FRBが発表した「バランスシートの縮小」ってどういう意味ですか?マーケットにどんな影響があるんですか?

出典:Reuters

2017年6月のFOMCを振り返って

先週の日本時間6月15日の午前3時頃、FOMC後の政策金利発表が行われ、3月以来の利上げが実施されました。(FFレート:1.00~1.25%)直前に発表された弱い経済指標のせいでインフレ鈍化が鮮明になり、市場では利上げが見送られるのではないかとの思惑からドル売りが殺到する事態となりました。しかし、結局FRBは自分たちの姿勢を堅持。指標に一喜一憂する必要はないと一蹴し、依然としてインフレ軟化は一過性のものであるとの見方を崩していません。

そして同時に、かねてより話題に上がっていた「バランスシートの縮小」も年内に実施する計画を発表。最近では利上げ後にドル円が急落する展開も珍しくなくなってしまいましたが、今回は反発する切っ掛けとなりました。

バランスシートの縮小とは?

バランスシート(Balance sheet)とは、日本語でいうと「貸借対照表」のことです。企業・団体・青色申告をしている個人事業主の方々は、資産や負債、その差額を表にした貸借対照表という財務資料を決算・確定申告の際に作成します。FRB(米連邦準備理事会)も一つの組織であり、財務状況を示すバランスシートがあります。

FRBは2008年のリーマンショック後に、大混乱に陥った市場を回復させるために大規模量的緩和を行いました。2014年10月をもって量的緩和政策(QE)は打ち切られましたが、買い入れた米国債や債券はおよそ4兆5000億ドル(約495兆円)もの莫大なレベルにまで膨れ上がっています。

量的緩和政策で買い入れたこの膨大な保有資産を手放して量を減らすことが、「バランスシートの縮小」です。2兆5000億ドルの米国債は、毎月の償還上限額を当初60億ドルに設定し、3か月ごとに60億ドル増額。(300億ドルに達するまで。)1兆8000億ドルの住宅ローン担保証券(MBS)は、毎月の償還上限額を当初40億ドルに設定し、3か月ごとに40億ドル増額(200億ドルに達するまで。)という縮小方針が決定されています。

現在FRBは償還がきた国債に対しては再投資を行っており、保有残高は維持されたままです。しかし、今のうちにバランスシートを縮小させておけば、将来債券購入による景気刺激が必要になった時に再びバランスシートを拡大させられる余地を確保することができるのです。

バランスシートの縮小により相場はどうなる?

それでは何故今までバランスシートを縮小しなかったのかと不思議に思う方もいるのではないでしょうか。実は、この膨れ上がったバランスシートを無難に縮小するのはとても難しい話なのです。

バランスシートを縮小する一番手っ取り早い方法は、手持ちの債券をさっさと市場で売却してしまうことです。しかし、莫大な量の債券を一気に売れば債券価格が暴落し、市場が大混乱に陥ります。景気を冷やしてしまったら、何のための買い入れか分かったものではありません。だからこそ、景気の減速や物価の鈍化が一時的であることを確認しつつ、長い時間をかけて少しずつ根気強く段階的に行っていく必要があります。

FRBが実際にバランスシートの縮小を開始すれば、米国債への再投資がなくなり、長期金利が上昇しやすくなります。その結果、為替相場ではドル高要因になります。もしも今回の発表が示唆する通り、バランスシート縮小と利上げが並行して実施されれば、ダブルの金融引き締め効果となり、市場に大きな影響を及ぼすことが予想されます。

ただし、金利の上昇は住宅市場の冷え込み、株価の下落要因でもあり、必ずしもドル買いにつながるとは限りません。実際、過去には2013年5月に当時のFOMCバーナンキ議長がジャクソンホールにてバランスシート拡大終了について言及した際にドル円が暴落する事態となりました。いわゆる、バーナンキショックです。バランスシートの縮小が優先されれば利上げ観測が後退し、ドル安・円高になるという考え方もできます。

ただでさえ最近はロシアゲートやテロ、北朝鮮問題など様々な地政学的リスクが交差し、予想しづらい値動きを見せる展開が増えています。年内という発表はあったものの、バランスシート縮小の具体的な開始時期もまだ不明。レートの動きを一方的に決めつけず、注意深く相場の流れに追従していきましょう。

          
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 9
    follow us in feedly

  関連記事

未成年でもFXや株式取引を行うことは可能なのでしょうか?

インターネット上で手軽に投資を行えるオンライントレードは、20歳未満の方にとっても資産運用の良い経験になります。大学生の場合、少額でも学費や生活費の足しになるので、学業に支障が出ない範囲でぜひ挑戦すべきといえるでしょう …

この記事を見る
ある程度稼いでいくためにはどの位勉強しなければいけませんか?

まさに千差万別といったところでしょう。言い方は悪いかもしれませんが、賢い人なら、まずFX参考書などをしっかり読んで理解し、FXと相場の基本をマスターした上で始め、最初から利益を積み上げていく人もいるかもしれません。逆に相 …

FXにはたくさんの注文方式があって、どれを選べばいいのかよく分かりません。それぞれの使い方を教えてください。

最近のFX取引ツールには膨大な種類の注文方式が実装されているため、初心者は確実に戸惑います。適当にボタンを押すだけでも発注することは可能ですが、正確な利食い・損切りを実現するためには最適な注文方式を選択する必要があります …

この記事を見る
FX業者はどこを使っていますか?またその業者のメリットやデメリットはなんですか?

利用している取引業者ですが、私は二つの業者を主力として使っています。ひとつはマネーパートナーズ、もうひとつは外為ジャパンです。

ちゃんとチャートを見ながら取引しているのに思うように勝てません。本当にテクニカル分析はFXトレードで役に立つのでしょうか?

FXトレードの勝率を上げるためには、移動平均線やMACDなど取引ツールに実装されているインディケーターを使って市場のトレンドを正確に見極めるスキルが必要です。しかし、きちんと資料を読んでテクニカル分析の技法を勉強している …

この記事を見る
副業として軌道にのせていくのにどのくらい時間がかかりますか?

これはやり方によります。
副業ということになれば、もちろん一日中(一晩中)相場に張り付いてトレードするわけにはいかないでしょう。使える時間も限られてくるのではないでしょうか。
そうなると、バイナリーオプションや、システム …

この記事を見る
おおむね何倍までのレバレッジをかけて取引をしていますか。

私は投資効率にも気を使うので、レバレッジはいつも個人投資家が日本でかけられる最大の25倍近くのレバレッジをかけています。こうすることによってFXの持ち味である効率という面を最大限に活かすことができます。

ドル円の軟調が続いていますが、円安トレンドは終わってしまったと思いますか?

出典:WSVA News Talk Radio
就任式終了を受けて
先週末の1月20日(日本時間21日未明)にドナルド・トランプ大統領の就任式が執り行われました。世界中の関係者が注目していた就任演説では、トランプ氏が以 …

FXを始めたばかりですが、何を買えばいいのかさっぱり分かりません。お勧めの通貨ペアを教えてください。

取引ツールを起動すると、画面上にたくさんの通貨ペアの為替レートが表示されます。業者によって取引可能な銘柄数は異なりますが、最近では20種類以上も提供している所が少なくなく、FX初心者にとっては通貨ペア選びの段階で頭を抱え …

この記事を見る
FXは一日に何時間くらいやると利益をだせますか?

別に決まっていません。手法や目標によります。
デイトレやスウィングなどで、1日最低8時間はモニター前に張りついて目を凝らしている専門トレーダーもいれば、システム中心に若干裁量を加味する程度で、モニターをつけていてもあまり …