2015/10/22

ショーケース・ティービーのIPO、初値は大幅なプラス予想!!

東証マザーズにおいて、「ショーケース・ティービー」(証券コード3909)のIPO(新規上場)が行われます。

想定価格は1680円、仮条件は1680円から1800円、ブックビルディング期間は3月2日(月)から3月6日(金)までです。

また上場予定日は3月19日(木)となっています。

ショーケース・ティービーはクラウドサービスの提供を行う企業であり、既に存在するコンテンツやwebサイトなどを有効活用しながら、

さらに「わかりやすく・見やすく・入力しやすい」webサイトを構築することによって、「豊かなネット社会を創造する」という企業理念の実現を目指しています。

本社は東京都港区赤坂3-21-13に所在します。また新日本有限責任監査法人がショーケース・ティービーの監査法人を務めています。

ショーケース・ティービー(クラウドサービス事業)が新規上場します

クラウドサービス事業を主たる業務とするショーケース・ティービーの新規上場が行われます。

ショーケース・ティービーは

従業員数62人
社員の平均年齢31.1歳
社員の平均勤続年数3.2年
平均給与額およそ426.9万円

の企業です。

昨今では多種多様なデバイス(情報機器)が登場して、パソコンはもちろんですがスマートフォンやタブレットなどが急激にその普及を広げています。

またそれを利用する利用者層も老若男女を問わず幅広くなっていますし、その利用目的についても多様化しています。

ただし技術の進歩が急激であまりにも情報や機能などが増えてしまったため、全ての人が使いやすいシステムではないという側面などもあるようです。

そのような現状においてショーケース・ティービーでは、数々の特許を国内や海外で取得した独自のwebサイト最適化技術を活用することにより、

従来のwebサイトをさらに「わかりやすく・見やすく・入力しやすい」ものにするためのクラウドサービスの提供を行っています。

ショーケース・ティービーでは

「パソコン用に作られたwebサイトを、スマートフォンなどの閲覧に最適なレイアウトに自動的に変換することができるシステム」
「利用者がこれまでに閲覧や商品の購入などを行った履歴に従って、自動的に最適な表示を行うことができるシステム」
「入力画面フォームにおいて入力された情報を分析して、間違いを指摘したり正しい情報を自動的に表示したりすることができるシステム」

などを提供しています。

また取り扱う事業内容は「eマーケティング事業」と「webソリューション事業」に大別することができます。

eマーケティング事業について

eマーケティング事業は、ショーケース・ティービーの業務の中心となる事業です。

主にwebサイトを運営を行う法人を対象として、クラウド型のサービス提供を月額課金制度により行っています。

問題点を可視化して費用対効果を高めることにより、顧客が運営するwebサイトの最適化を実現するのです。

またサービスについては3つの販売チャンネル(直接販売・代理店販売・提供先ブランド名によるOEM販売)によって提供しています。

ショーケース・ティービーのeマーケティング事業では顧客のwebサイトを訪れたユーザーが効率的に問い合わせフォームの入力や商品購入などを行うことができるように、

webサイトのコンバージョンを改善して機会損失を最小限とすることを目標としいます。

webソリューション事業について

webソリューション事業では自社開発したツールを自社webサイトの運営などにおいて最大限に活用し、

これによるノウハウや運営実績をeマーケティング事業に役立てることによって、顧客に対するコンサルティング業務や自社開発ツールの販売のために活用しています。

webソリューション事業はショーケース・ティービーの中心事業であるeマーケティング事業にフィードバックすることができるシナジー効果が期待できる分野だといえるでしょう。

主なサービスとしては

「仲介名人(中小不動産業者向けに物件の登録から検索までを可能とするホームページ作成を支援するツール)」
「Go!Store(近くの店舗検索や来客促進用クーポンの配信などを行うことができるアプリケーションパッケージ)」
「Basketgoal.com(バスケットゴールを専門に取り扱うオンラインショップ)」

などの提供を行っています。

ショーケース・ティービーの今後の事業展開について

ショーケース・ティービーでは7つの特許を国内・国外においてそのコア技術に関して取得しています。

特に最重要技術であるスマートフォン向けのwebサイト変換技術に関しては、その特許をアメリカ・ブルネイ・シンガポールで取得しているのです。

その他にはwebサイトを最適化して複数のサービスを利用するするための、Javascriptタグ(共通タグ)によるワンタグサービスなども提供しています。

スピーディーにwebサイト全体を最適化することにより、効果的で効率的なサイト運営が実現するのです。

ショーケース・ティービーにはこれまでに累計5000アカウント以上の、不動産業界、人材サービス業界、金融業界など様々な分野のリーディングカンパニーを中心とした導入の実績があります。

これらのサービス提供によって成約率(コンバージョン)向上のための様々なデータやノウハウを蓄積していますので、今後はこれらを活用した幅広い新サービスの開発や提供を行うことを検討しているのです。

具体的には効果的な広告配信サービスをコンバージョンDMPを活用することによって提供していくことなどを予定しています。

さらにwebマーケティング分野だけでなく、官公庁や自治体のwebサイトや企業内におけるweb業務システムなどへの進出や、

スマートフォン分野におけるwebサイトとの連携の充実などによって、ショーケース・ティービーでは事業分野の多様化による安定的な収益基盤の構築と更なる成長を目指しています。

業績の推移について

ショーケース・ティービーの業績については、売上高・経常利益・純利益のすべてについて美しい右肩上がりの成長が続いています。

またキャッシュフローは純利益を大幅に上回るプラスです。2013年12月期における自己資本比率は69.8%、自己資本利益率は47.7です。

市場トレンドについて

初値については、上昇トレンドが上場直前3ヶ月間続いていると高いリターンが期待できるという傾向があります。

東証マザーズでは12月をピークとして下降トレンドが継続していましたが、現在は底打ちをして上昇トレンドに転換しています。

上場規模について

最大で5.8億円ですから、ショーケース・ティービーの新規上場の規模は東証マザースとしてはやや小さいといえます。

上場規模が小さい方が初値は高くなるようです。また公開比率については23%で標準的です。公開比率が低い方が高い初値リターンを期待できるようです。

売出が公募株式数に占める割合はおよそ50%となっています。

90日間のロックアップが

SocialEntrepreneur投資事業有限責任組合、MICイノベーション3号投資事業有限責任組合、

ニッセイ・キャピタル5号投資事業有限責任組合、

三菱UFJキャピタル3号投資事業有限責任組合、株式会社オプト、

株式会社三菱東京UFJ銀行、呉座井克信、川口浩幸

に対して設定されています。ロックアップの解除は1.5倍です。

また同様に90日間のロックアップが

小野和典、永田豊志、佐々木義孝、小島大、森雅弘、

高山慎太郎、弓削田公司、南方美千雄

に対して設定されています。

ショーケース・ティービーのIPOについてまとめてみました

ショーケース・ティービーはeマーケティング事業やwebソリューション事業などを展開するIT系企業ですから、

現在流行のキーワードである「クラウドサービス」関連の企業としてIPOでは高い人気を集めることが予想されます。

スマホ最適化、サイト内誘導最適化、入力フォーム最適化などのサービスは、スマートフォンの今後の普及に伴ってさらなる需要の拡大が期待できる分野だといえるでしょう。

また上場規模が5.8億円で小型であることなども有利だといえます。

初値については大幅なプラスリターンとなりそうです。

野村證券が主幹事であり、その他には高木証券、岩井コスモ証券、エース証券、東海東京証券、SMBC日興証券、みずほ証券、マネックス証券、SBI証券でも申し込むことができます。

金熊が断言!IPO投資におすすめのネット証券ランキング

・IPO取扱銘柄の豊富さでNo.1!!
マネックス証券の素晴らしさは色んなIPO銘柄に申込める点です。IPO主幹事になることは少ないですが、新規公開株銘柄の取り扱いはネット証券の中ではピカイチ。しかも抽選方法はIPO株100%全部を1人1票の平等抽選で配分しているので投資実績のない初心者にとってはマネックス証券は外せない。
→ マネックス証券の公式サイトへ
2015年実績   
主幹事数 取扱銘柄 ネット配分・抽選方法
0社 50社 100%・一人一票の平等抽選
公式サイトはこちら

・IPO主幹事が多くて隠れた狙い目の証券会社、それがカブドットコム証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券のグループ会社ということもあり、毎年必ずと言っていいほど多くの新規公開株主幹事証券となるカブドットコム証券。IPO銘柄を狙う人は必ず持っておいて損はない証券口座と言っていいだろう。
→ カブドットコム証券の公式サイトへ
2015年実績   
主幹事数 取扱銘柄 ネット配分・抽選方法
7社 18社 一定割合・一人一票の平等抽選
公式サイトはこちら

・ネット株投資家にとって穴場なのが岡三オンライン証券
IPO株の割当を100%ネット株投資家に配分しているのが岡三オンライン証券だ。IPO株の90%は実績の多い投資家ほど優遇される抽選システムになっているが、10%は取引実績に左右されずに配分される。多少なりとも投資実績のある人にとっては申込むべきネット証券口座だ。
→ 岡三オンライン証券の公式サイトへ
2015年実績   
主幹事数 取扱銘柄 ネット配分・抽選方法
6社 10社 10%以上:一人一票の平等抽選
90%以下:取引実績による優遇抽選
公式サイトはこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 10
    follow us in feedly

  関連記事

フィル・カンパニーのIPO仮条件が公開!想定価格をやや上回る1190~1310円に!

出典:フィル・カンパニー
2016年10月28日、東証マザーズで11月中旬に新規上場を控えている「フィル・カンパニー」の仮条件が発表されました。価格は1190~1310円。想定価格の1210円をやや上回る水準です。ブッ …

力の源ホールディングスのIPO仮条件が公開!想定価格をやや上回る540~600円に!

出典:力の源ホールディングス
2017年3月1日、東証マザーズで3月下旬に新規上場を控えている「力の源ホールディングス」の仮条件が発表されました。価格は540~600円。想定価格の540円をやや上回る水準です。ブックビ …

GMOリサーチが新規上場しました!右肩上がりの売上高で、堅実なリターンか。

東証マザーズにおいて、「GMOリサーチ」(証券コード3695)のIPO(新規上場)が行われます。

想定価格は2090円、仮条件は2000円から2100円、ブックビルディング期間は10月3日(金)から10月9日(木)まで …

はてなのIPO仮条件が公開!想定価格を上回る700~800円に!

出典:はてな
2016年2月5日、東証マザーズで2月下旬に新規上場を控えている「はてな」の仮条件が発表されました。価格は700~800円。想定価格の700円を上回る水準です。ブックビルディング(需要申告)は来週の2月8 …

グローバルウェイのIPO仮条件が公開!想定価格を上回る2760~2960円に!

出典:グローバルウェイ
2016年3月31日、東証マザーズで4月中旬に新規上場を控えている「グローバルウェイ」の仮条件が発表されました。価格は2760~2960円。想定価格の2760円をやや上回る水準です。ブックビルデ …

一家ダイニングプロジェクトのIPO仮条件が公開!想定価格を上回る2,250~2,450円に!

出典:一家ダイニングプロジェクト
2017年11月24日、東証マザーズで12月中旬に新規上場を控えている「一家ダイニングプロジェクト」の仮条件が発表されました。価格は2,250~2,450円。想定価格の2,250円を上 …

チエルのIPO仮条件が公開!想定価格をやや下回る730~810円に!

出典:チエル
2016年3月1日、JASDAQで3月下旬に新規上場を控えている「チエル」の仮条件が発表されました。価格は730~810円。想定価格の810円をやや下回る水準です。ブックビルディング(需要申告)は明後日の …

ポエックのIPO仮条件が公開!想定価格を上回る670~750円に!

出典:ポエック
2017年11月8日、東証JASDAQスタンダードで11月下旬に新規上場を控えている「ポエック」の仮条件が発表されました。価格は670~750円。想定価格の670円を上回る水準です。ブックビルディング( …

オプトランのIPO仮条件が公開!想定価格とほぼ同じ1,420~1,460円に!

出典:オプトラン
2017年12月1日、東証1部で12月下旬に新規上場を控えている「オプトラン」の仮条件が発表されました。価格は1,420~1,460円。想定価格の1,460円とほぼ同水準です。ブックビルディング(需要 …

マクロミルのIPO仮条件が公開!ほぼ想定価格通りの1,900~2,100円に!

出典:マクロミル
2017年3月6日、東証で3月下旬に上場を控えている「マクロミル」の仮条件が発表されました。価格は1,900~2,100円。想定価格の2,050円とほぼ同水準です。ブックビルディング(需要申告)は本日 …