2017/01/23

ドル円の軟調が続いていますが、円安トレンドは終わってしまったと思いますか?

就任式

就任式終了を受けて

先週末の1月20日(日本時間21日未明)にドナルド・トランプ大統領の就任式が執り行われました。世界中の関係者が注目していた就任演説では、トランプ氏が以前と変わらぬ「アメリカ第一主義」方針を掲げ、荒廃したアメリカ産業の復興を誓約。不満を述べるだけで行動を起こしてこなかった既存の政治家たちを非難し、アメリカを再び偉大にするために国民が団結することの大切さを訴えました。

イベント前は完全に様子見ムードになっていた為替相場は、目立った発言が無かったこともあってトランプ大統領の演説が終わるや否や円高に傾斜。一時115円台まで戻したものの、114.5円台で先週の取引を終えました。

街中では黒尽くめのアンチトランプ派のデモ隊がゴミ箱をひっくり返したりビルのガラスを割ったりして暴れていましたが、ISISのテロが発生するような非常事態にはならず。もっと大きな値動きがあるかと思っていましたが、意外とあっさり終わってしまったという印象を受けます。

調整局面は政策の見極めまで続く可能性も

2016年の11月頃から始まった怒涛の株高・円安トレンドも、2017年に入ってから軟調が続いています。トランプ政権が掲げている「保護貿易主義(輸入品に関税をかけて自国の産業を守ろうとする貿易政策)」への警戒感が強く広がっており、新しい発言がある度にマーケットが反応する神経質な状態となっています。

特に懸念されるのが、中国との貿易摩擦。トランプ大統領は以前から中国を為替操作国と名指しで批判しており、中国からの輸入品に対して高額の関税をかける方針です。これを受けて中国も米国債の売却などの手段で報復する可能性があり、米中の溝がますます深まる展開も考えられます。

2017年度最高値の118円台から114~115円台への円高は極めて健全な調整範囲であり、現時点で円安トレンドから円高トレンドに移行したととらえるのは早計です。年内に3回ほど見込まれている利上げや日銀のマイナス金利推進も円安要因。長期的なドル高・円安の流れはまだ続いていると推察されます。しかし、トランプ大統領が側近のアドバイスを無視してまで強硬姿勢を崩さないようであれば、リスク要因が増大して110円台あたりまで下押し圧力が強まる展開も考慮しておくべきでしょう。

今後のトランプ政権の見所

アメリカは民主主義国家であり、トランプ大統領がアメリカの政策を全て一人で決定するわけではありません。トランプ政権が掲げる数々の公約を議会で話し合い、立法化する手続きが必要となります。

正確な日付は定かではありませんが、2月頃には議会で「一般教書演説」と呼ばれる所信表明的な演説が行われることでしょう。これまで様々な憶測が飛び交ってきた政策が具体的に発表されるため、トランプ大統領が本気でやろうとしている方針が形となって見えてきます。

議会では共和党が過半数の議席を占めているため、通常ならばトランプ政権の政策はすんなり可決されるところ。しかし、共和党内部にも反トランプを掲げる議員が少なくなく、議会が荒れる展開もありそうです。国境税やTPP離脱など、諸外国にとっても他人事ではないテーマが多く存在するので、それらの審議の結果がはっきりするまでは相場も様子見で軟調気味なレンジ相場が続くかもしれません。

就任式の演説時にも仰っていたように、トランプ大統領は第一にアメリカ経済の復興を重視しています。インフラ投資や大規模な減税政策により消費が促進され、株価の上昇効果が見込まれています。

それらのプランが順調にいけば株高・円安トレンドが加速するでしょうが、現代の国際社会で高関税率の保護貿易を敢行すれば諸外国を敵に回しかねません。実際、農作物などに高関税を課す「スムート・ホーリー法」という法律が1930年にアメリカで制定されたことがありましたが、そのせいで世界の貿易は停滞し、世界恐慌が悪化する結果をもたらしました。

過去の例を見ても、閉鎖的になったビジネスが衰退するのは明白。メディアを筆頭に多くの人々を敵に回し、就任時点で支持率が50%を割っているトランプ氏が他者の声に耳を傾ける柔軟性を身に付けられるのか。予想が難しい分、いろいろな意味で面白い4年間になりそうです。

          
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 9
    follow us in feedly

  関連記事

この記事を見る
そもそもFXとは英語で何の略なんでしょうか?

FXはForeignExchangeの略となっていて、これを日本語に訳してみると外国為替証拠金取引といいます。証拠金を担保として取引業者に差し出すことによって、その証拠金よりも大きな金額で為替取引をすることができるように …

この記事を見る
まず何を準備してどのように始めていけばいいでしょうか?

やはりまずは入門書を購入して、何度も読み、FXのしくみを頭に叩き込んだほうがいいでしょう。私は商品先物から相場を始めたのですが、「商品先物取引入門」(米良周 日本経済新聞社、廃刊)という本を5回はくり返して読みました。こ …

FXを始めるに当たって、お勧めの本などありましたら教えてください。

1冊だけ選ぶとすれば、アレキサンダー・エルダーの「投資苑」(パンローリング)をお勧めします。

投資苑 - 心理・戦略・資金管理
この本は旧ソ連出身で米国に亡命した精神科医兼トレーダーのエルダー博士が、自伝を交えて自家薬 …

米大統領選でドナルド・トランプ氏が勝利しましたが、今後為替相場はどうなっていくと思いますか?

出典:Donald J Trump for President
2016年11月8日に実施された米大統領選にて、過半数(270人)を上回る選挙人を獲得したドナルド・トランプ氏がヒラリー・クリントン候補を斥け、第45代ア …

FXのお勧め節税方法を教えてください。ふるさと納税というのを利用すれば税金が安くなるのでしょうか?

出典:ふるさと納税ポータルサイト
オンライントレードに課される税金について
株式取引やFXで得た利益は、そのまま全額自分の懐に入るわけではありません。どちらも課税対象の所得であり、一般的に約20%程度の納税が必要になり …

この記事を見る
コンスタントに儲けがでるようになるまで、始めてからどれくらいの期間がかりましたか?

毎月平均的に勝っているというわけではないので、必ずしもコンスタントといえるかどうかはわかりませんが、FX取引を始めてから一年程度で毎月利益がある程度残るようになってきました。
当然、その最初の一年間にはある程度の損失も出 …

この記事を見る
FX業者はどこを使っていますか?またその業者のメリットやデメリットはなんですか?

利用している取引業者ですが、私は二つの業者を主力として使っています。ひとつはマネーパートナーズ、もうひとつは外為ジャパンです。

この記事を見る
損切り注文(ロスカット)を設定する目安はありますか?

はっきりした目安はありません。自分の資金量やトレード計画、信頼しているテクニカル指標と相談しながら決めていくことになります。

FXにはたくさんの注文方式があって、どれを選べばいいのかよく分かりません。それぞれの使い方を教えてください。

最近のFX取引ツールには膨大な種類の注文方式が実装されているため、初心者は確実に戸惑います。適当にボタンを押すだけでも発注することは可能ですが、正確な利食い・損切りを実現するためには最適な注文方式を選択する必要があります …

よく借金を抱えるという話を聞きますが、口座にいれている額を切らないよう設定って出来るんですよね?それなのに何故そのような状況になるんでしょうか。

FX取引で借金を抱えてしまうことが社会問題となったのは少し昔の話で、現在では個人投資家が国内で利用できる最大のレバレッジは25倍です。しかし、少し前までは50倍、さらに前までは100倍とかなりのレバレッジをかけることがで …