イノベーションのIPO仮条件が公開!想定価格を上回る2,570~2,770円に!

%e3%82%a4%e3%83%8e%e3%83%99%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b3

2016年12月5日、東証マザーズで12月下旬に新規上場を控えている「イノベーション」の仮条件が発表されました。価格は2,570~2,770円。想定価格の2,570円を上回る水準です。ブックビルディング(需要申告)は明日の12月6日からスタートします。

イノベーション
銘柄コード 3970/東M
仮条件 2,570~2,770円
公開株式数 公募・15万3600株
売出・7万4700株(OA含む)
申込株数単位 100株単位
ブックビルディング期間 12/6~12/12
売出し価格決定日 2016年12月13日
購入申込期間 12/14~12/19
上場予定日 2016年12月21日

イノベーションについて

イノベーションは、「法人営業を変革する」をテーマにインターネットを活用したBtoBマーケティングの効率化支援サービスを展開している会社です。具体的には、成果報酬型の比較・資料請求サイトの運営およびマーケティングオートメーションツールの開発・提供を行っています。

企業が消費者に商品を売り込むBtoC(Business To Consumer)と違い、BtoB(Business To Business)の営業では顧客の購買意欲が比較的高い分、話を進めやすいという特徴があります。しかし、顧客候補の選別からアポイントメント、プレゼンテーション、上司の決裁など手間のかかるステップがいくつも存在しており、非効率な工程となっていることも否めません。

そこでイノベーションは、法人営業を五つのプロセスに分解。法人向けの比較・資料請求自社メディア「ITトレンド」と「BIZトレンド」を活用したオンラインメディア事業で「認知」、「見込み顧客情報獲得」のプロセスをサポート。受注確度の高い見込み顧客を短時間でピックアップできるITクラウドサービス「List Finder」、インストール不要でインターネット上での対面を実現するオンライン商談システム「belFace」などを用いたセールスクラウド事業で「見込み顧客育成」、「提案・クロージング」、「アップセル・クロスセル」のプロセスをサポートしています。

ITを活用すれば、新規の飛び込みやアポ取りなど世間一般に認知されている営業職の苦労・時間の浪費を大幅に軽減することが可能です。法人営業を円滑に進めることで、短期間で双企業の売上向上に繋がります。元敏腕営業マンの経験を持つ富田直人氏が代表取締役を務めているだけあって、イノベーションのサービスは実用性に長けているともっぱらの評判。日本経済の発展に欠かせない営業分野で、業界を牽引する存在となることでしょう。

イノベーションの業績

売上が堅調に推移している印象を受けます。一時期赤字だった経常利益も黒字に転換。2017年には営業利益が1億円を超えると試算されており, 事業の成長性を感じます。新規上場で調達した資金を会社の運転資金に充てれば、さらなる事業拡大に期待できそうです。

2014年3月期 2015年3月期 2016年3月期
売上高 14億1600万円 15億6500万円 13億400万円
経常利益 -1500万円 4500万円 500万円
当期利益 -1600万円 600万円 1300万円
純資産 7900万円 8600万円 2億2900万円

総括

イノベーションのIPOは、マザーズで人気化しやすいネット関連の銘柄である上に公開規模が非常に小さく、希少性が投資家の関心を集めそうです。主要大株主には180日間のロックアップがかかっており、ベンチャーキャピタルの売り圧力が無いのも魅力的。同日にはセグエグループとグレイステクノロジーの上場も控えていますが、十分に初値高騰に期待できる案件でしょう。是が非でもアタックしたいところです。

主幹事はSMBC日興証券。その他、SBI証券マネックス証券、みずほ証券、いちよし証券、エース証券などでも申し込むことができます。

金熊が断言!IPO投資におすすめのネット証券ランキング

・IPO取扱銘柄の豊富さでNo.1!!
マネックス証券の素晴らしさは色んなIPO銘柄に申込める点です。IPO主幹事になることは少ないですが、新規公開株銘柄の取り扱いはネット証券の中ではピカイチ。しかも抽選方法はIPO株100%全部を1人1票の平等抽選で配分しているので投資実績のない初心者にとってはマネックス証券は外せない。
→ マネックス証券の公式サイトへ
2015年実績   
主幹事数 取扱銘柄 ネット配分・抽選方法
0社 50社 100%・一人一票の平等抽選
公式サイトはこちら

・IPO主幹事が多くて隠れた狙い目の証券会社、それがカブドットコム証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券のグループ会社ということもあり、毎年必ずと言っていいほど多くの新規公開株主幹事証券となるカブドットコム証券。IPO銘柄を狙う人は必ず持っておいて損はない証券口座と言っていいだろう。
→ カブドットコム証券の公式サイトへ
2015年実績   
主幹事数 取扱銘柄 ネット配分・抽選方法
7社 18社 一定割合・一人一票の平等抽選
公式サイトはこちら

・ネット株投資家にとって穴場なのが岡三オンライン証券
IPO株の割当を100%ネット株投資家に配分しているのが岡三オンライン証券だ。IPO株の90%は実績の多い投資家ほど優遇される抽選システムになっているが、10%は取引実績に左右されずに配分される。多少なりとも投資実績のある人にとっては申込むべきネット証券口座だ。
→ 岡三オンライン証券の公式サイトへ
2015年実績   
主幹事数 取扱銘柄 ネット配分・抽選方法
6社 10社 10%以上:一人一票の平等抽選
90%以下:取引実績による優遇抽選
公式サイトはこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 9
    follow us in feedly

  関連記事

土木管理総合試験所のIPO投資スタンスは「中立」です!

東証2部において、「土木管理総合試験所」(証券コード6171)のIPO(新規上場 …

新規上場したメディカル・データ・ビジョン。初値はプラスリターンを予想!

東証マザーズにおいて、「メディカル・データ・ビジョン」(証券コード3902)のI …

介護用電動ベッド関連事業のプラッツ、高齢化社会の潮流に乗り、初値プラスを予想。

東証マザーズにおいて、「プラッツ」(証券コード7813)のIPO(新規上場)が行 …

ミドルウエアを中心とするソフトウエアの開発企業、CRIミドルウエアが新規上場!初値は大きくプラスとなるか!?

東証マザーズにおいて、「CRIミドルウェア」(証券コード3698)のIPO(新規 …

プレミアグループのIPO仮条件が公開!想定価格を上回る2,260~2,320円に!

出典:プレミアグループ 2017年12月4日、東証2部で12月下旬に新規上場を控 …

メドピアのIPO情報と今後の行方予想総まとめ

出典:メドピア株式会社 東証マザーズにおいて、「メドピア」(証券コード6095) …

ヤマシンフィルタが新規上場!初値への期待値はどれくらいか?

東証2部において、「ヤマシンフィルタ」(証券コード6240)のIPO(新規上場) …

初値は果たしてどうなるか?気になる!デクセリアルズのIPO!

東証1部において、「デクセリアルズ」(証券コード4980)のIPO(新規上場)が …

Wantedly(ウォンテッドリー)のIPO仮条件が公開!想定価格を上回る880~1,000円に!

出典:ウォンテッドリー 2017年8月28日、東証マザーズで9月中旬に新規上場を …

日本郵政グループのIPO仮条件が公開!日本郵政は1100~1400円!

2015年10月7日、日本中の投資家が注目している今年最大の上場イベント「日本郵 …