2015/08/04

FX取引はハイリスク・ハイリターンなのですか?

まちがいなくハイリスク・ハイリターンです。ただし、方法によってローリスク・ハイリターンになります。

FXは証拠金取引です。たとえば必要資金の4%の証拠金で取引できるとなると、25倍も実際の手持ち資金より大きな取引ができることになります。仮に20万円手持ち資金があり、3万円で1万通貨単位の取引ができるとすれば、いちどに6ロットまで売り買いできるわけです。

もし米ドル/円がちょうど80円のところで円安を見込んで6ロット買い、円高が進んでもまだまだと我慢し続けていたら、77円まで進んだところで証拠金がなくなり強制決済となる業者がほとんどです。

東日本大震災後の2011年3月17日、ドル/円は1日で80.2円から76.7円まで3.5円程度一気に下がっています。その後当局の介入らしきものがあり、再び79.7円台まで戻しました。その日の朝、もし20万円の資金をもつ人が80.2円で米ドルを3.2万円の証拠金で6ロットも買ってぼんやりしていたら、その日の内に強制決済に遭い、資金は数千円しか残らないことになります。

しかし、最初から6ロットなど買わず、1ロットだけにして1円下のところにストップロスを置いておけば損は1万円だけで済みますし、その日だけでもチャンスを見て損した金額を取り返すことも可能なのです。

          
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 8
    follow us in feedly

  関連記事

FXにはたくさんの注文方式があって、どれを選べばいいのかよく分かりません。それぞれの使い方を教えてください。

最近のFX取引ツールには膨大な種類の注文方式が実装されているため、初心者は確実に戸惑います。適当にボタンを押すだけでも発注することは可能ですが、正確な利食い・損切りを実現するためには最適な注文方式を選択する必要があります …

現在Windows7のパソコンでFXを行っているのですが、Windows10にアップグレードしても取引ツールはちゃんと動作するのでしょうか?

出典:ながいの
2015年7月に新OSをリリースして以来、Windows7や8等の端末を対象に実施されてきたWindows10への無償アップグレード期間がいよいよ今月をもって終了となります。執拗にアップグレードを迫るポ …

この記事を見る
各社キャンペーンをやっていますが、何社口座を開設していますか

FX取引業者の口座開設数についてですが、キャンペーンは非常に魅力的なものなので主要と思われる取引業者では全て口座開設するようにしています。現状では数十社となっているのですが、その中から取引してみてしっくりくるような自分の …

デイトレードにお勧めの時間帯を教えてください。

FXは24時間対応のサービスであり、自分の好きなタイミングで取引できる魅力があります。市場の開いている時間帯が限られている株式取引よりも投資効率がよく、非常に短期取引に向いています。
しかし、取引する時間帯によって稼ぎや …

この記事を見る
損切り注文(ロスカット)を設定する目安はありますか?

はっきりした目安はありません。自分の資金量やトレード計画、信頼しているテクニカル指標と相談しながら決めていくことになります。

この記事を見る
コンスタントに儲けがでるようになるまで、始めてからどれくらいの期間がかりましたか?

毎月平均的に勝っているというわけではないので、必ずしもコンスタントといえるかどうかはわかりませんが、FX取引を始めてから一年程度で毎月利益がある程度残るようになってきました。
当然、その最初の一年間にはある程度の損失も出 …

米大統領選でドナルド・トランプ氏が勝利しましたが、今後為替相場はどうなっていくと思いますか?

出典:Donald J Trump for President
2016年11月8日に実施された米大統領選にて、過半数(270人)を上回る選挙人を獲得したドナルド・トランプ氏がヒラリー・クリントン候補を斥け、第45代ア …

VPSについて教えてください。VPSを使わないとFXは出来ないんですか?

VPSとは?
VPSは、Virtual Private Serverの略です。事業者が提供しているレンタルサーバサービスの一種で、日本語では「仮想専用サーバ」と呼ばれます。仮想化技術により、共用サーバながら専用サーバ並の …

この記事を見る
FX業者はどこを使っていますか?またその業者のメリットやデメリットはなんですか?

利用している取引業者ですが、私は二つの業者を主力として使っています。ひとつはマネーパートナーズ、もうひとつは外為ジャパンです。

FXを始めるに当たって、お勧めの本などありましたら教えてください。

1冊だけ選ぶとすれば、アレキサンダー・エルダーの「投資苑」(パンローリング)をお勧めします。

投資苑 - 心理・戦略・資金管理
この本は旧ソ連出身で米国に亡命した精神科医兼トレーダーのエルダー博士が、自伝を交えて自家薬 …