2015/08/04

コンスタントに儲けがでるようになるまで、始めてからどれくらいの期間がかりましたか?

毎月平均的に勝っているというわけではないので、必ずしもコンスタントといえるかどうかはわかりませんが、FX取引を始めてから一年程度で毎月利益がある程度残るようになってきました。

当然、その最初の一年間にはある程度の損失も出しています。為替相場でも株式相場でもそうなのですが、相場にはサイクルというものが存在していて、これを上げトレンド、下げトレンド、ボックストレンドなどと呼ぶのですが、さらに詳細に掘り下げていくと数多くの相場局面が存在します。

これらのトレンドにはそれぞれ勝ちやすい取引方法というのがあって、例を挙げれば強い上げ相場には順張りを基本としつつ、要所要所で超短期トレードによる逆張りを織り交ぜて取引していく、などの手法があるのです。これらのトレンドを大体覚えるのに私は一年くらいかかったということです。

これらのトレンドを見極めてそれぞれにあった手法を用いれるようになってくれば、間違いなく勝率は上がっていくといっても過言ではありません。それと、この一年というのは私が集中して為替相場のテクニカルチャートと睨めっこをした時間でもあります。各々の能力や取引にあてられる時間などによってこの時間は変動してくるということも頭に入れておく必要があります。

          
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 11
    follow us in feedly

  関連記事

VPSについて教えてください。VPSを使わないとFXは出来ないんですか?

VPSとは?
VPSは、Virtual Private Serverの略です。事業者が提供しているレンタルサーバサービスの一種で、日本語では「仮想専用サーバ」と呼ばれます。仮想化技術により、共用サーバながら専用サーバ並の …

この記事を見る
レバレッジの考え方、計算方法を教えてください

レバレッジ(leverage)とはテコの意味です。すなわち、少しの力で重い物を動かすことができることを言います。
トレードのレバレッジとは、証拠金取引のことです。必要資金の一部割合だけ取引所や取引業者にあずけると、その現 …

この記事を見る
おおむね何倍までのレバレッジをかけて取引をしていますか。

私は投資効率にも気を使うので、レバレッジはいつも個人投資家が日本でかけられる最大の25倍近くのレバレッジをかけています。こうすることによってFXの持ち味である効率という面を最大限に活かすことができます。

この記事を見る
FX業者はどこを使っていますか?またその業者のメリットやデメリットはなんですか?

利用している取引業者ですが、私は二つの業者を主力として使っています。ひとつはマネーパートナーズ、もうひとつは外為ジャパンです。

この記事を見る
FX取引で大儲けや大損した経験がありますか?またそれはいくらくらいですか?

FX取引での成果ですが、大損も大儲けもしたことがあります。あくまでも私基準でのものですが、大儲けした取引といえば数年前の為替介入の時です。
たまたま株取引をしていて、FX取引画面も立ち上げていたのですが、一瞬で為替レート …

この記事を見る
FXは一日に何時間くらいやると利益をだせますか?

別に決まっていません。手法や目標によります。
デイトレやスウィングなどで、1日最低8時間はモニター前に張りついて目を凝らしている専門トレーダーもいれば、システム中心に若干裁量を加味する程度で、モニターをつけていてもあまり …

この記事を見る
損切り注文(ロスカット)を設定する目安はありますか?

はっきりした目安はありません。自分の資金量やトレード計画、信頼しているテクニカル指標と相談しながら決めていくことになります。

FX取引を舞台にした詐欺事件などをニュースで見たことがありますが、どうやったら詐欺じゃないとわかるのか?どのように取引をするのが正しいのか?

FX取引などにおいて詐欺事件などのトラブルに巻き込まれない健全な投資をし続けたいならば普通に取引をしていればいいだけです。

ポジションを建てて、決済をする、これだけでFX取引は成り立ちます。このような取引をしっかりと続 …

FXを始めるに当たって、お勧めの本などありましたら教えてください。

1冊だけ選ぶとすれば、アレキサンダー・エルダーの「投資苑」(パンローリング)をお勧めします。

投資苑 - 心理・戦略・資金管理
この本は旧ソ連出身で米国に亡命した精神科医兼トレーダーのエルダー博士が、自伝を交えて自家薬 …

未成年でもFXや株式取引を行うことは可能なのでしょうか?

インターネット上で手軽に投資を行えるオンライントレードは、20歳未満の方にとっても資産運用の良い経験になります。大学生の場合、少額でも学費や生活費の足しになるので、学業に支障が出ない範囲でぜひ挑戦すべきといえるでしょう …