2015/08/07

FXは土日はできますか?株などと一緒で平日のみですか?

24時間できるFXも、土日は休みです。より正確に言うと、米国が金曜日夕方になる日本の土曜日早朝6時ごろまで行われ、日曜日を挟んで、ニュージーランドが取引を開始する月曜明け方5時ごろまでが休みになります。

また、日本の祝祭日は外国と関係がありませんから、国外が平日のときに祝祭日がある場合は取引があります。その点は、日本の取引所で取引している現物株だと日本の祝祭日や年末年始も休みになりますから、FXのほうが休みは圧倒的に少ないです。

取引時間が長く、休日も少ないFXは、他の相場に比べメリット・デメリットどちらが大きいでしょうか?

一般的に考えるなら、メリットが大きいでしょう。平日忙しい勤め人も、FXならいくらでも取引機会があります。のみならず、24時間取引があるということは、指値注文や逆指値注文を利用すれば、ずっと相場を見ていなくてもある程度は取引可能なのです。

しかしそのことがデメリットととれる場合もあります。なにしろ24時間取引チャンスがあるわけですから、いつも相場のことが気になって仕方がなく、夜も眠れないということもあるかもしれません。それが嫌なら、時間を決めてデイトレ、あるいは自動売買を利用するしかないでしょう。

          
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 11
    follow us in feedly

  関連記事

FX取引で大損をしたという話をワイドショーなどで聞いた事がありますが、特別な知識がないと損をするのでしょうか?

FXで損をするかということですが、特別な知識がない状態で相場に望めば間違いなく損をします。大金を得られる可能性があるのですから、その逆に大金を失う可能性もあります。

特別な知識とは何なのかといいますと、それはリスクをコ …

FRBが発表した「バランスシートの縮小」ってどういう意味ですか?マーケットにどんな影響があるんですか?

出典:Reuters
2017年6月のFOMCを振り返って
先週の日本時間6月15日の午前3時頃、FOMC後の政策金利発表が行われ、3月以来の利上げが実施されました。(FFレート:1.00~1.25%)直前に発表された …

FXを始めたばかりですが、何を買えばいいのかさっぱり分かりません。お勧めの通貨ペアを教えてください。

取引ツールを起動すると、画面上にたくさんの通貨ペアの為替レートが表示されます。業者によって取引可能な銘柄数は異なりますが、最近では20種類以上も提供している所が少なくなく、FX初心者にとっては通貨ペア選びの段階で頭を抱え …

FXのお勧め節税方法を教えてください。ふるさと納税というのを利用すれば税金が安くなるのでしょうか?

出典:ふるさと納税ポータルサイト
オンライントレードに課される税金について
株式取引やFXで得た利益は、そのまま全額自分の懐に入るわけではありません。どちらも課税対象の所得であり、一般的に約20%程度の納税が必要になり …

この記事を見る
為替レートはどうやって動くのでしょうか。景気が関係していますか?

為替も物価と同じように基本的には需要と供給でレートが決まります。日本円と米ドルとの関係で説明します。

この記事を見る
FXの口座開設のための書類と時間を教えてください

書類としては運転免許証など身分証明書のコピー以外は何も必要ないでしょう。クレジットカード審査などのように、収入証明書を要求されたり、個人信用情報をチェックされるようなことはまずありません。法律上の規定から、未成年は禁止さ …

この記事を見る
FX取引はハイリスク・ハイリターンなのですか?

まちがいなくハイリスク・ハイリターンです。ただし、方法によってローリスク・ハイリターンになります。
FXは証拠金取引です。たとえば必要資金の4%の証拠金で取引できるとなると、25倍も実際の手持ち資金より大きな取引ができる …

どうしても上手く損切りできません。ロスカットのコツを教えてください。

どんなに経験豊富な熟練トレーダーでも、毎回100%正確に相場の値動きを予測できるわけではありません。何度も取引していれば、必ずいつかは予想を外して負けることになります。
負けを回避することが不可能である以上、一回あたりの …

この記事を見る
ある程度稼いでいくためにはどの位勉強しなければいけませんか?

まさに千差万別といったところでしょう。言い方は悪いかもしれませんが、賢い人なら、まずFX参考書などをしっかり読んで理解し、FXと相場の基本をマスターした上で始め、最初から利益を積み上げていく人もいるかもしれません。逆に相 …

この記事を見る
最低取引の金額はいくらから始めれられるのですか?

一部の取引業者が行っている特別な単位の取引を除けば、基本的には千通貨取引というのができる限りの最低金額で取引するのに向いているといえます。