2017/10/16

マネーフォワードとCAMPFIRE・LIFULL Social Funding、SBIソーシャルレンディングとミュージックセキュリティーズ、クラウドファンディング業界で大手企業が続々と提携契約を締結!

2017年10月10日、SBIホールディングス株式会社の子会社である「SBIソーシャルレンディング株式会社」と、1口数万円の少額から出資できるインパクト投資プラットフォーム・セキュリテを運営している「ミュージックセキュリティーズ株式会社」が相互紹介契約を締結しました。

SBIソーシャルレンディングは、資金調達を目指している個人・団体とお金を貸したい投資家とをインターネットを通じて結びつける「ソーシャルレンディング(貸付型クラウドファンディング)サービス」の大手です。期待利回り7.0%前後、各種手数料無料、貸し倒れ件数0、総合金融グループならではの経営力、1万円からの少額投資に対応しており、個人投資家でも安心して様々なファンドに投資できる魅力があります。

一方、ミュージックセキュリティーズのセキュリテは、小口投資によってそれぞれの地方自治体が抱えている経済的課題の解決を目指すユニークなクラウドファンディングサイト。単なる金銭的リターンだけでなく地方創生に協力できる社会的意義があり、「ふるさと納税」の投資版にあたる「ふるさと投資」として関心を集めています。

SBIソーシャルレンディングの日本で働くカンボジア人技能実習生向けファンド(予定年間利回り10.0%)、セキュリテの農作物・日本酒・工芸品などを対象としたファンドなど、両社とも非常に社会貢献度の高い投資案件を取り揃えているのが特徴的。今回の相互紹介契約締結により両社の案件が投資家の目にとまる機会が増え、資金供給機会のさらなる拡大効果が期待されています。

→SBIソーシャルレンディングの詳細はコチラ

→セキュリテはコチラ

また、9月29日に新規上場を果たしたマネーフォワードも、国内トップクラスの人気を誇る購入型クラウドファンディングプラットフォームCAMPFIREを運営している「株式会社CAMPFIRE」およびクラウドファンディングプラットフォームJAPANGIVING(ジャパンギビング)・シューティングスターを運営している「株式会社LIFULL Social Funding」の両社と10月11日に資本業務提携を締結しました。自動家計簿アプリ「マネーフォワード」やクラウド会計などお金に関する多彩なプラットフォームを開発・提供しているマネーフォワード。自社メディアMONEY PLUSやユーザー基盤を通じて、両社の新サービス開発・普及を推進する予定です。

ちなみにLIFULLは2016年6月から「プライスマップ」と「マネーフォワード」との間でデータ連携しており、アプリ内でマンションの参考価格を把握できるサービスも提供しています。LIFULL Social Fundingは不動産領域のソーシャルレンディング事業に着手しており、利用者数が550万人を突破した大人気サービス・マネーフォワードとの提携でクラウドファンディングサービスの躍進に弾みがつきそうです。

マネーフォワードは2015年12月にも「株式会社お金のデザイン」と資本業務提携を締結しており、フィンテックの分野で様々な企業と積極的に協業を進めているのが特徴的。2018年春からは、千葉銀行提供の参照系APIとの公式連携も予定されています。「TSUBASA FinTech共通基盤」の開発により、千葉銀行の個人用口座を利用している方はIDやパスワードを預けることなくマネーフォワードやMFクラウドシリーズで千葉銀行の口座の残高情報や入出金履歴などを確認できるようになります。

今や国内のクラウドファンディング市場規模は1,000億円突破が見込まれているほどの成長振り。全体の約9割を占めるソーシャルレンディング(貸付型クラウドファンディング)をはじめ、新興の株式型クラウドファンディングの発展、アメリカ大手のクラウドファンディングサイトKickstarterの日本上陸などの話題性により、さらに市場規模が拡大していくことでしょう。今後も各社の動向から目が離せません。

→マネーフォワードはコチラ

→CAMPFIREはコチラ

→JAPANGIVINGはコチラ

→Kickstarter Japanの詳細はコチラ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 10
    follow us in feedly

  関連記事

株式投資型クラウドファンディング「エメラダ・エクイティ」が本日21時より第1号案件の募集開始!個人投資家でも未上場のベンチャー企業に投資できる!

今や国内クラウドファンディングの市場規模は1,000億円に迫る勢いであり、そのおよそ9割は貸付型クラウドファンディングが占めています。FUNDINNO(ファンディーノ)やGoAngel(ご縁ジェル)等の非上場株式を取り扱 …

日本初のクラウドファンディング型融資サービス「CAMPFIRE レンディング」の対象範囲が拡大!「個人」のプロジェクト実行者も融資申し込みが可能に!

出典:CAMPFIRE
2017年10月時点で掲載プロジェクト数が9,000件以上、流通金額が30億円以上と国内トップクラスの人気を誇る購入型クラウドファンディングプラットフォーム「CAMPFIRE」を運営している株式 …

クラウドクレジットは高利回りの海外案件に投資できるソーシャルレンディング!【ソーシャルレンディング比較】

クラウドクレジットは、「世界の信用市場を一つに」をコンセプトとして2014年6月にサービスがスタートした投資型クラウドファンディングサービスです。会社が設立されたのは2013年1月。代表の杉山智行氏は東大法学部を卒業し …

みんなのクレジットは話題性抜群の貸付型クラウドファンディング!【ソーシャルレンディング比較】

みんなのクレジットは、株式会社みんなのクレジットが提供しているクラウドファンディングサービスです。スタートしたのは2016年4月。インターネットを通じて企業・団体が資金調達を実施し、出資した不特定多数の投資家に最大14. …

個人投資家でも馬主になれる!?わずか1万円から競走馬に出資できる「DMMバヌーシー」の受付スタート!【DMM.com証券】

2017年8月5日から、DMM.com証券が非常にユニークなクラブ法人のサービスを開始しました。その名も「DMMバヌーシー」!実在する競走馬に投資して賞金などの分配金を受け取ることのできる「馬主体験型ファンディングサービ …

スマートエクイティは希少性の高い投資機会を提供してくれる注目の投資型クラウドファンディング!【ソーシャルレンディング比較】

スマートエクイティは、AIP証券株式会社が提供しているクラウドファンディングサービスです。スタートしたのは2015年5月。「日本の金融のあり方を変える潜在力を持ったサービス」と豪語するだけあって、これまで個人投資家では触 …

オーナーズブックは少額資金で高利回りの不動産物件に投資できるソーシャルレンディング!【ソーシャルレンディング比較】

オーナーズブックは、ロードスターキャピタル(Loadstar Capital)が提供している不動産投資専門のクラウドファンディングサービスです。スタートしたのは2014年9月。「サイトを介して不動産のOwner(所有者) …

ラッキーバンクは全案件不動産担保・ローリスクで投資できる大人気ソーシャルレンディング!【ソーシャルレンディング比較】

ラッキーバンク(Lucky Bank)は、不動産開発業者を対象とした投資ファンドを提供しているソーシャルレンディングです。設立は2014年5月。創業当時の代表取締役社長だった越後篤氏が健康上の理由で退任したため、副社長だ …

SBIソーシャルレンディングは大手ネット証券グループが提供している信頼性抜群のソーシャルレンディング!【ソーシャルレンディング比較】

SBIソーシャルレンディングは、SBIソーシャルレンディング株式会社が提供しているソーシャルレンディングサービスです。スタートしたのは2011年3月。ホームページ上で行われている投資家募集の案件に投資の申し込みを行うと、 …

トラストレンディング(Trust Lending)は高利回り案件が充実している新興ソーシャルレンディング!【ソーシャルレンディング比較】

トラストレンディングは、株式会社トラストファイナンスが提供しているソーシャルレンディングサービスです。スタートしたのは2015年11月。トラストファイナンスはもともと法人を対象にした融資やコンサルティングなどの金融事業を …