2017/06/30

トラストレンディング(Trust Lending)は高利回り案件が充実している新興ソーシャルレンディング!【ソーシャルレンディング比較】

トラストレンディングは、株式会社トラストファイナンスが提供しているソーシャルレンディングサービスです。スタートしたのは2015年11月。トラストファイナンスはもともと法人を対象にした融資やコンサルティングなどの金融事業を行っていた会社で、 ソーシャルレンディング事業に参入したのは比較的最近のことです。

後発ながら多彩なローンファンドを取り扱っており、他のソーシャルレンディングサイトに引けを取らない注目度を誇っています。累計成約金額も20億を突破。トラストレンディングが多くの個人投資家から評価されている理由を見ていきましょう。

→ソーシャルレンディングの詳細はコチラ

高利回り案件が豊富!

トラストレンディングには、平均7.0~8.0%、最大14.0%もの高利回り案件が充実しています。不動産担保付きローンファンド、債権担保付きローンファンド、流動資産担保付きローンファンド、Trust Lendingセレクトファンドなど色々な種類のファンドを提供。運用利回り、借入の目的、資金使途など各情報が分かりやすくまとめられていて安心感があります。

出資比率に応じて、その事業からの収益が投資家に毎月分配。運用期間は3か月~24か月。数年~数十年も待ち続ける必要が無く、短・中期の資産運用に最適です。

利率を明記する透明性!

諸事情により、多くのソーシャルレンディングサイトでは営業者報酬等の詳細な利率が非公開になっています。その点、トラストレンディングでは資金需要者への貸付および営業者報酬の利率などが具体的に明記されており、資金の流れが非常にわかりやすくなっています。

ちなみに、トラストファイナンスが受け取る営業者報酬は年利2%ほど。暴利を貪る悪徳業者でないことは一目瞭然であり、まさにトラスト(信頼)できる投資環境が構築されています。

取引手数料無し!

トラストレンディングは金融システムの開発・運営を行ってきた実績を基に、ソーシャルレンディングシステムの自社開発を行い、初期費用の大幅な削減を実現しています。

口座開設・維持費、成約時手数料などは無料。投資家に配当される運用利回りが10%以上の案件も少なくなく、高利回りかつ低コストの少額投資に対応しています。

トラストレンディングを実際に使ってみた感想

高利回りの案件が非常に多い印象を受けます。現時点で貸し倒れ件数は0。担保もしっかり明記されていて、安全性を確認しながら投資できるメリットがあります。利回り10.0%以上の案件もちょくちょく公開されていて今後の発展が楽しみです。

ただ、トラストレンディングのシステムには他のソーシャルレンディングと若干異なる点があり、利用の際には注意が必要です。

まず、トラストレンディングは預託金制度をとっていません。開設した自分の口座に入金してそれを元手に投資を行うのではなく、出資を申し込んだ案件が成立した後で指定された口座に直接投資金を振り込みます。申込前に振り込んでしまった場合、振込手数料が差し引かれた上で返金されることになります。分配金は毎月10日に、登録した金融機関の口座に直接振り込まれます。

そして各案件への最低投資金額は10万円。1万円から投資できるソーシャルレンディングサイトに比べると、少額投資に不向きです。軍資金に十分余裕がある時に利用すると良いでしょう。

トラストレンディングの口座開設手続き

トラストレンディングを利用するためには、まず口座開設の手続きを行う必要があります。
口座開設リンクをクリックすると、投資家登録申請のページに移動します。メールアドレス、パスワード、秘密の質問とその答え等を入力し、個人情報保護方針のチェックボックスをオンにして「確認」ボタンを押してください。

確認画面が表示されます。問題が無ければ、そのまま「決定」ボタンを押してください。

メッセージが表示されます。登録メールアドレス宛に本登録用のURLが記載されたメールが送られてくるので、メールボックスをチェックしましょう。

24時間以内にURLをクリックして本登録作業に移行します。ログインID、パスワードを入力してログインしてください。

重要事項の確認・同意のページに移動します。各書類に目を通し、「同意する」ボタンを押してください。

投資家登録のページに移動します。氏名、性別、生年月日、住所、連絡先、職業、年収、金融機関の口座番号、投資経験などを入力し、「確認」ボタンを押してください。

確認画面が表示されます。問題が無ければ、そのまま「決定」ボタンを押してください。

本人確認書類のページに移動します。運転免許証、各種健康保険証、顔写真ありのマイナンバー等の本人確認書類を1点、預金通帳、キャッシュカード、ネットバンクなどで通帳等を発行しない口座の場合は「銀行名・支店名・口座番号・口座名義人」が分かる画面のスクリーンショット等の口座確認書類をいずれか1点、マイナンバーカードもしくは通知カード等のマイナンバー書類を1点、画像データをアップロードしてください。

その後、会社で審査が行われ、問題が無ければ登録住所宛にハガキが郵送されてきます。そのハガキに記載されているキーをマイページで入力すれば、本人確認完了。あとは任意の案件に投資するだけです。高利回りの資産運用に興味のある方は、ぜひトラストレンディングをチェックしてみてください!

→トラストレンディングの口座開設はコチラから

ソーシャルレンディングサービス比較まとめ

クラウドファンディングサイト名 特徴 期待利回り サービス開始時期 サービス規模 手数料
クラウドクレジット 高金利の海外投資案件に特化したソーシャルレンディングサービス。
3年以下の短期間で10.0%以上の利回りを見込める事業者支援ファンドが揃っている。
最低投資金額:1万円。
5.0~14.0% 2014/6 会員数:5,000人
累計出資金額:およそ30億円
(2017年6月時点)
口座開設・維持費:無料
ファンド購入手数料:無料
預託金口座へ入金する際の銀行振込手数料:投資家負担
預託金口座からの払戻手数料:月1回は無料。2回目以降は1回につき756円(税込)
運用手数料:ファンドによって異なる
契約解除手数料:当初出資額の5.4%(税込)
ラッキーバンク 設立からわずか1年少々で累計調達金額が30億を突破したことで知られる不動産担保の貸付型クラウドファンディングサービス。
平均利回りが高く、安全性の高い資産運用を実現できる。
最低投資金額:1万円。
6.0~10.0% 2014/5 会員数:3,500人
ファンド累計募集金額:およそ70億円
(2016年12月時点)
口座開設・維持費:無料
ファンド購入手数料:無料
預託金口座へ入金する際の銀行振込手数料:投資家負担
預託金口座からの払戻手数料:無料
クラウドバンク 証券会社が提供する日本初の融資型クラウドファンディングサービス。
ローリスクを重視した少額・短期の資産運用に向いている。
最低投資金額:1万円。
平均6.78% 2013/12 累計応募金額:およそ140億円
(2017年6月時点)
口座開設・維持費:無料
ファンド購入手数料:無料
預託金口座へ入金する際の銀行振込手数料:投資家負担
預託金口座からの払戻手数料:無料
営業者報酬:ファンドによって異なる
オーナーズブック 不動産投資専門の貸付型クラウドファンディングサービス。
会員限定SNSなどユニークなサービスにも対応。
最低投資金額:1万円。
4.8~14.5% 2014/9 会員数:5,000人
累計投資額:およそ16億円
(2017年6月時点)
口座開設・維持費:無料
案件取引にかかる費用:無料
預託金口座へ入金する際の銀行振込手数料:投資家負担
預託金口座からの払戻手数料:300円(+消費税・地方消費税)
maneo 日本初にして国内最大規模を誇る貸付型クラウドファンディングサービス。
運営会社の審査をパスした信頼性の高い事業系ローンファンドが揃っている。
最低投資金額:2万円。
5.0~8.0% 2008/10 会員数:47,000人
成立ローン総額:およそ740億円
(2017年6月時点)
口座開設・維持費:無料
案件取引にかかる費用:無料
預託金口座へ入金する際の銀行振込手数料:投資家負担
預託金口座からの払戻手数料:投資家負担
SBIソーシャルレンディング 金融業界の大手・SBIホールディングス株式会社が100%出資している貸付型クラウドファンディングサービス。
各プロジェクトには担保が付いており、貸し倒れ件数0を維持している安心感がある。
最低投資金額:1万円。
2.0~7.0% 2011/3 会員数:16,000人
累計融資実行額:およそ245億円
(2017年4月時点)
口座開設・維持費:無料
投資先への送金:銀行振込手数料は投資家負担
預託金口座からの払戻手数料:無料
FUNDINNO 中小・ベンチャー企業に投資できる株式投資型クラウドファンディングサービス。
証券所で売買されていない非上場株式を取得できる。
最低投資金額:10万円。
2017/4 口座開設・維持費:無料
株式購入手数料:無料
購入代金の銀行振込手数料:投資家負担
トラストレンディング 貸金業者として実績のあるトラストファイナンスが手掛ける金融型クラウドファンディングサービス。
10.0%以上の高利回り案件が充実している。
最低投資金額:10万円。
4.0~12.0% 2015/11 累計成約金額:およそ21億円
(2017年6月時点)
口座開設・維持費:無料
案件取引にかかる費用:無料
出資先への銀行振込手数料:投資家負担
分配金の振込手数料:無料
スマートエクイティ 証券会社が提供する投資型クラウドファンディングサービス。
海外の不動産や社債などユニークな案件が豊富。
株式投資型クラウドファンディング事業も開始予定。
最低投資金額:10万円。
5.0~10.0% 2015/5 口座開設・維持費:無料
取引手数料:無料
出資先への銀行振込手数料:投資家負担
分配金の振込手数料:無料
みんなのクレジット 事業性資金を融資対象としている貸付型クラウドファンディングサービス。
2016年4月にリリースされ、わずか数か月間で2億5000万円の調達資金額を達成している。
最低投資金額:10万円。
最大14.5% 2016/4 口座開設・維持費:無料
案件取引にかかる費用:無料
預託金口座へ入金する際の銀行振込手数料:投資家負担
預託金口座からの払戻手数料:投資家負担
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 9
    follow us in feedly

  関連記事

今日から”Kickstarter Japan”が正式リリース!海外クラウドファンディングサイト・Kickstarterの日本版を実際に使ってみた!

2017年9月13日、クラウドファンディングの本場アメリカでリリースされた大手クラウドファンディングサイト・Kickstarter(キックスターター)の日本版が遂にスタートしました。世界的な人気を誇る海外クラウドファンデ …

みんなのクレジットは話題性抜群の貸付型クラウドファンディング!【ソーシャルレンディング比較】

みんなのクレジットは、株式会社みんなのクレジットが提供しているクラウドファンディングサービスです。スタートしたのは2016年4月。インターネットを通じて企業・団体が資金調達を実施し、出資した不特定多数の投資家に最大14. …

ラッキーバンクは全案件不動産担保・ローリスクで投資できる大人気ソーシャルレンディング!【ソーシャルレンディング比較】

ラッキーバンク(Lucky Bank)は、不動産開発業者を対象とした投資ファンドを提供しているソーシャルレンディングです。設立は2014年5月。創業当時の代表取締役社長だった越後篤氏が健康上の理由で退任したため、副社長だ …

個人投資家でも馬主になれる!?わずか1万円から競走馬に出資できる「DMMバヌーシー」の受付スタート!【DMM.com証券】

2017年8月5日から、DMM.com証券が非常にユニークなクラブ法人のサービスを開始しました。その名も「DMMバヌーシー」!実在する競走馬に投資して賞金などの分配金を受け取ることのできる「馬主体験型ファンディングサービ …

maneoは抜群の実績を誇る日本初のソーシャルレンディング!【ソーシャルレンディング比較】

maneoは、maneoマーケット株式会社が提供しているソーシャルレンディングサービスです。スタートしたのは2008年10月。ほとんどのソーシャルレンディングサービスがサイトが2010年代にオープンしている中、maneo …

国内2社目の株式投資型クラウドファンディング・GoAngel(ご縁ジェル)がいよいよ非上場株式の募集を開始!

2017年9月5日、DANベンチャーキャピタル株式会社が株式投資型クラウドファンディングサイト「GoAngel(ご縁ジェル)」のサービスをリリースしました。
株式投資型クラウドファンディング業務を行うことができる「第一種 …

クラウドバンクは日本初の証券会社提供型ソーシャルレンディング!【ソーシャルレンディング比較】

クラウドバンクは、日本クラウド証券株式会社が展開している融資型クラウドファンディングサービスです。スタートしたのは2013年12月。代表の橋村純氏は、みずほグループのコンサルタント、投資アドバイザリー等、国内外の市場で投 …

クラウドファンディング・CAMPFIREが企業向け融資事業「CAMPFIRE レンディング」を開始!フレンズから出資を募れるお手軽スマホアプリ「polca(ポルカ)」も配信スタート!

CAMPFIRE について

出典:CAMPFIRE
2011年にサービスを開始し、2017年8月時点で総額約30億円もの資金調達を実現するほどの人気サイトとなった株式会社CAMPFIREのクラウドファンディングプラッ …

クラウドクレジットは高利回りの海外案件に投資できるソーシャルレンディング!【ソーシャルレンディング比較】

クラウドクレジットは、「世界の信用市場を一つに」をコンセプトとして2014年6月にサービスがスタートした投資型クラウドファンディングサービスです。会社が設立されたのは2013年1月。代表の杉山智行氏は東大法学部を卒業し …

FUNDINNO(ファンディーノ)は投資のプロが注目している新進気鋭の株式投資型クラウドファンディングサービス!【ソーシャルレンディング比較】

FUNDINNO(ファンディーノ)は、株式会社日本クラウドキャピタルが提供している日本初の本格的な「株式投資型クラウドファンディングサービス」です。2017年4月にサービスがスタートしたばかりの新興企業ですが、早くも金融 …