2015/09/21

9月24日から東証の売買システム・arrowheadがリニューアル!株式取引はどのように変わるのか?

東京証券取引所

連休明けの24日から、東京証券取引所の株式売買システム「arrowhead(アローヘッド)」のリニューアルバージョンが遂に稼働します。
初代arrowheadが東証に導入されたのは、今から約5年前の2010年1月。富士通のRed Hat Enterprise LinuxをベースとしたOSやデータベースが組み込まれており、わずか0.002秒以内で注文に対応できる驚異的な処理機能が世界中の投資家から評価され続けてきました。
ITの進歩によりモバイル端末からの発注も可能になったため、株式取引の注文件数は年々増加傾向にあります。電子取引の進展および新たな投資家のニーズに応えることを目的に、今回arrowheadのシステム刷新が図られることになりました。
はたして新arrowheadは旧バージョンからどのように変わったのでしょうか?注目すべきポイントをまとめてみました。

システム処理能力の向上

初代arrowheadが導入された2010年時点の一日あたりの注文件数は、およそ800万件でした。しかし、それから5年経った現在、一日あたりの注文件数は2000万件を超えています。
注文が殺到する時間帯でも処理能力を低下させないために、新arrowheadにはよりシンプルになったシステム構成が実装されました。レスポンスタイムは旧バージョンの半分以下。一日に処理できる注文件数が現行の2倍にまで跳ね上がることに。さらに高速化したシステムにより、狙った取引チャンスを確実にものにすることが出来ます。

信頼性の向上

リスク管理機能の追加

一件あたりの注文を数ミリ秒以内に処理することが可能になったため、取引所のシステムにはスピードだけでなく安定性や信頼性も求められるようになりました。arrowhead稼働から5年経った現在まで一度もシャットダウンが発生して全面停止に陥ったことが無い事実は、日本のエンジニアの優秀さを物語っています。
さらに日本株の信頼性を高めるために、新arrowheadには誤発注を防止する新機能が搭載されました
テスト注文用の「ダミーシンボル」。システム障害時に未約定の注文を自動で取り消す「キャンセル・オン・ディスコネクト」。取引参加者からの指示により注文を抑止・抹消する「キルスイッチ」。単位時間あたりの注文条件等を事前に設定して異常な注文をブロックする「ユーザ設定型ハードリミット」など、ヒューマンエラーを回避する工夫がいくつも盛り込まれています。

株式取引の誤発注と聞いて真っ先に思い出されるのは、2005年のジェイコム株大量誤発注事件でしょう。「61万円で1株売る」とすべき注文をみずほ証券の関係者が誤って「1円で61万株売る」と送信したことで株価が大暴落。400億円以上の損失が発生した衝撃的な事故は業界関係者を震撼させました。(その後、みずほ証券は注文取消しに応じなかった東証に損害賠償を請求し、訴訟沙汰に発展。控訴、上告の末に最高裁が約100億円の支払いを東証に命じる判決を下し、2015年の9月にようやく決着。)
今回arrowheadに採用された新機能は、誤発注が引き起こす社会混乱の防止に必ず重宝することでしょう。

連続約定気配制度の変更

短時間での急激な価格変動を抑制するために、連続約定気配の表示条件が追加されました
旧バージョンのarrowheadでは、一つの注文によって直前の約定価格から更新値幅の2倍のレートを超えて買い上がり(売り下がり)した場合のみ連続約定気配(K)が板情報に表示されていました。新arrowheadでは、複数の注文であっても一定時間(初期値は60秒)内の買い上がり(売り下がり)であれば連続約定気配が表示されるようになります。
連続約定気配

出典:松井証券

利便性の向上

気配値本数の変更

旧arrowheadでは板情報の気配値は上下8本表示でしたが、新arrowheadでは上下10本表示になります。より広範囲の気配値を参照することで、相場の状況を的確に分析することが出来るようになりました。
気配値本数

出典:楽天証券

ティック・サイズの適正化

TOPIX100構成銘柄の呼値単位が一部見直されました。(詳細は以下の表を参照してください。)
旧呼値で入力した注文がarrowheadリニューアル実施日をまたぐとエラーになる場合があり、注意が必要です。一見面倒な変更に思えますが、呼値の単位を見直すことでスプレッドコストの削減が実現されるのは大きなメリットです。

1株当たりの取引価格 呼値
2015年9月18日まで 2015年9月24日以降
1,000円以下 0.1円 0.1円
1,000円超~3,000円以下 0.5円 0.5円
3,000円超~5,000円以下 0.5円 1円
5,000円超~10,000円以下 1円 1円
10,000円超~30,000円以下 5円 5円
30,000円超~50,000円以下 5円 10円
50,000円超~100,000円以下 10円 10円
100,000円超~300,000円以下 50円 50円
300,000円超~500,000円以下 50円 100円
500,000円超~1,000,000円以下 100円 100円
1,000,000円超~3,000,000円以下 500円 500円
3,000,000円超~5,000,000円以下 500円 1,000円
5,000,000円超~10,000,000円以下 1,000円 1,000円
10,000,000円超~30,000,000円以下 5,000円 5,000円
30,000,000円超~50,000,000円以下 5,000円 10,000円
50,000,000円超 10,000円 10,000円

 

なお、arrowheadのリニューアルにより、これまで利用してきた株式取引ツールが正常に動作しなくなる恐れがあります。以下のネット証券会社の取引ツールを使用している方は、バージョンアップしてから取引に臨んでください。

GMOクリック証券

  • はっちゅう君
  • スーパーはっちゅう君
  • レーザートレード
  • iClick株
  • 株roid

楽天証券

  • Market Speed(マーケットスピード)
  • iSPEED

松井証券

  • ネットストック・ハイスピード
  • ネットストックトレーダー
  • 株touch

→楽天証券の口座開設はコチラから

→松井証券の口座開設はコチラから

→カブドットコム証券の口座開設はコチラから

金熊おすすめのネット証券ランキング

・少額投資の手数料が最安!!初心者に最適なマネックス証券
マネックス証券の特徴は初心者に優しい売買手数料体系を打ち出していること。約定代金が10万円以下であればたったの100円(税抜)!それに加えて取引情報ツールも充実しているのが人気の秘訣だ!
→ マネックス証券の公式サイトへ
株式売買手数料(税抜)
~10万円 ~30万円 ~50万円 ~100万円
100円 250円 450円 1000円
投資情報提供 取扱商品 取引ツール
名称 使いやすさ
新マネックストレーダー
総合評価
公式サイトはこちら

・取引ツールの使いやすさはピカ一の楽天証券
楽天証券の魅力はなんといっても取引ツールが凄いところ。MarketSpeedは初心者はもちろん操作しやすく、専業トレーダーでもカスタマイズをすることでプロ並みの取引ツールに変身させることが可能!手数料も業界最安水準で、オールラウンドに活用できる証券口座です。
→ 楽天証券の公式サイトへ
株式売買手数料(税抜)
~10万円 ~30万円 ~50万円 ~100万円
139円 272円 272円 487円
投資情報提供 取扱商品の豊富さ 取引ツール
名称 使いやすさ
マーケットスピード
総合評価
公式サイトはこちら

・口座開設数は業界トップの「SBI証券」
第一位はSBI証券だ!SBI証券は手数料の安さ、取扱商品の豊富さ、使いやすさで多くの投資家から人気を集めているネット証券。
→ SBI証券の公式サイトへ
株式売買手数料(税抜)
~10万円 ~30万円 ~50万円 ~100万円
139円 272円 272円 487円
投資情報提供 取扱商品の豊富さ 取引ツール
名称 使いやすさ
HYPER SBI
総合評価
公式サイトはこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 9
    follow us in feedly

  関連記事

保有株を貸して金利収入を得られる「貸株サービス」の受付スタート!【GMOクリック証券】

2016年10月15日から、GMOクリック証券で貸株サービスの申し込みが可能になりました。
貸株サービスとは、自分の所有している株式を証券会社に貸して金利を貰う資産運用の一種です。一般的に株式取引で儲けるためには、株価 …

信用取引口座開設&約定代金の合計額に応じて最大3万円相当の三越カタログギフトを貰えるプレゼントキャンペーン!【松井証券】

2017年2月1日から、松井証券でお得なキャンペーンが実施されています。キャンペーン期間中に信用取引口座を開設した方を対象に、抽選で合計100名に全国百貨店共通商品券やカタログギフトが贈呈されます。
対象期間中の信用取引 …

2017年から始動するトランプ政権はどのような金融政策を打ち出すのか?今後の株式投資戦略を無料で学べるオンラインセミナー!【楽天証券】

2016年12月20日(火)に、楽天証券の米国株式投資戦略セミナーが開催されます。
11月上旬に実施された米大統領選挙では、事前予想を覆し、公職経験のないドナルド・トランプ氏が劇的な勝利を収めました。ヒラリー・クリントン …

米大統領選投開票日の翌日に緊急開催決定!今後の米国株の投資戦略について学べる無料オンラインセミナー!【楽天証券】

2016年11月9日(水)に、楽天証券のリアルタイムネット勉強会が開催されます。今回のセミナーでは、コンテクスチュアル・インベストメンツLLC代表の広瀬隆雄氏を講師にお招きし、「米国株の展望」について講義していただきます …

日本株の投資戦略を学べる大阪セミナー!【楽天証券】

2015年11月28日、大阪にて楽天証券の株式取引勉強会が開催されます。
今年も残りわずか1か月となり、来年の相場が気になり始める時期です。そこで今回のセミナーでは楽天証券のアナリスト方が一堂に会し、2016年の株式市場 …

3夜連続で日本株の相場展望を学べる無料オンラインセミナー開催!【マネックス証券】

11月4日~6日の3日間に渡って、マネックス証券の日本株オンラインセミナーが実施されます。日本株や国内経済に精通している専門家方が集い、相場展望や今後狙い目の銘柄を紹介していきます。
世界同時株安をもたらした怒涛の人民元 …

日計り取引「いちにち信用」&「特別空売り」サービスがリリース間近!信用取引の利便性が大幅に向上!【楽天証券】

今月から楽天証券の株式取引に注目すべき新サービスが実装されます。高額な日計り取引の手数料が無料になる「いちにち信用」と、これまで空売りができなかった銘柄も売建できるようになる「特別空売り」サービスにより、信用取引の運用 …

FOMCや欧州選挙!3月のイベントはマーケットにどのような影響を与えるのか?今後の株式投資戦略を無料で学べるオンラインセミナー!【楽天証券】

2017年3月17日(金)に、楽天証券の米国株式投資戦略セミナーが開催されます。
2月28日に予定されていたトランプ大統領の議会演説も無事に終わり、重要な経済イベントを多く控えている3月の相場がスタートしました。その筆頭 …

最大50,200円をプレゼント!ロボ・アドバイザーを活用した資産運用サービス「マネラップ(MSV LIFE)」開始記念キャンペーン実施中!【マネックス証券】

2016年12月17日(土)から、マネックス証券で豪華なキャンペーンが実施されています。期間中にエントリーを行い、マネラップ(MSV LIFE)の口座を開設して合計購入金額が所定の金額を達成したら、最大50,200円をキ …

SMAPの稲垣吾郎さんを起用した新CM公開中!【カブドットコム証券】

2016年早々、国民的アイドルグループ・SMAPの解散騒動が世間を驚愕させました。紆余曲折の末、SMAPのメンバーが生放送の番組中に謝罪を行うという形で幕引きとなったようですが、今回のケースは改めてSMAPの注目度の高さ …