2015/12/17

FXのお勧め節税方法を教えてください。ふるさと納税というのを利用すれば税金が安くなるのでしょうか?

ふるさと納税

オンライントレードに課される税金について

株式取引やFXで得た利益は、そのまま全額自分の懐に入るわけではありません。どちらも課税対象の所得であり、一般的に約20%程度の納税が必要になります。

株式取引の場合はNISA口座を活用することで5年間に渡って年間100万円までの運用益を非課税にすることが出来ますが、FXには損失の繰越控除以外の税制優遇制度がありません。年間の収支がプラスになったからといって、うっかり利益を生活費や遊興費に全額使うと税金を払えなくなってしまう恐れがあります。

「FXは税金面で不利すぎるじゃないか!」と思う方がいるかもしれませんが、その分FXは株式取引よりも確定申告時に必要経費が認められやすいという長所があります。株式取引の利益は「譲渡所得」に分類されており、売買手数料以外の経費はほとんど認可されません。その点、雑所得に分類されているFXなら、取引に使用したパソコン・スマートフォンなどの端末購入費、通信費、参考書籍の購入代金やセミナーの受講費なども経費として計上することが可能です。少しでも課税所得金額を減らすためにも、普段からしっかり領収証を保管しておく習慣をつけましょう。

ふるさと納税とは?

もっと税金を安くしたいという場合には、2008年からスタートした「ふるさと納税」を利用するという方法があります。

ふるさと納税とは、地方自治体に寄付を行うと寄付金から2000円を差し引いた分の金額が寄附金控除になるという大変便利な制度です。もともとは地方の税収格差を是正するための政策でしたが、実質2000円を負担するだけで大幅に住民税を軽減したり所得税の還付を受けたりすることが出来るとあって、認知度の向上に伴い多くの個人事業主が節税目的で活用するようになりました。

しかもふるさと納税を行うと、その自治体からお米や牛肉、ビール、フルーツなどの素敵な特産品が贈られてきます。ふるさと納税を利用すれば、基本的に経費として認められない食費の節約にもなり、グルメと節税のダブルメリットを享受することが出来ます。もちろん食品以外にもたくさんのユニークなグッズが勢揃い!お礼の品に注目して寄付先を探す楽しさもあります。

ふるさと納税の方法

ふるさと納税の仕方は非常に簡単です。まず、ふるさと納税の公式サイトにアクセスし、寄付をしたい地方自治体を選択します。
東京都
「この自治体に寄附を申込む」ボタンをクリックすると、寄付申込みフォームに移動します。その後、寄付者の個人情報や寄付の方法・金額・寄附金の使い道、希望する記念品などを記入してデータを送信。画面に「送信完了」のメッセージが表示された後、指定したメールアドレス宛に受付完了のメールが届いていれば寄附申出の手続き完了です。(会員登録すると、以後の個人情報入力の手間を省けます。)
国分寺市
自治体からふるさと納税に必要な情報が届いたら、寄付の手続きを行いましょう。銀行振込、現金書留、クレジットカード決済など様々な方法があり、任意のものを選択することが出来ます。

その後、自治体から郵送されてきた寄附金受領証明書を添付して確定申告を行えば、所得税・住民税の還付や控除が適用されます。(確定申告が不要な方の場合、「寄附金税額控除に係る申告特例申請書」を提出することで控除特例を適用してもらうことが可能。)

公式サイトには、特産品、地域、寄附金の用途、ランキング、お勧めなど様々な検索機能が揃っており、初心者の方も安心。もちろん、自分の出生地に限らず、今まで一度も行ったことのない地域を選択しても問題ありません。

ふるさと納税の注意点

ふるさと納税の寄附金控除は経費ではないので、所得の金額そのものが減るわけではありません。したがって、所得税や住民税が安くなっても国民年金・国民健康保険などの保険料が減額されない可能性があります。扶養に入っている方、免除申請を行っている方は特に注意しましょう。

また、ふるさと納税の寄附金はいくらでも設定可能ですが、上限額を超えると負担額が2000円を超えてしまい、ふるさと納税本来のメリットが薄れてしまいます
ふるさと納税の控除の上限額は、寄付者本人の給与収入や家族構成によって決定されます。たとえば給与収入300万円の単身世帯の場合、その目安金額はおよそ3万8000円。それ以上の寄付を行うと、自己負担額が増えて単なるボランティアになってしまいます。公式サイトには軽減される税額を計算できるシミュレーション機能が実装されているので、気になる方は事前にチェックしておくと良いでしょう。

なお、ふるさと納税の申し込みは一年中可能ですが、寄附金受領証明書の日付が年をまたいでいるとその年の控除が認められません。12月に申し込む場合は、年末になる前に早めに申請しましょう。

→ふるさと納税サイトはコチラ

          
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 9
    follow us in feedly

  関連記事

この記事を見る
普段はどのようなテクニカルを使って取引していますか?テクニカルが通用しない時はどうしますか?

私はテクニカル一本での取引手法なのですが、利用しているのは5分ローソク足と1分ボリンジャーバンドです。スキャルピングを主体とした取引ですので、これ以上間隔の長いチャートは必要ありません。

この記事を見る
ある程度稼いでいくためにはどの位勉強しなければいけませんか?

まさに千差万別といったところでしょう。言い方は悪いかもしれませんが、賢い人なら、まずFX参考書などをしっかり読んで理解し、FXと相場の基本をマスターした上で始め、最初から利益を積み上げていく人もいるかもしれません。逆に相 …

この記事を見る
全くの素人ですが、FX取引をしたい場合、何か特別な勉強をしないといけませんか?

FX取引をしたいだけというならば、ごく僅かな知識で取引をすることができます。パソコンでインターネットを利用し行うFX取引の場合はそれぞれの業者のツールが非常に優秀なので、クリックひとつで注文して、クリックひとつで決済をす …

この記事を見る
FX業者はどこを使っていますか?またその業者のメリットやデメリットはなんですか?

利用している取引業者ですが、私は二つの業者を主力として使っています。ひとつはマネーパートナーズ、もうひとつは外為ジャパンです。

この記事を見る
各社キャンペーンをやっていますが、何社口座を開設していますか

FX取引業者の口座開設数についてですが、キャンペーンは非常に魅力的なものなので主要と思われる取引業者では全て口座開設するようにしています。現状では数十社となっているのですが、その中から取引してみてしっくりくるような自分の …

この記事を見る
FXって株や先物取引とどう違うのですか?

FXも、株式市場や商品など先物市場も、同じく相場であり、単にそこから売買差益を得ようとする限り大きな違いはありません。違いは売買対象が違うだけです。そして、我々がふつうに使う多くのネットFX業者は、証拠金取引といって先物 …

どうしても上手く損切りできません。ロスカットのコツを教えてください。

どんなに経験豊富な熟練トレーダーでも、毎回100%正確に相場の値動きを予測できるわけではありません。何度も取引していれば、必ずいつかは予想を外して負けることになります。
負けを回避することが不可能である以上、一回あたりの …

この記事を見る
FXに関することで役に立つサイトがあれば教えてもらえますか?

「為替王」というサイトをご存じでしょうか?「職業は外資系金融機関での資産運用業務。仕事内容は、日本を含めた世界の主要国の経済や金利動向を分析して、投資運用を行い利益を上げること」と自己紹介されている為替王さんが、FXを中 …

この記事を見る
FXは一日に何時間くらいやると利益をだせますか?

別に決まっていません。手法や目標によります。
デイトレやスウィングなどで、1日最低8時間はモニター前に張りついて目を凝らしている専門トレーダーもいれば、システム中心に若干裁量を加味する程度で、モニターをつけていてもあまり …

この記事を見る
おおむね何倍までのレバレッジをかけて取引をしていますか。

私は投資効率にも気を使うので、レバレッジはいつも個人投資家が日本でかけられる最大の25倍近くのレバレッジをかけています。こうすることによってFXの持ち味である効率という面を最大限に活かすことができます。