2016/12/08

ZMPのIPO仮条件が公開!想定価格を大幅に上回る760~1040円に!

zmp

出典:ZMP

2016年11月29日、東証マザーズで12月中旬に新規上場を控えている「ZMP」の仮条件が発表されました。価格は760~1040円。想定価格の760円を大幅に上回る水準です。ブックビルディング(需要申告)は明日の11月30日からスタートします。

ZMP
銘柄コード 7316 /東M
仮条件 760~1040円
公開株式数 公募・350万5000株
売出・812万3000株(OA含む)
申込株数単位 100株単位
ブックビルディング期間 11/30~12/8
売出し価格決定日 2016年12月9日
購入申込期間 12/12~12/15
上場予定日 2016年12月19日

ZMPについて

ZMPは、自律移動ロボットテクノロジー事業を推進しているベンチャー企業です。社名のZMP(ゼット・エム・ピー)は、「重力」と「慣性力」を加味した動力学的重心位置を示す「Zero Moment Point(ゼロモーメントポイント)」という足裏上の点を指すロボット工学用語の略。二足歩行型ロボットの運動を制御する上で欠かせない計算過程であるように、ロボット産業分野で最も重要な存在でありたいという願いが込められています。

特に同社が研究に力を入れているのが、近年話題を呼んでいる「自動運転技術」です。搭載レーダーで障害物を検知してドライバーに危険を知らせる運転アシスト機能はすでに広く普及していますが、世界中の関係者が人間の操作そのものを必要としない「完全自動運転車」の実現を目指しています。

バック・トゥ・ザ・フューチャーやトータル・リコール等のSF映画には空を飛ぶ車やロボットが運転するタクシーなどクールな乗り物が多数登場しますが、今や現実の世界でもこのような自動車の製造が夢ではなくなりつつあります。実際、日産やホンダ等の大手自動車メーカーは東京オリンピックが開催される2020年までに自動運転車の発売を目指しており、ZMPもインテル社の出資のもと様々な高度な自動運転テクノロジーを開発しています。

レーザー、ミリ波レーダ、高性能グラフィックプロセッサ搭載カメラ等のセンサーを駆使することで、GPSが不安定になる環境でも安定した走行を可能に。うたた寝やわき見運転に代表されるヒューマンエラーの回避は、交通事故の減少効果を期待できます。ドライバーの健康状態を計測する生体センサーは、周囲だけでなく同乗者の安全確認にも重宝します。

また、これらのZMPのテクノロジーは、物流や医療、モバイル端末、大型作業機械など幅広い分野にも提供されています。人が携わるあらゆる機械を自動化して安全・便利な社会インフラを構築する上で、ZMP社は期待度抜群の会社と言えるでしょう。

ZMPの業績

売上高は堅調に伸びているものの、およそ6000万円の赤字となっています。2016年12月期の業績も1億円以上の赤字になると試算されており、赤字のまま東証マザーズに上場することになりそうです。現時点での業績は正直あまりパッとしませんが、中小企業ながら10億に迫る売り上げは非常に魅力的。自己資本比率も90%台を推移しており、将来性には十分に期待できそうです。新規上場で調達した資金を研究開発費などに充てれば、さらなる事業拡大に期待できそうです。

2013年12月期 2014年12月期 2015年12月期
売上高 4億2300万円 6億3900万円 7億1000万円
経常利益 1億1700万円 9200万円 -5800万円
当期利益 1億500万円 8300万円 -6000万円
純資産 4億7600万円 9億6900万円 12億2700万円

総括

ZMPのIPOは、規模の大きさや業績が赤字の時点で上場しているところがLINEやCYBERDYNEを彷彿とさせます。LINEのIPOも上場前は非常に不安視されましたが、ふたを開けてみれば公開価格比約48.4%増の4,900円(CYBERDYNEは130%増の8,510円)だったように、やはり株価は期待によって上がるもの。インテルに代表される世界トップクラスの一流企業が出資していることからも技術力の信頼性に疑いようはなく、現時点での業績はそこまで気にする必要はないでしょう。株価も個人投資家が参入しやすい手頃な価格。ぜひ申し込みたい銘柄の一つです。

ただし、11月17日に発表された顧客の個人情報流出問題は一抹の不安材料です。5月頃に同社のIDおよびパスワード管理の不備によって何者かに不正アクセスされた際にDM登録されていた顧客の情報が盗まれたとみられ、11月上旬にその顧客リストの一部がインターネット上に公開されてしまいました。これは企業の信頼性を大きく損なう問題。よりによってこの時期を狙ったのは上場妨害の意図さえ感じる許しがたい事件です。株式相場の地合いは好調なので、悪評が株価に影響しないことを祈るばかりです。

主幹事はSMBC日興証券。その他、JPモルガン証券、SBI証券マネックス証券、大和証券、みずほ証券、岡三証券、岩井コスモ証券、東洋証券、SMBCフレンド証券、東海東京証券、いちよし証券、エイチ・エス証券、エース証券、極東証券などでも申し込むことができます。

(12月8日追記)
多くの投資家から関心を集めていたZMPのIPOですが、残念ながら本日12月8日に新株式発行および売出しの中止と上場手続き延期が決定しました。やはり件の顧客情報流出が原因で、情報セキュリティ体制の見直しのためにもう少し時間が必要であると判断されたようです。

12月のIPOの目玉になることが確実視されていただけに本当に残念ですが、致し方ない対応と言えるでしょう。いつになるか分かりませんが、ZMPの新規上場の日程が決まったら、改めて金熊ブログで紹介したいと思います。

金熊が断言!IPO投資におすすめのネット証券ランキング

・IPO取扱銘柄の豊富さでNo.1!!
マネックス証券の素晴らしさは色んなIPO銘柄に申込める点です。IPO主幹事になることは少ないですが、新規公開株銘柄の取り扱いはネット証券の中ではピカイチ。しかも抽選方法はIPO株100%全部を1人1票の平等抽選で配分しているので投資実績のない初心者にとってはマネックス証券は外せない。
→ マネックス証券の公式サイトへ
2015年実績   
主幹事数 取扱銘柄 ネット配分・抽選方法
0社 50社 100%・一人一票の平等抽選
公式サイトはこちら

・IPO主幹事が多くて隠れた狙い目の証券会社、それがカブドットコム証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券のグループ会社ということもあり、毎年必ずと言っていいほど多くの新規公開株主幹事証券となるカブドットコム証券。IPO銘柄を狙う人は必ず持っておいて損はない証券口座と言っていいだろう。
→ カブドットコム証券の公式サイトへ
2015年実績   
主幹事数 取扱銘柄 ネット配分・抽選方法
7社 18社 一定割合・一人一票の平等抽選
公式サイトはこちら

・ネット株投資家にとって穴場なのが岡三オンライン証券
IPO株の割当を100%ネット株投資家に配分しているのが岡三オンライン証券だ。IPO株の90%は実績の多い投資家ほど優遇される抽選システムになっているが、10%は取引実績に左右されずに配分される。多少なりとも投資実績のある人にとっては申込むべきネット証券口座だ。
→ 岡三オンライン証券の公式サイトへ
2015年実績   
主幹事数 取扱銘柄 ネット配分・抽選方法
6社 10社 10%以上:一人一票の平等抽選
90%以下:取引実績による優遇抽選
公式サイトはこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 10
    follow us in feedly

  関連記事

イノベーションのIPO仮条件が公開!想定価格を上回る2,570~2,770円に!

出典:イノベーション
2016年12月5日、東証マザーズで12月下旬に新規上場を控えている「イノベーション」の仮条件が発表されました。価格は2,570~2,770円。想定価格の2,570円を上回る水準です。ブックビルデ …

ブラスのIPO仮条件が公開!想定価格をやや下回る4000~4370円に!

出典:BRASS
2016年2月18日、東証マザーズで3月上旬に新規上場を控えている「ブラス」の仮条件が発表されました。価格は4000~4370円。想定価格の4370円をやや下回る水準です。ブックビルディング(需要申告 …

Wantedly(ウォンテッドリー)のIPO仮条件が公開!想定価格を上回る880~1,000円に!

出典:ウォンテッドリー
2017年8月28日、東証マザーズで9月中旬に新規上場を控えている「ウォンテッドリー」の仮条件が発表されました。価格は880~1,000円。想定価格の880円を上回る水準です。ブックビルディング …

九州旅客鉄道(JR九州)のIPO仮条件が公開!想定価格をやや上回る2400~2600円に!

出典:九州旅客鉄道
2016年10月6日、東京証券取引所と福岡証券取引所で10月下旬に新規上場を控えている「九州旅客鉄道(JR九州)」の仮条件が発表されました。価格は2400~2600円。想定価格の2450円をやや上回 …

Gunosy(グノシー)の新規上場、初値は可もなく不可もなく。

東証マザーズにおいて、「Gunosy(グノシー)」(証券コード6047)のIPO(新規上場)が行われます。

想定価格は1520円、仮条件は1460円から1520円、ブックビルディング期間は4月10日(金)から4月16日 …

IPOの売り時のタイミングは初値が基本であるワケを理解しておくべき理由

IPO株を手に入れた場合、どこかのタイミングで売ってしまわないと売却益は得られません。長期投資で保有するつもりであれば別ですが、基本的には売るタイミングを知っておきましょう。
当然ながら、買った値段よりも売る値段が高くな …

シェアリングテクノロジーのIPO仮条件が公開!想定価格を上回る1,560~1,600円に!

出典:シェアリングテクノロジー
2017年7月14日、東証マザーズと名証セントレックスで8月上旬に新規上場を控えている「シェアリングテクノロジー」の仮条件が発表されました。価格は1,560~1,600円。想定価格の1, …

OATアグリオのIPO投資スタンスは地味な業種なので様子見で

出典:OATアグリオ株式会社
東証2部において、「OATアグリオ」(証券コード4979)のIPO(新規上場)が行われます。想定価格は4200円、ブックビルディング期間は6月10日(火)から6月16日(月)までとなってい …

ウェルビーのIPO仮条件が公開!想定価格とほぼ同水準の2,400~2,580円に!

出典:ウェルビー
2017年9月15日、東証マザーズで10月上旬に新規上場を控えている「ウェルビー」の仮条件が発表されました。価格は2,400~2,580円。想定価格の2,580円とほぼ同水準です。ブックビルディング( …

オイスターバー経営のヒューマンウェブが新規上場!気になる初値は?

東証マザーズにおいて、「ヒューマンウェブ」(証券コード3224)のIPO(新規上場)が行われます。

想定価格は1700円、ブックビルディング期間は3月2日(月)から3月6日(金)までです。
ヒューマンウェブは「牡蠣」を …