2017/12/20

みらいワークスのIPO仮条件が公開!想定価格を大幅に上回る1,700~1,840円に!

2017年11月29日、東証マザーズで12月中旬に新規上場を控えている「みらいワークス」の仮条件が発表されました。価格は1,700~1,840円。想定価格の1,590円を大幅に上回る水準です。ブックビルディング(需要申告)は明後日の12月1日からスタートします。

みらいワークス
銘柄コード 6563/東証マザーズ
仮条件 1,700~1,840円
公開株式数 公募・17万株
売出・6万9600株(OA含む)
申込株数単位 100株単位
ブックビルディング期間 12/1~12/7
売出し価格 1,840円
購入申込期間 12/12~12/15
上場予定日 2017年12月19日
初値:6,080円

みらいワークスについて

みらいワークスは「日本のみらいのために挑戦する人を増やす」という経営理念のもと、プロフェッショナル人材向けサービス事業を展開している会社です。具体的には、コンサルタントのビジネスマッチングサービス「FreeConsultant.jp」の運営等を行っています。設立は2012年3月。「人々のみらいを作る会社になりたい。」という創業時の想いが社名の由来となっています。

みらいワークスの推進しているプロフェッショナル人材向けサービス事業とは、顧客企業と同社で業務委託または人材派遣の契約を締結し、その業務を同社に登録しているプロフェッショナル人材へ再委託あるいは同社で有期雇用して顧客企業へ人材派遣を行う事業のことです。顧客企業からの依頼には、基幹システム開発、戦略策定、PMO、IT、業務改善コンサルティング等の案件が多く、人月単価が100万円を超えるハイスペック層の個人に特化したサービスを提供しているのが特徴的です。

国内における労働人口が減少傾向にある中、フリーランスとして活動する独立コンサルタントが増加しています。そこでみらいワークスは「企業に雇用されない新しい働き方」を拡張するため、様々なプラットフォームを開発・提供しています。

フリーランスのコンサルタント向けポータルサイト「FreeConsultant.jp」、フィンテックコンサルタント向けプラットフォーム「FintechConsultant.jp」、転職希望のコンサルタント向けキャリアプランニングサポートサイト「ConsulNext.jp」。いずれも多くの利用者から好評を博しており、主力事業である「FreeConsultant.jp」に登録しているフリーランスのコンサルタントは2017年11月時点で5,900名を突破、600社以上の法人が案件を獲得するほどの国内最大級マッチングサービスとなっています。

個人にとっては時間や規則に縛られることなく新たな挑戦の場を増やすことができ、法人にとっては高額になりがちなコンサルティングコストを軽減しつつプロフェッショナル人材を登用できるメリットがあり、双方にとってwin-winの関係を築くことが可能。みらいワークスのビジネスマッチングサービスは、低迷を続ける日本経済の再活性化促進に大きく寄与してくれることでしょう。

みらいワークスの業績

新規開拓営業強化が功を奏し、FreeConsultant.jpを中心にFintechConsultant.jpやConsulNext.jpの利用者数が増加。売上高や当期利益が安定して右肩上がりに伸びています。2015年9月期に赤字転落した経常利益もしっかり黒字転換。2017年9月期も大幅な増収増益見込みであり、業績の成長性は申し分ありません。新規上場で調達した資金を人材育成費やソフトウエア開発費等に充てれば、さらなる事業の展開に期待できそうです。

2014年9月期 2015年9月期 2016年9月期
売上高 12億6400万円 15億4300万円 17億500万円
経常利益 3900万円 -400万円 6200万円
当期利益 2800万円 800万円 4400万円
純資産 5800万円 6600万円 1億1000万円

総括

みらいワークスのIPOは将来性に長けたビジネスモデルと安定した業績が魅力的です。フリーランス人口が1,100万人を超え、ネット上を活動の場に選ぶ方々は今後も増えていくと予想されます。公開規模も非常に小型で、需給面で大幅な初値高騰に期待できます。大株主には90日間・1.5倍のロックアップ。ベンチャーキャピタルの保有株率も微々たるものです。当選を祈りながら申込ボタンを押しましょう。

主幹事はSBI証券。その他、松井証券マネックス証券、みずほ証券、岡三証券、岩井コスモ証券、東洋証券、SMBCフレンド証券、藍澤證券、極東証券などでも申し込むことができます。

金熊が断言!IPO投資におすすめのネット証券ランキング

・IPO取扱銘柄の豊富さでNo.1!!
マネックス証券の素晴らしさは色んなIPO銘柄に申込める点です。IPO主幹事になることは少ないですが、新規公開株銘柄の取り扱いはネット証券の中ではピカイチ。しかも抽選方法はIPO株100%全部を1人1票の平等抽選で配分しているので投資実績のない初心者にとってはマネックス証券は外せない。
→ マネックス証券の公式サイトへ
2015年実績   
主幹事数 取扱銘柄 ネット配分・抽選方法
0社 50社 100%・一人一票の平等抽選
公式サイトはこちら

・IPO主幹事が多くて隠れた狙い目の証券会社、それがカブドットコム証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券のグループ会社ということもあり、毎年必ずと言っていいほど多くの新規公開株主幹事証券となるカブドットコム証券。IPO銘柄を狙う人は必ず持っておいて損はない証券口座と言っていいだろう。
→ カブドットコム証券の公式サイトへ
2015年実績   
主幹事数 取扱銘柄 ネット配分・抽選方法
7社 18社 一定割合・一人一票の平等抽選
公式サイトはこちら

・ネット株投資家にとって穴場なのが岡三オンライン証券
IPO株の割当を100%ネット株投資家に配分しているのが岡三オンライン証券だ。IPO株の90%は実績の多い投資家ほど優遇される抽選システムになっているが、10%は取引実績に左右されずに配分される。多少なりとも投資実績のある人にとっては申込むべきネット証券口座だ。
→ 岡三オンライン証券の公式サイトへ
2015年実績   
主幹事数 取扱銘柄 ネット配分・抽選方法
6社 10社 10%以上:一人一票の平等抽選
90%以下:取引実績による優遇抽選
公式サイトはこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 9
    follow us in feedly

  関連記事

9月に上場したIPO(新規公開株)の公募価格・初値・現在価格まとめ!

2016年9月に新規上場した11種類のIPOの日程・公募価格・初値・現在価格等の …

ZMPのIPO仮条件が公開!想定価格を大幅に上回る760~1040円に!

出典:ZMP 2016年11月29日、東証マザーズで12月中旬に新規上場を控えて …

ジャパンインベストメントのIPO初値予測!やや強気での投資スタンスを推奨

出典:株式会社ジャパンインベストメントアドバイザー 東証マザーズにおいて、「ジャ …

コンテンツ配信・インターネット通信事業を手掛けるU-NEXTが新規上場!成長性の高さで期待大!?

東証マザーズにおいて、「U-NEXT(ユーネクスト)」(証券コード9418)のI …

IPOに本当に危険性は存在しないのか、と言われると・・・

IPOをなんとか抽選で手に入れたら、そのときは必ず儲かるのでしょうか。そう訊かれ …

ポエックのIPO仮条件が公開!想定価格を上回る670~750円に!

出典:ポエック 2017年11月8日、東証JASDAQスタンダードで11月下旬に …

セラクのIPO仮条件が公開!想定価格をやや上回る1360~1500円に!

出典:セラク 2016年6月15日、東証マザーズで7月上旬に新規上場を控えている …

「ほねつぎ」運営の(株)アトラが新規上場!初値リターンの期待大!?

東証マザーズにおいて、「アトラ」(証券コード6029)のIPO(新規上場)が行わ …

UUUM(ウーム)のIPO仮条件が公開!想定価格を上回る1,880~2,050円に!

出典:UUUM 2017年8月10日、東証マザーズで8月下旬に新規上場を控えてい …

はてなのIPO仮条件が公開!想定価格を上回る700~800円に!

出典:はてな 2016年2月5日、東証マザーズで2月下旬に新規上場を控えている「 …