2015/09/30

VPSについて教えてください。VPSを使わないとFXは出来ないんですか?

VPSとは?

VPSは、Virtual Private Serverの略です。事業者が提供しているレンタルサーバサービスの一種で、日本語では「仮想専用サーバ」と呼ばれます。仮想化技術により、共用サーバながら専用サーバ並の高機能を実装。低料金で管理者権限を要するようなソフトウェアをインストールしてサーバ上で使用することのできるメリットがあります。

VPSとFX

一見FXと無関係に思えますが、VPSを利用しているFXトレーダーは少なくありません。VPSを利用すると自動売買取引の自由度が格段に広がるからです。

MetaTrader4には「エキスパート・アドバイザー(EA)」と呼ばれるプログラムが搭載されており、簡単な操作で自動売買を開始することが出来ます。しかし、FX業者のサーバ内で発注を繰り返しているシステムトレードと違い、ソフトウェアを終了したりパソコンの電源をオフにしたりすると、MetaTrader4の自動売買はストップしてしまいます

長期間自動売買を続けるためにはMetaTrader4を起動させ続けなければならず、電気代や端末のメンテナンス台を含めた運用コストを軽視できなくなってしまいます。また、万一重要な取引中にパソコンがフリーズしたり停電したりしたら、予期せぬ損失が発生してしまう恐れもあります。

そんな時に重宝するのが、VPSです。VPSを利用すれば、自動売買ツールを自分の端末以外の場所で起動することが出来ます。一般的な共用タイプのレンタルサーバの場合、サーバダウンを引き起こしかねないようなシステムに負担のかかるソフトウェアを使用するのは禁止されていますが、VPSなら大量にメモリを食うMetaTrader4もサーバ上で24時間動作させられます

事業所のスタッフがシステムの稼働状況を逐一チェックしているので保守面も問題なし!自宅のパソコンを点けっぱなしにする必要もなく、自動売買の運用に最適です。

VPSがなくてもFXトレードを行うことは可能ですが、自動売買の成果を高めたいなら是非活用すべきです。

VPS選びのポイント

非常に多くの業者がVPSを提供しているため、初心者にはどのサービスを選べばいいのか分かりにくいのが実情です。
FXの自動売買目的でVPSを選ぶ際には、「スペック」・「料金」・「サポート」の3点を意識しましょう。利用料金が高すぎると運用コストがかさんでしまいますし、かと言って安くても複数のEAを起動しただけでフリーズするような低メモリのサーバでは困ります。費用対効果に優れ、いざという時にスタッフと迅速に連絡を取れるサーバ業者がベストです。
参考までに、FXトレーダーの間で人気のあるお勧めのVPSをご紹介しましょう。

お名前.comデスクトップクラウド for FX
GMOクリック証券でお馴染みのGMOインターネットが提供しているVPSサービス。Webサーバやメールなどの機能を削減し、FXの自動売買のみに特化しているので安定性抜群。MetaTrader4がプリインストールされており、すぐに自動売買を開始できる魅力があります。パソコンだけでなく、スマートフォンやタブレット端末からのリモートアクセスにも対応しています。
料金は、メモリ1GBプランが月2400円。(36か月払いなら月2061円。)14日間の無料トライアルコースも用意されているので、動作を気軽にチェックすることが出来ます。→申込みはコチラから
GMOクラウドVPS
こちらもGMOインターネットグループのGMOクラウドが提供するサービスです。クラウド基盤、KVM採用のハイスペックVPSで料金は業界最安の月額780円~提供中。クラウドの特性を思う存分取り入れた新世代の仮想専用サーバー。無料の「CentOS」「Ubuntu」「Debian」に加え、「CloudLinux」「WindowsServer」等用途に合わせて10種類のOSから選べるのも魅力的。
→申込みはコチラから
使えるねっと
お名前.comに匹敵するほどの高い人気を誇るVPSサービス。運用実績抜群の老舗であり、サポート体制に定評があります。各種マニュアルが完備されているので、初心者でも安心して利用できるのが特徴的。もちろん、モバイル端末からのリモートデスクトップ接続にも対応しています。
料金は、メモリ1GBのシルバープランが月2839円。(2年契約なら月1791円。)30日間の全額返金保証サービスが付帯しており、実質無料で1か月間自動売買をテストすることが出来ます。→申込みはコチラから
ABLENET(エイブルネット)
大阪に本社を構える株式会社ケイアンドケイコーポレーションが提供しているVPSサービス。WindowsServerのインストール・設定不要の便利な仮想デスクトッププランが充実しています。回線速度は上記の2社を上回る200M共有で、リモートデスクトップ接続にも対応。非常に優れたスペックを誇っており、知る人ぞ知るサーバ業者と言えます。
料金は、メモリ1GBの仮想デスクトッププランWin1が月1981円。(年払いなら月1600円。)最大10日間の試用期間が設けられているので、本契約前に動作確認を行えます。→申込みはコチラから

また、FX業者の中には取引口座と併せてMetaTrader4用のVPSを提供してくれる所もあります。管理が楽な上に、所定の条件を満たせば月額費用が無料になるサービス付き!専門のサーバ業者のVPSに比べるとやや安定性に劣るというデメリットはありますが、自動売買の運用コストを0に出来るのは非常に魅力的です。

FOREX.com

条件:MetaTrader4口座に30万円以上の残高があり、当月月間取引量が50万通貨以上であること。

→FOREX.comの口座開設はコチラから

→MetaTrader4 Expert Advisorホスティングサービスの申し込みはコチラ

楽天FX

条件:月末時点で口座残高が50万円以上であること。

→楽天証券の口座開設はコチラから

→VPSの申し込みはコチラ

          
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 9
    follow us in feedly

  関連記事

スワップとは一体何なのでしょうか?英語では交換という意味ですが・・・

スワップとはFXにおいては通貨間の金利差のことをいい正式にはスワップポイントといいます。スワップポイントが優秀な通貨、スワップポイントが優秀な業者などという言葉を目にすることは多いでしょう。このスワップポイントとは低金利 …

この記事を見る
FX取引はハイリスク・ハイリターンなのですか?

まちがいなくハイリスク・ハイリターンです。ただし、方法によってローリスク・ハイリターンになります。
FXは証拠金取引です。たとえば必要資金の4%の証拠金で取引できるとなると、25倍も実際の手持ち資金より大きな取引ができる …

FXを始めるに当たって、お勧めの本などありましたら教えてください。

1冊だけ選ぶとすれば、アレキサンダー・エルダーの「投資苑」(パンローリング)をお勧めします。

投資苑 - 心理・戦略・資金管理
この本は旧ソ連出身で米国に亡命した精神科医兼トレーダーのエルダー博士が、自伝を交えて自家薬 …

現在Windows7のパソコンでFXを行っているのですが、Windows10にアップグレードしても取引ツールはちゃんと動作するのでしょうか?

出典:ながいの
2015年7月に新OSをリリースして以来、Windows7や8等の端末を対象に実施されてきたWindows10への無償アップグレード期間がいよいよ今月をもって終了となります。執拗にアップグレードを迫るポ …

この記事を見る
まず何を準備してどのように始めていけばいいでしょうか?

やはりまずは入門書を購入して、何度も読み、FXのしくみを頭に叩き込んだほうがいいでしょう。私は商品先物から相場を始めたのですが、「商品先物取引入門」(米良周 日本経済新聞社、廃刊)という本を5回はくり返して読みました。こ …

この記事を見る
バイナリーオプションはFXの勉強として役に立ちますか?

どちらも本気で勝とうと思えば、値動き予想について真剣に研究しなければなりません。その意味でどちらもお互い大いに役立つでしょう。特にテクニカル分析はバイナリーオプションでもFXでも共通です。たとえば有名なテクニカル指標の一 …

この記事を見る
損切り注文(ロスカット)を設定する目安はありますか?

はっきりした目安はありません。自分の資金量やトレード計画、信頼しているテクニカル指標と相談しながら決めていくことになります。

この記事を見る
為替レートはどうやって動くのでしょうか。景気が関係していますか?

為替も物価と同じように基本的には需要と供給でレートが決まります。日本円と米ドルとの関係で説明します。

FXにはたくさんの注文方式があって、どれを選べばいいのかよく分かりません。それぞれの使い方を教えてください。

最近のFX取引ツールには膨大な種類の注文方式が実装されているため、初心者は確実に戸惑います。適当にボタンを押すだけでも発注することは可能ですが、正確な利食い・損切りを実現するためには最適な注文方式を選択する必要があります …

よく借金を抱えるという話を聞きますが、口座にいれている額を切らないよう設定って出来るんですよね?それなのに何故そのような状況になるんでしょうか。

FX取引で借金を抱えてしまうことが社会問題となったのは少し昔の話で、現在では個人投資家が国内で利用できる最大のレバレッジは25倍です。しかし、少し前までは50倍、さらに前までは100倍とかなりのレバレッジをかけることがで …