2015/10/23

ちゃんとチャートを見ながら取引しているのに思うように勝てません。本当にテクニカル分析はFXトレードで役に立つのでしょうか?

FXトレードの勝率を上げるためには、移動平均線やMACDなど取引ツールに実装されているインディケーターを使って市場のトレンドを正確に見極めるスキルが必要です。しかし、きちんと資料を読んでテクニカル分析の技法を勉強しているにもかかわらず、なかなか収支が上がらなくて困っている方が少なくありません。その原因と対策について考えてみましょう。

テクニカル分析は万能ではない

取引ツールに搭載されているインディケーターは、値動きを統計学的に計算・分析してチャート上に図示したものです。どの指標も現在の相場状況の把握に非常に重宝しますが、残念ながら100%正確に取引チャンスを教えてくれるインディケーターなど存在しません

買い注文が殺到して急騰すれば利益確定売りによる値下がりが起こり、逆に売り注文が殺到して暴落すれば値頃感からの買い注文が集まって値上がりするのは取引相場の基本原理。しかし、レートが平均値からどのくらい離れたらリバウンドが絶対に起こるという厳密な数値はないため、チャンスと思って手を出したらシグナルの「騙し」だったという現象がしばしば発生してしまいます。かなりの経験を積まなければ、正確な取引のタイミングを見極めるのは難しいでしょう。
通貨ペアのレートは世界中の投資家の需要と供給によって変化しており、その動きには不安定な人間の心理がそのまま反映されます。単純な数式で全て表現できるほどFXは単純ではありません。テクニカル指標の使い方を覚えると自分が凄腕のトレーダーになったような気分になりがちですが、テクニカル分析を過信すると痛い目に遭う恐れがあるのでご注意を。

複数のインディケーターを組み合わせよう

たとえ100%確実ではないとはいえ、テクニカル分析が相場分析に役立つ手法であることは間違いありません。その精度を少しでも高めるためには、常に複数の指標を組み合わせて使うことが大切です。移動平均線、ボリンジャーバンド、MACD、RSI、一目均衡表などのインディケーターを同時に利用すれば、「方向性」だけでなく売買注文の「勢い」や今後変動しうる「範囲」までイメージすることが出来ます。
また、取引したい通貨ペアだけでなくその他の銘柄のチャートも同時に参照することで、突発的な騙しの値動きに釣られてしまうリスクを回避できる可能性も高められます。「木を見て森を見ず」にならないよう、出来るだけ視野を広げて取引に臨むことが重要です。

チャートだけ見るのは厳禁!

価格が安くなれば買い注文が増え、価格が高くなれば売り注文が増えるのは一般的な値動きですが、経済指標のイベントで意外性のある数値が発表された時などにも唐突に市場が大きく反応しますしかもこのタイプの値動きは強烈なパワーを秘めており、テクニカル指標の読みがほとんど通用しなくなります。
従って、長時間チャート画面だけを観察するのはNG。些細な値動きも見逃すまいと意気込むのは結構ですが、国内外の経済ニュースに注意を払うこともお忘れなく。最低限、一週間分の経済指標関連のスケジュールくらいは頭に入れておきましょう。本サイトでも重要経済指標スケジュールを毎週紹介しているので、情報源の無い方はぜひ活用してください。

          
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 9
    follow us in feedly

  関連記事

FXのお勧め節税方法を教えてください。ふるさと納税というのを利用すれば税金が安くなるのでしょうか?

出典:ふるさと納税ポータルサイト
オンライントレードに課される税金について
株式取引やFXで得た利益は、そのまま全額自分の懐に入るわけではありません。どちらも課税対象の所得であり、一般的に約20%程度の納税が必要になり …

この記事を見る
FX業者はどこを使っていますか?またその業者のメリットやデメリットはなんですか?

利用している取引業者ですが、私は二つの業者を主力として使っています。ひとつはマネーパートナーズ、もうひとつは外為ジャパンです。

FXを始めるに当たって、お勧めの本などありましたら教えてください。

1冊だけ選ぶとすれば、アレキサンダー・エルダーの「投資苑」(パンローリング)をお勧めします。

投資苑 - 心理・戦略・資金管理
この本は旧ソ連出身で米国に亡命した精神科医兼トレーダーのエルダー博士が、自伝を交えて自家薬 …

この記事を見る
普段はどのようなテクニカルを使って取引していますか?テクニカルが通用しない時はどうしますか?

私はテクニカル一本での取引手法なのですが、利用しているのは5分ローソク足と1分ボリンジャーバンドです。スキャルピングを主体とした取引ですので、これ以上間隔の長いチャートは必要ありません。

ストップは必ず入れるようにしているでしょうか。損きりはいくらと決めていますか。

ストップロスについてですが、私はスキャルピングというごく短い時間に利ざやを積み重ねていくような手法を用いていますので、基本的にはストップロスのための逆指値は利用していません。
なぜならば、スキャルピングという取引は相場に …

この記事を見る
FXは一日に何時間くらいやると利益をだせますか?

別に決まっていません。手法や目標によります。
デイトレやスウィングなどで、1日最低8時間はモニター前に張りついて目を凝らしている専門トレーダーもいれば、システム中心に若干裁量を加味する程度で、モニターをつけていてもあまり …

この記事を見る
為替レートはどうやって動くのでしょうか。景気が関係していますか?

為替も物価と同じように基本的には需要と供給でレートが決まります。日本円と米ドルとの関係で説明します。

この記事を見る
FX取引はハイリスク・ハイリターンなのですか?

まちがいなくハイリスク・ハイリターンです。ただし、方法によってローリスク・ハイリターンになります。
FXは証拠金取引です。たとえば必要資金の4%の証拠金で取引できるとなると、25倍も実際の手持ち資金より大きな取引ができる …

FXは土日はできますか?株などと一緒で平日のみですか?

24時間できるFXも、土日は休みです。より正確に言うと、米国が金曜日夕方になる日本の土曜日早朝6時ごろまで行われ、日曜日を挟んで、ニュージーランドが取引を開始する月曜明け方5時ごろまでが休みになります。
また、日本の祝祭 …

FRBが発表した「バランスシートの縮小」ってどういう意味ですか?マーケットにどんな影響があるんですか?

出典:Reuters
2017年6月のFOMCを振り返って
先週の日本時間6月15日の午前3時頃、FOMC後の政策金利発表が行われ、3月以来の利上げが実施されました。(FFレート:1.00~1.25%)直前に発表された …