2017/12/18

イオレのIPO仮条件が公開!想定価格を上回る1,750~1,890円に!

出典:イオレ

2017年11月27日、東証マザーズで12月中旬に新規上場を控えている「イオレ」の仮条件が発表されました。価格は1,750~1,890円。想定価格の1,780円を上回る水準です。ブックビルディング(需要申告)は明後日の11月29日からスタートします。

イオレ
銘柄コード 2334/東証マザーズ
仮条件 1,750~1,890円
公開株式数 公募・14万株
売出・15万3200株(OA含む)
申込株数単位 100株単位
ブックビルディング期間 11/29~12/5
売出し価格 1,890円
購入申込期間 12/8~12/13
上場予定日 2017年12月15日
初値:5,100円

イオレについて

イオレは「新しいテクノロジーを駆使し、今までになかった新しい便利、新しいよろこびを創り出し、世の中を応援し、社会に貢献してゆく」という経営理念を掲げ、PC・スマートフォン向けの各種情報提供サービスを展開している会社です。設立は2001年4月。とあるサッカー少年団の連絡ツール開発からスタートしました。社名のイオレは、サッカーの試合中にサポーターが叫ぶ「オーレ」という応援の掛け声に由来しています。「新しいデジタルテクノロジーを使って世の中の人たちを応援したい」という想いから、E+OLE→EOLE(イオレ)という社名になりました。

イオレの中心的事業となっている「らくらく連絡網」は、団体やグループでの活動時に必要な出欠確認・日程調整・アンケート・安否確認等を、メールの一斉送信で簡単に行うことができる無料のグループコミュニケーション支援サービスです。Excel、Word、PDFなど様々な形式のファイルをサポートしており、会議の資料を送信したり集合場所を地図で確認したりすることも可能。感覚的に操作できる簡単設計になっており、かわいらしいオリジナルキャラスタンプも大好評です。

サークルや部活動、幼稚園やPTAの連絡など幅広いシーンに対応しており、2017年9月時点でアプリ会員数は138万人、およそ38万団体、670万人もの方々が利用しています。実に、大学生の4人に1人がらくらく連絡網を使っている計算になります。らくらく連絡網の無料版からは広告収入を、有料版からは利用料収入を受領しています。

「pinpoint」は、イオレが保有している2,000万以上のユーザー情報を活用した広告配信サービス。DMP(Data Management Platform)を用いて、性別、年齢、居住地域、職業、家族構成、趣味など細かい属性まで参照し、そのユーザーが真に興味を持ちそうな広告のみをWebサイトやSNS上で配信。文字通り、広告先企業にとってピンポイントの宣伝効果を実現します。

その他、大学生に特化したアルバイト求人情報提供サイト「ガクバアルバイト」や、求人案件を一括検索・一括比較できる総合求人ポータルサイト「らくらくアルバイト」など、人材サービスも展開しています。膨大な情報量とオシャレな特集ページが魅力的。利便性と遊び心に満ちたサービスに定評があります。

イオレの業績

スマートフォンの普及により、スマホユーザー同士で利用できるコミュニケーションツールの人気が高まっています。らくらく連絡網のユーザー数が右肩上がりに伸びており、pinpoint DMPを活用したLINEでの広告配信開始によりpinpointの売上も堅調に推移。一時赤字に転落した当期利益も黒字化しており、業績は安定しています。今やスマートフォンの世帯保有率は70%を超えており、スマホ向け広告事業の将来性は抜群。新規上場で調達した資金をシステム開発や人材採用費等に充てれば、さらなる事業の展開に期待できそうです。

2015年3月期 2016年3月期 2017年3月期
売上高 7億7300万円 9億5000万円 11億5800万円
経常利益 1100万円 1500万円 1億1200万円
当期利益 900万円 -1億6000万円 1億2800万円
純資産 2億5100万円 1億9100万円 3億1900万円

総括

イオレのIPOはマザーズで人気化しやすいネット関連銘柄であり、しかも当選本数が非常に少ないので需給面で大幅な初値高騰を期待できます。大株主には90日間のロックアップ。ベンチャーキャピタルの売り圧力の懸念もありません。業界大手のSBI証券が主幹事を務めるのも好材料。これはもう、当選を祈って速攻で申し込む以外選択肢は無いでしょう。

主幹事はSBI証券。その他、マネックス証券、SMBC日興証券、みずほ証券、岩井コスモ証券、東洋証券、むさし証券、藍澤證券、極東証券などでも申し込むことができます。

金熊が断言!IPO投資におすすめのネット証券ランキング

・IPO取扱銘柄の豊富さでNo.1!!
マネックス証券の素晴らしさは色んなIPO銘柄に申込める点です。IPO主幹事になることは少ないですが、新規公開株銘柄の取り扱いはネット証券の中ではピカイチ。しかも抽選方法はIPO株100%全部を1人1票の平等抽選で配分しているので投資実績のない初心者にとってはマネックス証券は外せない。
→ マネックス証券の公式サイトへ
2015年実績   
主幹事数 取扱銘柄 ネット配分・抽選方法
0社 50社 100%・一人一票の平等抽選
公式サイトはこちら

・IPO主幹事が多くて隠れた狙い目の証券会社、それがカブドットコム証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券のグループ会社ということもあり、毎年必ずと言っていいほど多くの新規公開株主幹事証券となるカブドットコム証券。IPO銘柄を狙う人は必ず持っておいて損はない証券口座と言っていいだろう。
→ カブドットコム証券の公式サイトへ
2015年実績   
主幹事数 取扱銘柄 ネット配分・抽選方法
7社 18社 一定割合・一人一票の平等抽選
公式サイトはこちら

・ネット株投資家にとって穴場なのが岡三オンライン証券
IPO株の割当を100%ネット株投資家に配分しているのが岡三オンライン証券だ。IPO株の90%は実績の多い投資家ほど優遇される抽選システムになっているが、10%は取引実績に左右されずに配分される。多少なりとも投資実績のある人にとっては申込むべきネット証券口座だ。
→ 岡三オンライン証券の公式サイトへ
2015年実績   
主幹事数 取扱銘柄 ネット配分・抽選方法
6社 10社 10%以上:一人一票の平等抽選
90%以下:取引実績による優遇抽選
公式サイトはこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 9
    follow us in feedly

  関連記事

アトリエはるかのIPO仮条件が公開!ほぼ想定価格通りの1,250~1,400円に!

出典:アトリエはるか 2017年11月15日、名証セントレックスで12月上旬に新 …

グローバルウェイのIPO仮条件が公開!想定価格を上回る2760~2960円に!

出典:グローバルウェイ 2016年3月31日、東証マザーズで4月中旬に新規上場を …

ロードスターキャピタルのIPO仮条件が公開!想定価格を下回る1,640~1,820円に!

出典:ロードスターキャピタル 2017年9月8日、東証マザーズで9月下旬に新規上 …

ティビィシィ・スキヤツト(TBCSCAT)のIPO仮条件が公開!ほぼ想定価格通りの1,300~1,400円に!

出典:ティビィシィ・スキヤツト 2016年12月5日、JASDAQスタンダードで …

IPOに本当に危険性は存在しないのか、と言われると・・・

IPOをなんとか抽選で手に入れたら、そのときは必ず儲かるのでしょうか。そう訊かれ …

SKIYAKI(すきやき)のIPO仮条件が公開!想定価格とほぼ同水準の3,200~3,400円に!

出典:SKIYAKI 2017年10月5日、東証マザーズで10月下旬に新規上場を …

介護医療関連分野の事業を展開するエランが新規上場!徹底分析しました!

東証マザーズにおいて、「エラン」(証券コード6099)のIPO(新規上場)が行わ …

マクロミルのIPO仮条件が公開!ほぼ想定価格通りの1,900~2,100円に!

出典:マクロミル 2017年3月6日、東証で3月下旬に上場を控えている「マクロミ …

ミズホメディーのIPO仮条件が公開!想定価格を上回る980~1100円に!

出典:ミズホメディー 2015年11月26日、JASDAQスタンダードで12月中 …

コマース事業・プラットフォーム事業のHamee(ハミィ)のIPO、初値はプラスリターンと予想!

東証マザーズにおいて、「Hamee(ハミィ)」(証券コード3134)のIPO(新 …