2015/08/04

FX取引で大儲けや大損した経験がありますか?またそれはいくらくらいですか?

FX取引での成果ですが、大損も大儲けもしたことがあります。あくまでも私基準でのものですが、大儲けした取引といえば数年前の為替介入の時です。

たまたま株取引をしていて、FX取引画面も立ち上げていたのですが、一瞬で為替レートが変動する瞬間が訪れました。介入の思惑なんかは市場に錯綜していたものですから、すぐに為替介入というのがわかりました。その瞬間にすぐにトレンド方向に順張りでポジションを持って、後はそのまま保持していくというトレードです。

この一連の出来事によって一日に50万円という大金を手に入れることができたのです。しかも、その頃はFX取引の初心者時代で、初心者が短時間で大金を入手できる取引がFXということを私に強烈に印象付ける出来事となりました。

次に大損した経験ですが、一瞬で30万円を失うという取引をしたことがあります。一瞬というのは決して大げさではなく本当に一瞬です。要人発言によるネガティブサプライズだったのですが、足が軽いボラティリティの高い通貨でしたので一瞬のうちに30万円の含み損となって、うろたえたのを覚えています。このように私の経験からもわかるとおりにFXでは一瞬で大儲けをすることもありますし、その逆もあるということです。

          
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 8
    follow us in feedly

  関連記事

この記事を見る
まず何を準備してどのように始めていけばいいでしょうか?

やはりまずは入門書を購入して、何度も読み、FXのしくみを頭に叩き込んだほうがいいでしょう。私は商品先物から相場を始めたのですが、「商品先物取引入門」(米良周 日本経済新聞社、廃刊)という本を5回はくり返して読みました。こ …

この記事を見る
まったくの初心者ですが、何を覚えると便利に使いこなせますか?

戦略の1例を紹介します。テクニカル指標は大ざっぱに分けると、相場のトレンド(傾向)を示すものと、相場の行きすぎを示すものの2種類に分けられます。
トレンドを示す代表的なものとして移動平均線があります。その計算期間が短すぎ …

この記事を見る
普段はどのようなテクニカルを使って取引していますか?テクニカルが通用しない時はどうしますか?

私はテクニカル一本での取引手法なのですが、利用しているのは5分ローソク足と1分ボリンジャーバンドです。スキャルピングを主体とした取引ですので、これ以上間隔の長いチャートは必要ありません。

この記事を見る
最低取引の金額はいくらから始めれられるのですか?

一部の取引業者が行っている特別な単位の取引を除けば、基本的には千通貨取引というのができる限りの最低金額で取引するのに向いているといえます。

北朝鮮との戦争勃発を警戒して市場では株安・円高が進んでいますが、今後世界情勢はどうなってしまうと思いますか?

出典:EXPRESS
4月の地政学的リスク
2017年4月6日、アメリカ合衆国大統領ドナルド・トランプ氏は、反政府勢力支配地区に化学兵器を使用したシリア政府に制裁を加えるため、シリア空軍基地にトマホーク巡航ミサイル59 …

この記事を見る
初歩的な質問ですが金額は幾らから始められるのでしょうか?

FXには通貨単位というものが存在していて、どの通貨単位を選ぶかによって最低必要な金額が異なってきます。FXの基本通貨単位となるのは一万通貨というものです。この一万通貨というのは円でドルを買う場合で考えた時には最低1万ドル …

この記事を見る
FX取引はハイリスク・ハイリターンなのですか?

まちがいなくハイリスク・ハイリターンです。ただし、方法によってローリスク・ハイリターンになります。
FXは証拠金取引です。たとえば必要資金の4%の証拠金で取引できるとなると、25倍も実際の手持ち資金より大きな取引ができる …

この記事を見る
コンスタントに儲けがでるようになるまで、始めてからどれくらいの期間がかりましたか?

毎月平均的に勝っているというわけではないので、必ずしもコンスタントといえるかどうかはわかりませんが、FX取引を始めてから一年程度で毎月利益がある程度残るようになってきました。当然、その最初の一年間にはある程度の損失も出し …

この記事を見る
バイナリーオプションはFXの勉強として役に立ちますか?

どちらも本気で勝とうと思えば、値動き予想について真剣に研究しなければなりません。その意味でどちらもお互い大いに役立つでしょう。特にテクニカル分析はバイナリーオプションでもFXでも共通です。たとえば有名なテクニカル指標の一 …

FXを始めるに当たって、お勧めの本などありましたら教えてください。

1冊だけ選ぶとすれば、アレキサンダー・エルダーの「投資苑」(パンローリング)をお勧めします。

投資苑 - 心理・戦略・資金管理
この本は旧ソ連出身で米国に亡命した精神科医兼トレーダーのエルダー博士が、自伝を交えて自家薬 …