2015/08/04

FXの銘柄はいくつくらいありますか?チャートなど勉強したほうがいいのですか?

FXの銘柄はいったい、いくつあるんでしょうか?(笑) 全部数え上げたら相当な数になるでしょうね。日本だけでなく、世界中のあらゆる組み合わせをあげだしたら。ちなみに、FX最大手の外為どっとコムは全部で12銘柄、同じく外為オンラインは全部で24銘柄取引できます。

その中で中心は、やはり日本円と外貨の組み合わせになるでしょう。この場合、円が基準になりますから、損益計算も簡単です。すなわち1万通貨単位なら1円幅で1万円の損益ということです。そしてその中でも世界通貨の米ドル/円、ユーロ/円、そして高いスワップポイントで名高い豪ドル/円、派手な値動きのポンド/円あたりが中心になるでしょう。

チャートやテクニカルはもちろん必須の知識です。これは、相場だけでなく、数学や統計学と関連しますので、勉強していくとなかなか面白いですよ。黄金律とか、標準偏差とか、文系人間には縁のないことばも、チャートやテクニカルを学ぶうちに自然と触れるようになります。

チャートを見て、どこまで押すか、3分の1? 0.618? 半値?…などと冷静に見られるようになれば、少なくとも「損しないトレーダー」と言えるでしょうね。

しっかり勉強して天才トレーダーになろうと思って挫折し、平凡なシステムトレーダーに落ち着くのもよいではないですか。自分の限界を知るのも相場道だと思います。

          
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 9
    follow us in feedly

  関連記事

この記事を見る
普段はどのようなテクニカルを使って取引していますか?テクニカルが通用しない時はどうしますか?

私はテクニカル一本での取引手法なのですが、利用しているのは5分ローソク足と1分ボリンジャーバンドです。スキャルピングを主体とした取引ですので、これ以上間隔の長いチャートは必要ありません。

この記事を見る
最低取引の金額はいくらから始めれられるのですか?

一部の取引業者が行っている特別な単位の取引を除けば、基本的には千通貨取引というのができる限りの最低金額で取引するのに向いているといえます。

FXは土日はできますか?株などと一緒で平日のみですか?

24時間できるFXも、土日は休みです。より正確に言うと、米国が金曜日夕方になる日本の土曜日早朝6時ごろまで行われ、日曜日を挟んで、ニュージーランドが取引を開始する月曜明け方5時ごろまでが休みになります。
また、日本の祝祭 …

この記事を見る
口座開設をして最初に取引をするのに資金はどのくらい必要でしょうか?

売買形態や業者によってまちまちです。要するに取引に参加できる最小単位の金額さえあれば取引できるのです。もちろん、資金追加したくなることを見込んで、多少余裕ある資金を最初から準備することもよいでしょう。しかし、その考えでト …

この記事を見る
FXは一日に何時間くらいやると利益をだせますか?

別に決まっていません。手法や目標によります。
デイトレやスウィングなどで、1日最低8時間はモニター前に張りついて目を凝らしている専門トレーダーもいれば、システム中心に若干裁量を加味する程度で、モニターをつけていてもあまり …

この記事を見る
そもそもFXとは英語で何の略なんでしょうか?

FXはForeignExchangeの略となっていて、これを日本語に訳してみると外国為替証拠金取引といいます。証拠金を担保として取引業者に差し出すことによって、その証拠金よりも大きな金額で為替取引をすることができるように …

この記事を見る
損切り注文(ロスカット)を設定する目安はありますか?

はっきりした目安はありません。自分の資金量やトレード計画、信頼しているテクニカル指標と相談しながら決めていくことになります。

この記事を見る
安倍政権に変わり流れが変わってきましたが、円安の目途はいくらくらいと想定していますか?

米ドル/円のチャートで考えてみます。円高は2011年11月の75.57円で止まりました。そして2012年3月に84.17円まで下げ、同9月に約77円まで戻し、それからほぼ一気に2013年2月の約94.46円まで下落したわ …

FXを始めたばかりですが、何を買えばいいのかさっぱり分かりません。お勧めの通貨ペアを教えてください。

取引ツールを起動すると、画面上にたくさんの通貨ペアの為替レートが表示されます。業者によって取引可能な銘柄数は異なりますが、最近では20種類以上も提供している所が少なくなく、FX初心者にとっては通貨ペア選びの段階で頭を抱え …

この記事を見る
まったくの初心者ですが、何を覚えると便利に使いこなせますか?

戦略の1例を紹介します。テクニカル指標は大ざっぱに分けると、相場のトレンド(傾向)を示すものと、相場の行きすぎを示すものの2種類に分けられます。
トレンドを示す代表的なものとして移動平均線があります。その計算期間が短すぎ …