今日から遂に日本でも「ポケモンGO」の配信開始!急騰を続ける任天堂株は本当に買いなのか、投資戦略を検証してみた!

ポケモンGO

出典:youtube

本日2016年7月22日、日本中のスマホゲーマーが待ち続けたスマートフォン向けアプリ「Pokemon Go(ポケモンGO)」の国内配信がスタートしました。

ポケモンGOは、株式会社ポケモンが任天堂およびNIANTIC(株式会社ナイアンティック)と共同開発した先鋭的なゲームです。スマホの位置情報を活用しながら街中を歩いていると、様々な場所でポケモンと遭遇し捕獲することが出来ます。椅子に座ったり寝転んだりしながらプレイするのがこれまでの一般的なゲームのスタイルでしたが、ポケモンGOを起動すればプレイヤーは現実世界を移動しながらポケモンの冒険的な世界観をリアルに体感することが可能となります。

→iPhone版ポケモンGOダウンロードリンク

→Android版ポケモンGOダウンロードリンク

ポケモンGOの人気

7月上旬に先行配信がスタートすると、ポケモンGOは瞬く間に世界中のポケモンファンおよびスマホゲーマーを魅了しました。アメリカではアクティブユーザー数が歴代ゲームアプリのナンバーワンに輝き、すでにTwitterに匹敵するほどの利用者数に達しています。驚くべきことに、米国大統領候補までもが集会の聴衆を集めるためにポケモンGOを利用しており、一種の社会現象となっています。

そしてポケモンGOの勢いは経済にまで大きな影響を与えています。それまで1万5000円前後を推移していた任天堂(銘柄コード:7974)の株価は、ポケモンGOの配信開始以来目覚ましいスピードで上昇。わずか1~2週間で倍の3万円にまで到達しました。(今日の終値は2万8220円。日経平均株価は1万6627円。)東証の個別銘柄において過去最高の取引金額を記録し、今や日経平均を牽引するほどの存在感を放つポケモンGOパワー。関係者の間ではこの現象をアベノミクスならぬ「ポケノミクス」と呼ぶ声も上がっています。

今後の投資戦略について

さて、投資家として一番気になるのは、任天堂株を今買うべきかどうかという点につきます。

株価というものは話題性があれば常軌を逸したように跳ね上がる特徴があるので、日本での配信がスタートして人気が高まれば任天堂の株価が続伸する可能性は十分にあります。しかし、わずか1~2週間で株価が倍に膨れ上がる値動きはやはり異常。期待先行による買いは必ずどこかで落ち着いて利益確定が入りますので、慌てて飛びつくのは賢明ではありません。今後の伸びは、ポケモンGOリリース後の会社の業績発表がポイントとなるでしょう。

そしてポケモンGOには不安要素もあります。プレイに熱中しすぎるあまり、ユーザーが街中で車と接触したり崖から転落したりする事故が世界中で多発しています。遂には、他人の敷地内に無断で入ったプレイヤーが強盗と勘違いされ射殺される痛ましい事件まで起きてしまいました。危険性を考慮し、ポケモンGOの配信を中止すべきだとの意見も少なくありません。

ただでさえ歩きスマホが社会問題になっている日本です。スマホユーザーのマナーの悪さに拍車をかけるようなゲームアプリが糾弾の的になることは想像に難くないでしょう。配信停止のニュースが流れれば、一転して株価が急落する展開もあり得ます。開発陣がポケモンGOのプレイ中に歩きスマホをできなくする等の安全対策を講じるかどうか、対応がその後の株価を大きく左右することでしょう。

おすすめ関連銘柄

また、関連銘柄を物色するのも一興です。ポケモンGOとのサービス連携を発表している「日本マクドナルドホールディングス(銘柄コード:2702)」、ポケモン関連の大型施設を運営している「サノヤスホールディングス(銘柄コード:7022)」、おもちゃメーカーの「タカラトミー(銘柄コード:7867)」、ポケモンパンメーカーの「第一屋製パン(銘柄コード:2215)」、靴メーカーの「アキレス(銘柄コード:5142)」などの銘柄にも投資家の関心が集まっています。

今後ポケモンGOのようなタイプのゲームがスマホゲーム業界のトレンドになる可能性があるので、「ガンホー・オンライン・エンターテイメント(銘柄コード:3765)」、「DeNA(銘柄コード:2432)」、「コロプラ(銘柄コード:3668)」、「モバイルファクトリー(銘柄コード:3912)」、「カプコン(銘柄コード:9697)」等のスマホゲーム開発会社の銘柄もチェックしてみても面白いかもしれません。

いずれにせよ、ポケモンバブルは投資家にとっても大きなチャンスです。冷静に市場を観察しながら、儲けのチャンスをしっかりゲットしていきましょう!

金熊おすすめのネット証券ランキング

・少額投資の手数料が最安!!初心者に最適なマネックス証券
マネックス証券の特徴は初心者に優しい売買手数料体系を打ち出していること。約定代金が10万円以下であればたったの100円(税抜)!それに加えて取引情報ツールも充実しているのが人気の秘訣だ!
→ マネックス証券の公式サイトへ
株式売買手数料(税抜)
~10万円 ~30万円 ~50万円 ~100万円
100円 250円 450円 1000円
投資情報提供 取扱商品 取引ツール
名称 使いやすさ
新マネックストレーダー
総合評価
公式サイトはこちら

・取引ツールの使いやすさはピカ一の楽天証券
楽天証券の魅力はなんといっても取引ツールが凄いところ。MarketSpeedは初心者はもちろん操作しやすく、専業トレーダーでもカスタマイズをすることでプロ並みの取引ツールに変身させることが可能!手数料はリーズナブルで、オールラウンドに活用できる証券口座です。
→ 楽天証券の公式サイトへ
株式売買手数料(税抜・超割コース現物)
~10万円 ~30万円 ~50万円 ~100万円
90円 250円 250円 487円
投資情報提供 取扱商品の豊富さ 取引ツール
名称 使いやすさ
マーケットスピード
総合評価
公式サイトはこちら

・口座開設数は業界トップの「SBI証券」
第一位はSBI証券だ!SBI証券は手数料の安さ、取扱商品の豊富さ、使いやすさで多くの投資家から人気を集めているネット証券。
→ SBI証券の公式サイトへ
株式売買手数料(税抜)
~10万円 ~30万円 ~50万円 ~100万円
139円 272円 272円 487円
投資情報提供 取扱商品の豊富さ 取引ツール
名称 使いやすさ
HYPER SBI
総合評価
公式サイトはこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 9
    follow us in feedly

  関連記事

日本株/先物オプション取引ツール「岡三ネットトレーダープレミアム」の利用料金が今日から無料に!【岡三オンライン証券】

本日2017年12月1日(金)から、岡三オンライン証券の提供している日本株/先物 …

株主優待に関するアンケートに答えるだけで九州地方の温泉宿泊券や物産品を貰える!総額100万円プレゼントキャンペーン!【SBI証券】

2016年11月いっぱいまで、SBI証券で魅力的なプレゼントキャンペーンが実施さ …

経済界の大物が勢揃い!新春セミナーの申し込み締め切り間近!【楽天証券】

年明けの2016年1月10日、横浜で楽天証券の新春セミナーが開催されます。小泉政 …

DMM株STANDARDを使ってみた!インストール不要で使いやすいパソコン版株式取引ツール!【DMM.com証券】

2018年3月5日、DMM.com証券が株式取引事業に参入し、「DMM株」をリリ …

経済界の大物が勢揃い!新春セミナーの申し込み締め切り間近!【楽天証券】

年明けの2017年1月7日(土)に、横浜で楽天証券の毎年恒例新春セミナーが開催さ …

これはすごい!ウォーレン・バフェット氏やジョージ・ソロス氏など世界の名立たる富豪が投資している銘柄を参照できるサービス・iBillionaireの日本語版がリリース!【マネックス証券】

2013年4月、アメリカのニューヨークに本社を構えるiBillionaire社が …

画像認識AI(人工知能)技術を活用した画期的な個人投資家向けチャートツール「AlpacaSearch for kabu.com」が今日から利用可能に!【カブドットコム証券】

本日2017年5月11日(木)、カブドットコム証券が非常にユニークな株式取引用チ …

日計り取引「いちにち信用」&「特別空売り」サービスがリリース間近!信用取引の利便性が大幅に向上!【楽天証券】

今月から楽天証券の株式取引に注目すべき新サービスが実装されます。高額な日計り取引 …

個人投資家でも機関投資家向け重要経済ニュースを閲覧できる「プレミアムニュース」の配信サービスがスタート!【SBI証券】

2016年7月11日、SBI証券が非常に便利な情報配信サービスを開始しました。機 …

優れた経済成長性を秘めているインドの株式市場の魅力について学べる無料オンラインセミナー!【楽天証券】

2017年7月26日(水)に、楽天証券のリアルタイムネット勉強会が開催されます。 …