2015/10/22

クラウドサービス事業のコラボス、IPOの初値は大幅なプラス予想!

東証マザーズにおいて、「コラボス」(証券コード3908)のIPO(新規上場)が行われます。

想定価格は3620円、ブックビルディング期間は3月2日(月)から3月6日(金)までです。

コラボスではクラウドサービスを、企業が保有する製品問い合わせセンターやお客様相談室などのコールセンター向けとして提供しています。

コラボスのクラウドサービスを利用することで、企業は大規模なシステム導入のための設備投資が不要になり、システム導入のための期間短縮やコスト削減などを実現することが可能になります。

本社は東京都千代田区西神田3-2-1に所在し、また大阪営業所が大阪市北区角田町8-47にあります。新日本有限責任監査法人がコラボスの監査法人です。

コラボス(クラウドサービス事業)が新規上場します

クラウドサービス事業を主たる業務とするコラボスの新規上場が行われます。

コラボスは

従業員数56人
社員の平均年齢29.3歳
社員の平均勤続年数4.45年
平均給与額およそ388.4万円
の企業です。

コラボスでは主にコールセンターを対象としたクラウドサービス事業を行っています。

コースセンターは顧客からの問い合わせに応じることにより、顧客情報や問い合わせ内容などの情報の取得や分析を行うことができる場所ですので、企業にとっては顧客のニーズを掘り起こしコミュニケーションを図る事ができる付加価値の高い部門となっているのです。

そんなコールセンターについては、自社内構築や内製化から方針を転換してクラウドサービスを利用する企業が増加しています。

コラボスではエンドユーザー向けのコールセンターサービスを提供していますので、クライアントはこれを利用することにより、コールセンター事業をより効率化することができるのです。

コラボスでは製品問い合わせセンターやお客様相談室などのコールセンターを有する企業を対象として、

月額料金制により顧客情報管理システムやIP電話交換機システムなどをインターネット網を介して提供しています。

コラボスでは以下の4つのサービスを中心として、クラウドサービス事業の提供を行っています。

・「COLLABOS CAM」はクラウド型顧客情報管理アプリケーションです。業界や業種などを問わずコールセンター業務のために利用することができます。

・「COLLABOS CAM OUTBOUND EDITION」はアウトバウンド業務に特化したアプリケーションです。CTIによるクリック発信や発信リストの作成などを行うことができます。

・「@nyplece」はクラウドによるIP電話交換機システムです。一般的なIP電話交換機よりもリーズナブルかつスピーディーにシステムを構築することができます。

・「COLLABOS PHONE」はソフトフォン型のコラボスオリジナルPBXサービスです。録音機能やレポート機能などを備えながらも短期間かつ低価格でサービスを利用することができます。

上記の各種サービスを提供することにより、コラボスでは大規模なコールセンター(200席以上)から小規模なコールセンター(5席程度)までの、様々な規模のコールセンター事業に最適なクラウドサービスを実現しているのです。

サービス提供をワンストップで行うことができますので、顧客企業における初期コストや導入の手間などを抑えながら、高品質のコールセンターサービスを提供することができます。

さらにコラボスでは業界の先駆者として様々なノウハウを蓄積していますので、

システム構築はもちろんですがさらにスケジュール調整などのシステム導入時におけるサポートや、業務改善や統計レポート分析など業務開始後のサポートなどにも幅広く対応しています。

業績の推移について

コラボスの業績については、売上高は右肩上がりの美しい上昇を続けています。

経常利益や純利益については年度ごとのバラつきがありますが、トータルではやはり右肩上がりとなっています。

営業キャッシュフローは純利益を上回るプラスでの推移を続けています。2014年3月期における自己資本比率は63.1%、自己資本利益率は19.9%です。

市場トレンドについて

初値については、インデックスの上昇トレンドが上場直前3ヶ月間続いていれば高いリターンが期待できるでしょう。

東証マザーズでは12月上旬をピークとしたボックス相場となっています。

東証マザーズ指数は12月3日をピークとして下降トレンドが継続していましたが、やっと底入れをして現在は上昇に転じたようです。

上場規模について

最大で6.8億円ですから、コラボスの新規上場の規模は東証マザーズの上場としても小型だといえるでしょう。

上場規模については小さい方が初値が高いことが多いようです。また公開比率も27%でやや高めです。売出しが公募株式数に占める割合はおよそ49%となっています。

株式会社ジェイドコーポレーション、コムテック株式会社、

株式会社アドバンスト・メディア、株式会社アイカム、茂木貴雄、

茂木一男、茂木文子、青本真人、富沢健、齋藤一紀、鈴木裕幸、

小沢克年、小川勇樹、原トミヱ、コラボス役員持株会

に対してはロックアップが180日間設定されています。

これらについてはロックアップの解除条件などは設定されていません。

またオリンパスビジネスクリエイツに対してはロックアップが90日間設定されています。こちらは1.5倍でロックアップが解除されます。

コラボスのIPOについてまとめてみました

コラボスはクラウドサービスによるコールセンターシステムやアプリケーションを提供する企業です。

「クラウド」という現代のトレンドに合致したITサービス企業ですから、IPOについては高い人気を集めることが予想されています。

上場規模が小型であることや値嵩株で想定価格が高めであること、またIPOに当選すれば希少株となることもプラスの評価となります。

初値については大幅なリターンが期待できるでしょう。

SMBC日興証券が主幹事であり、また岡三証券、極東証券、SBI証券、東海東京証券、東洋証券などでも申し込むことができます。

金熊が断言!IPO投資におすすめのネット証券ランキング

・IPO取扱銘柄の豊富さでNo.1!!
マネックス証券の素晴らしさは色んなIPO銘柄に申込める点です。IPO主幹事になることは少ないですが、新規公開株銘柄の取り扱いはネット証券の中ではピカイチ。しかも抽選方法はIPO株100%全部を1人1票の平等抽選で配分しているので投資実績のない初心者にとってはマネックス証券は外せない。
→ マネックス証券の公式サイトへ
2015年実績   
主幹事数 取扱銘柄 ネット配分・抽選方法
0社 50社 100%・一人一票の平等抽選
公式サイトはこちら

・IPO主幹事が多くて隠れた狙い目の証券会社、それがカブドットコム証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券のグループ会社ということもあり、毎年必ずと言っていいほど多くの新規公開株主幹事証券となるカブドットコム証券。IPO銘柄を狙う人は必ず持っておいて損はない証券口座と言っていいだろう。
→ カブドットコム証券の公式サイトへ
2015年実績   
主幹事数 取扱銘柄 ネット配分・抽選方法
7社 18社 一定割合・一人一票の平等抽選
公式サイトはこちら

・ネット株投資家にとって穴場なのが岡三オンライン証券
IPO株の割当を100%ネット株投資家に配分しているのが岡三オンライン証券だ。IPO株の90%は実績の多い投資家ほど優遇される抽選システムになっているが、10%は取引実績に左右されずに配分される。多少なりとも投資実績のある人にとっては申込むべきネット証券口座だ。
→ 岡三オンライン証券の公式サイトへ
2015年実績   
主幹事数 取扱銘柄 ネット配分・抽選方法
6社 10社 10%以上:一人一票の平等抽選
90%以下:取引実績による優遇抽選
公式サイトはこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 9
    follow us in feedly

  関連記事

Casa(カーサ)のIPO仮条件が公開!想定価格とほぼ同水準の2,060~2,270円に!

出典:Casa 2017年10月13日、東証2部で10月下旬に新規上場を控えてい …

GMOリサーチが新規上場しました!右肩上がりの売上高で、堅実なリターンか。

東証マザーズにおいて、「GMOリサーチ」(証券コード3695)のIPO(新規上場 …

ユーザーローカルのIPO仮条件が公開!想定価格をやや上回る2,780~2,940円に!

出典:ユーザーローカル 2017年3月10日、東証マザーズで3月下旬に新規上場を …

ナレッジスイートのIPO仮条件が公開!想定価格とほぼ同じ1,800~2,000円に!

出典:ナレッジスイート 2017年11月28日、東証マザーズで12月中旬に新規上 …

分譲マンション建設事業のファーストコーポレーションが新規上場!初値のプラスリターンは期待できる?

東証マザーズにおいて、「ファーストコーポレーション」(証券コード1430)のIP …

ポバール興業のIPO!想定価格は930円、仮条件は930円~960円

出典:wikimedia 名証2部において、「ポバール興業」(証券コード4247 …

フィル・カンパニーのIPO仮条件が公開!想定価格をやや上回る1190~1310円に!

出典:フィル・カンパニー 2016年10月28日、東証マザーズで11月中旬に新規 …

新規上場のメタウォーター(上下水道施設総合事業)。初値は期待薄も、上場後の安定感は抜群と予想。

東証1部において、「メタウォーター」(証券コード9551)のIPO(新規上場)が …

ソウルドアウトのIPO仮条件が公開!想定価格を上回る1,080~1,200円に!

出典:ソウルドアウト 2017年6月21日、東証マザーズで7月中旬に新規上場を控 …

壽屋(コトブキヤ)のIPO仮条件が公開!想定価格をやや上回る1,980~2,000円に!

出典:壽屋 2017年9月6日、東証JASDAQスタンダードで9月下旬に新規上場 …