2017/09/13

エスユーエスのIPO仮条件が公開!想定価格を上回る2,220~2,300円に!

2017年8月25日、東証マザーズで9月中旬に新規上場を控えている「エスユーエス」の仮条件が発表されました。価格は2,220~2,300円。想定価格の2,220円を上回る水準です。ブックビルディング(需要申告)は来週の8月28日からスタートします。

エスユーエス
銘柄コード 6554/東証マザーズ
仮条件 2,220~2,300円
公開株式数 公募・32万3000株
売出・8万4100株(OA含む)
申込株数単位 100株単位
ブックビルディング期間 8/28~9/1
売出し価格 2,300円
購入申込期間 9/5~9/8
上場予定日 2017年9月13日
初値:4,970円

エスユーエスについて

株式会社エスユーエスは、「人と企業の笑顔が見たい」をコンセプトに各種技術分野において技術者派遣・請負事業を展開している会社です。アルミ構造材の製造・販売を行っている「SUS株式会社」と社名が似ていますが関係ありません。設立は1999年9月。社名のエスユーエスは”Skill Up Smile”の頭文字にちなんでおり、社員一人一人が技術力を高めて多くの人たちを笑顔に出来るような人材になろうという願いが込められています。

本社および、ヒューマンスキル育成ツール・HQ Profileの販売を行う「イーアセスメント」、就労移行支援事業や縫製品・日用雑貨等の製造・販売を行う「ストーンフリー」の連結子会社2社でグループを形成。本社のある京都を含め、東京・横浜・大阪・神戸・名古屋・岡山の7箇所に事業拠点を構えています。

主幹事業である「技術者派遣事業」では、大手メーカーやシステムインテグレーター等を顧客対象に、個人またはチーム単位でメンバーを現地派遣、あるいは成果物を後日納品する業務請負の形態でサービスを提供しています。IT・機械・電気/電子分野・化学/バイオの4分野を網羅。主要取引先の中には、パナソニックや三菱、本田、日立、富士通、トヨタ、日産など錚々たる電機メーカーの社名が並んでいます。

エスユーエスは「社会人学校」というユニークな事業モデルを掲げており、社員一人一人のキャリアパス実現のために人材育成にも力を入れています。個人情報・機密情報保護といった専門的なことから、社会人に求められる最低限のビジネスマナーやコミュニケーションテクニックまで、基本からしっかり研修できる体制が整っており、現場が変わっても柔軟に大手メーカーの開発支援業務を進められる信頼性があります。

社内には自社製品・サービスのR&D(研究開発)を目的とした「SUS Lab」が設けられており、他社の技術支援だけでなく独自製品の開発も推進しています。ハードウェア・ソフトウェア両面のシステム開発が進められており、自社開発人工知能「朱雀」は特許出願中です。

「コンサルティング事業」では、ITおよびHR(人事)の領域で顧客企業の事業戦略を支援しています。経営上の課題を分析し、最適なソリューションを立案。ERPソフト(統合型業務ソフトウェアパッケージ)の導入・運用・保守・カスタマイズ等を行うシステムコンサルティングにも対応しており、顧客の視点に立った効率的な課題解決を目指します。

科学技術の発展に伴い、優れた技術力を持つエンジニアの需要はますます高まっています。テクニカルスキルだけでなくヒューマンスキルも伸ばせるエスユーエスの社内体制は、真に社会から求められる一流のエンジニア創出を実現します。今後もエスユーエスは多くの分野の「モノ作り」を支えていくことでしょう。

エスユーエスの業績

AI、IoT、ビッグデータなどの分野の技術発展が目覚ましく、ここ数年間エンジニアの派遣要請が増加傾向に。売上高や経常利益などが軒並み右肩上がりに伸びており、2017年9月期には売上高が60億に達すると試算されています。業績は極めて安定しており、将来性も抜群です。新規上場で調達した資金を教育研修費やシステム開発費等に充てれば、さらなる事業の拡大に期待できそうです。

2014年9月期 2015年9月期 2016年9月期
売上高 33億9100万円 45億円 54億9800万円
経常利益 1億8200万円 1億1400万円 3億6100万円
当期利益 5300万円 400万円 2億5100万円
純資産 1億9700万円 1億7700万円 4億2600万円

総括

エスユーエスのIPOは、公開規模が比較的小型で業績も好調な銘柄なので、初値が上昇する可能性が高そうです。人材派遣関連のIPOはそこまで希少ではないものの、近年話題のAI等のシステムを自社開発している事業内容が投資家の関心を集めるでしょう。大株主には90日間・1.5倍のロックアップがかかっており、ベンチャーキャピタルの保有株も5%程度なので売り圧力の懸念はなさそう。UUUMの上場で世間のIPOへの関心も俄然高まってきているので、この流れに乗って初値がグンと高騰することを期待したいところです。

主幹事は野村證券。その他、SBI証券、西村証券、マネックス証券、岩井コスモ証券、いちよし証券、エース証券、極東証券などでも申し込むことができます。

金熊が断言!IPO投資におすすめのネット証券ランキング

・IPO取扱銘柄の豊富さでNo.1!!
マネックス証券の素晴らしさは色んなIPO銘柄に申込める点です。IPO主幹事になることは少ないですが、新規公開株銘柄の取り扱いはネット証券の中ではピカイチ。しかも抽選方法はIPO株100%全部を1人1票の平等抽選で配分しているので投資実績のない初心者にとってはマネックス証券は外せない。
→ マネックス証券の公式サイトへ
2015年実績   
主幹事数 取扱銘柄 ネット配分・抽選方法
0社 50社 100%・一人一票の平等抽選
公式サイトはこちら

・IPO主幹事が多くて隠れた狙い目の証券会社、それがカブドットコム証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券のグループ会社ということもあり、毎年必ずと言っていいほど多くの新規公開株主幹事証券となるカブドットコム証券。IPO銘柄を狙う人は必ず持っておいて損はない証券口座と言っていいだろう。
→ カブドットコム証券の公式サイトへ
2015年実績   
主幹事数 取扱銘柄 ネット配分・抽選方法
7社 18社 一定割合・一人一票の平等抽選
公式サイトはこちら

・ネット株投資家にとって穴場なのが岡三オンライン証券
IPO株の割当を100%ネット株投資家に配分しているのが岡三オンライン証券だ。IPO株の90%は実績の多い投資家ほど優遇される抽選システムになっているが、10%は取引実績に左右されずに配分される。多少なりとも投資実績のある人にとっては申込むべきネット証券口座だ。
→ 岡三オンライン証券の公式サイトへ
2015年実績   
主幹事数 取扱銘柄 ネット配分・抽選方法
6社 10社 10%以上:一人一票の平等抽選
90%以下:取引実績による優遇抽選
公式サイトはこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 9
    follow us in feedly

  関連記事

IPOが創業者利益を得る手段のトレンドになっている!?

IPOで利益を得るのは投資家だけではありません。創業者にも大きなメリットがあるの …

新規上場したケネディクス商業リート投資法人の初値はどうなるのか?!

東証REITにおいて、「ケネディクス商業リート投資法人」(証券コード3453)の …

日米同時株式上場!LINEのIPO仮条件が公開!ほぼ想定価格通りの2700~3200円に!

出典:LINE 2016年6月28日、東証で7月中旬に新規上場を控えている「LI …

クラウドサービス事業のコラボス、IPOの初値は大幅なプラス予想!

東証マザーズにおいて、「コラボス」(証券コード3908)のIPO(新規上場)が行 …

話題性・将来性抜群のクラウドワークス(CrowdWorks)が新規上場!初値は大幅なリターン有りと予想!

東証マザーズにおいて、「クラウドワークス(CrowdWorks)」(証券コード3 …

初値は果たしてどうなるか?気になる!デクセリアルズのIPO!

東証1部において、「デクセリアルズ」(証券コード4980)のIPO(新規上場)が …

飲食事業の「ヨシックス」。IPO人気は若干イマイチかも…?

東証JASDAQスタンダードにおいて、「ヨシックス」(証券コード3221)のIP …

日本ビューホテルのIPO投資スタンスは「やや弱気」です!

出典:日本ビューホテル 東証2部において、「日本ビューホテル」(証券コード609 …

メドピアのIPO情報と今後の行方予想総まとめ

出典:メドピア株式会社 東証マザーズにおいて、「メドピア」(証券コード6095) …

チエルのIPO仮条件が公開!想定価格をやや下回る730~810円に!

出典:チエル 2016年3月1日、JASDAQで3月下旬に新規上場を控えている「 …