2017/05/11

画像認識AI(人工知能)技術を活用した画期的な個人投資家向けチャートツール「AlpacaSearch for kabu.com」が今日から利用可能に!【カブドットコム証券】

本日2017年5月11日(木)、カブドットコム証券が非常にユニークな株式取引用チャートツールの提供を開始しました。その名も、「AlpacaSearch for kabu.com」。最新の画像認識AIと並列ベクトル計算による超高速リアルタイム処理に対応しており、チャート形状(ローソク足)からマッチングを行い、特定のパターンを描いている銘柄を瞬時に検索することができる優れものです。

ローソク足の高値・安値などのデータを数値計算して相場状況を統計的に分析する平均足やMACDなどの指標しか搭載されていなかった従来の株式取引用チャートツールとは一線を画す最新鋭のトレーディングツール。どのように自分の株式取引に活かすことができるのか、AlpacaSearch for kabu.comの魅力を具体的に見ていきましょう。

AlpacaSearch for kabu.comのメリット

独自の画像認識AI(人工知能)エンジン(Candle2vec)が搭載されているAlpacaSearch for kabu.comを使うと、全上場銘柄のチャート形状(ローソク足)を高速処理し、複数の銘柄間の類似性を最先端のテクノロジーで確認することが可能となります。それらの値動き・業種などの傾向から、現在マーケットで意識されている「相場テーマ」の早期発見に役立つことが期待されます。

「木を見て森を見ず」という格言があるように、単一の銘柄の値動きだけに注視していると、株式市場全体で起きている大きな動きになかなか気づきにくくなってしまうものです。その点、AlpacaSearch for kabu.comを活用すれば、労せずして相場テーマをいち早く発見することができます。

また、長期的に上昇トレンドにある銘柄の中から短期的に下落しているものをピックアップし、平均値からの乖離に乗じて買いポジションをとるという手法を実践することも可能です。日足だけでなくザラ場中の分足(15分足)にも対応しているので、デイトレードに非常に重宝します。一つ一つの銘柄を手動でチェックする手間も省け、安定した投資成績の向上に役立つことでしょう。

AlpacaSearch for kabu.comの開発元

ちなみにAlpacaSearch for kabu.comは、カブドットコム証券がAlpacaDB Inc. (アルパカ社)と提携して開発したチャートツールです。

Alpaca社は米国シリコンバレーと東京に拠点を置いているベンチャー企業で、主にAIとビッグデータ技術を活用した金融プロダクトの開発事業を行っています。画像認識や深層学習(ディープラーニング)技術等、高度なテクノロジーと金融工学をミックスしたアルゴリズム開発に定評があります。

株式会社三菱UFJフィナンシャルグループ主催の「MUFG Digitalアクセラレータ・プログラム」の第1期(2016年3月~7月)参加企業で、2016年8月の同アクセラレータDEMODAYにおいて準グランプリを獲得した実績もあります。オンライントレードで自動売買が主流になりつつある現代、非常に将来性有望なフィンテックと言えるでしょう。

AlpacaSearch for kabu.comの利用条件

「AlpacaSearch for kabu.com」は、2017年4月にリリースされたkabuステーションの新プラン「kabuステーション Premium」向けの最新機能です。kabuステーションのユーザーインターフェイス上で、類似銘柄の状況を一目で把握することができます。

kabuステーションは、カブドットコム証券専用の高性能トレーディングツール。「リアルタイム株価予測」や「ストップ高安リアルプレアラート」等、様々なサービスに対応しており、個人投資家でもプロの機関投資家と同等レベルの機能を利用できるメリットがあります。

通常プランのkabuステーションの場合、1回以上の約定、預り資産100万円以上、信用口座開設等の条件を満たせば月額利用料金972円が無料になります。「AlpacaSearch for kabu.com」に対応したPremiumプランを利用するには、前1か月の建玉残高または新規建約定代金合計が30億円以上(信用プラチナプラン適用)、前1か月の建玉残高または新規建約定代金合計が4億円以上(信用ゴールドプラン適用)、または前月の先物・オプション取引手数料が10万円(税抜)以上の条件を満たしている必要があります。

信用プラチナプランやゴールドプランが適用されれば、AlpacaSearch for kabu.comを自由に利用できるだけでなく、手数料無料・買方金利優遇など魅力的な特典も付いてきます。信用取引でガンガン株式取引している方は、ぜひカブドットコム証券をチェックしてみてください。

→カブドットコム証券の口座開設はコチラから

金熊おすすめのネット証券ランキング

・少額投資の手数料が最安!!初心者に最適なマネックス証券
マネックス証券の特徴は初心者に優しい売買手数料体系を打ち出していること。約定代金が10万円以下であればたったの100円(税抜)!それに加えて取引情報ツールも充実しているのが人気の秘訣だ!
→ マネックス証券の公式サイトへ
株式売買手数料(税抜)
~10万円 ~30万円 ~50万円 ~100万円
100円 250円 450円 1000円
投資情報提供 取扱商品 取引ツール
名称 使いやすさ
新マネックストレーダー
総合評価
公式サイトはこちら

・取引ツールの使いやすさはピカ一の楽天証券
楽天証券の魅力はなんといっても取引ツールが凄いところ。MarketSpeedは初心者はもちろん操作しやすく、専業トレーダーでもカスタマイズをすることでプロ並みの取引ツールに変身させることが可能!手数料はリーズナブルで、オールラウンドに活用できる証券口座です。
→ 楽天証券の公式サイトへ
株式売買手数料(税抜・超割コース現物)
~10万円 ~30万円 ~50万円 ~100万円
90円 250円 250円 487円
投資情報提供 取扱商品の豊富さ 取引ツール
名称 使いやすさ
マーケットスピード
総合評価
公式サイトはこちら

・口座開設数は業界トップの「SBI証券」
第一位はSBI証券だ!SBI証券は手数料の安さ、取扱商品の豊富さ、使いやすさで多くの投資家から人気を集めているネット証券。
→ SBI証券の公式サイトへ
株式売買手数料(税抜)
~10万円 ~30万円 ~50万円 ~100万円
139円 272円 272円 487円
投資情報提供 取扱商品の豊富さ 取引ツール
名称 使いやすさ
HYPER SBI
総合評価
公式サイトはこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 9
    follow us in feedly

  関連記事

2018年8月から対応予定のSOR注文で株式取引にどんなメリットがあるのか解説【カブドットコム証券】

2018年3月15日、カブドットコム証券が世界的金融サービス企業モルガン・スタン …

株式取引時に買い注文と売り注文を同時に発注できる「セット注文」機能のリリース間近!【楽天証券】

2016年4月30日より、楽天証券で新たな株式取引発注サービスが実装されます。そ …

FOMCや欧州選挙!3月のイベントはマーケットにどのような影響を与えるのか?今後の株式投資戦略を無料で学べるオンラインセミナー!【楽天証券】

2017年3月17日(金)に、楽天証券の米国株式投資戦略セミナーが開催されます。 …

保有株を貸して金利収入を得られる「貸株サービス」の受付スタート!【GMOクリック証券】

2016年10月15日から、GMOクリック証券で貸株サービスの申し込みが可能にな …

1週間でチャートの達人を目指すオンラインセミナー!【楽天証券】

2016年1月28日、楽天証券の無料WEBセミナーが開催されます。楽天証券とダイ …

2017年から始動するトランプ政権はどのような金融政策を打ち出すのか?今後の株式投資戦略を無料で学べるオンラインセミナー!【楽天証券】

2016年12月20日(火)に、楽天証券の米国株式投資戦略セミナーが開催されます …

クレジットカードの付与ポイントを使って元手資金0から資産運用を始められる!投資用クレジットカード「インヴァストカード」誕生!【インヴァスト証券】

FXやETFなど多彩な金融商品を提供しているインヴァスト証券が、株式会社ジャック …

オンライン証券初!国内ETFを対象としたロボアドバイザーサービス「マネックスアドバイザー」が遂にリリース!【マネックス証券】

2017年10月25日(水)から、マネックス証券で新サービスの提供がスタートしま …

DMM株PROを使ってみた!アラートやバスケット発注など上級者向けの株式取引機能が充実!【DMM.com証券】

2018年3月5日、DMM FXやDMMバヌーシー等の金融サービスを展開するDM …

DMM株スマホアプリを使ってみた!ワンタップ注文や取引モードの切り替え等スマートフォンならではの機能が便利!【DMM.com証券】

2018年3月5日、DMM.com証券が国内株式の取引プラットフォーム「DMM株 …