2017/08/31

UUUM(ウーム)のIPO仮条件が公開!想定価格を上回る1,880~2,050円に!

出典:UUUM

2017年8月10日、東証マザーズで8月下旬に新規上場を控えている「UUUM」の仮条件が発表されました。価格は1,880~2,050円。想定価格の1,880円を上回る水準です。ブックビルディング(需要申告)は来週の8月14日からスタートします。

UUUM
銘柄コード 3990/東証マザーズ
仮条件 1,880~2,050円
公開株式数 公募・30万2000株
売出・29万2300株(OA含む)
申込株数単位 100株単位
ブックビルディング期間 8/14~8/18
売出し価格 2,050円
購入申込期間 8/22~8/25
上場予定日 2017年8月30日
初値:6,700円

UUUMについて

新規上場の発表以来ネット上で話題沸騰中のUUUMが、いよいよ8月30日に上場を果たします。

UUUM(ウーム)は、「セカイにコドモゴコロを」をコンセプトに掲げ、YouTuberと呼ばれるクリエイターのマネジメント・プロモーション業務を行っている会社です。UUUMという名称は、社名を何にしようか思案している時に思わず口からこぼれた「う~む……」という唸り声に由来しており、同社の自由奔放な遊び心が表れています。

ちなみにYouTuberとは、Googleが運営している動画サイト・YouTube上で配信活動を行っている方々を指す言葉です。YouTubeは2011年頃から一般ユーザー向けに「YouTubeパートナープログラム」というサービスを提供しており、自分のチャンネルで公開している動画の合計視聴回数が10,000回を超えると動画の再生回数に応じた広告収入を得られるようになります。中にはYouTubeの広告収入だけで生計を立てている方たちもおり、今やYouTuberは「将来なりたい職業ランキング」の上位に挙がるほど子供たちにとって注目度の高い存在となっています。

YouTuber専門事務所であるUUUMには、カリスマ的人気を誇る大物YouTuberが多数在籍しています。軽快なビートボックスや「ブンブン、Hello YouTube!」の決め台詞でお馴染み、国内チャンネル総登録者数ナンバーワンを誇るHIKAKIN(ヒカキン)氏もその一人。商品紹介やゲーム実況など多彩なコンテンツを配信しているHIKAKIN氏は、今やインターネットだけでなくテレビや雑誌などのメディアにも活動範囲を広げており、YouTubeに興味のない方でもその存在を知っているほどの知名度を誇っているインフルエンサー。代表取締役の鎌田和樹氏がUUUMを立ち上げたのもHIKAKIN氏との出会いが切っ掛けであり、同氏は現在UUUMの最高顧問も務めています。

他にも、HIKAKIN氏の実兄であるSEIKIN(セイキン)氏、型破りな実験系動画が大人気のイケメンYouTuber・はじめしゃちょー、俳優業を営む傍ら破天荒な日常系動画をアップロードしている瀬戸弘司氏など、日本を代表する100名以上の大人気YouTuber達のコンテンツ作成活動をサポート。YouTuberとして活動していくうえで欠かせない著作権・肖像権等のガイドライン研修や、個人では難しい企業とのタイアップ・人気YouTuberとのコラボ・グッズ販売、さらには動画制作に利用可能な素材の提供や体調を崩した際の治療アドバイスなど、初心者の方でも安心してクリエイティブ活動を続けられるように万全のサポート体制が敷かれています。

UUUMは、所属YouTuberの動画広告収入の一部を報酬として徴収。タイアップ事業から得られる収益の一部もクリエイターサポートサービスの売り上げとしています。また、外国人観光客集客プロモーションやゲーム開発など、主幹事業であるYouTuberプロモーションとの親和性を活かせる自社サービスも展開しています。

古坂大魔王ことピコ太郎氏が歌う「PPAP(ペンパイナッポーアッポーペン)」の動画が世界中で話題になったように、YouTubeはエンターテイメントの中心的コンテンツになろうとしています。事務所のしがらみにとらわれることなく自由な配信を行える場を求めてYouTubeに活動の場を移す芸能人も増えており、UUUMのYouTuberサポート事業の需要は今後さらに高まっていくことが予想されます。

UUUMの業績

売上高が急上昇しており、2013年の設立以後続いていた経常利益・当期利益の赤字が黒字に転換しています。モバイル端末の普及に伴いユーザーの動画視聴頻度も増加傾向にあり、YouTuberへの関心度も上昇基調。2018年には売上高が40億を超えると試算されており、YouTuberマネジメント事業の勢いはまだまだ止まりません。新規上場で調達した資金を人件費や広告宣伝費等に充てれば、さらなる事業の拡大に期待できそうです。

2014年5月期 2015年5月期 2016年5月期
売上高 1億6500万円 13億1900万円 33億円
経常利益 -1800万円 -2億6300万円 2億2200万円
当期利益 -1900万円 -2億7200万円 1億8600万円
純資産 5億1200万円 2億4100万円 4億2700万円

総括

UUUMのIPOは、YouTube利用者なら知らない人はいないと言っても過言ではないほどの知名度を誇るマネジメント会社の新規上場とあって話題性抜群です。かくいう私もインターネットを始めた当初からYouTubeを毎日見ているので、今回のUUUMのIPOに非常に注目しています。公開規模は並で、業績がうなぎ上り。ここ最近のマザーズ上場案件はすべて初値上昇しており、地合いも極めて好調です。

唯一気がかりなのは、30%ほどを保有しているベンチャーキャピタルの存在。大株主には90日間・1.5倍のロックアップがかかっていますが、売り圧力への懸念が将来的な上値抑制要因になりかねません。とはいえ、期待度の高さから見て初値上昇はかたいでしょう。当選を祈って申し込むのみ!株式取引を行っているYouTuberの方は、UUUMのIPOの経緯を動画に撮ってYouTubeにアップロードしてみるのもお勧めです。(笑)

主幹事は野村證券。その他、SBI証券マネックス証券、SMBC日興証券、大和証券、みずほ証券、岩井コスモ証券、いちよし証券、エース証券などでも申し込むことができます。

金熊が断言!IPO投資におすすめのネット証券ランキング

・IPO取扱銘柄の豊富さでNo.1!!
マネックス証券の素晴らしさは色んなIPO銘柄に申込める点です。IPO主幹事になることは少ないですが、新規公開株銘柄の取り扱いはネット証券の中ではピカイチ。しかも抽選方法はIPO株100%全部を1人1票の平等抽選で配分しているので投資実績のない初心者にとってはマネックス証券は外せない。
→ マネックス証券の公式サイトへ
2015年実績   
主幹事数 取扱銘柄 ネット配分・抽選方法
0社 50社 100%・一人一票の平等抽選
公式サイトはこちら

・IPO主幹事が多くて隠れた狙い目の証券会社、それがカブドットコム証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券のグループ会社ということもあり、毎年必ずと言っていいほど多くの新規公開株主幹事証券となるカブドットコム証券。IPO銘柄を狙う人は必ず持っておいて損はない証券口座と言っていいだろう。
→ カブドットコム証券の公式サイトへ
2015年実績   
主幹事数 取扱銘柄 ネット配分・抽選方法
7社 18社 一定割合・一人一票の平等抽選
公式サイトはこちら

・ネット株投資家にとって穴場なのが岡三オンライン証券
IPO株の割当を100%ネット株投資家に配分しているのが岡三オンライン証券だ。IPO株の90%は実績の多い投資家ほど優遇される抽選システムになっているが、10%は取引実績に左右されずに配分される。多少なりとも投資実績のある人にとっては申込むべきネット証券口座だ。
→ 岡三オンライン証券の公式サイトへ
2015年実績   
主幹事数 取扱銘柄 ネット配分・抽選方法
6社 10社 10%以上:一人一票の平等抽選
90%以下:取引実績による優遇抽選
公式サイトはこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 11
    follow us in feedly

  関連記事

ナレッジスイートのIPO仮条件が公開!想定価格とほぼ同じ1,800~2,000円に!

出典:ナレッジスイート
2017年11月28日、東証マザーズで12月中旬に新規上場を控えている「ナレッジスイート」の仮条件が発表されました。価格は1,800~2,000円。想定価格の2,000円と同水準です。ブックビル …

大阪油化工業のIPO仮条件が公開!想定価格を若干上回る1,830~1,860円に!

出典:大阪油化工業
2017年9月15日、東証JASDAQスタンダードで10月上旬に新規上場を控えている「大阪油化工業」の仮条件が発表されました。価格は1,830~1,860円。想定価格の1,830円をやや上回る水準で …

リネットジャパングループのIPO仮条件が公開!想定価格を大幅に上回る1690~1830円に!

出典:リネットジャパングループ
2016年11月30日、東証マザーズで12月中旬に新規上場を控えている「リネットジャパングループ」の仮条件が発表されました。価格は1690~1830円。想定価格の1,620円を大幅に上回 …

パーティクルボード等製造事業の東京ボード工業のIPOはどうなる?徹底分析!

東証2部において、「東京ボード工業」(証券コード7815)のIPO(新規上場)が行われます。

想定価格は2180円、仮条件は1980円から2180円、ブックビルディング期間は12月8日(月)から12月12日(月)までと …

土木管理総合試験所のIPO投資スタンスは「中立」です!

東証2部において、「土木管理総合試験所」(証券コード6171)のIPO(新規上場)が行われます。

想定価格は1250円、仮条件は1200円から1250円、ブックビルディング期間は8月10日(月)から8月14日(金)、上 …

HANATOUR JAPAN(ハナツアー ジャパン)のIPO仮条件が公開!想定価格を大幅に下回る1,900~2,000円に!

出典:HANATOUR JAPAN
2017年11月27日、東証マザーズで12月中旬に新規上場を控えている「HANATOUR JAPAN」の仮条件が発表されました。価格は1,900~2,000円。想定価格の2,580円 …

GMOリサーチが新規上場しました!右肩上がりの売上高で、堅実なリターンか。

東証マザーズにおいて、「GMOリサーチ」(証券コード3695)のIPO(新規上場)が行われます。

想定価格は2090円、仮条件は2000円から2100円、ブックビルディング期間は10月3日(金)から10月9日(木)まで …

11月に上場したIPO(新規公開株)の公募価格・初値・現在価格まとめ!

2016年11月に新規上場した7種類のIPOの日程・公募価格・初値・現在価格等の最新市況データ情報をまとめてみました。はたして今月はどんな銘柄が初値高騰したのか?推移を検証して今後の予想に役立てましょう。

銘柄名

要興業のIPO仮条件が公開!想定価格をやや上回る700~750円に!

出典:要興業
2017年12月6日、東証2部で12月下旬に新規上場を控えている「要興業」の仮条件が発表されました。価格は700~750円。想定価格の700円をやや上回る水準です。ブックビルディング(需要申告)は明日の1 …

イトクロのIPO投資、吉と出るか凶とでるか?

東証マザーズにおいて、「イトクロ」(証券コード6049)のIPO(新規上場)が行われます。

想定価格は1930円、仮条件は1630円から1930円、ブックビルディング期間は7月14日(火)から7月21日(火)、上場予定 …