間でガンガン取引するのではなく、数年以上もの長期スパンでコツコツ投資する方にぴったりのサービスです。

NISAとつみたてNISA、それぞれの特徴を表でまとめてみましょう。

NISA つみたてNISA
対象者 満20歳以上の国内居住者
非課税対象商品 国内・海外株式、投資信託等 一定の要件を満たした投資信託等
年間非課税投資枠 120万円 40万円
非課税対象期間 投資した年から最長5年間 投資した年から最長20年間
投資可能期間 2023年12月末まで 2037年12月末まで
非課税期間終了時の翌年の
非課税期間勘定へのロールオーバー
不可
投資方法 通常買付および積立による買付 積立による買付
払出制限 なし
取引手数料 無料

なお、NISAとつみたてNISAの併用はできません。NISA口座を利用の際に、どちらかを選択する必要があります。(年ごとに変更することは可能。)両者の違いをしっかり把握し、自分の投資スタイルに合ったサービスを活用しましょう。まだNISA口座を開設していない方は、この機会に証券会社で取引口座を開設してみてはいかがでしょうか。

金熊おすすめのネット証券ランキング

・少額投資の手数料が最安!!初心者に最適なマネックス証券
マネックス証券の特徴は初心者に優しい売買手数料体系を打ち出していること。約定代金が10万円以下であればたったの100円(税抜)!それに加えて取引情報ツールも充実しているのが人気の秘訣だ!
→ マネックス証券の公式サイトへ
株式売買手数料(税抜)
~10万円 ~30万円 ~50万円 ~100万円
100円 250円 450円 1000円
投資情報提供 取扱商品 取引ツール
名称 使いやすさ
新マネックストレーダー
総合評価
公式サイトはこちら

・取引ツールの使いやすさはピカ一の楽天証券
楽天証券の魅力はなんといっても取引ツールが凄いところ。MarketSpeedは初心者はもちろん操作しやすく、専業トレーダーでもカスタマイズをすることでプロ並みの取引ツールに変身させることが可能!手数料はリーズナブルで、オールラウンドに活用できる証券口座です。
→ 楽天証券の公式サイトへ
株式売買手数料(税抜・超割コース現物)
~10万円 ~30万円 ~50万円 ~100万円
90円 250円 250円 487円
投資情報提供 取扱商品の豊富さ 取引ツール
名称 使いやすさ
マーケットスピード
総合評価
公式サイトはこちら

・口座開設数は業界トップの「SBI証券」
第一位はSBI証券だ!SBI証券は手数料の安さ、取扱商品の豊富さ、使いやすさで多くの投資家から人気を集めているネット証券。
→ SBI証券の公式サイトへ
株式売買手数料(税抜)
~10万円 ~30万円 ~50万円 ~100万円
139円 272円 272円 487円
投資情報提供 取扱商品の豊富さ 取引ツール
名称 使いやすさ
HYPER SBI
総合評価
公式サイトはこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 9
    follow us in feedly

  関連記事

経済界の大物が勢揃い!新春セミナーの申し込み締め切り間近!【楽天証券】

年明けの2016年1月10日、横浜で楽天証券の新春セミナーが開催されます。小泉政 …

日産とDeNAが無人運転車Easy Ride(イージーライド)の実証実験を3月に開始!自動運転技術は仮想通貨に続くイノベーションとなるか将来性を考察

出典:Easy Ride 2018年2月23日、日産自動車株式会社と株式会社ディ …

今日から東証マザーズ指数先物取引の呼値の単位が変更されます

本日2017年4月3日より、東証マザーズ指数先物取引の呼値の単位が現行の0.5ポ …

トライオートETFでETFのシステムトレードが可能に!新サービス「ETF自動売買セレクト」の魅力を探る!【インヴァスト証券】

2016年1月29日の金融政策決定会合にて、日銀は日本初となる「マイナス金利」の …

DMM株STANDARDを使ってみた!インストール不要で使いやすいパソコン版株式取引ツール!【DMM.com証券】

2018年3月5日、DMM.com証券が株式取引事業に参入し、「DMM株」をリリ …

2017年から始動するトランプ政権はどのような金融政策を打ち出すのか?今後の株式投資戦略を無料で学べるオンラインセミナー!【楽天証券】

2016年12月20日(火)に、楽天証券の米国株式投資戦略セミナーが開催されます …

資産運用もAIの時代に!全自動国際分散投資ロボアドバイザー・WealthNaviで初心者も簡単に世界レベルの投資を始められる!

WealthNaviとは? WealthNavi(ウェルスナビ)は、2015年の …

DMMが株式取引サービス「DMM株」を発表!他の証券会社と比較しながら魅力をまとめてみた【DMM.com証券】

2018年3月5日、DMM.com証券が新たな投資サービスを展開することを発表し …

WEBセミナー視聴で会社四季報オンラインが3ヶ月間見放題キャンペーン!【岡三オンライン証券】

2015年12月18日より、岡三オンライン証券でお得なキャンペーンが実施されてい …

DMM株PROを使ってみた!アラートやバスケット発注など上級者向けの株式取引機能が充実!【DMM.com証券】

2018年3月5日、DMM FXやDMMバヌーシー等の金融サービスを展開するDM …