2017/11/10

サインポストのIPO仮条件が公開!想定価格とほぼ同水準の2,000~2,200円に!

2017年10月31日、東証マザーズで11月下旬に新規上場を控えている「サインポスト」の仮条件が発表されました。価格は2,000~2,200円。想定価格の2,200円とほぼ同水準です。ブックビルディング(需要申告)は明後日の11月2日からスタートします。

サインポスト
銘柄コード 3996/東証マザーズ
仮条件 2,000~2,200円
公開株式数 公募・19万株
売出・16万6500株(OA含む)
申込株数単位 100株単位
ブックビルディング期間 11/2~11/9
売出し価格 2,200円
購入申込期間 11/14~11/17
上場予定日 2017年11月21日

サインポストについて

サインポストは「社会に新たな価値を創出し続ける」を経営理念に掲げ、顧客企業の業務効率化や低コスト化等の課題解決を実現するサービスの開発・提供を行っている会社です。先端ICT技術(情報・通信に関する技術)を活用した「コンサルティング事業」、「ソリューション事業」、「イノベーション事業」の3事業を展開しています。

設立は2007年3月。東京の日本橋に本社を構え、大阪と沖縄に支社があります。社名の”Signpost”は日本語に訳すと「道標」という意味の言葉。「顧客企業の経営目標達成に向けてIT分野を軸とした道標を示し、それを実行していきたい」という想いが社名に込められています。

コンサルティング事業では、金融機関および公共機関を対象に情報化戦略・システム化構想・業務改善等を提案し、システムの企画・設計・開発・運用の実行支援やマネジメント支援を提供しています。銀行、証券会社、マイナンバー管理システムなど、社会インフラに直結する非常に重要な情報システムを扱っており、社会的信頼性の高いサービスに定評があります。

ソリューション事業では、長年の経験で培った業務ナレッジと最新鋭のIT技術を組み合わせた経営課題解決パッケージを提供しています。蓄積した大量のデータに一括処理を施す「バッチ処理」を高速化してくれるライブラリ「バッチ処理高速化ソリューション(ユニケージ)」。通常の5倍から10倍以上の高速化が可能であり、システム障害回避に重宝されています。DBMS等が不要なためコストパフォーマンスに長け、開発生産性も従来の2倍。システム保守性の向上に役立ちます。その他、金融機関が行う企業の事業性評価をレポート作成で支援する「事業性評価サービス」、大容量ファイルを安全かつ迅速にインターネット経由で配送する「e電子便」等のプロダクトがパッケージソリューションとして挙げられます。

イノベーション事業では、AI(人工知能)を活用した新しいビジネスモデルを追求しています。国立大学法人電気通信大学との産学連携により開発したWonder Register(ワンダーレジスター)は、世界初の人工知能搭載レジ。バーコードを一つ一つ手作業で読み取る従来の精算システムと異なり、客が並べた商品をレジ内のカメラで読取って瞬時に合計額を計算できる優れものです。レジ待ち時間の短縮効果だけでなく、小売業界で深刻化している人手不足の解消も期待でき、今後の研究に関心が集まっています。

安定的な収益を見込めるコンサルティング事業をベースとしつつ、それを活かしたソリューション事業やイノベーション事業を積極的に展開しているサインポスト。テクノロジーの進化に対応できるビジネスモデルを構築しており、大いに将来性に期待できます。

サインポストの業績

各業界でのITシステム開発需要拡大に伴い、売上高・経常利益等が順調に右肩上がりに伸びています。ビットコイン等の仮想通貨で知られるブロックチェーン技術が多くの金融機関で注目されていることもあって、フィンテックの市場規模拡大はまだまだ続きそう。新規上場で調達した資金をシステム開発に伴う外注費等に充てれば、さらなる事業の拡大に期待できそうです。

2015年1月期 2016年1月期 2017年1月期
売上高 13億7900万円 14億3600万円 17億2300万円
経常利益 8900万円 1億4900万円 1億6700万円
当期利益 6100万円 1億500万円 1億700万円
純資産 2億1300万円 3億1500万円 4億600万円

総括

サインポストのIPOはマザーズで人気化しやすいIT関連銘柄です。公開規模も比較的小型で、ベンチャーキャピタルの売り圧力の懸念もなく、需給面で大幅な初値高騰を期待できそうです。AIを活用したイノベーション事業も投資家の関心を集めること必至。これはもう当選を祈って申し込むのみです。

主幹事はいちよし証券。その他、マネックス証券、大和証券、岡三証券、東洋証券、水戸証券、SMBCフレンド証券、エース証券、極東証券などでも申し込むことができます。

金熊が断言!IPO投資におすすめのネット証券ランキング

・IPO取扱銘柄の豊富さでNo.1!!
マネックス証券の素晴らしさは色んなIPO銘柄に申込める点です。IPO主幹事になることは少ないですが、新規公開株銘柄の取り扱いはネット証券の中ではピカイチ。しかも抽選方法はIPO株100%全部を1人1票の平等抽選で配分しているので投資実績のない初心者にとってはマネックス証券は外せない。
→ マネックス証券の公式サイトへ
2015年実績   
主幹事数 取扱銘柄 ネット配分・抽選方法
0社 50社 100%・一人一票の平等抽選
公式サイトはこちら

・IPO主幹事が多くて隠れた狙い目の証券会社、それがカブドットコム証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券のグループ会社ということもあり、毎年必ずと言っていいほど多くの新規公開株主幹事証券となるカブドットコム証券。IPO銘柄を狙う人は必ず持っておいて損はない証券口座と言っていいだろう。
→ カブドットコム証券の公式サイトへ
2015年実績   
主幹事数 取扱銘柄 ネット配分・抽選方法
7社 18社 一定割合・一人一票の平等抽選
公式サイトはこちら

・ネット株投資家にとって穴場なのが岡三オンライン証券
IPO株の割当を100%ネット株投資家に配分しているのが岡三オンライン証券だ。IPO株の90%は実績の多い投資家ほど優遇される抽選システムになっているが、10%は取引実績に左右されずに配分される。多少なりとも投資実績のある人にとっては申込むべきネット証券口座だ。
→ 岡三オンライン証券の公式サイトへ
2015年実績   
主幹事数 取扱銘柄 ネット配分・抽選方法
6社 10社 10%以上:一人一票の平等抽選
90%以下:取引実績による優遇抽選
公式サイトはこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 11
    follow us in feedly

  関連記事

アセンテックのIPO仮条件が公開!想定価格を大幅に上回る1,840~2,000円に!

出典:アセンテック
2017年4月5日、東証マザーズで4月下旬に新規上場を控えている「アセンテック」の仮条件が発表されました。価格は1,840~2,000円。想定価格の1,720円を大幅に上回る水準です。ブックビルディ …

新規上場したハウスドゥ!一般的な業種ながら、初値リターン予想はプラスです!

東証マザーズにおいて、「ハウスドゥ」(証券コード3457)のIPO(新規上場)が行われます。

想定価格は3430円、ブックビルディング期間は3月10日(火)から3月16日(月)までです。また上場予定日は3月25日(水) …

IPOの繰り上げ当選を喜ぶのはちゃんと見極めてから

IPOの抽選に漏れ、落選した。こんな投資家はごまんといます。IPOにはリスクもありますし、必ず儲かるとは限らないのですが、そもそもなかなか当たるものではありません。当選することの方が逆に難しいくらいです。なので、落選して …

デュアルタップのIPO仮条件が公開!ほぼ想定価格通りの1010~1110円に!

出典:デュアルタップ
2016年6月30日、JASDAQスタンダードで7月下旬に新規上場を控えている「デュアルタップ」の仮条件が発表されました。価格は1010~1110円。想定価格の1060円とほぼ同水準です。ブックビ …

日米同時株式上場!LINEのIPO仮条件が公開!ほぼ想定価格通りの2700~3200円に!

出典:LINE
2016年6月28日、東証で7月中旬に新規上場を控えている「LINE」の仮条件が発表されました。価格は2700~3200円。想定価格の2800円とほぼ同水準です。ブックビルディング(需要申告)は明日の6 …

リファインバースのIPO仮条件が公開!想定価格をやや下回る1500~1700円に!

出典:リファインバース
2016年7月8日、東証マザーズで7月下旬に新規上場を控えている「リファインバース」の仮条件が発表されました。価格は1500~1700円。想定価格の1700円をやや下回る水準です。ブックビルディ …

UUUM(ウーム)のIPO仮条件が公開!想定価格を上回る1,880~2,050円に!

出典:UUUM
2017年8月10日、東証マザーズで8月下旬に新規上場を控えている「UUUM」の仮条件が発表されました。価格は1,880~2,050円。想定価格の1,880円を上回る水準です。ブックビルディング(需要申 …

9月に上場したIPO(新規公開株)の公募価格・初値・現在価格まとめ!

2016年9月に新規上場した11種類のIPOの日程・公募価格・初値・現在価格等の市況データをまとめてみました。はたして今月はどんな銘柄が初値高騰したのか?推移を検証して今後の予想に役立てましょう。

銘柄名
銘柄コー …

動物医療事業の日本動物高度医療センターのIPOは初値プラスリターンなるか??

東証マザーズにおいて、「日本動物高度医療センター」(証券コード6039)のIPO(新規上場)が行われます。

想定価格は1130円、ブックビルディング期間は3月11日(水)から3月17日(火)までです。上場予定日は3月 …

SBI証券のIPOチャレンジポイント制度を活用すればS級IPOを確実にゲットすることができます!

投資に関する考え方は様々なのですが、あまりリスクを取りたくないと考えて定期預金や国債などにその資金の100%を集中させている投資家も多いようです。
しかし安全性ばかりを重視した投資を続けていると、チャンスの局面では機会損 …