2017/12/15

エル・ティー・エスのIPO仮条件が公開!想定価格を上回る630~680円に!

2017年11月27日、東証マザーズで12月中旬に新規上場を控えている「エル・ティー・エス」の仮条件が発表されました。価格は630~680円。想定価格の630円を上回る水準です。ブックビルディング(需要申告)は明後日の11月29日からスタートします。

エル・ティー・エス
銘柄コード 6560/東証マザーズ
仮条件 630~680円
公開株式数 公募・50万株
売出・24万7500株(OA含む)
申込株数単位 100株単位
ブックビルディング期間 11/29~12/5
売出し価格 680円
購入申込期間 12/7~12/12
上場予定日 2017年12月14日
初値:2,810円

エル・ティー・エスについて

エル・ティー・エスは「お客様の成長に貢献する」をコンセプトに掲げ、顧客企業のビジネスを変革・成長させるサービスを展開している会社です。設立は2002年3月。同社および連結子会社2社でグループを構成。エル・ティー・エスの社名は”Learning Technology Solutions”の略で、課題解決のためには何よりも「学ぶこと」が大切であるという社訓に由来しています。

主幹事業であるプロフェッショナルサービス事業は、顧客サイドに立って現場変革を支援するサービスです。クライアントの事業構造をビジネスプロセスとして可視化し、プロセス改善に必要な手法を立案。実行支援やビジネスプロセスの定常的な管理に必要な組織・人材を育成する一連の取り組みまでしっかりサポート。ビジネスプロセスマネジメントやコンサルティングを通じて、顧客企業の発展を推進します。また、顧客の業務遂行に最適なテクノロジー活用手法の策定にも関与。RPA(ロボットによる業務自動化)やAI(人工知能)といった高度なデジタル活用サービスも提供しています。

プラットフォーム事業では、人と企業をつなげる日本最大級のITビジネスコミュニティ「assign navi(アサインナビ)」を運営しています。IT人材とITプロジェクトに取り組む顧客企業が低コストでスピーディーに交流を図れるプロフェッショナルクラウドソーシングの場を提供することで、企業のIT人材不足解消を実現します。2017年9月時点で法人が2,500社以上、個人ユーザーが2,600名以上登録しており、仕事依頼総額が1,000億円を突破しているほどの人気振りです。

社会人の働き方が大きく様変わりしている現代、企業が継続的に成長していくためには外部のリソース活用や高度なテクノロジー導入による生産性向上が不可欠。現場目線で顧客企業にとって最適な課題解決手段を提供してくれるエル・ティー・エスのサービスは、今後も様々な業界で重宝されていくことでしょう。

エル・ティー・エスの業績

クラウドやビッグデータ、Fintech、IoT、AIなど、デジタル技術が急速に発達している現代、各企業のIT投資費は増大傾向にあり、エル・ティー・エスのプロフェッショナルサービス事業も堅調に売上を伸ばしています。その一方、プラットフォーム事業では安定的な事業基盤構築を目指して投資先行が続いており、2016年12月期の当期利益は赤字転落しています。とはいえ、これは特別損失を計上したことに起因しており、事業の業績自体は黒字を続けているので特に問題視する必要はありません。新規上場で調達した資金を新規機能開発の外注費や本社オフィス移転時の内装費等に充てれば、さらなる事業の展開に期待できそうです。

2014年12月期 2015年12月期 2016年12月期
売上高 14億7500万円 18億9700万円 19億7600万円
経常利益 1億3900万円 1億100万円 1100万円
当期利益 8100万円 6300万円 -1億4400万円
純資産 7億4600万円 7億6900万円 5億1100万円

総括

エル・ティー・エスのIPOはマザーズで人気化しやすいネット関連銘柄であり、クラウドやAIなど最先端のテクノロジーを取り扱っているビジネスモデルも投資家の関心を集めそうです。公開規模も比較的小型なので、需給面で初値を大きく押し上げるでしょう。10%前後保有しているベンチャーキャピタルの存在が気にはなりますが、90日間・1.5倍のロックアップがかかっています。過密スケジュールの中でも特に注目すべきIPOと言えるのではないでしょうか。

主幹事は大和証券。その他、SBI証券マネックス証券、SMBC日興証券、岩井コスモ証券、いちよし証券、藍澤證券、エース証券などでも申し込むことができます。

金熊が断言!IPO投資におすすめのネット証券ランキング

・IPO取扱銘柄の豊富さでNo.1!!
マネックス証券の素晴らしさは色んなIPO銘柄に申込める点です。IPO主幹事になることは少ないですが、新規公開株銘柄の取り扱いはネット証券の中ではピカイチ。しかも抽選方法はIPO株100%全部を1人1票の平等抽選で配分しているので投資実績のない初心者にとってはマネックス証券は外せない。
→ マネックス証券の公式サイトへ
2015年実績   
主幹事数 取扱銘柄 ネット配分・抽選方法
0社 50社 100%・一人一票の平等抽選
公式サイトはこちら

・IPO主幹事が多くて隠れた狙い目の証券会社、それがカブドットコム証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券のグループ会社ということもあり、毎年必ずと言っていいほど多くの新規公開株主幹事証券となるカブドットコム証券。IPO銘柄を狙う人は必ず持っておいて損はない証券口座と言っていいだろう。
→ カブドットコム証券の公式サイトへ
2015年実績   
主幹事数 取扱銘柄 ネット配分・抽選方法
7社 18社 一定割合・一人一票の平等抽選
公式サイトはこちら

・ネット株投資家にとって穴場なのが岡三オンライン証券
IPO株の割当を100%ネット株投資家に配分しているのが岡三オンライン証券だ。IPO株の90%は実績の多い投資家ほど優遇される抽選システムになっているが、10%は取引実績に左右されずに配分される。多少なりとも投資実績のある人にとっては申込むべきネット証券口座だ。
→ 岡三オンライン証券の公式サイトへ
2015年実績   
主幹事数 取扱銘柄 ネット配分・抽選方法
6社 10社 10%以上:一人一票の平等抽選
90%以下:取引実績による優遇抽選
公式サイトはこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 11
    follow us in feedly

  関連記事

9月に上場したIPO(新規公開株)の公募価格・初値・現在価格まとめ!

2016年9月に新規上場した11種類のIPOの日程・公募価格・初値・現在価格等の市況データをまとめてみました。はたして今月はどんな銘柄が初値高騰したのか?推移を検証して今後の予想に役立てましょう。

銘柄名
銘柄コー …

MS&ConsultingのIPO仮条件が公開!想定価格とほぼ同水準の1,150~1,280円に!

出典:MS&Consulting
2017年9月19日、東証マザーズで10月上旬に新規上場を控えている「MS&Consulting」の仮条件が発表されました。価格は1,150~1,280円。想定価格の1 …

シー・エス・ランバー(C.S.LUMBER)のIPO仮条件が公開!想定価格と同水準の1,380~1,480円に!

出典:シー・エス・ランバー
2017年10月25日、東証JASDAQスタンダードで11月中旬に新規上場を控えている「シー・エス・ランバー」の仮条件が発表されました。価格は1,380~1,480円。想定価格の1,480円 …

日米同時株式上場!LINEのIPO仮条件が公開!ほぼ想定価格通りの2700~3200円に!

出典:LINE
2016年6月28日、東証で7月中旬に新規上場を控えている「LINE」の仮条件が発表されました。価格は2700~3200円。想定価格の2800円とほぼ同水準です。ブックビルディング(需要申告)は明日の6 …

マーケティングソリューション事業ALBERT(アルベルト)のIPOは大幅なプラスリターンを予想!!

東証マザーズにおいて、「ALBERT(アルベルト)」(証券コード3906)のIPO(新規上場)が行われます。

想定価格は2350円、仮条件は2600円から2800円、ブックビルディング期間は2月2日(月)から2月6日( …

自動車関連サービス事業のマークラインズが新規上場!初値は大幅プラスの期待大!

東証JASDAQスタンダードにおいて、「マークラインズ」(証券コード3901)のIPO(新規上場)が行われます。

想定価格は1800円、仮条件は1780円から1980円、ブックビルディング期間は12月1日(月)から12 …

投資運用事業ファーストブラザーズのIPO,初値はプラスリターンとなるのか。

東証マザーズにおいて、「ファーストブラザーズ」(証券コード3905)のIPO(新規上場)が行われます。

想定価格は2490円、仮条件は1920円から2040円、ブックビルディング期間は1月30日(金)から2月5日(木) …

パートナーエージェントのIPO仮条件が公開!想定価格を上回る1160~1260円に!

出典:パートナーエージェント
2015年10月8日、東証マザーズで10月下旬に新規上場を控えている「パートナーエージェント」の仮条件が発表されました。価格は1160~1260円。想定価格の1160円をやや上回る水準です …

オプトランのIPO仮条件が公開!想定価格とほぼ同じ1,420~1,460円に!

出典:オプトラン
2017年12月1日、東証1部で12月下旬に新規上場を控えている「オプトラン」の仮条件が発表されました。価格は1,420~1,460円。想定価格の1,460円とほぼ同水準です。ブックビルディング(需要 …

10月に上場したIPO(新規公開株)の公募価格・初値・現在価格まとめ!公募価格比100%オーバーの初値高騰を見せたのはSKIYAKI一社のみ!

2017年10月に新規上場した8種類のIPOの日程・公募価格・初値・現在価格等の最新市況データ情報をまとめてみました。はたして今月はどんな銘柄が初値高騰したのか?推移を検証して今後の予想に役立てましょう。

銘柄名