2015/10/19

ソフトウェア開発事業を手掛けるエクストリームのIPOは大幅なプラス予想!

東証マザーズにおいて、「エクストリーム」(証券コード6033)のIPO(新規上場)が行われます。

想定価格は1320円、仮条件は1320円から1400円、ブックビルディング期間は12月9日(火)から12月15日(月)までとなっています。

「未来の楽しいをつくる会社、まじめに面白いをつくる会社」がエクストリームの企業コンセプトであり、主な業務内容としてデジタルコンテンツやゲームなどの企画開発を行っています。

本社は立教大学やサンシャインシティやナンジャタウンなどの近くである東京都豊島池袋2-51-13となります。

有限責任あずさ監査法人がエクストリームの監査法人です。

ちなみに7つのプール(波のプール、流れるプールなど)やハイドロポリス(ウォータースライダー)やノーティックジェットなどが人気を集めている「としまえん遊園地」は豊島区ではなく練馬区に所在しますので、豆知識として覚えておくと何かの役に立つかもしれません。

エクストリーム(ソフトウェア開発サービス事業)が新規上場します

ソフトウェア開発サービス事業を主たる業務とするエクストリームの新規上場が行われます。

エクストリームは

従業員数232人、
社員の平均年齢31.0歳、
社員の平均勤続年数8.8年、
平均給与額およそ498.1万円
の企業です。

エクストリームでは

「ソリューション事業(法人向けにエンターテイメントソフトウエア開発を提供するサービス)」

「コンテンツプロパティ事業(個人向けにPCオンラインゲームやスマーフォンゲームなどを提供するサービス)」

の2つの事業を行っています。

前期においてはソリューション事業75.5%、プロパティ事業24.5%という売上構成比でした。

エクストリームでは事業ミッションとして、世界に通用するクリエイティブカンパニーとしての成長を目指しています。

ソリューション事業について

・人材ソリューションサービスについて
人材ソリューションサービスでは、ゲームなどのエンターテイメントソフトウェアの開発に関する様々なスキルを有するエクストリーム社員を

エンジニアまたはクリエイターとして取引先に派遣することにより、様々な案件に対する多岐に渡るソリューション提供を行っています。

現在では「アジャイル開発」がエンターテイメントソフトウェア開発における標準スタイルとなっているのですが、

これを取引先のニーズに応える高い品質で実現するためには画一的なスキルだけでは不足であり、高度な知識や経験を持った人材が必要になるのです。

エクストリームでは独自の教育プログラムと人材インキュベーションシステムを組み合わせることで、「他社との差別化」や「クリエイティブエンジニア集団の創出」に取り組んでいます。

これにより取引先のニーズに応えることができる人材ソリューションサービスを実現しているのです。

・受託開発サービスについて
受託開発サービスでは、ゲームなどのエンターテイメントソフトウェアの開発に関する様々なスキルを有するエクストリーム社員を

エンジニアまたはクリエイターとして取引先に派遣することにより、様々な案件に対する多岐に渡るソリューション提供を行っています。

人材ソリューションサービスとサービスの内容は同一なのですが、派遣するエンジニアまたはクリエイターの契約形態に違いがあります。

人材ソリューションサービスではサービスの提供を労働者派遣契約に基づいて行うのですが、受託開発サービスではサービスの提供を業務請負(委託)契約で行うことが大きな違いとなります。

コンテンツプロパティ事業について

エクストリームではコンテンツプロパティ事業として、ソリューション事業などで蓄積した技術力を活用したPCゲームタイトルの企画・開発・制作・配信などを行っています。

エクストリームが開発した主なゲームタイトルは以下のとおりです。

・「桃色大戦ぱいろん・ぷらす」:従来からの「麻雀」に「萌え」の要素を加え、特殊能力(カード)を駆使して魅力的なキャラクターと共に戦う新感覚の麻雀オンラインゲームです。
・「桃色大戦ぱいろん・生」:ブラウザ版の「桃色大戦ぱいろん・ぷらす」になります。起動処理や終了処理、またデータのダウンロードなどが不要であることがブラウザゲームのメリットです。これを活かして手軽にプレイできることが大きな特徴となっています。
・「つみにん~うみにん大サーカス~」エクストリームが保有する「メサイヤブランド」を活用するパズルゲームであり、Android及びi-osにおける配信を活用するマルチユース展開第1弾アプリになります。
・「メサイヤゲームス」:従来「メサイヤブランド」としてリリースされてきた100タイトル以上の家庭用ゲームを、インディーズレーべルゲームとして再リリースするプロジェクトです。

ライセンスサービスについて

エクストリームではライセンスサービスとして自社が保有するゲームタイトルやゲームキャラクターなどについて、

第三者が制作する各種商材

(小説・漫画・カードゲーム・フィギュア・ダウンロード形式ゲームソフト・スマートフォンアプリなど)

に対する仕様許諾の付与や、ライセンス料の徴収などを行うサービスを行っています。

エクストリームでは人気タイトルである「桃色大戦ぱいろん」シリーズや、家庭用ゲーム機向けである「メサイア」ブランドなどのライセンスサービスを展開することにより、マルチユース戦略による収入源の拡大に取り組んでいます。

協業開発サービスについて

協業開発サービスでは家庭用ゲーム、オンラインゲーム、スマートフォンアプリなどの顧客から持ち込まれた案件について、協業で開発を行うというサービスの提供を行っています。

著名なIP(Intellectual Property:知的財産)を保有する版元企業や大手ゲームパブリシャーやSNSプラットフォーマーなどとのアライアンスにより、

開発や運営や運用をエクストリームが行うことにより契約に応じた収益を獲得することができるというビジネスモデルを展開しています。

「初期開発フェイズ」「運営開発フェイズ」の2種類の契約形態があり、初期開発フェイズでは開発に対する対価を獲得するのに対して、一方の運用開発フェイズでは月次売上やサーバー等の変動費用に応じた対価を獲得するという違いがあります。

業績の推移について

エクストリームの業績については、売上高は美しい右肩上がりの成長が続いています。

経常利益や純利益については平成26年3月期は赤字となりましたが、今期は黒字に転換して過去最高益を記録しそうな勢いとなっています。

営業キャッシュフローは純利益を上回るプラスで推移しています。また2014年3月の自己資本比率は42.6%、自己資本利益率はマイナスでした。

市場トレンドについて

初値については、上昇トレンドが上場直前3ヶ月間続いていると高いリターンが期待できるという傾向があります。

東証マザーズでは上値の重い展開が続いていましたが、10月を底として一時的な調整を経た後に現在は上昇傾向が続いているようです。

上場規模について

最大で3.8億円ですから、エクストリームの新規上場の規模は東証マザーズとしてもかなり小型だといえるでしょう。

上場規模が小さい方が初値は高くなる場合が多いようです。また公開比率については25%で標準的となっています。

90日間のロックアップが

ジャフコV2共有投資事業有限責任組合、ジャフコV2-W投資事業有限責任組合、

ジャフコV2-R投資事業有限責任組合、投資事業組合オリックス10号、

SMBCキャピタル8号投資事業有限責任組合、信金キャピタル二号投資事業有限責任組合、

佐藤朋美、佐藤昌平、佐藤佳子、佐藤京平、長岡裕二、

由佐秀一郎、半谷智之

に対して設定されています。ロックアップの解除は1.5倍です。

エクストリームのIPOについてまとめてみました

エクストリームはゲーム開発・ソフトウエア開発・スマホアプリ開発などを手がけるコンテンツ制作企業ですから、IPOでは高い人気を集めることが予想されています。

公開規模が小さめであることや高い成長性が期待できること、また市場における需給が好調であることなどもプラスの評価です。

多くの企業のIPOが集中する上場スケジュールについては注意が必要ですが、初値については大幅なプラスリターンとなることが期待できるでしょう。

大和証券が主幹事であり、その他には東洋証券、みずほ証券、SMBC日興証券、マネックス証券、SBI証券などでも申し込みが可能です。

金熊が断言!IPO投資におすすめのネット証券ランキング

・IPO取扱銘柄の豊富さでNo.1!!
マネックス証券の素晴らしさは色んなIPO銘柄に申込める点です。IPO主幹事になることは少ないですが、新規公開株銘柄の取り扱いはネット証券の中ではピカイチ。しかも抽選方法はIPO株100%全部を1人1票の平等抽選で配分しているので投資実績のない初心者にとってはマネックス証券は外せない。
→ マネックス証券の公式サイトへ
2015年実績   
主幹事数 取扱銘柄 ネット配分・抽選方法
0社 50社 100%・一人一票の平等抽選
公式サイトはこちら

・IPO主幹事が多くて隠れた狙い目の証券会社、それがカブドットコム証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券のグループ会社ということもあり、毎年必ずと言っていいほど多くの新規公開株主幹事証券となるカブドットコム証券。IPO銘柄を狙う人は必ず持っておいて損はない証券口座と言っていいだろう。
→ カブドットコム証券の公式サイトへ
2015年実績   
主幹事数 取扱銘柄 ネット配分・抽選方法
7社 18社 一定割合・一人一票の平等抽選
公式サイトはこちら

・ネット株投資家にとって穴場なのが岡三オンライン証券
IPO株の割当を100%ネット株投資家に配分しているのが岡三オンライン証券だ。IPO株の90%は実績の多い投資家ほど優遇される抽選システムになっているが、10%は取引実績に左右されずに配分される。多少なりとも投資実績のある人にとっては申込むべきネット証券口座だ。
→ 岡三オンライン証券の公式サイトへ
2015年実績   
主幹事数 取扱銘柄 ネット配分・抽選方法
6社 10社 10%以上:一人一票の平等抽選
90%以下:取引実績による優遇抽選
公式サイトはこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 9
    follow us in feedly

  関連記事

動物医療事業の日本動物高度医療センターのIPOは初値プラスリターンなるか??

東証マザーズにおいて、「日本動物高度医療センター」(証券コード6039)のIPO …

GMOリサーチが新規上場しました!右肩上がりの売上高で、堅実なリターンか。

東証マザーズにおいて、「GMOリサーチ」(証券コード3695)のIPO(新規上場 …

1月に上場したIPO(新規公開株)の公募価格・初値・現在価格まとめ!

2017年1月に新規上場した1種類のIPOの日程・公募価格・初値・現在価格等の最 …

マーケティングソリューション事業ALBERT(アルベルト)のIPOは大幅なプラスリターンを予想!!

東証マザーズにおいて、「ALBERT(アルベルト)」(証券コード3906)のIP …

アクアラインのIPO、初値はどうなるのか?企業情報を徹底分析!

東証マザーズにおいて「アクアライン」(証券コード6173)のIPO(新規上場)が …

介護用電動ベッド関連事業のプラッツ、高齢化社会の潮流に乗り、初値プラスを予想。

東証マザーズにおいて、「プラッツ」(証券コード7813)のIPO(新規上場)が行 …

コマース事業・プラットフォーム事業のHamee(ハミィ)のIPO、初値はプラスリターンと予想!

東証マザーズにおいて、「Hamee(ハミィ)」(証券コード3134)のIPO(新 …

グローバルウェイのIPO仮条件が公開!想定価格を上回る2760~2960円に!

出典:グローバルウェイ 2016年3月31日、東証マザーズで4月中旬に新規上場を …

森六ホールディングスのIPO仮条件が公開!想定価格を上回る2,610~2,700円に!

出典:森六ホールディングス 2017年12月1日、東証1部で12月下旬に新規上場 …

ビーブレイクシステムズのIPO仮条件が公開!想定価格を大幅に上回る1,550~1,670円に!

出典:ビーブレイクシステムズ 2017年5月25日、東証マザーズで6月中旬に新規 …