FRBが発表した「バランスシートの縮小」ってどういう意味ですか?マーケットにどんな影響があるんですか?

出典:Reuters

2017年6月のFOMCを振り返って

先週の日本時間6月15日の午前3時頃、FOMC後の政策金利発表が行われ、3月以来の利上げが実施されました。(FFレート:1.00~1.25%)直前に発表された弱い経済指標のせいでインフレ鈍化が鮮明になり、市場では利上げが見送られるのではないかとの思惑からドル売りが殺到する事態となりました。しかし、結局FRBは自分たちの姿勢を堅持。指標に一喜一憂する必要はないと一蹴し、依然としてインフレ軟化は一過性のものであるとの見方を崩していません。

そして同時に、かねてより話題に上がっていた「バランスシートの縮小」も年内に実施する計画を発表。最近では利上げ後にドル円が急落する展開も珍しくなくなってしまいましたが、今回は反発する切っ掛けとなりました。

バランスシートの縮小とは?

バランスシート(Balance sheet)とは、日本語でいうと「貸借対照表」のことです。企業・団体・青色申告をしている個人事業主の方々は、資産や負債、その差額を表にした貸借対照表という財務資料を決算・確定申告の際に作成します。FRB(米連邦準備理事会)も一つの組織であり、財務状況を示すバランスシートがあります。

FRBは2008年のリーマンショック後に、大混乱に陥った市場を回復させるために大規模量的緩和を行いました。2014年10月をもって量的緩和政策(QE)は打ち切られましたが、買い入れた米国債や債券はおよそ4兆5000億ドル(約495兆円)もの莫大なレベルにまで膨れ上がっています。

量的緩和政策で買い入れたこの膨大な保有資産を手放して量を減らすことが、「バランスシートの縮小」です。2兆5000億ドルの米国債は、毎月の償還上限額を当初60億ドルに設定し、3か月ごとに60億ドル増額。(300億ドルに達するまで。)1兆8000億ドルの住宅ローン担保証券(MBS)は、毎月の償還上限額を当初40億ドルに設定し、3か月ごとに40億ドル増額(200億ドルに達するまで。)という縮小方針が決定されています。

現在FRBは償還がきた国債に対しては再投資を行っており、保有残高は維持されたままです。しかし、今のうちにバランスシートを縮小させておけば、将来債券購入による景気刺激が必要になった時に再びバランスシートを拡大させられる余地を確保することができるのです。

バランスシートの縮小により相場はどうなる?

それでは何故今までバランスシートを縮小しなかったのかと不思議に思う方もいるのではないでしょうか。実は、この膨れ上がったバランスシートを無難に縮小するのはとても難しい話なのです。

バランスシートを縮小する一番手っ取り早い方法は、手持ちの債券をさっさと市場で売却してしまうことです。しかし、莫大な量の債券を一気に売れば債券価格が暴落し、市場が大混乱に陥ります。景気を冷やしてしまったら、何のための買い入れか分かったものではありません。だからこそ、景気の減速や物価の鈍化が一時的であることを確認しつつ、長い時間をかけて少しずつ根気強く段階的に行っていく必要があります。

FRBが実際にバランスシートの縮小を開始すれば、米国債への再投資がなくなり、長期金利が上昇しやすくなります。その結果、為替相場ではドル高要因になります。もしも今回の発表が示唆する通り、バランスシート縮小と利上げが並行して実施されれば、ダブルの金融引き締め効果となり、市場に大きな影響を及ぼすことが予想されます。

ただし、金利の上昇は住宅市場の冷え込み、株価の下落要因でもあり、必ずしもドル買いにつながるとは限りません。実際、過去には2013年5月に当時のFOMCバーナンキ議長がジャクソンホールにてバランスシート拡大終了について言及した際にドル円が暴落する事態となりました。いわゆる、バーナンキショックです。バランスシートの縮小が優先されれば利上げ観測が後退し、ドル安・円高になるという考え方もできます。

ただでさえ最近はロシアゲートやテロ、北朝鮮問題など様々な地政学的リスクが交差し、予想しづらい値動きを見せる展開が増えています。年内という発表はあったものの、バランスシート縮小の具体的な開始時期もまだ不明。レートの動きを一方的に決めつけず、注意深く相場の流れに追従していきましょう。

          
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 9
    follow us in feedly

  関連記事

FXのお勧め節税方法を教えてください。ふるさと納税というのを利用すれば税金が安くなるのでしょうか?

出典:ふるさと納税ポータルサイト オンライントレードに課される税金について 株式 …

未成年でもFXや株式取引を行うことは可能なのでしょうか?

インターネット上で手軽に投資を行えるオンライントレードは、20歳未満の方にとって …

この記事を見る
FXは一日に何時間くらいやると利益をだせますか?

別に決まっていません。手法や目標によります。 デイトレやスウィングなどで、1日最 …

この記事を見る
損切り注文(ロスカット)を設定する目安はありますか?

はっきりした目安はありません。自分の資金量やトレード計画、信頼しているテクニカル …

この記事を見る
コンスタントに儲けがでるようになるまで、始めてからどれくらいの期間がかりましたか?

毎月平均的に勝っているというわけではないので、必ずしもコンスタントといえるかどう …

この記事を見る
各社キャンペーンをやっていますが、何社口座を開設していますか

FX取引業者の口座開設数についてですが、キャンペーンは非常に魅力的なものなので主 …

副業禁止の公務員は株・FX・仮想通貨等の投資も行ってはいけないのでしょうか?

出典:いらすとや 株式取引やFXは、口座開設を行えば基本的にどなたでも自由に始め …

この記事を見る
FXに関することで役に立つサイトがあれば教えてもらえますか?

「為替王」というサイトをご存じでしょうか?「職業は外資系金融機関での資産運用業務 …

この記事を見る
安倍政権に変わり流れが変わってきましたが、円安の目途はいくらくらいと想定していますか?

米ドル/円のチャートで考えてみます。円高は2011年11月の75.57円で止まり …

この記事を見る
FXの銘柄はいくつくらいありますか?チャートなど勉強したほうがいいのですか?

FXの銘柄はいったい、いくつあるんでしょうか?(笑) 全部数え上げたら相当な数に …