シルバーエッグ・テクノロジーのIPO仮条件が公開!想定価格をやや上回る850~900円に!

シルバーエッグ・テクノロジー

2016年9月6日、東証マザーズで9月下旬に新規上場を控えている「シルバーエッグ・テクノロジー」の仮条件が発表されました。価格は850~900円。想定価格の850円をやや上回る水準です。ブックビルディング(需要申告)は明後日の9月7日からスタートします。

シルバーエッグ・テクノロジー
銘柄コード 3961/東M
仮条件 850~900円
公開株式数 公募・32万株
売出・27万8000株(OA含む)
申込株数単位 100株単位
ブックビルディング期間 9/8~9/14
売出し価格決定日 2016年9月15日
購入申込期間 9/16~9/23
上場予定日 2016年9月27日

シルバーエッグ・テクノロジーについて

シルバーエッグ・テクノロジーは、AI(人工知能)技術をベースにしたウェブマーケティングサービスの開発を行っている会社です。

ベイジアン協調フィルタリング、カーネル法などの数学を応用した機械学習技術によりリアルタイムでユーザーの行動履歴を分析し、自動的に次のニーズを予測表示。近年多くのオンラインショップで導入されているレコメンデーション技術で、効率的なマーケティングをサポートしています。

集客のためにメルマガを配信している企業は少なくありませんが、全ユーザーに一律に同じ内容を紹介しても大きな効果は得られません。その点、ビッグデータの高精度解析をも可能とするシルバーエッグ・テクノロジーのレコメンデーションを活用すれば、各ユーザーの需要にマッチしたサービスを提案することができ、レスポンスを最適化することが出来ます。

Web上での行動情報をサイトやアプリ等のタッチポイントに反映するアイジェント・レコメンダー、メール開封時にレコメンド結果を表示するレコガゾウ、購買に至らなかった離脱ユーザーのIDを抽出するターゲットセレクト等、応用力抜群のシステムが充実。

テレビコマーシャルのような不特定多数の視聴者にがむしゃらに宣伝を見せて回るプロモーションは、オンラインサービスの世界では時代遅れの産物と言っても過言ではありません。顧客が真に探したいものを発見するアシストをしてくれる人工知能技術は、今後もWebビジネスの主流となることでしょう。

シルバーエッグ・テクノロジーの業績

売上高や経常利益が順調に伸び続けています。自己資本比率も70~80%台を推移しており、業績面には特に懸念材料はなさそうです。社長のトーマス・アクイナス・フォーリー氏はアメリカ出身のソフトウェアエンジニアであり、オランダに子会社を設立していることからもグローバルな事業展開への期待も高まっています。新規上場で調達した資金を設備投資費等に充てれば.さらなる事業の発展に期待できそうです。

2013年12月期 2014年12月期 2015年12月期
売上高 3億5400万円 4億8400万円 5億9900万円
経常利益 300万円 5800万円 7400万円
当期利益 200万円 3600万円 4800万円
純資産 1億6800万円 2億500万円 2億5300万円

総括

シルバーエッグ・テクノロジーのIPOは、幹事証券会社が3社しかなく需給面での初値高騰に期待できます。主要株主には90日間1.5倍のロックアップ。事業の将来性も高いので、どこまで上がるか非常に興味があります。当選確率はあまり高くありませんが、当たればラッキーの精神で申し込んでみてはいかがでしょうか。

主幹事は大和証券。その他、みずほ証券、SBI証券などでも申し込むことができます。

金熊が断言!IPO投資におすすめのネット証券ランキング

・IPO取扱銘柄の豊富さでNo.1!!
マネックス証券の素晴らしさは色んなIPO銘柄に申込める点です。IPO主幹事になることは少ないですが、新規公開株銘柄の取り扱いはネット証券の中ではピカイチ。しかも抽選方法はIPO株100%全部を1人1票の平等抽選で配分しているので投資実績のない初心者にとってはマネックス証券は外せない。
→ マネックス証券の公式サイトへ
2015年実績   
主幹事数 取扱銘柄 ネット配分・抽選方法
0社 50社 100%・一人一票の平等抽選
公式サイトはこちら

・IPO主幹事が多くて隠れた狙い目の証券会社、それがカブドットコム証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券のグループ会社ということもあり、毎年必ずと言っていいほど多くの新規公開株主幹事証券となるカブドットコム証券。IPO銘柄を狙う人は必ず持っておいて損はない証券口座と言っていいだろう。
→ カブドットコム証券の公式サイトへ
2015年実績   
主幹事数 取扱銘柄 ネット配分・抽選方法
7社 18社 一定割合・一人一票の平等抽選
公式サイトはこちら

・ネット株投資家にとって穴場なのが岡三オンライン証券
IPO株の割当を100%ネット株投資家に配分しているのが岡三オンライン証券だ。IPO株の90%は実績の多い投資家ほど優遇される抽選システムになっているが、10%は取引実績に左右されずに配分される。多少なりとも投資実績のある人にとっては申込むべきネット証券口座だ。
→ 岡三オンライン証券の公式サイトへ
2015年実績   
主幹事数 取扱銘柄 ネット配分・抽選方法
6社 10社 10%以上:一人一票の平等抽選
90%以下:取引実績による優遇抽選
公式サイトはこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 9
    follow us in feedly

  関連記事

次はあなた?上場最年少の歴史を振り返る

出典:株式会社リブセンス
日本のIPOで最年少上場した人が誰かご存知でしょうか。若くして起業し、見事な経営手腕で会社を大きく成長させる人物はどんな人なのでしょう。
2015年10月、この記事を執筆している時点では、日本 …

リアルワールドのIPO情報まとめ!強気での投資スタンスを推奨

出典:リアルワールド
東証マザーズにおいて、「リアルワールド」(証券コード3591)のIPO(新規上場)が行われます。想定価格は2530円、仮条件は2330円から2530円、ブックビルディング期間は9月2日(火)から9 …

分譲マンション建設事業のファーストコーポレーションが新規上場!初値のプラスリターンは期待できる?

東証マザーズにおいて、「ファーストコーポレーション」(証券コード1430)のIPO(新規上場)が行われます。

想定価格は1530円、ブックビルディング期間は3月6日(金)から3月12日(木)までです。また上場予定日は3 …

一大グループ・リクルートホールディングスが新規上場で初値価格はどうなる?

東証1部において、「リクルートホールディングス」(証券コード6098)のIPO(新規上場)が行われます。想定価格は2800円、仮条件は2800円から3100円、ブックビルディング期間は9月30日(火)から10月3日(金 …

9月に上場したIPO(新規公開株)の公募価格・初値・現在価格まとめ!

2016年9月に新規上場した11種類のIPOの日程・公募価格・初値・現在価格等の市況データをまとめてみました。はたして今月はどんな銘柄が初値高騰したのか?推移を検証して今後の予想に役立てましょう。

銘柄名
銘柄コー …

エムケイシステムのIPO。クラウドサービスの注目度の高さが初値にも反映されるか。

東証JASDAQスタンダードにおいて、「エムケイシステム」(証券コード3910)のIPO(新規上場)が行われます。

想定価格は3300円、仮条件は3300円から3500円、ブックビルディング期間は3月2日(月)から3月 …

アセンテックのIPO仮条件が公開!想定価格を大幅に上回る1,840~2,000円に!

出典:アセンテック
2017年4月5日、東証マザーズで4月下旬に新規上場を控えている「アセンテック」の仮条件が発表されました。価格は1,840~2,000円。想定価格の1,720円を大幅に上回る水準です。ブックビルディ …

インターネット医療人材紹介サービス事業を手掛けるMRTの新規上場!気になる初値は大幅なプラス予想!

東証マザーズにおいて、「MRT」(証券コード6034)のIPO(新規上場)が行われます。

想定価格は720円、仮条件は750円から800円、ブックビルディング期間は12月10日(水)から12月16日(火)までです。
M …

日本郵政グループ3社が新規上場!超大型のIPOは言うまでもなく大注目!!

2015年9月をメドに「日本郵政」「ゆうちょ銀行」「かんぽ生命」の日本郵政グループ3社が新規上場を行う予定です。

これらは超大型のIPOであり、投資家としては見逃せない注目のIPOだといえるでしょう。
これまでには19 …

ティビィシィ・スキヤツト(TBCSCAT)のIPO仮条件が公開!ほぼ想定価格通りの1,300~1,400円に!

出典:ティビィシィ・スキヤツト
2016年12月5日、JASDAQスタンダードで12月下旬に新規上場を控えている「ティビィシィ・スキヤツト」の仮条件が発表されました。価格は1,300~1,400円。想定価格の1,340 …