2017/03/31

ユーザーローカルのIPO仮条件が公開!想定価格をやや上回る2,780~2,940円に!

2017年3月10日、東証マザーズで3月下旬に新規上場を控えている「ユーザーローカル」の仮条件が発表されました。価格は2,780~2,940円。想定価格の2,860円をやや上回る水準です。ブックビルディング(需要申告)は来週の3月14日からスタートします。

ユーザーローカル
銘柄コード 3984/東証マザーズ
仮条件 2,780~2,940円
公開株式数 公募・20万5000株
売出・26万700株(OA含む)
申込株数単位 100株単位
ブックビルディング期間 3/14~3/21
売出し価格 2,940円
購入申込期間 3/23~3/28
上場予定日 2017年3月30日
初値:12,500円

ユーザーローカルについて

ユーザーローカルは、「データを活用して社会を進化させる」というコンセプトのもとでビッグデータの解析および人工知能による情報提供サービスを展開している会社です。様々な用途に合わせたデータ解析ツールを開発・提供しています。

PC、スマートフォン、タブレット端末向けのWebマーケティング支援ツール・User Insightは、アクセス元だけでなくサイト訪問者の行動まで調査できる解析システム。マウスのモーションやタップの動作などをヒートマップで可視化できるため、ユーザーの関心傾向を細部まで把握することのできるメリットがあります。

FacebookやTwitter等のソーシャルメディアに対応した解析ツール・Social Insight。特定キーワードに関するクチコミをSNS上の膨大な投稿の中から瞬時に取得し、ユーザーの属性や反応等をチェック。コメントを一元管理することで、複数のアカウントでの配信作業を効率化してくれます。

ニュースサイトに特化した解析ツール・Media Insightを活用すれば、人気のニュース記事が一目瞭然。流入数や熟読された段落、SNS上の反響等を詳細に分析できるため、読者のニーズに合った記事作りに重宝します。

AI(人工知能)を組み込んだチャットボットは、ユーザーとのコミュニケーションを自動化できるツール。SNSや会話ログから学習を繰り返し、本物の人間のように精度の高い会話を実現。人件費の削減にもなり、低コストで高品質なサポート業務を24時間体制で確立することができます。

主要取引企業の中には楽天やLINE、ヤフーなど大企業の名があり、「Yahoo!アクセス解析」にアクセス解析ツールのシステムを提供した実績もあります。インターネットの普及により莫大なデジタルデータが行き交う現代、マーケティングに必要な情報を短時間で正確に収集・分析するビッグデータ解析技術は非常に重宝される存在。世界的にも関心度が高く、大いに事業の将来性に期待できるでしょう。

ユーザーローカルの業績

売上高や経常利益などが綺麗に右肩上がりに伸びています。自己資本比率は80%前後を推移。2017年6月期には売上高が10億近くまで伸びると試算されており、業績は全く問題なさそうです。新規上場で調達した資金をサーバー設備投資やシステム関連購入費等に充てれば、さらなる事業拡大に期待できそうです。

2014年6月期 2015年6月期 2016年6月期
売上高 3億4900万円 5億2100万円 7億8400万円
経常利益 1億4400万円 2億1600万円 3億2700万円
当期利益 8700万円 1億3600万円 2億100万円
純資産 2億2400万円 6億2300万円 10億3600万円

総括

ユーザーローカルのIPOは、世界的に注目度の高いビッグデータ、AI関連のビジネスモデルが国内外の投資家の関心を集めそうです。業績も堅調で将来性は申し分なし。大株主の中にベンチャーキャピタルの名も見受けられますが、公開規模はそこまで大きくなく、初値が高騰する条件は十分に揃っています。3月の数あるIPOの中でもトップクラスの期待度です。ぜひ強気で申し込みたい銘柄と言えるでしょう。

主幹事は大和証券。その他、SBI証券、SMBC日興証券、みずほ証券などでも申し込むことができます。

金熊が断言!IPO投資におすすめのネット証券ランキング

・IPO取扱銘柄の豊富さでNo.1!!
マネックス証券の素晴らしさは色んなIPO銘柄に申込める点です。IPO主幹事になることは少ないですが、新規公開株銘柄の取り扱いはネット証券の中ではピカイチ。しかも抽選方法はIPO株100%全部を1人1票の平等抽選で配分しているので投資実績のない初心者にとってはマネックス証券は外せない。
→ マネックス証券の公式サイトへ
2015年実績   
主幹事数 取扱銘柄 ネット配分・抽選方法
0社 50社 100%・一人一票の平等抽選
公式サイトはこちら

・IPO主幹事が多くて隠れた狙い目の証券会社、それがカブドットコム証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券のグループ会社ということもあり、毎年必ずと言っていいほど多くの新規公開株主幹事証券となるカブドットコム証券。IPO銘柄を狙う人は必ず持っておいて損はない証券口座と言っていいだろう。
→ カブドットコム証券の公式サイトへ
2015年実績   
主幹事数 取扱銘柄 ネット配分・抽選方法
7社 18社 一定割合・一人一票の平等抽選
公式サイトはこちら

・ネット株投資家にとって穴場なのが岡三オンライン証券
IPO株の割当を100%ネット株投資家に配分しているのが岡三オンライン証券だ。IPO株の90%は実績の多い投資家ほど優遇される抽選システムになっているが、10%は取引実績に左右されずに配分される。多少なりとも投資実績のある人にとっては申込むべきネット証券口座だ。
→ 岡三オンライン証券の公式サイトへ
2015年実績   
主幹事数 取扱銘柄 ネット配分・抽選方法
6社 10社 10%以上:一人一票の平等抽選
90%以下:取引実績による優遇抽選
公式サイトはこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 9
    follow us in feedly

  関連記事

3月に上場したIPO(新規公開株)の公募価格・初値・現在価格まとめ!

2017年3月に新規上場した22種類のIPOの日程・公募価格・初値・現在価格等の最新市況データ情報をまとめてみました。はたして今月はどんな銘柄が初値高騰したのか?推移を検証して今後の予想に役立てましょう。

銘柄名

次はあなた?上場最年少の歴史を振り返る

出典:株式会社リブセンス
日本のIPOで最年少上場した人が誰かご存知でしょうか。若くして起業し、見事な経営手腕で会社を大きく成長させる人物はどんな人なのでしょう。
2015年10月、この記事を執筆している時点では、日本 …

ジャパン・シニアリビング投資法人のIPO、気になる初値は??

東証REITにおいて、「ジャパン・シニアリビング投資法人」(証券コード3460)のIPO(新規上場)が行われます。

想定価格は200000円、仮条件は180000円から200000円、ブックビルディング期間は7月13日 …

OATアグリオのIPO投資スタンスは地味な業種なので様子見で

出典:OATアグリオ株式会社
東証2部において、「OATアグリオ」(証券コード4979)のIPO(新規上場)が行われます。想定価格は4200円、ブックビルディング期間は6月10日(火)から6月16日(月)までとなってい …

Gunosy(グノシー)の新規上場、初値は可もなく不可もなく。

東証マザーズにおいて、「Gunosy(グノシー)」(証券コード6047)のIPO(新規上場)が行われます。

想定価格は1520円、仮条件は1460円から1520円、ブックビルディング期間は4月10日(金)から4月16日 …

エスケーホームのIPO投資スタンスは「やや強気」です!

新興市場である福岡Q-Boardにおいて、「エスケーホーム」(証券コード1431)のIPO(新規上場)が行われます。

想定価格は700円、仮条件は740円から800円、ブックビルディング期間は7月16日(木)から7月2 …

不動産管理事業のシーアールイー、IPO初値は期待はずれに終わるか?

東証2部において、「シーアールイー」(証券コード6040)のIPO(新規上場)が行われます。

想定価格は3620円、仮条件は3450円から3620円、ブックビルディング期間は4月6日(月)から4月10日(金)まで、上場 …

キャピタル・アセット・プランニングのIPO仮条件が公開!想定価格をやや上回る1960~2000円に!

出典:キャピタル・アセット・プランニング
2016年9月15日、JASDAQスタンダードで10月上旬に新規上場を控えている「キャピタル・アセット・プランニング(Capital Asset Planning)」の仮条件が …

鳥貴族のIPO情報総まとめ -初値予想とMy投資スタンス

出典:ayustety
東証JASDAQスタンダードにおいて、「鳥貴族」(証券コード3193)のIPO(新規上場)が行われます。想定価格は2590円、仮条件は2590円から2800円、ブックビルディング期間は6月24日 …

G-FACTORYのIPO仮条件が公開!想定価格を上回る3080~3240円に!

出典:G-FACTORY
2016年9月12日、東証マザーズで9月下旬に新規上場を控えている「G-FACTORY」の仮条件が発表されました。価格は3080~3240円。想定価格の3080円を上回る水準です。ブックビルデ …