2017/12/20

オプトランのIPO仮条件が公開!想定価格とほぼ同じ1,420~1,460円に!

2017年12月1日、東証1部で12月下旬に新規上場を控えている「オプトラン」の仮条件が発表されました。価格は1,420~1,460円。想定価格の1,460円とほぼ同水準です。ブックビルディング(需要申告)は来週の12月5日からスタートします。

オプトラン
銘柄コード 6235/東証1部
仮条件 1,420~1,460円
公開株式数 公募・420万株
売出・408万株(OA含む)
申込株数単位 100株単位
ブックビルディング期間 12/5~12/11
売出し価格 1,460円
購入申込期間 12/13~12/18
上場予定日 2017年12月20日
初値:2,436円

オプトランについて

オプトランはデジタル光学の発展に貢献することを標榜し、光学薄膜装置の製造・販売事業を展開している会社です。具体的には、真空成膜装置、周辺機器および真空成膜製品を使用したユニットの製造・販売・輸出入・メンテナンス・コンサルティング業務を行っています。

設立は1999年8月。同社および連結子会社4社・関連会社2社によりグループを構成。OPTORUNという社名は、同社のコア技術である「オプトナノテクノロジーの限界にチャレンジし続ける」という想いに由来しています。

光学薄膜とは、レンズ等の各種光学部品の表面にコーティングを施し、反射防止や赤外線カット等の機能を持たせることを指します。デジタルカメラやプロジェクター等の一般光学部品、スマートフォンやタブレット等のタッチパネル、LED照明、車載カメラ、人体・生物認証センサなど、様々なデバイスに用いられています。

創業から間もない2000年3月に、同社は光通信に必要なDWDM方式のフィルター製造を行う光学薄膜装置開発や100GHzフィルタ試作に成功しました。プロセス技術の一体提供というそれまでの業界常識を一新するような製品提供を実現し、デジタル家電・医療機器等あらゆる業界に応用が拡大。こんにちではオプトランのナノテクノロジーは業界スタンダードとなっています。

エッジフィルタ、帯域フィルタ、ARコーティング等のシフトレス光学フィルタを安定生産するためのイオンビームアシスト蒸着(IAD)式高性能光学薄膜形成装置OTFCシリーズ。電子銃2基を搭載し、多点るつぼとアニュラーハースにより100層を超える積層が可能。しかも自動蒸着制御システムにより、プロセスを全自動化できる利便性があります。その他、汎用型光学薄膜装置(GENER)、反応性プラズマ成膜装置(RPDシリーズ(ITO/AlN))、光学膜用スパッタ成膜装置(NSC-15)など様々な装置を取り揃えています。

業界全体で進む光学薄膜生産拠点のアウトソーシング化に伴い、オプトランはいち早く海外展開に着手。2000年12月には上海に光馳科技(上海)有限公司を設立、2008年には上海宝山第2工場を完成させ、中国内外の顧客のニーズに対応した高品質な部品加工および電気制御盤OEM生産を行っています。

スマートデバイスの世界的普及により、光学薄膜技術は現代社会を支える必要不可欠な存在と言っても過言ではありません。オプトナノテクノロジーによる光学薄膜成膜のプロセスソリューションを提供し続けるオプトランは、これからも高度な技術力で光学薄膜市場を牽引していくことでしょう。

オプトランの業績

スマートフォンや車載カメラの高性能化に伴いスマートフォン向け成膜装置の販売数は増加しましたが、円高などの要因により2016年12月期の業績は前年よりやや落ち込んでいます。とはいえ、スマホやタブレット、LED等の市場規模は堅調に推移しており、光学薄膜技術のニーズが今後も伸びていくこと必至です。2017年12月期は大幅な増収増益見込み。新規上場で調達した資金を短期借入金の返済等に充てれば、さらなる事業の展開に期待できそうです。

2014年12月期 2015年12月期 2016年12月期
売上高 139億円 152億7800万円 149億300万円
経常利益 7億8100万円 21億8900万円 20億3000万円
当期利益 4億6300万円 14億8500万円 14億6700万円
純資産 66億9700万円 98億2300万円 106億3400万円

総括

オプトランのIPOは現代社会に根ざした事業を展開しており、大いに将来性を感じます。あらゆるデジタル家電に応用がきくテクノロジーなので、特定の商品の人気が低迷しても業績が急激に悪化するリスクが低いのも魅力的です。公開規模がやや大型なため需給面での大幅な初値上昇はイメージしづらいものの、大株主に90日間・1.5倍のロックアップがかかっていて気軽に買える安心感があります。ある程度長期的な視点で投資してみるのも一興です。

主幹事は大和証券。その他、SBI証券、野村證券、みずほ証券、岡三証券、三菱UFJモルガン・スタンレー証券、むさし証券などでも申し込むことができます。

金熊が断言!IPO投資におすすめのネット証券ランキング

・IPO取扱銘柄の豊富さでNo.1!!
マネックス証券の素晴らしさは色んなIPO銘柄に申込める点です。IPO主幹事になることは少ないですが、新規公開株銘柄の取り扱いはネット証券の中ではピカイチ。しかも抽選方法はIPO株100%全部を1人1票の平等抽選で配分しているので投資実績のない初心者にとってはマネックス証券は外せない。
→ マネックス証券の公式サイトへ
2015年実績   
主幹事数 取扱銘柄 ネット配分・抽選方法
0社 50社 100%・一人一票の平等抽選
公式サイトはこちら

・IPO主幹事が多くて隠れた狙い目の証券会社、それがカブドットコム証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券のグループ会社ということもあり、毎年必ずと言っていいほど多くの新規公開株主幹事証券となるカブドットコム証券。IPO銘柄を狙う人は必ず持っておいて損はない証券口座と言っていいだろう。
→ カブドットコム証券の公式サイトへ
2015年実績   
主幹事数 取扱銘柄 ネット配分・抽選方法
7社 18社 一定割合・一人一票の平等抽選
公式サイトはこちら

・ネット株投資家にとって穴場なのが岡三オンライン証券
IPO株の割当を100%ネット株投資家に配分しているのが岡三オンライン証券だ。IPO株の90%は実績の多い投資家ほど優遇される抽選システムになっているが、10%は取引実績に左右されずに配分される。多少なりとも投資実績のある人にとっては申込むべきネット証券口座だ。
→ 岡三オンライン証券の公式サイトへ
2015年実績   
主幹事数 取扱銘柄 ネット配分・抽選方法
6社 10社 10%以上:一人一票の平等抽選
90%以下:取引実績による優遇抽選
公式サイトはこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 9
    follow us in feedly

  関連記事

セラクのIPO仮条件が公開!想定価格をやや上回る1360~1500円に!

出典:セラク 2016年6月15日、東証マザーズで7月上旬に新規上場を控えている …

ソウルドアウトのIPO仮条件が公開!想定価格を上回る1,080~1,200円に!

出典:ソウルドアウト 2017年6月21日、東証マザーズで7月中旬に新規上場を控 …

マクロミルのIPO仮条件が公開!ほぼ想定価格通りの1,900~2,100円に!

出典:マクロミル 2017年3月6日、東証で3月下旬に上場を控えている「マクロミ …

大阪油化工業のIPO仮条件が公開!想定価格を若干上回る1,830~1,860円に!

出典:大阪油化工業 2017年9月15日、東証JASDAQスタンダードで10月上 …

ジャパンインベストメントのIPO初値予測!やや強気での投資スタンスを推奨

出典:株式会社ジャパンインベストメントアドバイザー 東証マザーズにおいて、「ジャ …

VOYAGE GROUPのIPO初値は強気予想!ECナビの運営や成長著しいアドテク分野で強み

出典:株式会社VOYAGE GROUP 東証マザーズにおいて、「VOYAGE G …

シャノンのIPO仮条件が公開!ほぼ想定価格通りの1,300~1,500円に!

出典:シャノン 2017年1月10日、東証マザーズで1月下旬に新規上場を控えてい …

フィル・カンパニーのIPO仮条件が公開!想定価格をやや上回る1190~1310円に!

出典:フィル・カンパニー 2016年10月28日、東証マザーズで11月中旬に新規 …

OATアグリオのIPO投資スタンスは地味な業種なので様子見で

出典:OATアグリオ株式会社 東証2部において、「OATアグリオ」(証券コード4 …

マーケティングソリューション事業ALBERT(アルベルト)のIPOは大幅なプラスリターンを予想!!

東証マザーズにおいて、「ALBERT(アルベルト)」(証券コード3906)のIP …