2017/12/12

カチタスのIPO仮条件が公開!想定価格とほぼ同水準の1,500~1,640円に!

出典:カチタス

2017年11月27日、東証1部で12月中旬に新規上場を控えている「カチタス」の仮条件が発表されました。価格は1,500~1,640円。想定価格の1,640円とほぼ同水準です。ブックビルディング(需要申告)は本日11月27日からスタートします。

カチタス
銘柄コード 8919/東証1部
仮条件 1,500~1,640円
公開株式数 公募・0株
売出・2302万5300株(OA含む)
国内販売株数:1197万7600株
海外販売株数:907万8700株
申込株数単位 100株単位
ブックビルディング期間 11/27~12/1
売出し価格 1,640円
購入申込期間 12/5~12/8
上場予定日 2017年12月12日
初値:1,665円

カチタスについて

カチタスは「未来への扉を。『家に価値タス』ことを通じて、地域とお客様に。」という経営理念のもと、中古住宅再生事業を行っている会社です。設立は1978年。創業当時は石材業を営んでいましたが、1998年に中古住宅のリフォーム販売というビジネスモデルを確立。2004年に名証セントレックスに上場。2012年には日本住宅再生株式会社の子会社となり、TOB(株式公開買付け)実施により上場廃止となりました。そして2013年に現社名へ商号変更。同社および連結子会社1社(リプライス)の計2社でグループを構成しています。

カチタスが展開している中古住宅再生事業とは、地域に根ざした全国100以上の店舗で中古住宅またはマンションを現地調査して仕入れ、リフォーム後に販売する工程を一貫して行うものです。「新築」でも「現況の中古」でも「賃貸」でもない、「リフォーム済みの中古再生住宅」という住まい選びの第4の選択肢を社会に提供しています。

物件の仕入は、「買取仕入」または「競売仕入」で行われます。買取仕入は、主に個人が所有している物件を売主本人からの問い合わせ、あるいは不動産仲介会社からの紹介によって買い取る手法。競売仕入は、各地方裁判所より競売物件として公告された物件に入札して落札する手法です。築古物件を内覧せずに仕入れると想定外の瑕疵が発見されるリスクが高いため、カチタスでは買取仕入を優先して実施しています。

仕入れた中古物件を清潔で快適な住宅にするために、キッチン・トイレ・洗面台・ユニットバス等の水周り交換や、壁紙や床の張替え、間取り変更、外壁塗装、駐車場拡張等の外構工事までを企画・リフォーム施工し、商品化していきます。自社グループ内にリフォーム工事にかかわる専門部署が設けられており、低コストで高品質なリフォームを実施できるのが特徴的です。

中古再生住宅の販売は、「自社販売」および「仲介販売」により展開。自社販売とは、同社およびリプライスの自社ホームページ・不動産ポータルサイト等によるWeb販売活動、チラシの配布、オープンハウスの実施等により買主へ直接アプローチする販売活動のことです。一方仲介販売とは、各地域の不動産仲介会社が買主に同社グループの物件を紹介して販売する手法のことです。物件のリフォーム進捗を週1回のペースでWeb更新することで、顧客に最新の情報を提供できる体制を確立。販売総件数の7割以上が自社販売によるものであり、2017年3月期販売物件のうち約30%がリフォーム中に成約しています。

2017年には、インテリア販売大手のニトリホールディングスと資本業務提携を締結。世界全体でリサイクルの重要性が見直されている昨今、中古物件に「価値を足す」ことで市場に戻すカチタスの住宅再生事業は政府の推進している空き家対策とも親和性が高く、大いに将来性を感じる存在と言えるでしょう。

カチタスの業績

不動産業界では中古住宅の成約件数が堅調に増加しており、売上高や経常利益が安定して伸びています。Web販促活動の促進によりコスト削減に成功。2018年3月期も増収増益見込みであり、非常に優れた業績を誇っています。空き室の多い日本では今後も中古住宅再生事業が発展していくと見られており、秀でた業績成長率に期待できます。

2015年3月期 2016年3月期 2017年3月期
売上高 386億3800万円 393億3700万円 618億2900万円
経常利益 12億4600万円 33億4000万円 48億700万円
当期利益 7億7000万円 19億9600万円 34億9400万円
純資産 157億3200万円 94億2900万円 113億6600万円

総括

カチタスのIPOは業種面での目新しさは見られないものの、堅調な業績が評価されそうです。高止まりの続く不動産業界で安定した成長を実現している会社は稀有。長期的な投資案件としても大いに魅力を感じます。

しかし、カチタスのIPOは社名が違うものの2012年に一度上場廃止になっている再上場案件であるということに注意する必要があります。再上場案件は得てして投資家から敬遠されやすく、公募0・大量売出という需給面でも初値上昇の抑制材料になりそうです。

主幹事は大和証券とみずほ証券と三菱UFJモルガン・スタンレー証券。その他、SBI証券マネックス証券、SMBC日興証券、岡三証券、岩井コスモ証券、水戸証券、エース証券などでも申し込むことができます。

金熊が断言!IPO投資におすすめのネット証券ランキング

・IPO取扱銘柄の豊富さでNo.1!!
マネックス証券の素晴らしさは色んなIPO銘柄に申込める点です。IPO主幹事になることは少ないですが、新規公開株銘柄の取り扱いはネット証券の中ではピカイチ。しかも抽選方法はIPO株100%全部を1人1票の平等抽選で配分しているので投資実績のない初心者にとってはマネックス証券は外せない。
→ マネックス証券の公式サイトへ
2015年実績   
主幹事数 取扱銘柄 ネット配分・抽選方法
0社 50社 100%・一人一票の平等抽選
公式サイトはこちら

・IPO主幹事が多くて隠れた狙い目の証券会社、それがカブドットコム証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券のグループ会社ということもあり、毎年必ずと言っていいほど多くの新規公開株主幹事証券となるカブドットコム証券。IPO銘柄を狙う人は必ず持っておいて損はない証券口座と言っていいだろう。
→ カブドットコム証券の公式サイトへ
2015年実績   
主幹事数 取扱銘柄 ネット配分・抽選方法
7社 18社 一定割合・一人一票の平等抽選
公式サイトはこちら

・ネット株投資家にとって穴場なのが岡三オンライン証券
IPO株の割当を100%ネット株投資家に配分しているのが岡三オンライン証券だ。IPO株の90%は実績の多い投資家ほど優遇される抽選システムになっているが、10%は取引実績に左右されずに配分される。多少なりとも投資実績のある人にとっては申込むべきネット証券口座だ。
→ 岡三オンライン証券の公式サイトへ
2015年実績   
主幹事数 取扱銘柄 ネット配分・抽選方法
6社 10社 10%以上:一人一票の平等抽選
90%以下:取引実績による優遇抽選
公式サイトはこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 11
    follow us in feedly

  関連記事

イグニスのIPO初値はプラス予想!スマホ向けサービスの成長分野を手掛ける

出典:株式会社イグニス
東証マザーズにおいて、「イグニス」(証券コード3689)のIPO(新規上場)が行われます。想定価格は1540円、仮条件は1700円から1900円、ブックビルディング期間は6月27日(金)から7月 …

シー・エス・ランバー(C.S.LUMBER)のIPO仮条件が公開!想定価格と同水準の1,380~1,480円に!

出典:シー・エス・ランバー
2017年10月25日、東証JASDAQスタンダードで11月中旬に新規上場を控えている「シー・エス・ランバー」の仮条件が発表されました。価格は1,380~1,480円。想定価格の1,480円 …

11月に上場したIPO(新規公開株)の公募価格・初値・現在価格まとめ!

2016年11月に新規上場した7種類のIPOの日程・公募価格・初値・現在価格等の最新市況データ情報をまとめてみました。はたして今月はどんな銘柄が初値高騰したのか?推移を検証して今後の予想に役立てましょう。

銘柄名

プロパティエージェントのIPO仮条件が公開!想定価格をやや上回る1360~1400円に!

出典:プロパティエージェント
2015年12月2日、JASDAQスタンダードで12月下旬に新規上場を控えている「プロパティエージェント」の仮条件が発表されました。価格は1360~1400円。想定価格の1360円をやや上 …

マツオカコーポレーションのIPO仮条件が公開!想定価格を上回る2,420~2,600円に!

出典:マツオカコーポレーション
2017年11月24日、東証1部で12月中旬に新規上場を控えている「マツオカコーポレーション」の仮条件が発表されました。価格は2,420~2,600円。想定価格の2,420円を上回る水準 …

ニュートンフィナンシャルコンサルティング
ニュートン・フィナンシャル・コンサルティングのIPOには慎重な姿勢を取るのが無難!?

東証ジャスダックスタンダードにおいて、「ニュートン・フィナンシャル・コンサルティング」(証券コード7169)のIPO(新規上場)が行われます。

想定価格は3320円、仮条件は3000円から3320円、ブックビルディング …

topix01
IPOの当選確率を上げるためやっておかなければならないこと

値上がりが高確率であり、しかも値上がり幅もかなりなIPO株ですが、人気ゆえになかなか当たらないというのが常識です。
しかし、現実にはIPOをゲットしている人も少なくありません。どのようにしたらIPOを確実に手に入れるこ …

8月に上場したIPO(新規公開株)の公募価格・初値・現在価格まとめ!注目のUUUMは公募価格比200%超の高騰!

2017年8月に新規上場した3種類のIPOの日程・公募価格・初値・現在価格等の最新市況データ情報をまとめてみました。はたして今月はどんな銘柄が初値高騰したのか?推移を検証して今後の予想に役立てましょう。

銘柄名
銘 …

大阪油化工業のIPO仮条件が公開!想定価格を若干上回る1,830~1,860円に!

出典:大阪油化工業
2017年9月15日、東証JASDAQスタンダードで10月上旬に新規上場を控えている「大阪油化工業」の仮条件が発表されました。価格は1,830~1,860円。想定価格の1,830円をやや上回る水準で …

情報サービス事業はPCIホールディングスのIPO。気になる初値は??

東証マザーズにおいて「PCIホールディングス」(証券コード3918)のIPO(新規上場)が行われます。

想定価格は2530円、仮条件は2330円から2530円、ブックビルディング期間は7月16日(木)から7月23日(木 …