2015/08/04

FXの銘柄はいくつくらいありますか?チャートなど勉強したほうがいいのですか?

FXの銘柄はいったい、いくつあるんでしょうか?(笑) 全部数え上げたら相当な数になるでしょうね。日本だけでなく、世界中のあらゆる組み合わせをあげだしたら。ちなみに、FX最大手の外為どっとコムは全部で12銘柄、同じく外為オンラインは全部で24銘柄取引できます。

その中で中心は、やはり日本円と外貨の組み合わせになるでしょう。この場合、円が基準になりますから、損益計算も簡単です。すなわち1万通貨単位なら1円幅で1万円の損益ということです。そしてその中でも世界通貨の米ドル/円、ユーロ/円、そして高いスワップポイントで名高い豪ドル/円、派手な値動きのポンド/円あたりが中心になるでしょう。

チャートやテクニカルはもちろん必須の知識です。これは、相場だけでなく、数学や統計学と関連しますので、勉強していくとなかなか面白いですよ。黄金律とか、標準偏差とか、文系人間には縁のないことばも、チャートやテクニカルを学ぶうちに自然と触れるようになります。

チャートを見て、どこまで押すか、3分の1? 0.618? 半値?…などと冷静に見られるようになれば、少なくとも「損しないトレーダー」と言えるでしょうね。

しっかり勉強して天才トレーダーになろうと思って挫折し、平凡なシステムトレーダーに落ち着くのもよいではないですか。自分の限界を知るのも相場道だと思います。

          
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 10
    follow us in feedly

  関連記事

この記事を見る
口座開設をして最初に取引をするのに資金はどのくらい必要でしょうか?

売買形態や業者によってまちまちです。要するに取引に参加できる最小単位の金額さえあれば取引できるのです。もちろん、資金追加したくなることを見込んで、多少余裕ある資金を最初から準備することもよいでしょう。しかし、その考えでト …

デイトレードにお勧めの時間帯を教えてください。

FXは24時間対応のサービスであり、自分の好きなタイミングで取引できる魅力があります。市場の開いている時間帯が限られている株式取引よりも投資効率がよく、非常に短期取引に向いています。
しかし、取引する時間帯によって稼ぎや …

FXは土日はできますか?株などと一緒で平日のみですか?

24時間できるFXも、土日は休みです。より正確に言うと、米国が金曜日夕方になる日本の土曜日早朝6時ごろまで行われ、日曜日を挟んで、ニュージーランドが取引を開始する月曜明け方5時ごろまでが休みになります。
また、日本の祝祭 …

この記事を見る
FXって株や先物取引とどう違うのですか?

FXも、株式市場や商品など先物市場も、同じく相場であり、単にそこから売買差益を得ようとする限り大きな違いはありません。違いは売買対象が違うだけです。そして、我々がふつうに使う多くのネットFX業者は、証拠金取引といって先物 …

この記事を見る
最低取引の金額はいくらから始めれられるのですか?

一部の取引業者が行っている特別な単位の取引を除けば、基本的には千通貨取引というのができる限りの最低金額で取引するのに向いているといえます。

この記事を見る
FXって難しそうですが、株取引などを経験してからやった方がいいのですか?

FXも難しいですが、株もそれ以上に難しいです。ですからどちらか先にすればいいとは言えません。
FXも現物株も、実は共通点があります。どちらも「買い」で入ると何もしなくてももうかる「不労所得」が手にはいるところです。すなわ …

この記事を見る
FX取引はハイリスク・ハイリターンなのですか?

まちがいなくハイリスク・ハイリターンです。ただし、方法によってローリスク・ハイリターンになります。
FXは証拠金取引です。たとえば必要資金の4%の証拠金で取引できるとなると、25倍も実際の手持ち資金より大きな取引ができる …

この記事を見る
そもそもFXとは英語で何の略なんでしょうか?

FXはForeignExchangeの略となっていて、これを日本語に訳してみると外国為替証拠金取引といいます。証拠金を担保として取引業者に差し出すことによって、その証拠金よりも大きな金額で為替取引をすることができるように …

この記事を見る
副業として軌道にのせていくのにどのくらい時間がかかりますか?

これはやり方によります。
副業ということになれば、もちろん一日中(一晩中)相場に張り付いてトレードするわけにはいかないでしょう。使える時間も限られてくるのではないでしょうか。
そうなると、バイナリーオプションや、システム …

この記事を見る
為替レートはどうやって動くのでしょうか。景気が関係していますか?

為替も物価と同じように基本的には需要と供給でレートが決まります。日本円と米ドルとの関係で説明します。