2016/11/14

米大統領選でドナルド・トランプ氏が勝利しましたが、今後為替相場はどうなっていくと思いますか?

%e3%83%89%e3%83%8a%e3%83%ab%e3%83%89%e3%83%bb%e3%83%88%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%97

2016年11月8日に実施された米大統領選にて、過半数(270人)を上回る選挙人を獲得したドナルド・トランプ氏がヒラリー・クリントン候補を斥け、第45代アメリカ合衆国大統領に就任することが決定しました。事前予想ではクリントン陣営が勝つとの見方が多かったため、サプライズのあまり一時日経平均株価が1000円以上も暴落するという荒れ相場の様相を呈し、私自身市場は一体どうなってしまうのかと戦慄しました。

しかし、その翌日には逆に日経平均が1000円以上も暴騰し、あっという間に元の水準に回帰。105円台で上げ止まっていたドル円も一気に107円付近まで円安に振れ、今のところ懸念されていたトランプショックは収束しているように思えます。

賛否両論あっても、出た結果に従うのが民主主義の原則。私たちにできるのは、トランプ氏が全世界から賞賛されるような素晴らしい大統領になってくれることを期待するだけです。はたしてトランプ政権はどのような金融政策を打ち出し、アメリカおよび世界経済を変えていくのか?期待要素と不安要素をまとめてみましょう。

なぜトランプ氏は勝てたのか?

%e3%83%88%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%97%e5%a4%a7%e7%b5%b1%e9%a0%98

出典:YouTube

今回の大統領選の勝利に一番驚いているのは、ひょっとしたらトランプ氏本人なのかもしれません。(笑)CNNを筆頭に多くの権威あるメディアがこぞってトランプ氏の差別的言動をピックアップし、「彼は大統領に相応しくない」と視聴者に印象付けてクリントン氏を支援していました。にもかかわらず、ふたを開けてみれば勝負はトランプ氏の圧勝。開票当初から一方的にトランプ陣営がリードする予想外の展開となりました。

その最大の理由は、アメリカ国民の反オバマ思想・不満・怒りが識者の予想以上に膨らんでいたことではないでしょうか。

オバマ氏は良い意味でも悪い意味でも「優しすぎる」大統領でした。医療保険制度改革(オバマケア)をはじめ、オバマ大統領は低所得者や移民などのマイノリティーを最重視する政策を推進しました。その結果、最下層に該当しない中間層の負担が増大し、さらに経済格差が広がることに。生活に苦しむ大多数の国民の間に政府に対する不信感が広がり、オバマ大統領の政策を維持するクリントン氏より既存の政治に従属しない型破りなトランプ氏に期待する声が増大していったのです。

メディアのイメージ操作もあまりにも露骨すぎました。クリントン氏に関しては長所のみを取り上げ、トランプ氏に関しては卑猥な言動ばかりをクローズアップ。クリントン氏を批判する意見およびトランプ氏を賞賛する意見を握りつぶそうとする偏向的な世論誘導がかえってクリントン陣営への不信感を強めることになりました。特に同性から嫌われ、女性票を伸ばせなかったのが結果に顕著に表れています。逆にトランプ陣営はTwitterやFacebookなどのSNSを有効に活用し、地方を中心に高所得者・高齢者・ヒスパニック系など幅広い層で高い得票率を獲得しました。

それに、投票日直前になってクリントン氏のメール問題が再燃したのも痛手になりました。ただでさえ富裕層の象徴のような方だけに一般大衆から白い目で見られているのに、国務長官在任中に私用のメールアドレスを公務に使っていた疑惑でFBIが再捜査に乗り出し(結局訴追は見送られたものの)、致命的なイメージダウンにつながってしまいました。

ちなみに、今回の大統領選は世界的関心を集めましたが、その投票率は歴代最低レベルの48.62%だったそうです。国家のトップを決める選挙なのですから本来は全国民が参加するべきなのに、半分の50%にも及びませんでした。オバマ氏が大統領に初就任した2008年時と比べて実に10%近くも投票率が下がっており、両候補のどちらにも期待していない人が非常に多かったことがうかがえます。獲得投票総数はクリントン氏の方がわずかに多かったというデータまであり、ある意味今回の選挙は勝者無しと言えるのかもしれません。

トランプ政権の不安要素

%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%83%81%e3%83%88%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%97

トランプ氏への最大の懸念要素は、公務経験の無い政治初心者だけに何をするか分からない先行き不透明感とアンチトランプ派の存在にあります。

大統領就任後の真摯な言動を見る限り、選挙運動中の過激な発言の大半は単なる人気取りのパフォーマンスだったのでしょうが、大統領たるもの口にした公約は実行しなければなりません。しかし、イスラム教徒の入国禁止や日本に核を持たせる等の発言を本当に実現すれば、アメリカが世界から孤立する恐れがあります。

それに、選挙後トランプ氏の大統領就任を認めないと叫ぶ人々がアメリカの各地でデモを展開しており、逮捕者や怪我人が出る騒ぎになっています。メディアのみならず、オバマ現大統領や諸外国の関係者の中にもトランプ氏の大統領就任を内心快く思っていない方が少なくありません。毒舌は手っ取り早く世間の関心を集められる反面、同時に敵も作ってしまうリスクがあるという典型例。まだ何もしていないのにここまで嫌われる大統領が過去にいたでしょうか。トランプ氏はあまりにも多くの人を敵に回し過ぎました。

では、トランプ政権が予定している政策を見ていきましょう。トランプ大統領は「米国第一主義」を掲げており、同盟国に負担を求めるなどの反グローバル的強硬外交が予想されています。TPPやNFTAには反対。オバマケアの見直し、ドッド・フランク法(金融規制改革法)廃止、FRB議長の交代等はアメリカ経済の先行き不透明感を生み、ドル売り材料になりそうです。

どこまで本気か分かりませんが、不法移民の強制送還やメキシコ国境に壁を作るなどのプランは周辺諸国の怒りを招き、大規模デモやテロなどアメリカ国内の治安悪化につながる可能性もあります。

実際、選挙終了後にはカナダの移民サイトがアクセス過多でサーバダウンに陥る騒ぎが発生しました。多くの人々がアメリカからの脱出を企図しており、”Brexit”(英国のEU離脱)ならぬ”Amexit”(内向きになったアメリカの国際社会からの退場)なる造語がにわかに関心を集めています。このままアンチトランプ運動が過激化すれば、治安悪化、アメリカの分裂、1963年以来の大統領暗殺沙汰にまで発展するのではと懸念する声も少なくありません。

かといって急に現実路線に立ち返って普通の大統領になってしまったら、彼の思想に共感した人々の期待を裏切ることになります。どちらの道を選んでも、トランプ政権は前途多難です。

トランプ政権の期待要素

%e3%83%88%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%97%e6%b0%8f%e3%81%ae%e5%90%8d%e8%a8%80

出典:Pinterest

悪い噂が絶えませんが、トランプ氏が大統領に就任したことで期待できることもたくさんあります。

トランプ大統領はインフラ投資の拡大やHIA(本国投資法)をはじめとした大幅な減税策を打ち出しており、株価の上昇やドル買いの材料になりそうです。議会選挙でトランプ氏の共和党が上院・下院の両方で過半数を獲得しており、政策がスムーズに可決されるのも好材料。一部の党員がトランプ氏を嫌悪しているとの報道があるので、議会と良好な関係を築けるかどうかがトランプ氏の課題になりそうです。

また、トランプ氏は安倍首相の手腕を高く評価しており、一時は撤退するのではないかと不安視されましたが、日米同盟の強化に非常に前向きであると報じられています。プーチン大統領とも仲が良く、ロシアと新たな友好関係が構築される可能性も。トランプ大統領が第三次世界大戦を始めるのではと懸念する声もありますが、むしろリアリストビジネスマンのトランプ氏を中心に世界は平和な方向に進むのではないでしょうか。

それにトランプ氏の大統領就任により大きく売られた相場は、絶好の仕込み時でもあります。買い戻しの注文が殺到し、市場はいわゆる「お祝儀相場」と化して株高・円安のトレンドを生む可能性があります。12月にはFRBが利上げを実施すると見られており、年末に向けてさらに円安が進む展開も。トランプ氏がまた突拍子もない暴言を展開して投資家の不安を煽らなければ、むしろトランプショックがトランプバブルを生むかもしれません。

まとめ

%e3%83%88%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%97%ef%bc%86%e3%82%aa%e3%83%90%e3%83%9e

出典:BBC

投資の世界において未知は恐怖ですが、同時に期待ももたらします。“Make America Great Again”(アメリカを再び偉大にする)をスローガンに掲げるトランプ大統領の金融政策には未知数な点が多く、具体的な発表の度に市場が大きく揺れる荒れ相場を警戒しておいた方が良いでしょう。

米国経済反映の象徴だった工業地帯の人々から強烈な支援を得たことからも分かるように、トランプ大統領はアメリカ経済の復興のために製造業を重視する政策を打ち出す可能性が高そうです。貿易面を考慮すると過度なドル高は好ましくないので、長期的にはドル安・円高を意識した金融策を推進するのではと予想します

いずれにせよ、トランプ氏が正式に大統領に就任するのは2017年の1月です。新政権の政策方針が正式に発表されるまで、安易に相場の流れに追従するのは非常にリスキーです。常に国内外のニュースに気を配り、先行き不透明なトランプ相場に十分に注意を払いましょう。

          
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 9
    follow us in feedly

  関連記事

この記事を見る
レバレッジの考え方、計算方法を教えてください

レバレッジ(leverage)とはテコの意味です。すなわち、少しの力で重い物を動かすことができることを言います。
トレードのレバレッジとは、証拠金取引のことです。必要資金の一部割合だけ取引所や取引業者にあずけると、その現 …

この記事を見る
FXの銘柄はいくつくらいありますか?チャートなど勉強したほうがいいのですか?

FXの銘柄はいったい、いくつあるんでしょうか?(笑) 全部数え上げたら相当な数になるでしょうね。日本だけでなく、世界中のあらゆる組み合わせをあげだしたら。ちなみに、FX最大手の外為どっとコムは全部で12銘柄、同じく外為オ …

この記事を見る
ある程度稼いでいくためにはどの位勉強しなければいけませんか?

まさに千差万別といったところでしょう。言い方は悪いかもしれませんが、賢い人なら、まずFX参考書などをしっかり読んで理解し、FXと相場の基本をマスターした上で始め、最初から利益を積み上げていく人もいるかもしれません。逆に相 …

よく借金を抱えるという話を聞きますが、口座にいれている額を切らないよう設定って出来るんですよね?それなのに何故そのような状況になるんでしょうか。

FX取引で借金を抱えてしまうことが社会問題となったのは少し昔の話で、現在では個人投資家が国内で利用できる最大のレバレッジは25倍です。しかし、少し前までは50倍、さらに前までは100倍とかなりのレバレッジをかけることがで …

この記事を見る
そもそもFXとは英語で何の略なんでしょうか?

FXはForeignExchangeの略となっていて、これを日本語に訳してみると外国為替証拠金取引といいます。証拠金を担保として取引業者に差し出すことによって、その証拠金よりも大きな金額で為替取引をすることができるように …

この記事を見る
最低取引の金額はいくらから始めれられるのですか?

一部の取引業者が行っている特別な単位の取引を除けば、基本的には千通貨取引というのができる限りの最低金額で取引するのに向いているといえます。

現在Windows7のパソコンでFXを行っているのですが、Windows10にアップグレードしても取引ツールはちゃんと動作するのでしょうか?

出典:ながいの
2015年7月に新OSをリリースして以来、Windows7や8等の端末を対象に実施されてきたWindows10への無償アップグレード期間がいよいよ今月をもって終了となります。執拗にアップグレードを迫るポ …

この記事を見る
全くの素人ですが、FX取引をしたい場合、何か特別な勉強をしないといけませんか?

FX取引をしたいだけというならば、ごく僅かな知識で取引をすることができます。パソコンでインターネットを利用し行うFX取引の場合はそれぞれの業者のツールが非常に優秀なので、クリックひとつで注文して、クリックひとつで決済をす …

スワップとは一体何なのでしょうか?英語では交換という意味ですが・・・

スワップとはFXにおいては通貨間の金利差のことをいい正式にはスワップポイントといいます。スワップポイントが優秀な通貨、スワップポイントが優秀な業者などという言葉を目にすることは多いでしょう。このスワップポイントとは低金利 …

この記事を見る
FXって難しそうですが、株取引などを経験してからやった方がいいのですか?

FXも難しいですが、株もそれ以上に難しいです。ですからどちらか先にすればいいとは言えません。
FXも現物株も、実は共通点があります。どちらも「買い」で入ると何もしなくてももうかる「不労所得」が手にはいるところです。すなわ …