2015/10/15

北陸を地盤とする証券会社「今村証券」が新規上場!IPO銘柄としての人気は…?

東証JASDAQスタンダードにおいて、「今村証券」(証券コード7175)のIPO(新規上場)が行われます。

想定価格は1300円、仮条件は1150円から1350円、ブックビルディング期間は12月1日(月)から12月5日(金)までとなっています。

北陸地方を地盤とする大正10年創業の老舗証券会社が今村証券です。顧客に対して金融商品取引を中心とした金融・投資サービスを提供することで、資産運用、資金調達の両面からのサポートを行っているのです。

本社は石川県金沢市十間町25番地に所在し、あずさ監査法人が監査法人になっています。

今村証券(金融・投資サービス事業)が新規上場します

金融・投資サービス事業を主たる業務とする今村証券の新規上場が行われます。

今村証券は

従業員数174人
社員の平均年齢36.0歳
社員の平均勤続年数13.7年
平均給与額およそ771.0万円

の企業です。

今村証券は北陸を地盤とする証券会社であり、石川県・富山県・福井県などに支店があります。取り扱う商品の内容は

株式・投資信託・債権・商品先物取引

オプション取引・金地金売買・生命保険・損害保険

などとなっています。特に

外国債の一種であるEB債(他社株転換条項付円建社債)、
外貨建て外債(トルコ・リラ、メキシコ・ペソ、南ア・ランド、ブラジル・レアル、豪・ドルなど)、
アジア・オセアニア地域を対象とした株式ファンド、
世界の上場不動産投資信託に投資するリートファンド

などの取り扱いに力を入れていることが大きな特徴です。営業収入の構成割合については、募集・引き受け・売り出しなどに関する手数料収入が48.6%、委託に関する手数料収入が47.6%、金融収益およびトレーディングによる収益が3.8%となっています。

業績の推移について

今村証券の業績については、平成24年3月期までは売上高・経常利益・純利益ともにイマイチでした。

しかし前期及び今期についてはアベノミクスによる証券市場の好調により大きく業績を伸ばしています。営業キャッシュフローは純利益を大きく上回るプラスとなっています。

自己資本比率は49.0%、自己資本利益率は16.4%です。

市場トレンドについて

初値については、上昇トレンドが上場直前3ヶ月間続いていれば高いリターンが期待できるでしょう。

東証JASDAQスタンダードは10月を底として現在は美しい右肩上がりの上昇が継続しています。

上場規模について

最大で7.5億円ですから、今村証券の新規上場の規模は東証JASDAQスタンダードの上場としても小型だといえるでしょう。

上場規模については小さい方が初値リターンが高い場合が多いようです。また公開比率は19%でやや低めです。

今村和枝、今村直喜、今村九治、今村和子、今村千加子、

今村之希有、今村不動産株式会社、今村コンピューターサービス株式会社、

吉田栄一、松本幹生、大崎憲一、藤井由治、寺下清隆、宮田秀夫

に対してはロックアップが90日間設定されています。ロックアップの解除条項などについては特に設定されていません。

今村証券のIPOについてまとめてみました

アベノミクス以降の市場においては証券会社の業績は特に好調となっています。

ただし証券会社の収益については市況の変動によるボラリティが他業種以上に大きいため、今後については減収減益となることが予想されています。

今村証券の業種については平凡でありIPO人気はそれほどではありませんし、また多くの企業のIPOが集中する上場スケジュールとなっていることにも注意が必要です。

また特筆すべき事項として現在係争中の訴訟が存在します。現在今村証券では日本海建設株式会社から損害賠償請求の訴訟を提起され係争中となっています。

今村証券では当該請求については理由がないと考えて裁判で争うこととしていますが、裁判の結果によっては損害賠償による特別損失が発生する可能性があるのです。

ちなみに今村証券の前期純利益は8.5億円であり、日本海建設株式会社による損害賠償請求金額は5.4億円となっています。

今村証券のIPOはみずほ証券が主幹事であり、その他には香川証券、東海東京証券、岡三証券、マネックス証券でも申し込みが可能です。

金熊が断言!IPO投資におすすめのネット証券ランキング

・IPO取扱銘柄の豊富さでNo.1!!
マネックス証券の素晴らしさは色んなIPO銘柄に申込める点です。IPO主幹事になることは少ないですが、新規公開株銘柄の取り扱いはネット証券の中ではピカイチ。しかも抽選方法はIPO株100%全部を1人1票の平等抽選で配分しているので投資実績のない初心者にとってはマネックス証券は外せない。
→ マネックス証券の公式サイトへ
2015年実績   
主幹事数 取扱銘柄 ネット配分・抽選方法
0社 50社 100%・一人一票の平等抽選
公式サイトはこちら

・IPO主幹事が多くて隠れた狙い目の証券会社、それがカブドットコム証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券のグループ会社ということもあり、毎年必ずと言っていいほど多くの新規公開株主幹事証券となるカブドットコム証券。IPO銘柄を狙う人は必ず持っておいて損はない証券口座と言っていいだろう。
→ カブドットコム証券の公式サイトへ
2015年実績   
主幹事数 取扱銘柄 ネット配分・抽選方法
7社 18社 一定割合・一人一票の平等抽選
公式サイトはこちら

・ネット株投資家にとって穴場なのが岡三オンライン証券
IPO株の割当を100%ネット株投資家に配分しているのが岡三オンライン証券だ。IPO株の90%は実績の多い投資家ほど優遇される抽選システムになっているが、10%は取引実績に左右されずに配分される。多少なりとも投資実績のある人にとっては申込むべきネット証券口座だ。
→ 岡三オンライン証券の公式サイトへ
2015年実績   
主幹事数 取扱銘柄 ネット配分・抽選方法
6社 10社 10%以上:一人一票の平等抽選
90%以下:取引実績による優遇抽選
公式サイトはこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 9
    follow us in feedly

  関連記事

PCやデジタル家電のトラブルサポートを行う日本PCサービスが新規上場!右肩上がりの売上です!

名証セントレックスにおいて、「日本PCサービス」(証券コード6025)のIPO( …

一家ダイニングプロジェクトのIPO仮条件が公開!想定価格を上回る2,250~2,450円に!

出典:一家ダイニングプロジェクト 2017年11月24日、東証マザーズで12月中 …

マーケティングソリューション事業ALBERT(アルベルト)のIPOは大幅なプラスリターンを予想!!

東証マザーズにおいて、「ALBERT(アルベルト)」(証券コード3906)のIP …

ファーストロジックのIPOは、初値の大幅なプラスリターンの期待できる!!

東証マザーズにおいて、「ファーストロジック」(証券コード6037)のIPO(新規 …

ZMPのIPO仮条件が公開!想定価格を大幅に上回る760~1040円に!

出典:ZMP 2016年11月29日、東証マザーズで12月中旬に新規上場を控えて …

ネオジャパンのIPO仮条件が公開!想定価格をやや上回る2710~2900円に!

出典:ネオジャパン 2015年11月10日、東証マザーズで11月下旬に新規上場を …

西本WismettacホールディングスのIPO仮条件が公開!想定価格を下回る4,500~5,250円に!

出典:西本Wismettacホールディングス 2017年9月11日、東証1部で9 …

鳥貴族のIPO情報総まとめ -初値予想とMy投資スタンス

出典:ayustety 東証JASDAQスタンダードにおいて、「鳥貴族」(証券コ …

投資運用事業ファーストブラザーズのIPO,初値はプラスリターンとなるのか。

東証マザーズにおいて、「ファーストブラザーズ」(証券コード3905)のIPO(新 …

様々なジャンルの容器を製造する竹本容器が新規上場!初値プラスの可能性は五分五分か

東証2部において、「竹本容器」(証券コード4248)のIPO(新規上場)が行われ …