2016/07/19

今日から大阪証券取引所の新デリバティブ売買システム「次期J-GATE」が始動!旧バージョンからの変更点をまとめてみた!

大阪証券取引所

出典:youtube

本日2016年7月19日、大阪取引所にて「次期J-GATE」の本番稼働がスタートします。次期J-GATEとは、信頼性・利便性・流動性を向上させた取引環境を市場参加者に提供するために大阪取引所が開発を進めてきた次期デリバティブ売買システムのことです。世界最高水準の売買システムの導入により、先物・オプション取引の活性化に期待が集まっています。

次期J-GATEの稼働により現行の制度がどのように変わるのか、変更点をまとめてみました。取引時間も若干変わるので、日経先物などを取引している方はご注意ください。

先物・オプションの取引時間の延長

指数先物取引の日中取引開始時刻が、現在の9時から8時45分に前倒しされます。あわせて、指数先物・指数オプション取引のナイトセッション(夜間取引)が翌3時から翌5時30分まで延長されます。(株式取引時間の変更は無し。)
9時前に発表される日銀短観やGDPなどの経済指標をチェックしていち早く取引できるようになるのは大きなメリットです。

新商品の追加

次期J-GATE稼働とともに、新たに4種類の金融商品の取引が可能となります
東証マザーズ市場に上場されている内国普通株式全銘柄を対象とした「東証マザーズ指数先物」、台湾証券取引所に上場されている普通株式の全銘柄を対象とした「台湾加権指数先物」、香港上場中国株により構成される「FTSE中国50先物」、そしてJPX日経インデックス400を対象とした「JPX日経インデックス400オプション」。
どれもトレーダーにとって非常に魅力的な銘柄であり、投資の幅を広げたい方は必見です。

対象指数 東証マザーズ指数先物 台湾加権指数先物 FTSE中国50先物 JPX日経インデックス400オプション
限月 3月、6月、9月、12月のうち直近5限月 連続する直近2限月取引及びそれ以外の限月取引のうち3月、6月、9月、12月の直近3限月取引の5限月取引 連続する直近2限月取引及びそれ以外の限月取引のうち3月、6月、9月、12月の直近2限月取引の4限月取引 各限月の第二金曜日(休業日に当たるときは 順次繰り上げ。)の前日(休業日にあたるときは順次繰り上げ。)を取引最終日とした19限月取引
取引単位 東証マザーズ指数×1,000円 台湾加権指数×100円 FTSE中国50インデックス×100円 オプション価格×1,000円
呼値の単位 0.5ポイント 1ポイント 5ポイント 50円以下:1ポイント
50円超:5ポイント
取引時間 日中立会8:45-15:15
夜間立会16:30-翌5:30
日中立会8:45-15:15 日中立会8:45-15:15
夜間立会16:30-翌5:30
日中立会9:00-15:15
夜間立会16:30-翌5:30
ノンキャンセル・ピリオド(NCP)の導入

板寄せ直前の注文訂正・取消しによる過度の価格変動を防止するため、日経225先物・ミニ日経225先物、TOPIX先物に、注文の訂正・取消しが出来ない「ノンキャンセル・ピリオド(NCP)」と呼ばれる時間帯が導入されます。(ミニTOPIX先物はNCPの対象外。)
具体的には、寄付き・引けの直前1分間にあたる8時44分~8時45分、16時29分~16時30分、翌5時29分~5時30分の3種類がそれにあたります。新規注文は可能ですが、一度流した注文は訂正できないのでご注意ください。

その他制度変更

全商品共通で、即時約定可能値幅の基準となる値段がBBO仲値または直近の約定値段に変更されます。ただし、直近の最良買呼値と最良売呼値が大きく乖離する場合等、注文の状況によってはBBO仲値を採用しない場合もあります。
また、日経225オプション、TOPIXオプション、JPX日経400オプション、国債(JGB)先物オプションを対象に、通常の追加設定に加え取引参加者からの申請に基づき一定の範囲で新しい権利行使価格を追加できる「オンデマンド権利行使価格」が導入されます。申請の翌営業日から取引開始。申請当日に設定されている限月に限ります。

各種取引ツールの仕様変更

各証券会社が提供している取引ツールの仕様も変更されます。レイアウトや推奨OS環境などが大きく変わる可能性があるので、先物やオプション取引を行わない株式取引専門のトレーダーの方も自分の利用している証券会社のホームページをしっかりチェックしておいてください。

金熊おすすめのネット証券ランキング

・少額投資の手数料が最安!!初心者に最適なマネックス証券
マネックス証券の特徴は初心者に優しい売買手数料体系を打ち出していること。約定代金が10万円以下であればたったの100円(税抜)!それに加えて取引情報ツールも充実しているのが人気の秘訣だ!
→ マネックス証券の公式サイトへ
株式売買手数料(税抜)
~10万円 ~30万円 ~50万円 ~100万円
100円 250円 450円 1000円
投資情報提供 取扱商品 取引ツール
名称 使いやすさ
新マネックストレーダー
総合評価
公式サイトはこちら

・取引ツールの使いやすさはピカ一の楽天証券
楽天証券の魅力はなんといっても取引ツールが凄いところ。MarketSpeedは初心者はもちろん操作しやすく、専業トレーダーでもカスタマイズをすることでプロ並みの取引ツールに変身させることが可能!手数料はリーズナブルで、オールラウンドに活用できる証券口座です。
→ 楽天証券の公式サイトへ
株式売買手数料(税抜・超割コース現物)
~10万円 ~30万円 ~50万円 ~100万円
90円 250円 250円 487円
投資情報提供 取扱商品の豊富さ 取引ツール
名称 使いやすさ
マーケットスピード
総合評価
公式サイトはこちら

・口座開設数は業界トップの「SBI証券」
第一位はSBI証券だ!SBI証券は手数料の安さ、取扱商品の豊富さ、使いやすさで多くの投資家から人気を集めているネット証券。
→ SBI証券の公式サイトへ
株式売買手数料(税抜)
~10万円 ~30万円 ~50万円 ~100万円
139円 272円 272円 487円
投資情報提供 取扱商品の豊富さ 取引ツール
名称 使いやすさ
HYPER SBI
総合評価
公式サイトはこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 9
    follow us in feedly

  関連記事

ネーミング応募で3万円分のQUOカードを貰える!米国貸株サービス愛称募集キャンペーン!【SBI証券】

2016年10月いっぱいまで、SBI証券でユニークなプレゼントキャンペーンが実施 …

個人投資家でも機関投資家向け重要経済ニュースを閲覧できる「プレミアムニュース」の配信サービスがスタート!【SBI証券】

2016年7月11日、SBI証券が非常に便利な情報配信サービスを開始しました。機 …

2017年から始動するトランプ政権はどのような金融政策を打ち出すのか?今後の株式投資戦略を無料で学べるオンラインセミナー!【楽天証券】

2016年12月20日(火)に、楽天証券の米国株式投資戦略セミナーが開催されます …

日産とDeNAが無人運転車Easy Ride(イージーライド)の実証実験を3月に開始!自動運転技術は仮想通貨に続くイノベーションとなるか将来性を考察

出典:Easy Ride 2018年2月23日、日産自動車株式会社と株式会社ディ …

5月から株式取引の手数料値下げ&ポイント還元サービスを盛り込んだ「超割」がスタート!【楽天証券】

2016年5月2日(月)の約定分から、楽天証券の株式取引の手数料体系が大きくリニ …

貿易戦争への懸念で暴落が続く株式市場!あえて買うならこの銘柄5選!

多くの投資家にとって、2018年3月19日の週は悪夢となりました。 一週間の主な …

資産運用もAIの時代に!全自動国際分散投資ロボアドバイザー・WealthNaviで初心者も簡単に世界レベルの投資を始められる!

WealthNaviとは? WealthNavi(ウェルスナビ)は、2015年の …

長期投資向け少額投資非課税制度「つみたてNISA」の受付がスタート!通常のNISAとの違いを比較!

出典:金融庁 株式投資で稼ぐうえで、売却した際に得られる利益や分配金にかかる20 …

今後の株式投資戦略を無料で学べる北海道セミナー!【楽天証券】

2016年9月3日(土)、楽天証券の日本株式投資戦略セミナーが開催されます。 6 …

クレジットカードの付与ポイントを使って元手資金0から資産運用を始められる!投資用クレジットカード「インヴァストカード」誕生!【インヴァスト証券】

FXやETFなど多彩な金融商品を提供しているインヴァスト証券が、株式会社ジャック …