2017/02/06

シャノンのIPO仮条件が公開!ほぼ想定価格通りの1,300~1,500円に!

%e3%82%b7%e3%83%a3%e3%83%8e%e3%83%b3

出典:シャノン

2017年1月10日、東証マザーズで1月下旬に新規上場を控えている「シャノン」の仮条件が発表されました。価格は1,300~1,500円。想定価格の1,400円とほぼ同水準です。ブックビルディング(需要申告)は明日の1月11日からスタートします。

シャノン
銘柄コード 3976/東証マザーズ
仮条件 1,300~1,500円
公開株式数 公募・15万株
売出・2万2500株(OA含む)
申込株数単位 100株単位
ブックビルディング期間 1/11~1/17
売出し価格 1,500円
購入申込期間 1/20~1/25
上場予定日 2017年1月27日
初値:6,310円

シャノンについて

シャノンは、「Marketing is Science」をコンセプトに企業の抱えるマーケティングの課題の解決を支援している会社です。具体的には、マーケティングクラウドサービスの企画・開発・販売およびマーケティングコンサルティングサービスの提供を行っています。

シャノンが開発した「SHANON MARKETING PLATFORM(シャノンマーケティングプラットフォーム)」は、マーケティング業務の自動化および統合的なデータ管理で、戦略的なコミュニケーションを実現するクラウドアプリケーション。Webコンテンツの作成、営業効果の分析など、多岐に渡るマーケティングのステップを効率的に進められるメリットがあります。

セミナー管理、イベント管理、キャンペーンマネジメントなど様々な機能を実装。自由度の高いHTMLテンプレートが柔軟なカスタマイズ性を実現。6年連続でシェアナンバーワンに輝いている実績が「SHANON MARKETING PLATFORM」の信頼性を如実に物語っています。

多様化の一途をたどる近年のマーケティング業界。安定した再現性が求められるこの分野において、シャノンは市場規模拡大に大きく寄与するリーディングカンパニーとなることでしょう。

シャノンの業績

売上高や経常利益が安定して伸びている印象を受けます。2017年度の営業利益は1億を超えると試算されており、企業の成長性にも十分に期待できます。新規上場で調達した資金を人材育成、サーバー増強などの設備投資に充てれば、さらなる事業拡大に期待できそうです。

2014年10月期 2015年10月期 2016年10月期
売上高 18億1500万円 14億1100万円 15億3400万円
経常利益 -5700万円 3000万円 4300万円
当期利益 -6500万円 2400万円 3700万円
純資産 2億1400万円 2億3900万円 4億4400万円

総括

シャノンのIPOは、東証マザーズで人気のあるクラウド関連の銘柄である上に当選確率が非常に低く、需給面で初値高騰に期待できそうです。例年年明け一発目のIPOは値上がりしやすい傾向にあるので、是が非でも当選を祈って申し込みたいところです。

主幹事は東洋証券。その他、SBI証券マネックス証券、みずほ証券、エース証券、極東証券などでも申し込むことができます。

金熊が断言!IPO投資におすすめのネット証券ランキング

・IPO取扱銘柄の豊富さでNo.1!!
マネックス証券の素晴らしさは色んなIPO銘柄に申込める点です。IPO主幹事になることは少ないですが、新規公開株銘柄の取り扱いはネット証券の中ではピカイチ。しかも抽選方法はIPO株100%全部を1人1票の平等抽選で配分しているので投資実績のない初心者にとってはマネックス証券は外せない。
→ マネックス証券の公式サイトへ
2015年実績   
主幹事数 取扱銘柄 ネット配分・抽選方法
0社 50社 100%・一人一票の平等抽選
公式サイトはこちら

・IPO主幹事が多くて隠れた狙い目の証券会社、それがカブドットコム証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券のグループ会社ということもあり、毎年必ずと言っていいほど多くの新規公開株主幹事証券となるカブドットコム証券。IPO銘柄を狙う人は必ず持っておいて損はない証券口座と言っていいだろう。
→ カブドットコム証券の公式サイトへ
2015年実績   
主幹事数 取扱銘柄 ネット配分・抽選方法
7社 18社 一定割合・一人一票の平等抽選
公式サイトはこちら

・ネット株投資家にとって穴場なのが岡三オンライン証券
IPO株の割当を100%ネット株投資家に配分しているのが岡三オンライン証券だ。IPO株の90%は実績の多い投資家ほど優遇される抽選システムになっているが、10%は取引実績に左右されずに配分される。多少なりとも投資実績のある人にとっては申込むべきネット証券口座だ。
→ 岡三オンライン証券の公式サイトへ
2015年実績   
主幹事数 取扱銘柄 ネット配分・抽選方法
6社 10社 10%以上:一人一票の平等抽選
90%以下:取引実績による優遇抽選
公式サイトはこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 11
    follow us in feedly

  関連記事

介護医療関連分野の事業を展開するエランが新規上場!徹底分析しました!

東証マザーズにおいて、「エラン」(証券コード6099)のIPO(新規上場)が行われます。

想定価格は1620円、仮条件は1620円から1750円、ブックビルディング期間は10月20日(月)から10月24日(金)までとな …

ipo_東京証券取引所
IPOはなかなか当たらないのが常識ということはわかっておくべき

株式投資の中でも高確率で、しかも値上がり幅も大きいということでIPOは非常に人気の高い取り引きになっています。これまで上場していなかった企業が証券取引所に株を公開して上場するのですから、それなりに勢いがあるわけです。そ …

インターネット求人情報サイト運営事業のインターワークスのIPOは安定した結果を予想!

東証マザーズにおいて、「インターワークス」(証券コード6032)のIPO(新規上場)が行われます。

想定価格は1720円、仮条件は1720円から1750円、ブックビルディング期間は12月5日(金)から12月11日(木) …

ブラスのIPO仮条件が公開!想定価格をやや下回る4000~4370円に!

出典:BRASS
2016年2月18日、東証マザーズで3月上旬に新規上場を控えている「ブラス」の仮条件が発表されました。価格は4000~4370円。想定価格の4370円をやや下回る水準です。ブックビルディング(需要申告 …

スシローグローバルホールディングスのIPO仮条件が公開!ほぼ想定価格通りの3,600~3,900円に!

出典:スシローグローバルホールディングス
2017年3月13日、東証で3月下旬に上場を控えている「スシローグローバルホールディングス」の仮条件が発表されました。価格は3,600~3,900円。想定価格の3,900円と同 …

GMOリサーチが新規上場しました!右肩上がりの売上高で、堅実なリターンか。

東証マザーズにおいて、「GMOリサーチ」(証券コード3695)のIPO(新規上場)が行われます。

想定価格は2090円、仮条件は2000円から2100円、ブックビルディング期間は10月3日(金)から10月9日(木)まで …

ミズホメディーのIPO仮条件が公開!想定価格を上回る980~1100円に!

出典:ミズホメディー
2015年11月26日、JASDAQスタンダードで12月中旬に新規上場を控えている「ミズホメディー」の仮条件が発表されました。価格は980~1100円。想定価格の980円をやや上回る水準です。ブッ …

ダブルスタンダードのIPO仮条件が公開!ほぼ想定価格通りの2030~2190円に!

出典:ダブルスタンダード
2015年11月25日、東証マザーズで12月中旬に新規上場を控えている「ダブルスタンダード」の仮条件が発表されました。価格は2030~2190円。想定価格の2100円付近の水準です。ブックビル …

6月に上場したIPO(新規公開株)の公募価格・初値・現在価格まとめ!

2017年6月に新規上場した7種類のIPOの日程・公募価格・初値・現在価格等の最新市況データ情報をまとめてみました。はたして今月はどんな銘柄が初値高騰したのか?推移を検証して今後の予想に役立てましょう。

銘柄名
銘 …

AMBITION(アンビション)のIPO情報!強気での投資スタンスを推奨

出典:株式会社アンビション
東証マザーズにおいて、「AMBITION(アンビション)」(証券コード3300)のIPO(新規上場)が行われます。想定価格は840円、仮条件は860円から960円、ブックビルディング期間は9 …