2015/09/02

どうしても上手く損切りできません。ロスカットのコツを教えてください。

どんなに経験豊富な熟練トレーダーでも、毎回100%正確に相場の値動きを予測できるわけではありません。何度も取引していれば、必ずいつかは予想を外して負けることになります。
負けを回避することが不可能である以上、一回あたりの負けの被害を最小限に抑えることが最も大切なことです。損失が少額で済めば、後に大勝ちした際にトータルの収支をプラスにすることが出来ます。
そのためにも、新規注文を出す際には常に損切りのことを考慮すべきです。できれば、発注時にロスカットの逆指値注文も併せてセットしておくことを強くお勧めいたします。「予想が外れたら、その都度成行注文で決済すればいい」と考えている方もいますが、最近のように尋常ではない規模の値動きが発生しやすい相場では高騰・暴落を視認してから慌ててロスカット注文を出そうとしても手遅れです。証拠金以上の損失が発生し、会社から追証の連絡が来るかもしれません。
また、「もう少し待てば相場が持ち直すのではないか」という気の迷いにより、決断が鈍ってしまう恐れもあります。ためらっているうちに損失額が増大してしまうのは、初心者によくあるミス。余計なことを考えないためにも、事前の損切り注文は不可欠です。

ロスカットのルール

損切りのタイミングに一意的な正解はありません。人によって設定の仕方は千差万別です。以下にいくつかの例を記載しますので、これらを参考に自分に合ったロスカットルールを決めてみてください。
なお、一度決めたルールは取引中に絶対に変更しないようにしましょう。投資において最も重要なトレード方針が定まらないと、いつまで経っても初心者から脱却することは出来ません。

預入証拠金に対する損失割合で決める

最も一般的なロスカットの手法は、「保有ポジションの損失リスクを自己資産の3~5%程度に抑える」というものです。
たとえば預入証拠金が40万円の場合、損失許容範囲を5%(40万×5%=2万円)に設定すれば、USD/JPY取引で1万通貨買い注文後に2円まで円高に耐えられます。一回の取引で自己資産の半分以上を失うと以後の活動に支障を及ぼしますが、数%なら何とかなります。
ただし、預入証拠金が1万円程度の少額資金の場合、3%ルールではほんの数pipsマイナスに動くたびにロスカットしなければならなくなり、まともに取引出来なくなってしまう可能性があります。自分の軍資金を考慮しながら、適切な損失許容範囲を設定してください。

値幅で決める

預入証拠金の多寡にかかわらず、常に一定の値幅でロスカットを設定するという方法もあります。
一般的には、デイトレードの場合30~50pipsスイングトレードの場合100~200pips程度が現在価格からの損切り幅の目安です。比較的短時間でロスカットが終了するため、あれこれ考えずにどんどん勝負できるメリットがあります。
なお、取引枚数次第では30pipsでも多額の損失になる場合があるので、くれぐれも証拠金維持率を気にかけることを忘れないようにしましょう。

チャートの形状で決める

自分の相場観に自信のある方は、チャートを見ながらその都度最適な損切りレートを見極めています。周辺のローソク足の安値・高値を目安にしたり、チャート上にラインを描画してサポートラインを割り込む辺りにロスカット注文を出したりする方法があります。
自分の決断に迷わなくなったら、トレンド転換を切っ掛けに損切りするという手もあります。

          
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 9
    follow us in feedly

  関連記事

FXは土日はできますか?株などと一緒で平日のみですか?

24時間できるFXも、土日は休みです。より正確に言うと、米国が金曜日夕方になる日本の土曜日早朝6時ごろまで行われ、日曜日を挟んで、ニュージーランドが取引を開始する月曜明け方5時ごろまでが休みになります。
また、日本の祝祭 …

FX取引で大損をしたという話をワイドショーなどで聞いた事がありますが、特別な知識がないと損をするのでしょうか?

FXで損をするかということですが、特別な知識がない状態で相場に望めば間違いなく損をします。大金を得られる可能性があるのですから、その逆に大金を失う可能性もあります。

特別な知識とは何なのかといいますと、それはリスクをコ …

この記事を見る
FX業者はどこを使っていますか?またその業者のメリットやデメリットはなんですか?

利用している取引業者ですが、私は二つの業者を主力として使っています。ひとつはマネーパートナーズ、もうひとつは外為ジャパンです。

この記事を見る
現在の投資法を確立するまでにいくらくらいロスカットしましたか

これはもう忘れてしまうぐらいたくさんロスカットしました(笑)。ロスカットなんてものでなく、「投げ」(手持ち資金をほとんどやられてギブアップ)ということもけっこうやりました。それでもまだ投資を続けているのは、資金管理がある …

デイトレードにお勧めの時間帯を教えてください。

FXは24時間対応のサービスであり、自分の好きなタイミングで取引できる魅力があります。市場の開いている時間帯が限られている株式取引よりも投資効率がよく、非常に短期取引に向いています。
しかし、取引する時間帯によって稼ぎや …

この記事を見る
コンスタントに儲けがでるようになるまで、始めてからどれくらいの期間がかりましたか?

毎月平均的に勝っているというわけではないので、必ずしもコンスタントといえるかどうかはわかりませんが、FX取引を始めてから一年程度で毎月利益がある程度残るようになってきました。当然、その最初の一年間にはある程度の損失も出し …

FXにはたくさんの注文方式があって、どれを選べばいいのかよく分かりません。それぞれの使い方を教えてください。

最近のFX取引ツールには膨大な種類の注文方式が実装されているため、初心者は確実に戸惑います。適当にボタンを押すだけでも発注することは可能ですが、正確な利食い・損切りを実現するためには最適な注文方式を選択する必要があります …

この記事を見る
普段はどのようなテクニカルを使って取引していますか?テクニカルが通用しない時はどうしますか?

私はテクニカル一本での取引手法なのですが、利用しているのは5分ローソク足と1分ボリンジャーバンドです。スキャルピングを主体とした取引ですので、これ以上間隔の長いチャートは必要ありません。

この記事を見る
おおむね何倍までのレバレッジをかけて取引をしていますか。

私は投資効率にも気を使うので、レバレッジはいつも個人投資家が日本でかけられる最大の25倍近くのレバレッジをかけています。こうすることによってFXの持ち味である効率という面を最大限に活かすことができます。

この記事を見る
安倍政権に変わり流れが変わってきましたが、円安の目途はいくらくらいと想定していますか?

米ドル/円のチャートで考えてみます。円高は2011年11月の75.57円で止まりました。そして2012年3月に84.17円まで下げ、同9月に約77円まで戻し、それからほぼ一気に2013年2月の約94.46円まで下落したわ …