2017/12/20

森六ホールディングスのIPO仮条件が公開!想定価格を上回る2,610~2,700円に!

2017年12月1日、東証1部で12月下旬に新規上場を控えている「森六ホールディングス」の仮条件が発表されました。価格は2,610~2,700円。想定価格の2,610円を上回る水準です。ブックビルディング(需要申告)は来週の12月4日からスタートします。

森六ホールディングス
銘柄コード 4249/東証1部
仮条件 2,610~2,700円
公開株式数 公募・122万8000株
売出・268万2000株(OA含む)
申込株数単位 100株単位
ブックビルディング期間 12/4~12/8
売出し価格 2,700円
購入申込期間 12/12~12/15
上場予定日 2017年12月20日
初値:2,975円

森六ホールディングスについて

森六ホールディングスは「未来を先取りする創造力と優れた技術で高い価値を共創し、時を越えて、グローバル社会に貢献します。」を経営理念としている森六グループの持株会社です。グループの管理を行う同社、化学品やプラスチックの販売・輸出入を行っている「森六ケミカルズ」、自動車用樹脂部品の製造・販売を主とする「森六テクノロジー」の2事業会社を含む国内外の連結子会社28社及び持分法適用関連会社1社によりグループを構成。化学の分野において、「商社」と「メーカー」の二つの顔を併せ持っているのが特徴的です。

森六グループの歴史は非常に長く、寛文3年(1663年)に初代森安兵衛氏が阿波徳島で天然藍および藍の肥料を販売したことに始まります。1853年に6代六兵衛信好氏が江戸に本格進出し、関東地区の販売本部「嶋屋」を開設。藍市場の混乱を乗り越え、嶋屋を一躍全国区にのし上げました。

明治42年(1909年)に大阪に支店を開設し、染料・工業薬品・ソーダ類の輸入販売を開始。大正5年(1916年)に総本店森六商店が株式会社になり、平成20年(2008年)に持株会社化に伴い現在の社名に商号変更されました。

初代・森安兵衛氏、二代目・森武兵衛氏、三代目・森平吉氏、四・五代目・嶋屋六兵衛氏、六代目・森六兵衛信好氏、七代目・森六兵衛氏、八・九代目・森六郎氏、十代目・森健二氏、十一代目・森信眞氏、十二代目・森匡介氏、十三代目・森茂氏。2012年に十四代目の三輪繁信氏が社長に就任するまで創業家が歴代の組織のトップを務めてきた世襲企業であり、「森六」という社名も森一族の名に由来しています。

森六グループのビジネスは、産業の近代化の歴史と表裏一体の関係にあります。古くは染料や工業薬品の輸入・販売に始まり、化学工業の発展に伴い塩化ビニールなどの製品群に事業範囲を拡大。9代目の森六郎氏が樹脂の飛び込み営業をしたことを切っ掛けに、当時後発メーカーだったホンダとの取引がスタート。今や世界のHONDAとも呼ばれる大手メーカーにまで成長したホンダの自動車用樹脂部品製造を担っています。

国内にとどまらず、中国・ASEAN・欧州・北米などでもグローバルな事業を展開。先祖代々伝わる「攻めの経営」を基本方針に挙げながら、新しい分野への挑戦努力を堅実に推進しています。

森六ホールディングスの業績

海外の自動車販売数は堅調に推移したものの、円高による売上収益の減少やナフサ価格の下落による商品単価の減少などにより、2017年3月期の業績は前年よりやや落ち込んでいます。2013年に創業350周年を迎えた森六グループは、「Moriroku Innovation 400;400年企業に向けた変革の実現」をスローガンに標榜。個人消費が堅調に推移している米国や中国などを対象としたグローバル事業強化に力を入れています。新規上場で調達した資金をシステム投資等に充てれば、さらなる事業の展開に期待できそうです。

2015年3月期 2016年3月期 2017年3月期
売上高 12億300万円 1722億2400万円 1700億500万円
経常利益 5億8500万円 60億7600万円 59億8500万円
当期利益 2億5200万円 33億2000万円 10億2600万円
純資産 225億3000万円 518億7800万円 535億2300万円

総括

森六ホールディングスのIPOには、業界大手の老舗グループならではの安心感があります。突出した成長性は見られないものの、逆に言えば大崩れしない堅固な経営力が魅力的です。大株主には血族や関係取引先が多く、ベンチャーキャピタルの売り圧力はありません。しかし、やや大型の公開規模、IPOの過密スケジュール、人気化しにくい化学関連銘柄というネガティブ材料には注意が必要です。

主幹事は野村證券。その他、SBI証券、SMBC日興証券、みずほ証券、岡三証券、三菱UFJモルガン・スタンレー証券、むさし証券などでも申し込むことができます。

金熊が断言!IPO投資におすすめのネット証券ランキング

・IPO取扱銘柄の豊富さでNo.1!!
マネックス証券の素晴らしさは色んなIPO銘柄に申込める点です。IPO主幹事になることは少ないですが、新規公開株銘柄の取り扱いはネット証券の中ではピカイチ。しかも抽選方法はIPO株100%全部を1人1票の平等抽選で配分しているので投資実績のない初心者にとってはマネックス証券は外せない。
→ マネックス証券の公式サイトへ
2015年実績   
主幹事数 取扱銘柄 ネット配分・抽選方法
0社 50社 100%・一人一票の平等抽選
公式サイトはこちら

・IPO主幹事が多くて隠れた狙い目の証券会社、それがカブドットコム証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券のグループ会社ということもあり、毎年必ずと言っていいほど多くの新規公開株主幹事証券となるカブドットコム証券。IPO銘柄を狙う人は必ず持っておいて損はない証券口座と言っていいだろう。
→ カブドットコム証券の公式サイトへ
2015年実績   
主幹事数 取扱銘柄 ネット配分・抽選方法
7社 18社 一定割合・一人一票の平等抽選
公式サイトはこちら

・ネット株投資家にとって穴場なのが岡三オンライン証券
IPO株の割当を100%ネット株投資家に配分しているのが岡三オンライン証券だ。IPO株の90%は実績の多い投資家ほど優遇される抽選システムになっているが、10%は取引実績に左右されずに配分される。多少なりとも投資実績のある人にとっては申込むべきネット証券口座だ。
→ 岡三オンライン証券の公式サイトへ
2015年実績   
主幹事数 取扱銘柄 ネット配分・抽選方法
6社 10社 10%以上:一人一票の平等抽選
90%以下:取引実績による優遇抽選
公式サイトはこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 9
    follow us in feedly

  関連記事

シンクロ・フードのIPO仮条件が公開!想定価格を上回る1960~2100円に!

出典:シンクロ・フード 2016年9月8日、東証マザーズで9月下旬に新規上場を控 …

OATアグリオのIPO投資スタンスは地味な業種なので様子見で

出典:OATアグリオ株式会社 東証2部において、「OATアグリオ」(証券コード4 …

PKSHA Technology(パークシャ テクノロジー)のIPO仮条件が公開!想定価格を大幅に上回る1,700~2,400円に!

出典:PKSHA Technology 2017年9月5日、東証マザーズで9月下 …

シー・エス・ランバー(C.S.LUMBER)のIPO仮条件が公開!想定価格と同水準の1,380~1,480円に!

出典:シー・エス・ランバー 2017年10月25日、東証JASDAQスタンダード …

新規上場仮条件
IPOを手に入れるには仮条件の上限を狙わないとだめ!

IPO株を手に入れたいときは、主幹事や引き受け証券会社で口座開設し、抽選を受けな …

インターネット医療人材紹介サービス事業を手掛けるMRTの新規上場!気になる初値は大幅なプラス予想!

東証マザーズにおいて、「MRT」(証券コード6034)のIPO(新規上場)が行わ …

アドベンチャーのIPO投資スタンスは「強気」です!

東証マザーズにおいて、「アドベンチャー」(証券コード6030)のIPO(新規上場 …

テモナのIPO仮条件が公開!想定価格を上回る2,400~2,550円に!

出典:テモナ 2017年3月21日、東証マザーズで4月上旬に上場を控えている「テ …

HANATOUR JAPAN(ハナツアー ジャパン)のIPO仮条件が公開!想定価格を大幅に下回る1,900~2,000円に!

出典:HANATOUR JAPAN 2017年11月27日、東証マザーズで12月 …

アルヒのIPO仮条件が公開!想定価格とほぼ同じ1,150~1,340円に!

出典:アルヒ 2017年11月27日、東証1部で12月中旬に新規上場を控えている …