リファインバースのIPO仮条件が公開!想定価格をやや下回る1500~1700円に!

リファインバース

2016年7月8日、東証マザーズで7月下旬に新規上場を控えている「リファインバース」の仮条件が発表されました。価格は1500~1700円。想定価格の1700円をやや下回る水準です。ブックビルディング(需要申告)は来週の7月12日からスタートします。

リファインバース
銘柄コード 6531/東M
仮条件 1500~1700円
公開株式数 公募・9万株
売出・9万9500株(OA含む)
申込株数単位 100株単位
ブックビルディング期間 7/12~7/19
売出し価格決定日 2016年7月20日
購入申込期間 7/21~7/26
上場予定日 2016年7月28日

リファインバースについて

リファインバースは、「社会の持続的発展に寄与することを目指す」というコンセプトのもと、廃棄物のリサイクル事業を展開している会社です。本社および連結子会社2社(インバースプロダクツ株式会社、株式会社ジーエムエス)で構成。主に、再生樹脂製造販売事業と産業廃棄物処理事業を推進しています。ちなみに社名のリファインバースは「Refine」と「Inverse」を併せた造語で、大量の廃棄物を原料として逆転(inverse)させて新しい素材に純化させる(Refine)というビジネススタイルを表しています。

リファインバースが独自開発した精密加工技術は世界でも例を見ないほどのレベル。大量に廃棄されるタイルカーペットから合成樹脂素材を再生し、タイルカーペットの原料として活用することに成功しました。その再資源化率は実に90%。首都圏の廃棄処分されたタイルカーペットのおよそ6割を再生しており、将来的には100%の再資源化を目指しています。

しかも、合成樹脂素材の分離から樹脂パウダーの製造までに要するエネルギー消費量・CO2排出量は、初期製造時より90%も削減されています。環境負荷の点においても、リファインバースのテクノロジーは非常に優秀です。

こんにちの私たちの生活を支えている石油製品は、原料が枯渇すれば製造不能に陥ってしまいます。何より、不要になったからといってすぐに廃棄していては、地球上がゴミで溢れかえってしまうでしょう。世界規模で温室効果ガスの削減や限りある資源の再利用化が推進されている現代、リファインバースの事業には大きな期待が寄せられています。

リファインバースの業績

単独決算の数字はあまりパッとしませんが、連結決算の財務データを見た感じでは順調に業績が伸びているようです。今後の社会のニーズにマッチしている将来性豊かな業種なので、新規上場で調達した資金を設備投資費等に充てれば.さらなる事業の発展に期待できそうです。

2013年6月期 2014年6月期 2015年6月期
売上高 5億6200万円 6億2600万円 7億200万円
経常利益 3300万円 1900万円 500万円
当期利益 -9100万円 1600万円
純資産 -5億100万円 1500万円 1500万円

総括

リファインバースのIPOは、東証マザーズの小型案件ゆえに需給面での初値上昇に期待できそうです。廃棄物のリサイクルといえば聞こえは地味ですが、社会の将来を担う重要な事業であることは間違いなく、儲かる儲からないは別として個人的に全力で応援したいところです。
大半の大株主に公募価格比1.5倍・90日間のロックアップがかかっており、売り圧力の心配が無いのも強みです。思い切ってアタックしてみても面白いのではないでしょうか。

主幹事は大和証券。その他、みずほ証券、SBI証券、SMBC日興証券、いちよし証券、ちばぎん証券、エース証券などでも申し込むことができます。

金熊が断言!IPO投資におすすめのネット証券ランキング

・IPO取扱銘柄の豊富さでNo.1!!
マネックス証券の素晴らしさは色んなIPO銘柄に申込める点です。IPO主幹事になることは少ないですが、新規公開株銘柄の取り扱いはネット証券の中ではピカイチ。しかも抽選方法はIPO株100%全部を1人1票の平等抽選で配分しているので投資実績のない初心者にとってはマネックス証券は外せない。
→ マネックス証券の公式サイトへ
2015年実績   
主幹事数 取扱銘柄 ネット配分・抽選方法
0社 50社 100%・一人一票の平等抽選
公式サイトはこちら

・IPO主幹事が多くて隠れた狙い目の証券会社、それがカブドットコム証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券のグループ会社ということもあり、毎年必ずと言っていいほど多くの新規公開株主幹事証券となるカブドットコム証券。IPO銘柄を狙う人は必ず持っておいて損はない証券口座と言っていいだろう。
→ カブドットコム証券の公式サイトへ
2015年実績   
主幹事数 取扱銘柄 ネット配分・抽選方法
7社 18社 一定割合・一人一票の平等抽選
公式サイトはこちら

・ネット株投資家にとって穴場なのが岡三オンライン証券
IPO株の割当を100%ネット株投資家に配分しているのが岡三オンライン証券だ。IPO株の90%は実績の多い投資家ほど優遇される抽選システムになっているが、10%は取引実績に左右されずに配分される。多少なりとも投資実績のある人にとっては申込むべきネット証券口座だ。
→ 岡三オンライン証券の公式サイトへ
2015年実績   
主幹事数 取扱銘柄 ネット配分・抽選方法
6社 10社 10%以上:一人一票の平等抽選
90%以下:取引実績による優遇抽選
公式サイトはこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 9
    follow us in feedly

  関連記事

Wantedly(ウォンテッドリー)のIPO仮条件が公開!想定価格を上回る880~1,000円に!

出典:ウォンテッドリー 2017年8月28日、東証マザーズで9月中旬に新規上場を …

グレイステクノロジーのIPO仮条件が公開!想定価格をやや上回る3000~3100円に!

出典:グレイステクノロジー 2016年12月1日、東証マザーズで12月下旬に新規 …

ビーロットのIPO投資スタンスは「強気」です!

東証マザーズにおいて、「ビーロット」(証券コード3452)のIPO(新規上場)が …

テラスカイのIPO、初値は順当なプラスリターンを予想!

東証マザーズにおいて、「テラスカイ」(証券コード3915)のIPO(新規上場)が …

高品質アウトドア製品を手掛けるスノーピーク(snow peak)!気になるIPOについての情報をまとめました!

東証マザーズにおいて、「スノーピーク(snow peak)」(証券コード7816 …

クラウドサービス事業のジグソーが新規上場!初値は大幅なプラスを予想!

東証マザーズにおいて、「ジグソー」(証券コード3914)のIPO(新規上場)が行 …

次はあなた?上場最年少の歴史を振り返る

出典:株式会社リブセンス 日本のIPOで最年少上場した人が誰かご存知でしょうか。 …

トランザスのIPO仮条件が公開!想定価格をやや下回る1,240~1,300円に!

出典:トランザス 2017年7月20日、東証マザーズで8月上旬に新規上場を控えて …

シルバーエッグ・テクノロジーのIPO仮条件が公開!想定価格をやや上回る850~900円に!

出典:シルバーエッグ・テクノロジー 2016年9月6日、東証マザーズで9月下旬に …

一大グループ・リクルートホールディングスが新規上場で初値価格はどうなる?

東証1部において、「リクルートホールディングス」(証券コード6098)のIPO( …