2015/08/04

損切り注文(ロスカット)を設定する目安はありますか?

はっきりした目安はありません。自分の資金量やトレード計画、信頼しているテクニカル指標と相談しながら決めていくことになります。

たとえば資金量20万円があり、有名なH証券で1万通貨単位、25倍のレバレッジで米ドル/円のトレードをすると仮定して考えます。現在、証拠金37370円が必要です。H証券の強制ロスカットが、この証拠金一杯まで(約3円74銭幅)と設定されています。

あまりすすめませんが、業者が設定した強制ロスカット以外、ロスカットを設けないという方法もあります。ロスカットはあまり厳しすぎると、今度は1トレードの勝率が低くなってなかなか波に乗れませんから。1ロットずつトレードするなら、それでも5回トレードチャンスがあるわけです。証拠金の約半分(1円87銭)でもいいでしょう。それなら10回トレードチャンスがあります。全資金の5%損まで、などと資金量から決める基準もあります。それなら1円幅です。最低でも50銭幅ぐらいは見たほうがいいと思います。

私なら最大のロスカット幅は強制ロスカットまでとして、日足チャートのポイントから50銭幅離れたところにロスカットを設けます。たとえば、81円のところで1ロット買ったとして、前回の底値が80円なら、79円50銭のところにロスカットを置くわけです。移動平均線を基準に置いて、それより50銭離れた位置に置く、などと決めるのもいいでしょう。

          
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 8
    follow us in feedly

  関連記事

この記事を見る
FXに関することで役に立つサイトがあれば教えてもらえますか?

「為替王」というサイトをご存じでしょうか?「職業は外資系金融機関での資産運用業務。仕事内容は、日本を含めた世界の主要国の経済や金利動向を分析して、投資運用を行い利益を上げること」と自己紹介されている為替王さんが、FXを中 …

デイトレードにお勧めの時間帯を教えてください。

FXは24時間対応のサービスであり、自分の好きなタイミングで取引できる魅力があります。市場の開いている時間帯が限られている株式取引よりも投資効率がよく、非常に短期取引に向いています。
しかし、取引する時間帯によって稼ぎや …

この記事を見る
FXは一日に何時間くらいやると利益をだせますか?

別に決まっていません。手法や目標によります。
デイトレやスウィングなどで、1日最低8時間はモニター前に張りついて目を凝らしている専門トレーダーもいれば、システム中心に若干裁量を加味する程度で、モニターをつけていてもあまり …

この記事を見る
為替レートはどうやって動くのでしょうか。景気が関係していますか?

為替も物価と同じように基本的には需要と供給でレートが決まります。日本円と米ドルとの関係で説明します。

ストップは必ず入れるようにしているでしょうか。損きりはいくらと決めていますか。

ストップロスについてですが、私はスキャルピングというごく短い時間に利ざやを積み重ねていくような手法を用いていますので、基本的にはストップロスのための逆指値は利用していません。
なぜならば、スキャルピングという取引は相場に …

この記事を見る
普段はどのようなテクニカルを使って取引していますか?テクニカルが通用しない時はどうしますか?

私はテクニカル一本での取引手法なのですが、利用しているのは5分ローソク足と1分ボリンジャーバンドです。スキャルピングを主体とした取引ですので、これ以上間隔の長いチャートは必要ありません。

この記事を見る
FXって難しそうですが、株取引などを経験してからやった方がいいのですか?

FXも難しいですが、株もそれ以上に難しいです。ですからどちらか先にすればいいとは言えません。
FXも現物株も、実は共通点があります。どちらも「買い」で入ると何もしなくてももうかる「不労所得」が手にはいるところです。すなわ …

この記事を見る
口座開設をして最初に取引をするのに資金はどのくらい必要でしょうか?

売買形態や業者によってまちまちです。要するに取引に参加できる最小単位の金額さえあれば取引できるのです。もちろん、資金追加したくなることを見込んで、多少余裕ある資金を最初から準備することもよいでしょう。しかし、その考えでト …

この記事を見る
FXの口座開設のための書類と時間を教えてください

書類としては運転免許証など身分証明書のコピー以外は何も必要ないでしょう。クレジットカード審査などのように、収入証明書を要求されたり、個人信用情報をチェックされるようなことはまずありません。法律上の規定から、未成年は禁止さ …

この記事を見る
最低取引の金額はいくらから始めれられるのですか?

一部の取引業者が行っている特別な単位の取引を除けば、基本的には千通貨取引というのができる限りの最低金額で取引するのに向いているといえます。