2015/08/04

全くの素人ですが、FX取引をしたい場合、何か特別な勉強をしないといけませんか?

FX取引をしたいだけというならば、ごく僅かな知識で取引をすることができます。パソコンでインターネットを利用し行うFX取引の場合はそれぞれの業者のツールが非常に優秀なので、クリックひとつで注文して、クリックひとつで決済をすることができます。

そのため、集中すれば一日でFX取引を覚えることができるでしょう。また、FX取引をするためには専用の業者に自分の取引口座を開設しなければなりませんが、これも今では数日以内の開設などとうたっている業者も多いのですぐに準備を進めることができるはずです。

しかし、ここまでの説明あくまでもFX取引をするだけです。そこからFX取引で常勝するという状況に持っていくというならば話は全く違ってきます。高度な知識を最初から持つというのは不可能なので、FX取引を始める前に絶対に覚えておきたいこととしては、リスクコントロールが挙げられます。リスクをコントロールすると聞けば難しく考えてしまうかもしれませんが、損切りポイントを決める、これも誰でもできるリスクコントロールのひとつですので、難しく考えずに誰でもできるリスクコントロールから覚えて、少しずつステップアップしていくのがよいでしょう。

          
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 9
    follow us in feedly

  関連記事

この記事を見る
初歩的な質問ですが金額は幾らから始められるのでしょうか?

FXには通貨単位というものが存在していて、どの通貨単位を選ぶかによって最低必要な金額が異なってきます。FXの基本通貨単位となるのは一万通貨というものです。この一万通貨というのは円でドルを買う場合で考えた時には最低1万ドル …

スワップとは一体何なのでしょうか?英語では交換という意味ですが・・・

スワップとはFXにおいては通貨間の金利差のことをいい正式にはスワップポイントといいます。スワップポイントが優秀な通貨、スワップポイントが優秀な業者などという言葉を目にすることは多いでしょう。このスワップポイントとは低金利 …

この記事を見る
最低取引の金額はいくらから始めれられるのですか?

一部の取引業者が行っている特別な単位の取引を除けば、基本的には千通貨取引というのができる限りの最低金額で取引するのに向いているといえます。

FXのお勧め節税方法を教えてください。ふるさと納税というのを利用すれば税金が安くなるのでしょうか?

出典:ふるさと納税ポータルサイト
オンライントレードに課される税金について
株式取引やFXで得た利益は、そのまま全額自分の懐に入るわけではありません。どちらも課税対象の所得であり、一般的に約20%程度の納税が必要になり …

FXにはたくさんの注文方式があって、どれを選べばいいのかよく分かりません。それぞれの使い方を教えてください。

最近のFX取引ツールには膨大な種類の注文方式が実装されているため、初心者は確実に戸惑います。適当にボタンを押すだけでも発注することは可能ですが、正確な利食い・損切りを実現するためには最適な注文方式を選択する必要があります …

FX取引を舞台にした詐欺事件などをニュースで見たことがありますが、どうやったら詐欺じゃないとわかるのか?どのように取引をするのが正しいのか?

FX取引などにおいて詐欺事件などのトラブルに巻き込まれない健全な投資をし続けたいならば普通に取引をしていればいいだけです。

ポジションを建てて、決済をする、これだけでFX取引は成り立ちます。このような取引をしっかりと続 …

この記事を見る
FX取引はハイリスク・ハイリターンなのですか?

まちがいなくハイリスク・ハイリターンです。ただし、方法によってローリスク・ハイリターンになります。
FXは証拠金取引です。たとえば必要資金の4%の証拠金で取引できるとなると、25倍も実際の手持ち資金より大きな取引ができる …

FRBが発表した「バランスシートの縮小」ってどういう意味ですか?マーケットにどんな影響があるんですか?

出典:Reuters
2017年6月のFOMCを振り返って
先週の日本時間6月15日の午前3時頃、FOMC後の政策金利発表が行われ、3月以来の利上げが実施されました。(FFレート:1.00~1.25%)直前に発表された …

ストップは必ず入れるようにしているでしょうか。損きりはいくらと決めていますか。

ストップロスについてですが、私はスキャルピングというごく短い時間に利ざやを積み重ねていくような手法を用いていますので、基本的にはストップロスのための逆指値は利用していません。
なぜならば、スキャルピングという取引は相場に …

この記事を見る
口座開設をして最初に取引をするのに資金はどのくらい必要でしょうか?

売買形態や業者によってまちまちです。要するに取引に参加できる最小単位の金額さえあれば取引できるのです。もちろん、資金追加したくなることを見込んで、多少余裕ある資金を最初から準備することもよいでしょう。しかし、その考えでト …