2017/02/24

ユナイテッド&コレクティブのIPO仮条件が公開!想定価格を大幅に上回る1,400~1,620円に!

ユナイテッド&コレクティブ

2017年2月7日、東証マザーズで2月下旬に新規上場を控えている「ユナイテッド&コレクティブ」の仮条件が発表されました。価格は1,400~1,620円。想定価格の1,400円を大幅に上回る水準です。ブックビルディング(需要申告)は明日の2月8日からスタートします。

ユナイテッド&コレクティブ
銘柄コード 3557/東証マザーズ
仮条件 1,400~1,620円
公開株式数 公募・22万8500株
売出・6万8700株(OA含む)
申込株数単位 100株単位
ブックビルディング期間 2/8~2/14
売出し価格 1,620円
購入申込期間 2/16~2/21
上場予定日 2017年2月23日
初値:4,500円

ユナイテッド&コレクティブについて

ユナイテッド&コレクティブは、東京23区を中心とした首都圏で飲食事業を展開している会社です。具体的には、鶏料理居酒屋「てけてけ」、和食「心」、ハンバーガーカフェ「the 3rd Burger」を直営方式にて経営しています。

ユナイテッド&コレクティブが他の外食企業と異なるのは、「ISP(In Store Preparation)」と呼ばれる戦略を実践している点にあります。ちなみにISPとは、各店舗ごとに料理の仕込み作業を行うビジネスモデルのこと。大手チェーン店の場合、セントラルキッチンという工場で食材の一括加工を行って各店舗に配送する手法がとられていますが、クオリティの均一化やコストダウンを図れても長時間の冷凍保存により味の品質が低下してしまうという問題が内在しています。

その点、ISPなら無駄な冷解凍作業を削減でき、鮮度の高い食材の魅力をそのまま顧客に提供できるメリットがあります。たとえ生産性が落ちても本当に美味しい料理をお客様に届けたいという会社のコンセプトを優先する方針に、企業としての強い意思を感じます。

多くの食材を問屋を通さず産地から直送する体制を構築することで、低価格・高品質を実現。居酒屋「てけてけ」では、山形県の楯の川酒造の協力のもと、市販のお酒とは一線を画す爽やかな味わいのオリジナル日本酒を提供。東京オリンピックが始まる2020年までに200店舗展開する「200-20(Two hundred – Twenty)」という中期経営計画も掲げており、ユナイテッド&コレクティブの今後の発展に大いに期待が高まっています。

ユナイテッド&コレクティブの業績

売上高や経常利益などが見事なほど右肩上がりに伸びています。2017年2月期の売上高も50億を超えると試算されており、業績データに力強い将来性を感じます。新規上場で調達した資金を新規出店の設備投資に充てれば、さらなる事業拡大に期待できそうです。

2014年2月期 2015年2月期 2016年2月期
売上高 29億1300万円 33億5600万円 42億2800万円
経常利益 -700万円 7000万円 8200万円
当期利益 1900万円 1500万円 4400万円
純資産 9100万円 4億600万円 4億5000万円

総括

ユナイテッド&コレクティブのIPOは、公開規模がかなり小さく、需給面での初値上昇に期待できそうです。飲食関連銘柄は東証マザーズで人気化しにくいと言われていますが、ベンチャーキャピタル保有株が無く大株主に180日間のロックアップもかかっているので、強気で買いにいける材料も揃っています。申し込んでみても面白そうな銘柄と言えるでしょう。

主幹事はSMBC日興証券。その他、SBI証券マネックス証券、大和証券、岡三証券、岩井コスモ証券、いちよし証券などでも申し込むことができます。

金熊が断言!IPO投資におすすめのネット証券ランキング

・IPO取扱銘柄の豊富さでNo.1!!
マネックス証券の素晴らしさは色んなIPO銘柄に申込める点です。IPO主幹事になることは少ないですが、新規公開株銘柄の取り扱いはネット証券の中ではピカイチ。しかも抽選方法はIPO株100%全部を1人1票の平等抽選で配分しているので投資実績のない初心者にとってはマネックス証券は外せない。
→ マネックス証券の公式サイトへ
2015年実績   
主幹事数 取扱銘柄 ネット配分・抽選方法
0社 50社 100%・一人一票の平等抽選
公式サイトはこちら

・IPO主幹事が多くて隠れた狙い目の証券会社、それがカブドットコム証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券のグループ会社ということもあり、毎年必ずと言っていいほど多くの新規公開株主幹事証券となるカブドットコム証券。IPO銘柄を狙う人は必ず持っておいて損はない証券口座と言っていいだろう。
→ カブドットコム証券の公式サイトへ
2015年実績   
主幹事数 取扱銘柄 ネット配分・抽選方法
7社 18社 一定割合・一人一票の平等抽選
公式サイトはこちら

・ネット株投資家にとって穴場なのが岡三オンライン証券
IPO株の割当を100%ネット株投資家に配分しているのが岡三オンライン証券だ。IPO株の90%は実績の多い投資家ほど優遇される抽選システムになっているが、10%は取引実績に左右されずに配分される。多少なりとも投資実績のある人にとっては申込むべきネット証券口座だ。
→ 岡三オンライン証券の公式サイトへ
2015年実績   
主幹事数 取扱銘柄 ネット配分・抽選方法
6社 10社 10%以上:一人一票の平等抽選
90%以下:取引実績による優遇抽選
公式サイトはこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 9
    follow us in feedly

  関連記事

ムゲンエステート
ムゲンエステート(3299)のIPO、想定価格1200円、仮条件は1100円~1200円

東証マザーズにおいて、「ムゲンエステート」(証券コード3299)のIPO(新規上場)が行われます。

想定価格は1200円、仮条件は1100円から1200円、ブックビルディング期間は6月2日(月)から6月6日(金)までと …

IPOで公募割れを避けるには簡単でもいいから分析をするしかない!

IPO株は公募価格で購入し、上場初日に市場でつく初値で売り抜くのが基本です。多くの場合において、初値は公募価格よりも高くなるのでキャピタルゲインが得られるというわけです。
しかし、稀にですが公募価格よりも初値が安くなって …

topix01
IPOの当選確率を上げるためやっておかなければならないこと

値上がりが高確率であり、しかも値上がり幅もかなりなIPO株ですが、人気ゆえになかなか当たらないというのが常識です。
しかし、現実にはIPOをゲットしている人も少なくありません。どのようにしたらIPOを確実に手に入れるこ …

投資運用事業ファーストブラザーズのIPO,初値はプラスリターンとなるのか。

東証マザーズにおいて、「ファーストブラザーズ」(証券コード3905)のIPO(新規上場)が行われます。

想定価格は2490円、仮条件は1920円から2040円、ブックビルディング期間は1月30日(金)から2月5日(木) …

クラウド関連サービス事業のオプティム(OPTiM)が新規上場しました。初値はどれほど期待できるのでしょうか?

東証マザーズにおいて、「オプティム(OPTiM)」(証券コード3696)のIPO(新規上場)が行われます。

想定価格は3930円、仮条件は3700円から4000円、ブックビルディング期間は10月6日(月)から10月10 …

イトクロのIPO投資、吉と出るか凶とでるか?

東証マザーズにおいて、「イトクロ」(証券コード6049)のIPO(新規上場)が行われます。

想定価格は1930円、仮条件は1630円から1930円、ブックビルディング期間は7月14日(火)から7月21日(火)、上場予定 …

ラクスのIPO仮条件が公開!想定価格をやや下回る920~1080円に!

出典:ラクス
2015年11月18日、東証マザーズで12月上旬に新規上場を控えている「ラクス」の仮条件が発表されました。価格は920~1080円。想定価格の1080円をやや下回る水準です。ブックビルディング(需要申告) …

シンクロ・フードのIPO仮条件が公開!想定価格を上回る1960~2100円に!

出典:シンクロ・フード
2016年9月8日、東証マザーズで9月下旬に新規上場を控えている「シンクロ・フード」の仮条件が発表されました。価格は1960~2100円。想定価格の1960円を上回る水準です。ブックビルディング …

グラフィコのIPO仮条件が公開!想定価格を上回る1970~2160円に!

出典:グラフィコ
2015年12月8日、東証マザーズで12月下旬に新規上場を控えている「グラフィコ」の仮条件が発表されました。価格は1970~2160円。想定価格の1970円を上回る水準です。ブックビルディング(需要申 …

マクロミルのIPO仮条件が公開!ほぼ想定価格通りの1,900~2,100円に!

出典:マクロミル
2017年3月6日、東証で3月下旬に上場を控えている「マクロミル」の仮条件が発表されました。価格は1,900~2,100円。想定価格の2,050円とほぼ同水準です。ブックビルディング(需要申告)は本日 …