2015/08/04

最低取引の金額はいくらから始めれられるのですか?

一部の取引業者が行っている特別な単位の取引を除けば、基本的には千通貨取引というのができる限りの最低金額で取引するのに向いているといえます。

1ドルが100円という状況で考えてみれば、千通貨取引の場合は4000円程度の初期投資金額が必要になります。しかし、これはあくまでレバレッジを最大限にかけた場合に必要な最低金額ですので、マージンカットという取引業者のシステムがあることを考えれば、それよりもやや大目の金額を入金して取引するのが一般的だといえます。あくまでも個人的な意見になってしまいますが、欲を言えば最低取引金額の十倍の資金、最低でも3倍から5倍の資金を用意しておいた方がいいでしょう。

また、これは当然のことですが自国の通貨の価値が上がれば自国の通貨を使って他国の通貨を購入するのに必要な最低金額は下がっていきます。1ドル100円の時は4000円でも1ドル50円の時は半分の2000円で済むということです。さらにFXのメリットには気軽に投資、効率的な投資というものがありますが、この効率面というメリットについては投資金額が少なければ少ないほどメリットが小さくなっていくということを覚えておくとよいでしょう。

          
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 8
    follow us in feedly

  関連記事

この記事を見る
おおむね何倍までのレバレッジをかけて取引をしていますか。

私は投資効率にも気を使うので、レバレッジはいつも個人投資家が日本でかけられる最大の25倍近くのレバレッジをかけています。こうすることによってFXの持ち味である効率という面を最大限に活かすことができます。

この記事を見る
FX取引はハイリスク・ハイリターンなのですか?

まちがいなくハイリスク・ハイリターンです。ただし、方法によってローリスク・ハイリターンになります。
FXは証拠金取引です。たとえば必要資金の4%の証拠金で取引できるとなると、25倍も実際の手持ち資金より大きな取引ができる …

この記事を見る
FXは一日に何時間くらいやると利益をだせますか?

別に決まっていません。手法や目標によります。
デイトレやスウィングなどで、1日最低8時間はモニター前に張りついて目を凝らしている専門トレーダーもいれば、システム中心に若干裁量を加味する程度で、モニターをつけていてもあまり …

ドル円の軟調が続いていますが、円安トレンドは終わってしまったと思いますか?

出典:WSVA News Talk Radio
就任式終了を受けて
先週末の1月20日(日本時間21日未明)にドナルド・トランプ大統領の就任式が執り行われました。世界中の関係者が注目していた就任演説では、トランプ氏が以 …

この記事を見る
全くの素人ですが、FX取引をしたい場合、何か特別な勉強をしないといけませんか?

FX取引をしたいだけというならば、ごく僅かな知識で取引をすることができます。パソコンでインターネットを利用し行うFX取引の場合はそれぞれの業者のツールが非常に優秀なので、クリックひとつで注文して、クリックひとつで決済をす …

FXは土日はできますか?株などと一緒で平日のみですか?

24時間できるFXも、土日は休みです。より正確に言うと、米国が金曜日夕方になる日本の土曜日早朝6時ごろまで行われ、日曜日を挟んで、ニュージーランドが取引を開始する月曜明け方5時ごろまでが休みになります。
また、日本の祝祭 …

FXを始めたばかりですが、何を買えばいいのかさっぱり分かりません。お勧めの通貨ペアを教えてください。

取引ツールを起動すると、画面上にたくさんの通貨ペアの為替レートが表示されます。業者によって取引可能な銘柄数は異なりますが、最近では20種類以上も提供している所が少なくなく、FX初心者にとっては通貨ペア選びの段階で頭を抱え …

この記事を見る
FXの口座開設のための書類と時間を教えてください

書類としては運転免許証など身分証明書のコピー以外は何も必要ないでしょう。クレジットカード審査などのように、収入証明書を要求されたり、個人信用情報をチェックされるようなことはまずありません。法律上の規定から、未成年は禁止さ …

この記事を見る
初歩的な質問ですが金額は幾らから始められるのでしょうか?

FXには通貨単位というものが存在していて、どの通貨単位を選ぶかによって最低必要な金額が異なってきます。FXの基本通貨単位となるのは一万通貨というものです。この一万通貨というのは円でドルを買う場合で考えた時には最低1万ドル …

この記事を見る
現在の投資法を確立するまでにいくらくらいロスカットしましたか

これはもう忘れてしまうぐらいたくさんロスカットしました(笑)。ロスカットなんてものでなく、「投げ」(手持ち資金をほとんどやられてギブアップ)ということもけっこうやりました。それでもまだ投資を続けているのは、資金管理がある …