2015/10/29

アクアラインのIPO、初値はどうなるのか?企業情報を徹底分析!

東証マザーズにおいて「アクアライン」(証券コード6173)のIPO(新規上場)が行われます。

想定価格は1200円、ブックビルディング期間は8月14日(金)から8月20日(木)、上場予定日は8月31日(月)となっています。

アクアラインでは生活に欠かすことのできない「人」と「水」の関係をテーマとして、「時代と共に歩み、顧客から学び、従業員と共に成長する」ことを経営理念として掲げ、生活品質の向上や住環境の充実を目的とした事業を展開しています。

本社は広島県広島市中区上八丁堀8番8号第1ウエノヤビル6Fに所在し、トーマツが監査法人となっています。

アクアライン(水道関連修理事業)が新規上場します

水道関連の修理事業を主たる業務とするアクアラインの新規上場が行われます。

アクアラインは

従業員数231人、
社員の平均年齢36.4歳、
社員の平均勤続年数3.2年、
平均給与額およそ351.7万円

の企業です。

アクアラインでは水道関連(洗面所・トイレ・浴室・台所などの給排水設備)の各種トラブルを解消する「水周り緊急修理サービス」事業を行っています。

水周りのトラブルに迅速に対応するために、「水道屋本舗」の屋号により北海道から沖縄まで日本全国からの修理依頼を365日24時間いつでも受付けているのです。

またトラブルを解消することはもちろんですが、さらに水周りに関する給配水管の取替えや漏水調査、さらに水周り関連商品や器具の販売などを行うことによって、顧客の幅広いニーズに応えています。

一般的に水周り関連の耐用年数は10年程度とされていますので、築年数が10年を超える住宅に対しては一定の割合でその需要を見込むことができます。

さらに水周りのトラブルに関しては緊急を要する場合が多いため、景気の変動などに影響を受けないことも特徴となっています。

アクアラインではメイン事業である水周り緊急修理サービス」事業に加えて、平成21年2月からはウォーターディスペンサー充填式(ウォーターサーバー用)ミネラルウォーターの取り扱いを開始しています。

また同様に平成22年2月からはナチュラルミネラルウォーター(ペットボトル入り)の取り扱いを開始しました。

アクアラインのサービスラインナップについて

アクアラインでは

「水周りの緊急トラブルの修理・対応(洗面所・トイレ・浴室・台所などの詰まり・水漏れなど)」、
「水周り関連商品の販売・取付(洗面化粧台・温水洗浄便座など))」、
「その他水周り関連修繕工事(配水管の修繕・排水マスの交換など)」

を主なサービスラインナップとしています。

インターネット(モバイル)ホームページ新聞折込チラシ・タウンページ・マグネットなどの媒体において各種広告を展開していますので、これを見た顧客は日本全国どこからでもフリーダイヤルでコールセンターに連絡をして気軽に相談することができます。

またコールセンターではすぐに顧客の自宅等に修理担当者が訪問するための迅速な受注管理や顧客に対する丁寧な応対などを心がけています。

アクアラインでは水周り関連の修理を単なる「作業」ではなく、電話の受付や対応から修理完了までの一連の流れによるオペレーションを行う「サービス業」であると位置づけています。

満足度の高い、顧客に対して納得してもらうことができるサービスの提供を目指しているのです。実際に顧客の自宅などを訪れて修理などを行うサービススタッフは、全てアクアラインの正社員となっています。

サービススタッフは入社後に技術研修を受けたプロフェッショナルであり、常に顔写真が入った社員証を携帯しています。

またマナーや身だしなみ、挨拶や言葉使いなどについても厳しい指導を受けていますし、さらに定期的に技術やサービスに関する確認を行うことでサービスレベルの維持や向上に努めているのです。

アクアラインでは説明力を重視していますので、サービススタッフには顧客に対して図や平易な用語を用いて状況の説明をする能力が必要とされます。

わかりやい説明ができないサービススタッフは顧客の自宅などを訪問することができないのです。

サービススタッフは水周りの使用状況などを訪問時に確認し、劣化が進行している場合にはより快適に利用することができるような新商品の提案を行います。

アクアラインでは定例ミーティングやフォローアップ研修によってサービススタッフの技術や商品知識、顧客への提案力やコミュニケーション能力などの向上を図っていますし、さらに現場スタッフの意見を業務改善や経営などのために積極的に活用しています。

従業員と企業とが常にインターラクティブであることが双方の成長という結果につながると考えているのです。

アクアラインは地域ごとの営業拠点は設置していませんので、サービススタッフを統括する役割は広島本社のコールセンターが行っています。

コールセンターでは「正確・丁寧・迅速・スムーズ」を心がけながら、顧客への処理対応やサービススタッフへの中継などを行うのです。またアクアラインではスケールメリットを活用した全国展開の広告戦略を行っています。

地域ごとに最適となる広告媒体を選択し、より効果的な広告活動を行うことに力を入れているのです。

その他の事業としてはこれまでにアクアラインが「水」に関する事業を行ってきたという背景を活かして、自社ブランドであるミネラルウォーター「aqua aqua」の販売を行っています。

同様にプライベートブランドとしてオリジナルラベルをデザインしたペットボトル入りミネラルウォーターの提案や、ウォーターディスペンサーを活用する備蓄用保存水の販売などにも取り組んでいます。

業績の推移について

アクアラインの業績については、売上高・経常利益・純利益のすべてが美しい右肩上がりとなっています。

また営業キャッシュフローは純利益を大幅に上回るプラスです。前期末における自己資本比率は19.6%、自己資本利益率は35.3%となっています。

市場トレンドについて

初値については、上昇トレンドが上場直前3ヶ月間続いていると高いリターンが期待できるという傾向があります。

東証マザーズでは上昇トレンドが継続していましたが、ギリシャと中国の影響で現在は先行きが不安定な状況になっています。

上場規模について

最大で4.1億円ですから、アクアラインの新規上場の規模は東証マザーズとしてもかなり小型です。

上場規模が小さい方が初値は高くなる場合が多くなります。また公開比率も16%でやや低めです。売出しが公募株式数全体に占める割合は0%であり、100%公募となっています。

90日間のロックアップが

ジャパンベストレスキューシステム株式会社、株式会社エイテック、

有限会社ヒロ・コーポレーション、株式会社ポイントラグ、大垣内剛、

大垣内好江、船橋憲敏、谷上淳子、馬塲正信

に対して設定されています。1.5倍でロックアップは解除されます。

アクアラインのIPOについてまとめてみました

アクアラインは洗面所・トイレ・浴室・台所などの給排水トラブルを解消する「水周り緊急修理サービス」を提供する企業です。

その事業内容については平凡でありふれたものですから、業種の面からはIPO人気はそれほど期待できないかもしれません。

ただし上場規模が4.1億円であり、東証マザーズ上場としてもかなり小型であることはプラス評価となります。ちなみに近年における東証マザーズの小型IPO(上場価格5億円未満)の結果については以下のとおりです。

・アイリッジ(+429.2%)
・ビーロット(+422.4%)
・テラスカイ(+350.0%)
・エクストリーム(+296.4%)
・サンワカンパニー(+268.4%)
・ウォーターダイレクト(+200.0%)
・レアジョブ(+169.7%)
・フィックスターズ(+162.0%)
・シンプロメンテ(+135.3%)
・フォトクリエイト(+126.0%)

これらを総合的に判断すると、アクアラインの初値については大幅なプラスリターンとなることが予想されます。

いちよし証券が主幹事であり、さらに岡三証券、エース証券、極東証券、岩井コスモ証券、マネックス証券、東洋証券、SMBC日興証券、SMBCフレンド証券でも申し込みができます。

金熊が断言!IPO投資におすすめのネット証券ランキング

・IPO取扱銘柄の豊富さでNo.1!!
マネックス証券の素晴らしさは色んなIPO銘柄に申込める点です。IPO主幹事になることは少ないですが、新規公開株銘柄の取り扱いはネット証券の中ではピカイチ。しかも抽選方法はIPO株100%全部を1人1票の平等抽選で配分しているので投資実績のない初心者にとってはマネックス証券は外せない。
→ マネックス証券の公式サイトへ
2015年実績   
主幹事数 取扱銘柄 ネット配分・抽選方法
0社 50社 100%・一人一票の平等抽選
公式サイトはこちら

・IPO主幹事が多くて隠れた狙い目の証券会社、それがカブドットコム証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券のグループ会社ということもあり、毎年必ずと言っていいほど多くの新規公開株主幹事証券となるカブドットコム証券。IPO銘柄を狙う人は必ず持っておいて損はない証券口座と言っていいだろう。
→ カブドットコム証券の公式サイトへ
2015年実績   
主幹事数 取扱銘柄 ネット配分・抽選方法
7社 18社 一定割合・一人一票の平等抽選
公式サイトはこちら

・ネット株投資家にとって穴場なのが岡三オンライン証券
IPO株の割当を100%ネット株投資家に配分しているのが岡三オンライン証券だ。IPO株の90%は実績の多い投資家ほど優遇される抽選システムになっているが、10%は取引実績に左右されずに配分される。多少なりとも投資実績のある人にとっては申込むべきネット証券口座だ。
→ 岡三オンライン証券の公式サイトへ
2015年実績   
主幹事数 取扱銘柄 ネット配分・抽選方法
6社 10社 10%以上:一人一票の平等抽選
90%以下:取引実績による優遇抽選
公式サイトはこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 9
    follow us in feedly

  関連記事

キャピタル・アセット・プランニングのIPO仮条件が公開!想定価格をやや上回る1960~2000円に!

出典:キャピタル・アセット・プランニング 2016年9月15日、JASDAQスタ …

佐川急便でお馴染みSGホールディングスのIPO仮条件が公開!想定価格を上回る1,540~1,620円に!超大型案件ならではの堅調な初値を予想!

出典:SGホールディングス 2017年11月24日、東証1部で12月中旬に新規上 …

北陸を地盤とする証券会社「今村証券」が新規上場!IPO銘柄としての人気は…?

東証JASDAQスタンダードにおいて、「今村証券」(証券コード7175)のIPO …

9月に上場したIPO(新規公開株)の公募価格・初値・現在価格まとめ!値上がり率トップは公募価格比400%オーバーのウォンテッドリー!

2017年9月に新規上場した10種類のIPOの日程・公募価格・初値・現在価格等の …

ティビィシィ・スキヤツト(TBCSCAT)のIPO仮条件が公開!ほぼ想定価格通りの1,300~1,400円に!

出典:ティビィシィ・スキヤツト 2016年12月5日、JASDAQスタンダードで …

動物医療事業の日本動物高度医療センターのIPOは初値プラスリターンなるか??

東証マザーズにおいて、「日本動物高度医療センター」(証券コード6039)のIPO …

マクロミルのIPO仮条件が公開!ほぼ想定価格通りの1,900~2,100円に!

出典:マクロミル 2017年3月6日、東証で3月下旬に上場を控えている「マクロミ …

ロードスターキャピタルのIPO仮条件が公開!想定価格を下回る1,640~1,820円に!

出典:ロードスターキャピタル 2017年9月8日、東証マザーズで9月下旬に新規上 …

2月に上場したIPO(新規公開株)の公募価格・初値・現在価格まとめ!

2017年2月に新規上場した6種類のIPOの日程・公募価格・初値・現在価格等の最 …

アルヒのIPO仮条件が公開!想定価格とほぼ同じ1,150~1,340円に!

出典:アルヒ 2017年11月27日、東証1部で12月中旬に新規上場を控えている …