2015/08/04

FX取引はハイリスク・ハイリターンなのですか?

まちがいなくハイリスク・ハイリターンです。ただし、方法によってローリスク・ハイリターンになります。

FXは証拠金取引です。たとえば必要資金の4%の証拠金で取引できるとなると、25倍も実際の手持ち資金より大きな取引ができることになります。仮に20万円手持ち資金があり、3万円で1万通貨単位の取引ができるとすれば、いちどに6ロットまで売り買いできるわけです。

もし米ドル/円がちょうど80円のところで円安を見込んで6ロット買い、円高が進んでもまだまだと我慢し続けていたら、77円まで進んだところで証拠金がなくなり強制決済となる業者がほとんどです。

東日本大震災後の2011年3月17日、ドル/円は1日で80.2円から76.7円まで3.5円程度一気に下がっています。その後当局の介入らしきものがあり、再び79.7円台まで戻しました。その日の朝、もし20万円の資金をもつ人が80.2円で米ドルを3.2万円の証拠金で6ロットも買ってぼんやりしていたら、その日の内に強制決済に遭い、資金は数千円しか残らないことになります。

しかし、最初から6ロットなど買わず、1ロットだけにして1円下のところにストップロスを置いておけば損は1万円だけで済みますし、その日だけでもチャンスを見て損した金額を取り返すことも可能なのです。

          
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 11
    follow us in feedly

  関連記事

この記事を見る
FXって株や先物取引とどう違うのですか?

FXも、株式市場や商品など先物市場も、同じく相場であり、単にそこから売買差益を得ようとする限り大きな違いはありません。違いは売買対象が違うだけです。そして、我々がふつうに使う多くのネットFX業者は、証拠金取引といって先物 …

FX取引で大損をしたという話をワイドショーなどで聞いた事がありますが、特別な知識がないと損をするのでしょうか?

FXで損をするかということですが、特別な知識がない状態で相場に望めば間違いなく損をします。大金を得られる可能性があるのですから、その逆に大金を失う可能性もあります。

特別な知識とは何なのかといいますと、それはリスクをコ …

この記事を見る
コンスタントに儲けがでるようになるまで、始めてからどれくらいの期間がかりましたか?

毎月平均的に勝っているというわけではないので、必ずしもコンスタントといえるかどうかはわかりませんが、FX取引を始めてから一年程度で毎月利益がある程度残るようになってきました。当然、その最初の一年間にはある程度の損失も出し …

この記事を見る
為替レートはどうやって動くのでしょうか。景気が関係していますか?

為替も物価と同じように基本的には需要と供給でレートが決まります。日本円と米ドルとの関係で説明します。

北朝鮮との戦争勃発を警戒して市場では株安・円高が進んでいますが、今後世界情勢はどうなってしまうと思いますか?

出典:EXPRESS
4月の地政学的リスク
2017年4月6日、アメリカ合衆国大統領ドナルド・トランプ氏は、反政府勢力支配地区に化学兵器を使用したシリア政府に制裁を加えるため、シリア空軍基地にトマホーク巡航ミサイル59 …

この記事を見る
FX業者はどこを使っていますか?またその業者のメリットやデメリットはなんですか?

利用している取引業者ですが、私は二つの業者を主力として使っています。ひとつはマネーパートナーズ、もうひとつは外為ジャパンです。

この記事を見る
安倍政権に変わり流れが変わってきましたが、円安の目途はいくらくらいと想定していますか?

米ドル/円のチャートで考えてみます。円高は2011年11月の75.57円で止まりました。そして2012年3月に84.17円まで下げ、同9月に約77円まで戻し、それからほぼ一気に2013年2月の約94.46円まで下落したわ …

ちゃんとチャートを見ながら取引しているのに思うように勝てません。本当にテクニカル分析はFXトレードで役に立つのでしょうか?

FXトレードの勝率を上げるためには、移動平均線やMACDなど取引ツールに実装されているインディケーターを使って市場のトレンドを正確に見極めるスキルが必要です。しかし、きちんと資料を読んでテクニカル分析の技法を勉強している …

この記事を見る
FXは一日に何時間くらいやると利益をだせますか?

別に決まっていません。手法や目標によります。
デイトレやスウィングなどで、1日最低8時間はモニター前に張りついて目を凝らしている専門トレーダーもいれば、システム中心に若干裁量を加味する程度で、モニターをつけていてもあまり …

この記事を見る
口座開設をして最初に取引をするのに資金はどのくらい必要でしょうか?

売買形態や業者によってまちまちです。要するに取引に参加できる最小単位の金額さえあれば取引できるのです。もちろん、資金追加したくなることを見込んで、多少余裕ある資金を最初から準備することもよいでしょう。しかし、その考えでト …