2017/09/20

ニーズウェルのIPO仮条件が公開!想定価格を上回る1,590~1,670円に!

2017年8月28日、東証JASDAQスタンダードで9月中旬に新規上場を控えている「ニーズウェル」の仮条件が発表されました。価格は1,590~1,670円。想定価格の1,590円を上回る水準です。ブックビルディング(需要申告)は明後日の8月30日からスタートします。

ニーズウェル
銘柄コード 3992/東証JASDAQ
仮条件 1,590~1,670円
公開株式数 公募・20万株
売出・20万2500株(OA含む)
申込株数単位 100株単位
ブックビルディング期間 8/30~9/5
売出し価格 1,670円
購入申込期間 9/7~9/12
上場予定日 2017年9月20日
初値:3,850円

ニーズウェルについて

株式会社ニーズウェルは、主に「業務系システム開発」、「基盤構築」、「組込系開発」の3サービスを展開している情報サービス事業会社です。設立は1986年10月と歴史が長く、老舗の部類に入ります。当初は経営コンサルティングを主な業務としており、後にシステムコンサルティング・システム開発事業の拡大が進められました。「広く経済社会に貢献し続けること」を経営理念としており、顧客のニーズ(Needs)を適切に充足できる(Well)ソリューションを提供していきたいという願いが社名に込められています。

主幹事業である業務系システム開発では、金融を中心に通信・流通・サービス業など幅広い分野でアプリケーション開発やITアウトソーシングサービスを展開しています。顧客企業先に常駐し、企画立案から設計、プログラミング、テスト、納品、保守にいたるまで、あらゆるシステム導入フェーズに親身に対応。顧客情報・注文管理など基幹業務に直結する高性能システムを開発しており、技術力の高さに定評があります。

基盤構築では、ITシステムの基盤となるサーバ等のハードウェアの環境設計、構築、導入およびネットワーク環境における通信機器の設定を行っています。モバイル端末、セキュリティ製品などの関連プロダクト販売にも対応しており、顧客にとって最適なIT環境を提供することができます。

組込系開発では、映像機器、医療機器、車載機器等に組み込まれるアプリケーションの開発を行っています。自律走行車や生化学分析などの分野で応用されており、精密機器をネット接続して活用するIoT技術が普及している昨今、非常に需要が高まっています。

主要取引先の中には、ソフトバンク、大東建託、大日本印刷など大手企業の名が並んでおり、ニーズウェルの信頼性の高さがうかがえます。優れた技術力でIT文化の変革をサポートしているニーズウェルは、今後も多くの企業のビジネスパートナーとして重宝される存在であり続けることでしょう。

ニーズウェルの業績

売上高や経常利益等が見事に右肩上がりに伸びています。2017年9月期には売上高が50億円を超えると試算されており、将来性も申し分ありません。老舗企業ともなると得てして業績が頭打ちになりがちですが、常に貪欲なチャレンジ精神を忘れないバイタリティがうかがえます。新規上場で調達した資金を社内基幹システムへの設備投資や人材採用費等に充てれば、さらなる事業の拡大に期待できそうです。

2014年9月期 2015年9月期 2016年9月期
売上高 30億2300万円 39億8600万円 45億8700万円
経常利益 1億8800万円 3億5100万円 4億500万円
当期利益 1億1800万円 2億1100万円 2億5700万円
純資産 3億8300万円 5億8100万円 8億2000万円

総括

ニーズウェルのIPOは公開規模が比較的小さく、IoT等を手掛けるネット関連銘柄とあって初値上昇の材料が揃っています。業績も極めて堅調。大株主に90日間・1.5倍のロックアップがしっかりかかっており、売り圧力への懸念は皆無と言っていいでしょう。当選確率は低めですが、ぜひ強気でアタックしてみたい銘柄です。

主幹事はみずほ証券。その他、SBI証券マネックス証券、SMBC日興証券、三菱UFJモルガン・スタンレー証券、エース証券などでも申し込むことができます。

金熊が断言!IPO投資におすすめのネット証券ランキング

・IPO取扱銘柄の豊富さでNo.1!!
マネックス証券の素晴らしさは色んなIPO銘柄に申込める点です。IPO主幹事になることは少ないですが、新規公開株銘柄の取り扱いはネット証券の中ではピカイチ。しかも抽選方法はIPO株100%全部を1人1票の平等抽選で配分しているので投資実績のない初心者にとってはマネックス証券は外せない。
→ マネックス証券の公式サイトへ
2015年実績   
主幹事数 取扱銘柄 ネット配分・抽選方法
0社 50社 100%・一人一票の平等抽選
公式サイトはこちら

・IPO主幹事が多くて隠れた狙い目の証券会社、それがカブドットコム証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券のグループ会社ということもあり、毎年必ずと言っていいほど多くの新規公開株主幹事証券となるカブドットコム証券。IPO銘柄を狙う人は必ず持っておいて損はない証券口座と言っていいだろう。
→ カブドットコム証券の公式サイトへ
2015年実績   
主幹事数 取扱銘柄 ネット配分・抽選方法
7社 18社 一定割合・一人一票の平等抽選
公式サイトはこちら

・ネット株投資家にとって穴場なのが岡三オンライン証券
IPO株の割当を100%ネット株投資家に配分しているのが岡三オンライン証券だ。IPO株の90%は実績の多い投資家ほど優遇される抽選システムになっているが、10%は取引実績に左右されずに配分される。多少なりとも投資実績のある人にとっては申込むべきネット証券口座だ。
→ 岡三オンライン証券の公式サイトへ
2015年実績   
主幹事数 取扱銘柄 ネット配分・抽選方法
6社 10社 10%以上:一人一票の平等抽選
90%以下:取引実績による優遇抽選
公式サイトはこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 9
    follow us in feedly

  関連記事

カナミックネットワークのIPO仮条件が公開!想定価格をやや上回る2760~3000円に!

出典:カナミックネットワーク 2016年8月25日、東証マザーズで9月中旬に新規 …

3月に上場したIPO(新規公開株)の公募価格・初値・現在価格まとめ!

2017年3月に新規上場した22種類のIPOの日程・公募価格・初値・現在価格等の …

シンクロ・フードのIPO仮条件が公開!想定価格を上回る1960~2100円に!

出典:シンクロ・フード 2016年9月8日、東証マザーズで9月下旬に新規上場を控 …

topix01
IPOの当選確率を上げるためやっておかなければならないこと

値上がりが高確率であり、しかも値上がり幅もかなりなIPO株ですが、人気ゆえになか …

ファーストロジックのIPOは、初値の大幅なプラスリターンの期待できる!!

東証マザーズにおいて、「ファーストロジック」(証券コード6037)のIPO(新規 …

ヨシムラ・フード・ホールディングスのIPO仮条件が公開!ほぼ想定価格通りの820~880円に!

出典:ヨシムラ・フード・ホールディングス 2016年2月16日、東証マザーズで3 …

シャノンのIPO仮条件が公開!ほぼ想定価格通りの1,300~1,500円に!

出典:シャノン 2017年1月10日、東証マザーズで1月下旬に新規上場を控えてい …

ラクスのIPO仮条件が公開!想定価格をやや下回る920~1080円に!

出典:ラクス 2015年11月18日、東証マザーズで12月上旬に新規上場を控えて …

デュアルタップのIPO仮条件が公開!ほぼ想定価格通りの1010~1110円に!

出典:デュアルタップ 2016年6月30日、JASDAQスタンダードで7月下旬に …

鶏卵事業ホクリヨウのIPO,気になる初値はどれくらい??

東証2部において、「ホクリヨウ」(証券コード1384)のIPO(新規上場)が行わ …