2015/10/23

ちゃんとチャートを見ながら取引しているのに思うように勝てません。本当にテクニカル分析はFXトレードで役に立つのでしょうか?

FXトレードの勝率を上げるためには、移動平均線やMACDなど取引ツールに実装されているインディケーターを使って市場のトレンドを正確に見極めるスキルが必要です。しかし、きちんと資料を読んでテクニカル分析の技法を勉強しているにもかかわらず、なかなか収支が上がらなくて困っている方が少なくありません。その原因と対策について考えてみましょう。

テクニカル分析は万能ではない

取引ツールに搭載されているインディケーターは、値動きを統計学的に計算・分析してチャート上に図示したものです。どの指標も現在の相場状況の把握に非常に重宝しますが、残念ながら100%正確に取引チャンスを教えてくれるインディケーターなど存在しません

買い注文が殺到して急騰すれば利益確定売りによる値下がりが起こり、逆に売り注文が殺到して暴落すれば値頃感からの買い注文が集まって値上がりするのは取引相場の基本原理。しかし、レートが平均値からどのくらい離れたらリバウンドが絶対に起こるという厳密な数値はないため、チャンスと思って手を出したらシグナルの「騙し」だったという現象がしばしば発生してしまいます。かなりの経験を積まなければ、正確な取引のタイミングを見極めるのは難しいでしょう。
通貨ペアのレートは世界中の投資家の需要と供給によって変化しており、その動きには不安定な人間の心理がそのまま反映されます。単純な数式で全て表現できるほどFXは単純ではありません。テクニカル指標の使い方を覚えると自分が凄腕のトレーダーになったような気分になりがちですが、テクニカル分析を過信すると痛い目に遭う恐れがあるのでご注意を。

複数のインディケーターを組み合わせよう

たとえ100%確実ではないとはいえ、テクニカル分析が相場分析に役立つ手法であることは間違いありません。その精度を少しでも高めるためには、常に複数の指標を組み合わせて使うことが大切です。移動平均線、ボリンジャーバンド、MACD、RSI、一目均衡表などのインディケーターを同時に利用すれば、「方向性」だけでなく売買注文の「勢い」や今後変動しうる「範囲」までイメージすることが出来ます。
また、取引したい通貨ペアだけでなくその他の銘柄のチャートも同時に参照することで、突発的な騙しの値動きに釣られてしまうリスクを回避できる可能性も高められます。「木を見て森を見ず」にならないよう、出来るだけ視野を広げて取引に臨むことが重要です。

チャートだけ見るのは厳禁!

価格が安くなれば買い注文が増え、価格が高くなれば売り注文が増えるのは一般的な値動きですが、経済指標のイベントで意外性のある数値が発表された時などにも唐突に市場が大きく反応しますしかもこのタイプの値動きは強烈なパワーを秘めており、テクニカル指標の読みがほとんど通用しなくなります。
従って、長時間チャート画面だけを観察するのはNG。些細な値動きも見逃すまいと意気込むのは結構ですが、国内外の経済ニュースに注意を払うこともお忘れなく。最低限、一週間分の経済指標関連のスケジュールくらいは頭に入れておきましょう。本サイトでも重要経済指標スケジュールを毎週紹介しているので、情報源の無い方はぜひ活用してください。

          
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 8
    follow us in feedly

  関連記事

この記事を見る
そもそもFXとは英語で何の略なんでしょうか?

FXはForeignExchangeの略となっていて、これを日本語に訳してみると外国為替証拠金取引といいます。証拠金を担保として取引業者に差し出すことによって、その証拠金よりも大きな金額で為替取引をすることができるように …

現在Windows7のパソコンでFXを行っているのですが、Windows10にアップグレードしても取引ツールはちゃんと動作するのでしょうか?

出典:ながいの
2015年7月に新OSをリリースして以来、Windows7や8等の端末を対象に実施されてきたWindows10への無償アップグレード期間がいよいよ今月をもって終了となります。執拗にアップグレードを迫るポ …

この記事を見る
コンスタントに儲けがでるようになるまで、始めてからどれくらいの期間がかりましたか?

毎月平均的に勝っているというわけではないので、必ずしもコンスタントといえるかどうかはわかりませんが、FX取引を始めてから一年程度で毎月利益がある程度残るようになってきました。当然、その最初の一年間にはある程度の損失も出し …

この記事を見る
おおむね何倍までのレバレッジをかけて取引をしていますか。

私は投資効率にも気を使うので、レバレッジはいつも個人投資家が日本でかけられる最大の25倍近くのレバレッジをかけています。こうすることによってFXの持ち味である効率という面を最大限に活かすことができます。

この記事を見る
バイナリーオプションはFXの勉強として役に立ちますか?

どちらも本気で勝とうと思えば、値動き予想について真剣に研究しなければなりません。その意味でどちらもお互い大いに役立つでしょう。特にテクニカル分析はバイナリーオプションでもFXでも共通です。たとえば有名なテクニカル指標の一 …

この記事を見る
FX取引はハイリスク・ハイリターンなのですか?

まちがいなくハイリスク・ハイリターンです。ただし、方法によってローリスク・ハイリターンになります。
FXは証拠金取引です。たとえば必要資金の4%の証拠金で取引できるとなると、25倍も実際の手持ち資金より大きな取引ができる …

この記事を見る
まず何を準備してどのように始めていけばいいでしょうか?

やはりまずは入門書を購入して、何度も読み、FXのしくみを頭に叩き込んだほうがいいでしょう。私は商品先物から相場を始めたのですが、「商品先物取引入門」(米良周 日本経済新聞社、廃刊)という本を5回はくり返して読みました。こ …

未成年でもFXや株式取引を行うことは可能なのでしょうか?

インターネット上で手軽に投資を行えるオンライントレードは、20歳未満の方にとっても資産運用の良い経験になります。大学生の場合、少額でも学費や生活費の足しになるので、学業に支障が出ない範囲でぜひ挑戦すべきといえるでしょう …

FXは土日はできますか?株などと一緒で平日のみですか?

24時間できるFXも、土日は休みです。より正確に言うと、米国が金曜日夕方になる日本の土曜日早朝6時ごろまで行われ、日曜日を挟んで、ニュージーランドが取引を開始する月曜明け方5時ごろまでが休みになります。
また、日本の祝祭 …

ストップは必ず入れるようにしているでしょうか。損きりはいくらと決めていますか。

ストップロスについてですが、私はスキャルピングというごく短い時間に利ざやを積み重ねていくような手法を用いていますので、基本的にはストップロスのための逆指値は利用していません。
なぜならば、スキャルピングという取引は相場に …