2015/08/28

FXにはたくさんの注文方式があって、どれを選べばいいのかよく分かりません。それぞれの使い方を教えてください。

最近のFX取引ツールには膨大な種類の注文方式が実装されているため、初心者は確実に戸惑います。適当にボタンを押すだけでも発注することは可能ですが、正確な利食い・損切りを実現するためには最適な注文方式を選択する必要があります。
各ブローカーによって対応している注文方式は若干異なりますが、FXトレードで利用できる一般的な注文の種類を見ていきましょう。

新規注文・決済注文

FXの注文(オーダー)は、「新規注文」と「決済注文」の2種類に大別されます。
新規注文とは、新たにポジションを建てる際に使用される注文のことです。そして決済注文は、そのポジションを清算して利益・損失を確定させる際に使用される注文です。
FXの場合、買い・売り、どちらの方法からでもポジションを持つことが可能であり、決済時にはその反対売買を行う必要があります。買値と売値には「スプレッド」と呼ばれる差額が設定されているため、利益を得るためには十分な値動きを待たなければなりません。
新規・決済注文には以下の注文方法が使えます。

成行注文

成行注文自分でレートを指定せず、約定価格を市場の成り行きに任せる注文方法です。今すぐ注文を成立させたい時に使います。
基本的に、現在チャート上に表示されている為替レートで即座に約定しますが、稀にタイムラグが発生して予想外の価格で約定してしまう場合があることに注意する必要があります。(スリッページ)

指値注文

指値注文約定させたい売買価格を前もって自分で指定する注文方法です。現在価格より安いレートに買い注文を出す「買い指値(Buy Limit)」と、現在価格より高いレートに売り注文を出す「売り指値(Sell Limit)」があります。
少しでも有利なレートで建玉を保有したい時・利食いを実行したい時などに使います。
市場価格が指定したレートになったら自動的に約定しますが、指定レートにならなかったら注文が成立せずに取引時間が終わってしまうこともあります。

逆指値注文

逆指値注文指値注文と同様、約定させたい売買価格を前もって自分で指定する注文方法です。指値注文と似ていますが、「買い逆指値(Buy Stop)」は現在価格より高いレートに買い注文を、「売り逆指値(Sell Stop)」は現在価格より低いレートに売り注文を出す点で異なります。
トレンドを追従してポジションを保有したい時・損切りを実行したい時などに使います。相場の急変動に備えるための保険的な存在の注文方式と言えるでしょう。

IFD注文

IFD注文イフダン(If Done)注文は、新規注文と決済注文をセットで同時に出す注文方法です。新規の指値・逆指値注文が約定した場合のみ、決済の指値・逆指値注文が有効になります
建玉レート・決済レートの両方を前もって決めている時に使うと、後で決済注文を出す手間を省けて重宝します。

OCO注文

OCO注文OCO(One Cancel Other)注文は、指値注文と逆指値注文を同時に出す注文方法です。一方の注文が約定すると、もう一方の注文が自動的に無効になります
相場の値動きが予想できない局面でも、保有ポジションの利食い・損切りの両方に同時に対応できる強みがあります。

IFO注文

IFO注文IFO注文は、IFD注文とOCO注文を合体させた注文方法です。新規の指値・逆指値注文を出すと同時に、利食い・損切りレートを指定することが出来ます。(一方の決済注文が約定したら、もう一方の決済注文は自動キャンセル。)
相場をチェックする時間を大幅に短縮できるとともに、損益を確実に計算したトレードを実現できるメリットがあります。

トレール注文

トレール注文トレール注文は、相場の値動きに合わせて逆指値注文の数値が自動的に変更される注文方法です。トレンドに追従することで、損失を最小限に抑えつつ最大限の利益を狙える利点があります。
長時間相場から目を離しても安心なので、本業を抱えているFXトレーダーにとって強力な武器になります。

          
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 10
    follow us in feedly

  関連記事

ドル円の軟調が続いていますが、円安トレンドは終わってしまったと思いますか?

出典:WSVA News Talk Radio
就任式終了を受けて
先週末の1月20日(日本時間21日未明)にドナルド・トランプ大統領の就任式が執り行われました。世界中の関係者が注目していた就任演説では、トランプ氏が以 …

この記事を見る
普段はどのようなテクニカルを使って取引していますか?テクニカルが通用しない時はどうしますか?

私はテクニカル一本での取引手法なのですが、利用しているのは5分ローソク足と1分ボリンジャーバンドです。スキャルピングを主体とした取引ですので、これ以上間隔の長いチャートは必要ありません。

ストップは必ず入れるようにしているでしょうか。損きりはいくらと決めていますか。

ストップロスについてですが、私はスキャルピングというごく短い時間に利ざやを積み重ねていくような手法を用いていますので、基本的にはストップロスのための逆指値は利用していません。
なぜならば、スキャルピングという取引は相場に …

この記事を見る
FXって難しそうですが、株取引などを経験してからやった方がいいのですか?

FXも難しいですが、株もそれ以上に難しいです。ですからどちらか先にすればいいとは言えません。
FXも現物株も、実は共通点があります。どちらも「買い」で入ると何もしなくてももうかる「不労所得」が手にはいるところです。すなわ …

この記事を見る
FXって株や先物取引とどう違うのですか?

FXも、株式市場や商品など先物市場も、同じく相場であり、単にそこから売買差益を得ようとする限り大きな違いはありません。違いは売買対象が違うだけです。そして、我々がふつうに使う多くのネットFX業者は、証拠金取引といって先物 …

よく借金を抱えるという話を聞きますが、口座にいれている額を切らないよう設定って出来るんですよね?それなのに何故そのような状況になるんでしょうか。

FX取引で借金を抱えてしまうことが社会問題となったのは少し昔の話で、現在では個人投資家が国内で利用できる最大のレバレッジは25倍です。しかし、少し前までは50倍、さらに前までは100倍とかなりのレバレッジをかけることがで …

FRBが発表した「バランスシートの縮小」ってどういう意味ですか?マーケットにどんな影響があるんですか?

出典:Reuters
2017年6月のFOMCを振り返って
先週の日本時間6月15日の午前3時頃、FOMC後の政策金利発表が行われ、3月以来の利上げが実施されました。(FFレート:1.00~1.25%)直前に発表された …

この記事を見る
FX取引で大儲けや大損した経験がありますか?またそれはいくらくらいですか?

FX取引での成果ですが、大損も大儲けもしたことがあります。あくまでも私基準でのものですが、大儲けした取引といえば数年前の為替介入の時です。
たまたま株取引をしていて、FX取引画面も立ち上げていたのですが、一瞬で為替レート …

この記事を見る
まったくの初心者ですが、何を覚えると便利に使いこなせますか?

戦略の1例を紹介します。テクニカル指標は大ざっぱに分けると、相場のトレンド(傾向)を示すものと、相場の行きすぎを示すものの2種類に分けられます。
トレンドを示す代表的なものとして移動平均線があります。その計算期間が短すぎ …

この記事を見る
口座開設をして最初に取引をするのに資金はどのくらい必要でしょうか?

売買形態や業者によってまちまちです。要するに取引に参加できる最小単位の金額さえあれば取引できるのです。もちろん、資金追加したくなることを見込んで、多少余裕ある資金を最初から準備することもよいでしょう。しかし、その考えでト …