2017/12/06

アトリエはるかのIPO仮条件が公開!ほぼ想定価格通りの1,250~1,400円に!

2017年11月15日、名証セントレックスで12月上旬に新規上場を控えている「アトリエはるか」の仮条件が発表されました。価格は1,250~1,400円。想定価格の1,400円と同水準です。ブックビルディング(需要申告)は明後日の11月17日からスタートします。

アトリエはるか
銘柄コード 6559/名証セントレックス
仮条件 1,250~1,400円
公開株式数 公募・1万6000株
売出・4万2600株(OA含む)
申込株数単位 100株単位
ブックビルディング期間 11/17~11/24
売出し価格 1,400円
購入申込期間 11/29~12/4
上場予定日 2017年12月7日
延期

アトリエはるかについて

アトリエはるかは”Your Beauty, Our Life.”を経営理念に掲げ、女性を対象としたトータル・ビューティ事業を展開している会社です。設立は2000年12月。同社および連結子会社である株式会社ファンデーションの2社でグループを構成。株式会社ファンデーションは法人クライアントのシステム開発を請け負っており、自社グループのPOSレジシステムの管理・運営も行っています。

社名の由来は、「『遥か』彼方まで成長しよう」という社訓と「『はるか』ちゃんという友達のいる家に遊びにいくような感覚でサロンに来てほしい」という想いにちなんでいます。創業者である現副社長の西原良子氏がOL時代に抱いていた「お小遣い程度の予算で気軽に通えるサロンがあったらいいな」という発想がグループのコンセプトになっており、利用者のことを第一に考えた便利なサービスに定評があります。

主幹事業であるサロン運営事業では、ヘアメイクやネイルの他、レンタルドレス等のサービスも提供しています。カット、シャンプー、カラーリング等を一切行わないヘアメイク&ネイルの専門店。短時間で仕上げられる施術に特化しており、ちょっとした空き時間を利用してリーズナブルな価格で身だしなみを整えられる利便性があります。JRや私鉄各社の運営する駅ナカ・駅チカ等の商業施設を主な出店エリアとしているのは、女性が安心して入店でき、雨風でセットが乱れるのを防ぐためという目的があるからです。

2017年9月時点で、全国の主要都市に60店舗以上の直営美容サロンを構えています。atelier haruka(アトリエはるか)を筆頭に、ヘアメイクサロン・MaKE UP LIFE(メイクアップライフ)、イベント向けドレス・靴・鞄・アクセサリー等のレンタルサービスを提供しているDRESSIA(ドレシア)、プロフェッショナルヘアサロン・HAIR DRESSER(ヘアドレッサー)など多くのオリジナルブランドを展開。年間利用者数はのべ70万人にも達しており、手早く綺麗になりたい世の女性方から大いに支持されています。

また、自社専属の美容アーティストを一般事業会社のマナー研修やブライダルなどに派遣する業務もあわせて展開。メイクのパーソナルレッスン、イベント時のサポーターなど、様々なシーンで重宝されています。

アトリエはるかは、「少しでもキレイになりたい、でもお金や時間をあまりかけたくない」という女性方のわがままな願いを叶えてくれる魔法使いのようなサービス。創業者自身が3人の子を持つ母親であることから女性の働きやすい職場作りにも非常に力を入れており、最近ではすっかりブラックのイメージが付いてしまった美容業界の信頼を回復できるか注目の存在です。

アトリエはるかの業績

データを見る限り、業績が安定している印象を受けます。一時期赤字だった経常利益もしっかり黒字をキープしています。

現在の美容業界では店舗間競争が激化しており、少しでも多くの顧客を確保するためにはサービス単価を引き下げざるを得ない状況が続いています。その点、アトリエはるかは当初から短時間・低料金で提供できるサービスに特化。一般の美容院が出店できないような狭隘スペースにも低コストで出店できる強みがあり、安定した集客を確保できる経営体制を誇っています。新規上場で調達した資金をサロン業務運営システムの開発費等に充てれば、さらなる事業の拡大に期待できそうです。

2015年3月期 2016年3月期 2017年3月期
売上高 13億5900万円 24億2400万円 27億5300万円
経常利益 5400万円 6400万円 7100万円
当期利益 100万円 3600万円 3300万円
純資産 1億5900万円 1億9500万円 2億9900万円

総括

アトリエはるかのIPOは業種面での目新しさは無いものの、公開規模が非常に小型で需給面での初値上昇を期待できます。大株主に180日間のロックアップがしっかりかかっているのも好印象です。トレードワークスから1週間空いた単独上場のスケジュール、日経平均株価が堅調に推移しているこの地合いなら十分な買いを見込めます。当たったらラッキー♪のポジティブな気持ちで申込ボタンを押しましょう。

主幹事は岡三証券。その他、SBI証券、SMBC日興証券、マネックス証券などでも申し込むことができます。

追記

コンプライアンスに関して確認すべき事項が発生し、確認に時間を要すると判断されたため、今回の新規上場は12月7日から延期されることになりました。再開時期は当該確認の結果を踏まえて判断される予定です。アトリエはるかのIPOを楽しみにしていた方にとっては残念ですが、過密スケジュールを回避できるのは好材料と考えましょう。

金熊が断言!IPO投資におすすめのネット証券ランキング

・IPO取扱銘柄の豊富さでNo.1!!
マネックス証券の素晴らしさは色んなIPO銘柄に申込める点です。IPO主幹事になることは少ないですが、新規公開株銘柄の取り扱いはネット証券の中ではピカイチ。しかも抽選方法はIPO株100%全部を1人1票の平等抽選で配分しているので投資実績のない初心者にとってはマネックス証券は外せない。
→ マネックス証券の公式サイトへ
2015年実績   
主幹事数 取扱銘柄 ネット配分・抽選方法
0社 50社 100%・一人一票の平等抽選
公式サイトはこちら

・IPO主幹事が多くて隠れた狙い目の証券会社、それがカブドットコム証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券のグループ会社ということもあり、毎年必ずと言っていいほど多くの新規公開株主幹事証券となるカブドットコム証券。IPO銘柄を狙う人は必ず持っておいて損はない証券口座と言っていいだろう。
→ カブドットコム証券の公式サイトへ
2015年実績   
主幹事数 取扱銘柄 ネット配分・抽選方法
7社 18社 一定割合・一人一票の平等抽選
公式サイトはこちら

・ネット株投資家にとって穴場なのが岡三オンライン証券
IPO株の割当を100%ネット株投資家に配分しているのが岡三オンライン証券だ。IPO株の90%は実績の多い投資家ほど優遇される抽選システムになっているが、10%は取引実績に左右されずに配分される。多少なりとも投資実績のある人にとっては申込むべきネット証券口座だ。
→ 岡三オンライン証券の公式サイトへ
2015年実績   
主幹事数 取扱銘柄 ネット配分・抽選方法
6社 10社 10%以上:一人一票の平等抽選
90%以下:取引実績による優遇抽選
公式サイトはこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 9
    follow us in feedly

  関連記事

IPOで得た利益を節税する唯一の方法は絶対に押さえておこう

IPOは高確率で買った価格よりも上場したときの価格が高くなります。つまり、高い確 …

シンクロ・フードのIPO仮条件が公開!想定価格を上回る1960~2100円に!

出典:シンクロ・フード 2016年9月8日、東証マザーズで9月下旬に新規上場を控 …

8月に上場したIPO(新規公開株)の公募価格・初値・現在価格まとめ!注目のUUUMは公募価格比200%超の高騰!

2017年8月に新規上場した3種類のIPOの日程・公募価格・初値・現在価格等の最 …

テンポイノベーションのIPO仮条件が公開!想定価格を上回る3,000~3,100円に!

出典:テンポイノベーション 2017年10月5日、東証マザーズで10月下旬に新規 …

リアルワールドのIPO情報まとめ!強気での投資スタンスを推奨

出典:リアルワールド 東証マザーズにおいて、「リアルワールド」(証券コード359 …

すららネットのIPO仮条件が公開!想定価格とほぼ同じ1,900~2,040円に!

出典:すららネット 2017年11月28日、東証マザーズで12月中旬に新規上場を …

飲食事業の「ヨシックス」。IPO人気は若干イマイチかも…?

東証JASDAQスタンダードにおいて、「ヨシックス」(証券コード3221)のIP …

7月に上場したIPO(新規公開株)の公募価格・初値・現在価格まとめ!

2017年7月に新規上場した4種類のIPOの日程・公募価格・初値・現在価格等の最 …

LITALICO(りたりこ)のIPO仮条件が公開!想定価格を上回る930~1000円に!

出典:LITALICO 2016年2月23日、東証マザーズで3月中旬に新規上場を …

ホームセンター運営事業の綿半ホールディングスが新規上場!業種の地味さは初値にどう響くのか?

東証2部において、「綿半ホールディングス」(証券コード3199)のIPO(新規上 …