2017/06/27

Fringe81のIPO仮条件が公開!想定価格を大幅に上回る2,400~2,600円に!

出典:Fringe81

2017年6月6日、東証マザーズで6月下旬に新規上場を控えている「Fringe81」の仮条件が発表されました。価格は2,400~2,600円。想定価格の2,070円を大幅に上回る水準です。ブックビルディング(需要申告)は明後日の6月8日からスタートします。

Fringe81
銘柄コード 6550/東証マザーズ
仮条件 2,400~2,600円
公開株式数 公募・10万8800株
売出・19万300株(OA含む)
申込株数単位 100株単位
ブックビルディング期間 6/8~6/14
売出し価格 2,600円
購入申込期間 6/19~6/22
上場予定日 2017年6月27日
初値:6,060円

Fringe81について

Fringe81(ふりんじはちいち)は、インターネット広告技術の開発およびコンサルティング事業を展開している会社です。設立は2005年。六本木ヒルズに本社を構える、いわゆるヒルズ族の老舗ネット広告会社というイメージが広く定着しています。

社名のFringe81は、「普通でない、前衛的」という意味の”Fringe”と日本の国番号「81」を組み合わせた造語です。社員一人一人のとんがった感性を活かし、時代の先を行く風雲児的なサービスを提供していきたいという願いが込められています。

主に、インターネット広告代理サービスを行う「グロースコンサルティング事業部」、スマートフォン向けアプリなど新興メディアと広告主の相互成長を支援する「メディアグロース事業部」、自社開発プロダクトを活用したユーザ分析によりコンサルティングを行う「マーケティングソリューション事業部」の三事業で構成。

主幹事業であるインターネット広告代理サービスでは、Google AdWords、Yahoo!プロモーション広告など他社の広告商品だけでなく、自社開発の広告媒体・docomoAdnetworkやdigitalice、Humpty、TagKnightなどのコンサルティング商品も提供。画面上をドラッグして自由に視点を動かせる「360 度動画広告」は、従来の見るだけのCMとは違い、視聴者自身が動画の世界に参加し商品の雰囲気を最大限に疑似体験できる新機軸の映像コンテンツとして高い注目度を誇っています。

動画アドネットワーク Ravidは、自社オリジナルのスマホ動画広告ワンパッケージサービス。配信・計測・検証・改善のサイクルを一手に行い、効率的にスマホ動画のパフォーマンスを向上させることが可能。その他、好きなテーマを選択するだけで自分の嗜好性を測れる匿名共感サイト・シンクルの運営は、否応なく不特定多数の評判を気にしながら活動していかなければならないSNS特有のストレスから解放してくれる先鋭的なネットサービスと言えます。

自分たちの仕事は広告代理業でもアプリ開発でもなく、「地球の未来を創ること」だと豪語するFringe81。優れた技術力を持つエンジニアも多く在籍しており、今後も目覚ましいスピードで進歩を続けるテクノロジーにマッチしたサービスを生みだし、私たちを驚かせてくれることでしょう。

Fringe81の業績

売上高は堅調に伸びているものの、2016年3月期以前の経常利益・当期利益はことごとく赤字になっています。思わず自分の目を疑いたくなるような業績データですが、ご心配には及びません。営業損失は主に事業規模拡大に伴う従業員数・研究開発投資の増加によるものであり、必要経費を計上した一過性のマイナスです。事実、2016年12月時点で黒字転換しており、逆に2017年3月期には1億近い営業利益が見込まれています。インターネット広告は1兆円超えの巨大市場なので将来性抜群。新規上場で調達した資金を研究開発や外部委託費等に充てれば、さらなる事業の拡大に期待できそうです。

2014年3月期 2015年3月期 2016年3月期
売上高 12億2000万円 24億1400万円 45億2000万円
経常利益 -2100万円 -7000万円 -5400万円
当期利益 -4700万円 -1億円 -5500万円
純資産 2億8200万円 6億200万円 5億4700万円

総括

Fringe81のIPOは、東証マザーズで人気化しやすいネット関連銘柄にして公開規模も極めて小さく、初値が高騰しやすい需給環境が整っています。LINEのように業績赤字のまま上場した例もあり、過去の営業損失はそこまで問題視されないでしょう。むしろ、優れた成長性は好材料です。しかし、大株主の中に20%超のベンチャーキャピタルの姿が見えるので、長期保有するにしてもロックアップが解除される90日間・1.5倍のタイミングには注意が必要。確率は微々たるものですが、当選を祈って申し込む価値は十分にあります。

主幹事は野村證券。その他、マネックス証券、SMBC日興証券、みずほ証券、岩井コスモ証券、三菱UFJモルガン・スタンレー証券などでも申し込むことができます。

金熊が断言!IPO投資におすすめのネット証券ランキング

・IPO取扱銘柄の豊富さでNo.1!!
マネックス証券の素晴らしさは色んなIPO銘柄に申込める点です。IPO主幹事になることは少ないですが、新規公開株銘柄の取り扱いはネット証券の中ではピカイチ。しかも抽選方法はIPO株100%全部を1人1票の平等抽選で配分しているので投資実績のない初心者にとってはマネックス証券は外せない。
→ マネックス証券の公式サイトへ
2015年実績   
主幹事数 取扱銘柄 ネット配分・抽選方法
0社 50社 100%・一人一票の平等抽選
公式サイトはこちら

・IPO主幹事が多くて隠れた狙い目の証券会社、それがカブドットコム証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券のグループ会社ということもあり、毎年必ずと言っていいほど多くの新規公開株主幹事証券となるカブドットコム証券。IPO銘柄を狙う人は必ず持っておいて損はない証券口座と言っていいだろう。
→ カブドットコム証券の公式サイトへ
2015年実績   
主幹事数 取扱銘柄 ネット配分・抽選方法
7社 18社 一定割合・一人一票の平等抽選
公式サイトはこちら

・ネット株投資家にとって穴場なのが岡三オンライン証券
IPO株の割当を100%ネット株投資家に配分しているのが岡三オンライン証券だ。IPO株の90%は実績の多い投資家ほど優遇される抽選システムになっているが、10%は取引実績に左右されずに配分される。多少なりとも投資実績のある人にとっては申込むべきネット証券口座だ。
→ 岡三オンライン証券の公式サイトへ
2015年実績   
主幹事数 取扱銘柄 ネット配分・抽選方法
6社 10社 10%以上:一人一票の平等抽選
90%以下:取引実績による優遇抽選
公式サイトはこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 11
    follow us in feedly

  関連記事

介護用電動ベッド関連事業のプラッツ、高齢化社会の潮流に乗り、初値プラスを予想。

東証マザーズにおいて、「プラッツ」(証券コード7813)のIPO(新規上場)が行われます。

想定価格は3240円、ブックビルディング期間は3月11日(水)から3月17日(火)までです。
上場予定日は3月26日(木)とな …

シルバーエッグ・テクノロジーのIPO仮条件が公開!想定価格をやや上回る850~900円に!

出典:シルバーエッグ・テクノロジー
2016年9月6日、東証マザーズで9月下旬に新規上場を控えている「シルバーエッグ・テクノロジー」の仮条件が発表されました。価格は850~900円。想定価格の850円をやや上回る水準で …

バリューデザインのIPO仮条件が公開!想定価格をやや上回る1860~2040円に!

出典:バリューデザイン
2016年9月6日、東証マザーズで9月下旬に新規上場を控えている「バリューデザイン」の仮条件が発表されました。価格は1860~2040円。想定価格の1860円をやや上回る水準です。ブックビルディ …

1月に上場したIPO(新規公開株)の公募価格・初値・現在価格まとめ!

2017年1月に新規上場した1種類のIPOの日程・公募価格・初値・現在価格等の最新市況データ情報をまとめてみました。はたして今月はどんな銘柄が初値高騰したのか?推移を検証して今後の予想に役立てましょう。

銘柄名
銘 …

SKIYAKI(すきやき)のIPO仮条件が公開!想定価格とほぼ同水準の3,200~3,400円に!

出典:SKIYAKI
2017年10月5日、東証マザーズで10月下旬に新規上場を控えている「SKIYAKI」の仮条件が発表されました。価格は3,200~3,400円。想定価格の3,400円とほぼ同水準です。ブックビルデ …

トレードワークスのIPO仮条件が公開!想定価格を上回る2,000~2,200円に!

出典:トレードワークス
2017年11月7日、東証JASDAQスタンダードで11月下旬に新規上場を控えている「トレードワークス」の仮条件が発表されました。価格は2,000~2,200円。想定価格の2,000円を上回る水 …

今さら聞けない!? IPOの申し込み→抽選→購入の流れをおさらいする

IPOはご存知のように非常に人気が高く、手に入れることがまず困難だと言われるほどです。それほど多くの投資家が求め、しかも需要数に対して供給数が絶対的に少ないという狭き門です。もう今さらではありますが、今一度そんなIPOの …

IPOで公募割れを避けるには簡単でもいいから分析をするしかない!

IPO株は公募価格で購入し、上場初日に市場でつく初値で売り抜くのが基本です。多くの場合において、初値は公募価格よりも高くなるのでキャピタルゲインが得られるというわけです。
しかし、稀にですが公募価格よりも初値が安くなって …

エスケーホームのIPO投資スタンスは「やや強気」です!

新興市場である福岡Q-Boardにおいて、「エスケーホーム」(証券コード1431)のIPO(新規上場)が行われます。

想定価格は700円、仮条件は740円から800円、ブックビルディング期間は7月16日(木)から7月2 …

カチタスのIPO仮条件が公開!想定価格とほぼ同水準の1,500~1,640円に!

出典:カチタス
2017年11月27日、東証1部で12月中旬に新規上場を控えている「カチタス」の仮条件が発表されました。価格は1,500~1,640円。想定価格の1,640円とほぼ同水準です。ブックビルディング(需要申 …