2015/08/04

FX取引はハイリスク・ハイリターンなのですか?

まちがいなくハイリスク・ハイリターンです。ただし、方法によってローリスク・ハイリターンになります。

FXは証拠金取引です。たとえば必要資金の4%の証拠金で取引できるとなると、25倍も実際の手持ち資金より大きな取引ができることになります。仮に20万円手持ち資金があり、3万円で1万通貨単位の取引ができるとすれば、いちどに6ロットまで売り買いできるわけです。

もし米ドル/円がちょうど80円のところで円安を見込んで6ロット買い、円高が進んでもまだまだと我慢し続けていたら、77円まで進んだところで証拠金がなくなり強制決済となる業者がほとんどです。

東日本大震災後の2011年3月17日、ドル/円は1日で80.2円から76.7円まで3.5円程度一気に下がっています。その後当局の介入らしきものがあり、再び79.7円台まで戻しました。その日の朝、もし20万円の資金をもつ人が80.2円で米ドルを3.2万円の証拠金で6ロットも買ってぼんやりしていたら、その日の内に強制決済に遭い、資金は数千円しか残らないことになります。

しかし、最初から6ロットなど買わず、1ロットだけにして1円下のところにストップロスを置いておけば損は1万円だけで済みますし、その日だけでもチャンスを見て損した金額を取り返すことも可能なのです。

          
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 9
    follow us in feedly

  関連記事

この記事を見る
レバレッジの考え方、計算方法を教えてください

レバレッジ(leverage)とはテコの意味です。すなわち、少しの力で重い物を動かすことができることを言います。
トレードのレバレッジとは、証拠金取引のことです。必要資金の一部割合だけ取引所や取引業者にあずけると、その現 …

ストップは必ず入れるようにしているでしょうか。損きりはいくらと決めていますか。

ストップロスについてですが、私はスキャルピングというごく短い時間に利ざやを積み重ねていくような手法を用いていますので、基本的にはストップロスのための逆指値は利用していません。
なぜならば、スキャルピングという取引は相場に …

北朝鮮との戦争勃発を警戒して市場では株安・円高が進んでいますが、今後世界情勢はどうなってしまうと思いますか?

出典:EXPRESS
4月の地政学的リスク
2017年4月6日、アメリカ合衆国大統領ドナルド・トランプ氏は、反政府勢力支配地区に化学兵器を使用したシリア政府に制裁を加えるため、シリア空軍基地にトマホーク巡航ミサイル59 …

どうしても上手く損切りできません。ロスカットのコツを教えてください。

どんなに経験豊富な熟練トレーダーでも、毎回100%正確に相場の値動きを予測できるわけではありません。何度も取引していれば、必ずいつかは予想を外して負けることになります。
負けを回避することが不可能である以上、一回あたりの …

この記事を見る
まったくの初心者ですが、何を覚えると便利に使いこなせますか?

戦略の1例を紹介します。テクニカル指標は大ざっぱに分けると、相場のトレンド(傾向)を示すものと、相場の行きすぎを示すものの2種類に分けられます。
トレンドを示す代表的なものとして移動平均線があります。その計算期間が短すぎ …

この記事を見る
まず何を準備してどのように始めていけばいいでしょうか?

やはりまずは入門書を購入して、何度も読み、FXのしくみを頭に叩き込んだほうがいいでしょう。私は商品先物から相場を始めたのですが、「商品先物取引入門」(米良周 日本経済新聞社、廃刊)という本を5回はくり返して読みました。こ …

この記事を見る
現在の投資法を確立するまでにいくらくらいロスカットしましたか

これはもう忘れてしまうぐらいたくさんロスカットしました(笑)。ロスカットなんてものでなく、「投げ」(手持ち資金をほとんどやられてギブアップ)ということもけっこうやりました。それでもまだ投資を続けているのは、資金管理がある …

この記事を見る
損切り注文(ロスカット)を設定する目安はありますか?

はっきりした目安はありません。自分の資金量やトレード計画、信頼しているテクニカル指標と相談しながら決めていくことになります。

この記事を見る
おおむね何倍までのレバレッジをかけて取引をしていますか。

私は投資効率にも気を使うので、レバレッジはいつも個人投資家が日本でかけられる最大の25倍近くのレバレッジをかけています。こうすることによってFXの持ち味である効率という面を最大限に活かすことができます。

FXを始めるに当たって、お勧めの本などありましたら教えてください。

1冊だけ選ぶとすれば、アレキサンダー・エルダーの「投資苑」(パンローリング)をお勧めします。

投資苑 - 心理・戦略・資金管理
この本は旧ソ連出身で米国に亡命した精神科医兼トレーダーのエルダー博士が、自伝を交えて自家薬 …