2017/12/14

アルヒのIPO仮条件が公開!想定価格とほぼ同じ1,150~1,340円に!

出典:アルヒ

2017年11月27日、東証1部で12月中旬に新規上場を控えている「アルヒ」の仮条件が発表されました。価格は1,150~1,340円。想定価格の1,340円とほぼ同水準です。ブックビルディング(需要申告)は明日の11月28日からスタートします。

アルヒ
銘柄コード 7198/東証1部
仮条件 1,150~1,340円
公開株式数 公募・0株
売出・1912万2800株(OA含む)
国内販売株数:1082万4200株
海外販売株数:721万6100株
申込株数単位 100株単位
ブックビルディング期間 11/28~12/4
売出し価格 1,300円
購入申込期間 12/7~12/12
上場予定日 2017年12月14日
初値:1,270円

アルヒについて

アルヒは住宅ローンの貸し付けおよび回収を行うモーゲージバンク事業を展開している会社です。2014年5月に設立されたCSMホールディングスがSBIモーゲージを買収。翌年に商号がアルヒグループとなり、2017年7月に現社名に商号変更されました。同社および子会社であるアルヒマーケティングの2社でグループを構成。社名の「アルヒ」には、同社の住宅ローン商品を通して顧客にとってかけがえのない「ある日」を最高のものにしたいという想いが込められています。

主幹事業である融資実行業務では、フラット35(返済期間が最長35年の長期固定金利型住宅ローン商品)を中心とした様々な住宅ローン商品を顧客に対して提供しています。同社が融資した際に受領するオリジネーション・フィー売上が主な収入となっており、主な費用はFC運営法人に支払う手数料が費用として計上されます。

債権管理回収業務では、同社が実行した住宅ローン債権について、住宅金融支援機構や信託銀行などの金融機関から委託を受けて債権の管理・回収業務を行っています。住宅金融支援機構等から受領するサービシング・フィーが主な収益であり、住宅ローンの債権譲渡により会計上認識される回収サービス資産は期中回収分をサービシング・フィー売上に含めています。

ファイナンス業務では、住宅ローンの融資実行により発生した貸付債権を対象に、債権流動化・証券化を実施することで資金調達を行っています。債権譲渡時に発生する貸付債権流動化関連収益および同社で保有している貸付債権から発生する利息収入等が主な収入となります。

住宅建設費や住宅購入価格の10割以下までの借入に対応した 「ARUHIフラット35」、住宅購入価格の2割を手持ち金とすることで、ARUHIフラット35より低金利で利用できる「ARUHIスーパーフラット8」など多彩な住宅ローン商品を提供。また、FC店舗だけでなく「ARUHIダイレクト」を通したWeb販売チャネルも展開しており、来店することなくインターネット上で住宅ローンの事前審査や借換の申し込み、本申し込みから融資実行まで手続きを完結できる強みもあります。

アルヒの業績

不動産業界では新設住宅着工戸数が増加傾向にあり、またマイナス金利政策を契機とした市場金利の低下を背景に貸出金利の低下が進み、フラット35の新規借入需要が堅調に推移。売上高や当期利益等が安定的に伸びています。単に融資や債券の回収を行うだけでなく、ITを最大限に駆使した住宅ローンサービスを展開している点で他の金融業者と一線を画しています。フラット35のような固定型ではなく変動金利型の住宅ローン市場への参入も課題として挙げており、今後の躍進に期待が集まっています。

2016年3月期 2017年3月期
売上高 169億400万円 214億7200万円
当期利益 12億400万円 32億2700万円
純資産 174億2200万円 206億5900万円

総括

アルヒのIPOは、ネットを活用した住宅ローン専門の金融事業というビジネスモデルが興味深いです。業績がしっかりしており、大株主に180日間のロックアップがかかっているのも好印象です。公募0で膨大な株数を売り出す大型案件ゆえに劇的な初値高騰はイメージしづらいものの、長期的な投資先として大いに魅力を感じます。

主幹事はUBS証券と野村證券とみずほ証券。その他、SBI証券、SMBC日興証券、大和証券などでも申し込むことができます。

金熊が断言!IPO投資におすすめのネット証券ランキング

・IPO取扱銘柄の豊富さでNo.1!!
マネックス証券の素晴らしさは色んなIPO銘柄に申込める点です。IPO主幹事になることは少ないですが、新規公開株銘柄の取り扱いはネット証券の中ではピカイチ。しかも抽選方法はIPO株100%全部を1人1票の平等抽選で配分しているので投資実績のない初心者にとってはマネックス証券は外せない。
→ マネックス証券の公式サイトへ
2015年実績   
主幹事数 取扱銘柄 ネット配分・抽選方法
0社 50社 100%・一人一票の平等抽選
公式サイトはこちら

・IPO主幹事が多くて隠れた狙い目の証券会社、それがカブドットコム証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券のグループ会社ということもあり、毎年必ずと言っていいほど多くの新規公開株主幹事証券となるカブドットコム証券。IPO銘柄を狙う人は必ず持っておいて損はない証券口座と言っていいだろう。
→ カブドットコム証券の公式サイトへ
2015年実績   
主幹事数 取扱銘柄 ネット配分・抽選方法
7社 18社 一定割合・一人一票の平等抽選
公式サイトはこちら

・ネット株投資家にとって穴場なのが岡三オンライン証券
IPO株の割当を100%ネット株投資家に配分しているのが岡三オンライン証券だ。IPO株の90%は実績の多い投資家ほど優遇される抽選システムになっているが、10%は取引実績に左右されずに配分される。多少なりとも投資実績のある人にとっては申込むべきネット証券口座だ。
→ 岡三オンライン証券の公式サイトへ
2015年実績   
主幹事数 取扱銘柄 ネット配分・抽選方法
6社 10社 10%以上:一人一票の平等抽選
90%以下:取引実績による優遇抽選
公式サイトはこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 9
    follow us in feedly

  関連記事

ラクスのIPO仮条件が公開!想定価格をやや下回る920~1080円に!

出典:ラクス 2015年11月18日、東証マザーズで12月上旬に新規上場を控えて …

IPOで公募割れを避けるには簡単でもいいから分析をするしかない!

IPO株は公募価格で購入し、上場初日に市場でつく初値で売り抜くのが基本です。多く …

ipo_東京証券取引所
IPOはなかなか当たらないのが常識ということはわかっておくべき

株式投資の中でも高確率で、しかも値上がり幅も大きいということでIPOは非常に人気 …

Gunosy(グノシー)の新規上場、初値は可もなく不可もなく。

東証マザーズにおいて、「Gunosy(グノシー)」(証券コード6047)のIPO …

ソウルドアウトのIPO仮条件が公開!想定価格を上回る1,080~1,200円に!

出典:ソウルドアウト 2017年6月21日、東証マザーズで7月中旬に新規上場を控 …

ポエックのIPO仮条件が公開!想定価格を上回る670~750円に!

出典:ポエック 2017年11月8日、東証JASDAQスタンダードで11月下旬に …

SBI証券のIPOチャレンジポイント制度を活用すればS級IPOを確実にゲットすることができます!

投資に関する考え方は様々なのですが、あまりリスクを取りたくないと考えて定期預金や …

4月に上場したIPO(新規公開株)の公募価格・初値・現在価格まとめ!

2017年4月に新規上場した5種類のIPOの日程・公募価格・初値・現在価格等の最 …

キャピタル・アセット・プランニングのIPO仮条件が公開!想定価格をやや上回る1960~2000円に!

出典:キャピタル・アセット・プランニング 2016年9月15日、JASDAQスタ …

すららネットのIPO仮条件が公開!想定価格とほぼ同じ1,900~2,040円に!

出典:すららネット 2017年11月28日、東証マザーズで12月中旬に新規上場を …