2017/09/14

国内2社目の株式投資型クラウドファンディング・GoAngel(ご縁ジェル)がいよいよ非上場株式の募集を開始!

2017年9月5日、DANベンチャーキャピタル株式会社が株式投資型クラウドファンディングサイト「GoAngel(ご縁ジェル)」のサービスをリリースしました。

株式投資型クラウドファンディング業務を行うことができる「第一種少額電子募集取扱業者」への登録を行ったのは、「FUNDINNO(ファンディーノ)」を運営している日本クラウドキャピタルに続いてこれで2社目。寄付型クラウドファンディングやソーシャルレンディングに比べるとまだまだ数の少ない株式投資型クラウドファンディングですが、徐々に参入企業が増え投資家の関心も高まりつつあります。

株式投資型クラウドファンディング・GoAngel(ご縁ジェル)とはどのようなサービスなのか?その特徴を具体的に見ていきましょう。

GoAngel(ご縁ジェル)について

GoAngel(ご縁ジェル)は、非上場企業の株式募集を取り扱っている株式投資型クラウドファンディング(CF)です。ベンチャーキャピタルファンドの運営・支援業務を行っているDANベンチャーキャピタル株式会社の審査をパスした将来性有望な企業の非上場株式が取り扱われています。投資家とベンチャー企業との「ご縁」を繋ぐプラットフォームでありたいという想いから、「GoAngel(ご縁ジェル)」と命名されました。

投資家はWEBサイト上に掲載されている登録企業の事業計画・IR情報などを参照し、株式取得の申込を行うことができます。募集期間中に申込金額が目標額に到達した場合、増資成立。到達しなかった場合は、増資中止となります。(超過した場合は先着順で株式を割り当て。)

ちなみにDANベンチャーキャピタル代表取締役社長の出縄良人氏は、日本証券業協会のグリーンシート制度を主導したディー・ブレイン証券の創業者。グリーンシート制度により140社以上の非上場企業の株式募集を取扱い、そのうち18社を上場まで導いた実績を誇っています。2018年3月をもってグリーンシート制度が終了する今、株式投資型クラウドファンディングは次世代の資金調達手段として大いに注目される存在です。

株式投資型クラウドファンディングの魅力

単に出資するだけのファンド型と違い、株式投資型クラウドファンディングではその会社の株式を取得することが可能です。株主総会に参加して、新興企業の成長を間近で見守ることのできる楽しさがあります。また、自分の出資した会社が後に東証等に上場すれば株式の価値が一気に跳ね上がり、莫大な利益を得られるチャンスが広がります。(全ての会社が上場するとは限りません。)

株式投資型クラウドファンディングの注意点

非上場株式には上場株式のような流動性がなく、好きなタイミングで売買できるわけではありません。配当が支払われないこともあれば、会社が倒産して資産価値が0になってしまうリスクもあります。また、一人あたり一社につき年間50万円までしか投資できないという上限も設けられています。振込手数料は投資家負担で、NISA非対応です。

GoAngel(ご縁ジェル)の口座開設手順

GoAngel(ご縁ジェル)で投資を行うためには、まず口座を開設する必要があります。

口座開設リンクをクリックすると、投資家用フォームのページに移動します。フォーム欄に任意のメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

メールボックスを確認すると、GoAngelからメールが届いているはずです。表示されているURLをクリックして本登録を行いましょう。

自分の氏名、性別、生年月日、住所、パスワード等を入力して、確認するボタンを押してください。

入力内容に不備が無ければ、そのまま登録するボタンを押してください。

続いて、「投資家情報の入力」に移ります。投資家情報の追加入力ボタンをクリックしましょう。

投資家審査を申し込むためには、「投資家情報の追加項目の入力」、「各書面への同意」、「適合性の確認チェック」、「本人確認書類のアップロード」を行う必要があります。少々時間がかかりますが、慌てず指示通りに作業を進めていきましょう。





全ての手続きが完了したら、会社側で審査が行われます。後日、投資家審査の結果を記載した郵便物が本人限定書留で郵送されてきます。無事に審査をパスすれば、晴れて非上場企業の株式申し込みを行えるようになります。

現在Webサイト上で取り扱われているのは、LCA国際学園を運営している株式会社エデューレエルシーエーとクラウドERPソフト開発を行っている株式会社マルチブックの2社だけですが、すでに10社以上の審査が行われており、近い将来募集がスタートする予定です。株式投資型クラウドファンディングに興味のある方は、GoAngelをチェックしてみてはいかがでしょうか。

→GoAngel(ご縁ジェル)の口座開設はコチラから

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 11
    follow us in feedly

  関連記事

株式投資型クラウドファンディング「エメラダ・エクイティ」が本日21時より第1号案件の募集開始!個人投資家でも未上場のベンチャー企業に投資できる!

今や国内クラウドファンディングの市場規模は1,000億円に迫る勢いであり、そのおよそ9割は貸付型クラウドファンディングが占めています。FUNDINNO(ファンディーノ)やGoAngel(ご縁ジェル)等の非上場株式を取り扱 …

クラウドファンディング・CAMPFIREが企業向け融資事業「CAMPFIRE レンディング」を開始!フレンズから出資を募れるお手軽スマホアプリ「polca(ポルカ)」も配信スタート!

CAMPFIRE について

出典:CAMPFIRE
2011年にサービスを開始し、2017年8月時点で総額約30億円もの資金調達を実現するほどの人気サイトとなった株式会社CAMPFIREのクラウドファンディングプラッ …

太陽光発電事業に特化したファンド型クラウドファンディング「ソライチファンド」が第1号ファンドの募集を開始!

出典:ソライチファンド
2017年11月1日、不動産投資事業を展開している株式会社ALLアセットパートナーズがファンド型クラウドファンディング事業に参入し、自社Webサイト「ソライチファンド」にて第1号案件を公開しまし …

クラウドバンクは日本初の証券会社提供型ソーシャルレンディング!【ソーシャルレンディング比較】

クラウドバンクは、日本クラウド証券株式会社が展開している融資型クラウドファンディングサービスです。スタートしたのは2013年12月。代表の橋村純氏は、みずほグループのコンサルタント、投資アドバイザリー等、国内外の市場で投 …

日本初のクラウドファンディング型融資サービス「CAMPFIRE レンディング」の対象範囲が拡大!「個人」のプロジェクト実行者も融資申し込みが可能に!

出典:CAMPFIRE
2017年10月時点で掲載プロジェクト数が9,000件以上、流通金額が30億円以上と国内トップクラスの人気を誇る購入型クラウドファンディングプラットフォーム「CAMPFIRE」を運営している株式 …

トラストレンディング(Trust Lending)は高利回り案件が充実している新興ソーシャルレンディング!【ソーシャルレンディング比較】

トラストレンディングは、株式会社トラストファイナンスが提供しているソーシャルレンディングサービスです。スタートしたのは2015年11月。トラストファイナンスはもともと法人を対象にした融資やコンサルティングなどの金融事業を …

マネーフォワードとCAMPFIRE・LIFULL Social Funding、SBIソーシャルレンディングとミュージックセキュリティーズ、クラウドファンディング業界で大手企業が続々と提携契約を締結!

出典:マネーフォワード
2017年10月10日、SBIホールディングス株式会社の子会社である「SBIソーシャルレンディング株式会社」と、1口数万円の少額から出資できるインパクト投資プラットフォーム・セキュリテを運営して …

みんなのクレジットは話題性抜群の貸付型クラウドファンディング!【ソーシャルレンディング比較】

みんなのクレジットは、株式会社みんなのクレジットが提供しているクラウドファンディングサービスです。スタートしたのは2016年4月。インターネットを通じて企業・団体が資金調達を実施し、出資した不特定多数の投資家に最大14. …

クラウドクレジットは高利回りの海外案件に投資できるソーシャルレンディング!【ソーシャルレンディング比較】

クラウドクレジットは、「世界の信用市場を一つに」をコンセプトとして2014年6月にサービスがスタートした投資型クラウドファンディングサービスです。会社が設立されたのは2013年1月。代表の杉山智行氏は東大法学部を卒業し …

スマートエクイティは希少性の高い投資機会を提供してくれる注目の投資型クラウドファンディング!【ソーシャルレンディング比較】

スマートエクイティは、AIP証券株式会社が提供しているクラウドファンディングサービスです。スタートしたのは2015年5月。「日本の金融のあり方を変える潜在力を持ったサービス」と豪語するだけあって、これまで個人投資家では触 …